2011年11月21日

仮面ライダーフォーゼ 第10話「月・下・激・突」

 魔女志願・後編。野座間ちゃんライダー部に入部の巻。
 時間がなくて今更の感想です。箇条書きで失礼します。


 ●OPに登場する部活メンバーが、これで揃ったね。今までは仲間に入れてから月に連れて行ったけど、今回はいきなり拉致って月にってパターンで新鮮だった。

 ●素顔の野座間ちゃんはマジでかわいい。今までやたら目の下の隈を強調したキモメイクだったのはこの為か。

 ●ラビットハッチで、それぞれ自虐ネタを言う一同。正直ちょっとこっ恥ずかしくなった(^^;;; ああ、青春とはかくもピュアなり。

 ●野座間友子というキャラが、表面的には変人として描写されてはいたが、彼女の心の内の苦しみや葛藤には、少々唐突感があった。部屋にある蝉の抜け殻や卵のオブジェで「自分を変えたいんだ!」と気付くのも、ある意味弦ちゃんらしくない。その辺の流れにもう少し説得力があれば、もっと良エピになったと思うんだけどな。

 ●そんでも「そのままの自分でいい」と言ってくれた!ということに、心を動かされると言うのは非常によいね。

 ●祭壇座のゾディアーツとの戦い。腰を曲げた老婆のような姿形ながら、なかなか面白いアクション。夜の舞台に、炎のエフェクトの使い方も鮮やか。

 ●魔力のこもった杖を屋上に投げられた!それをアメフトのクラウチングスタートから、がしょんがしょん走って壁をよじ登ってキャッチするダイザーすげえぞ。コイツが活躍するのはとても嬉しい。

 ●しかし前回のエピですっかり「良い奴」になってしまった大文字さん。今じゃ頼りがいのあるただのイケメンじゃないですかああああ!もうちょっと弦ちゃんと衝突してもいーんじゃねえの?なんかキャラがもったいないくらいだ(笑)

 ●炎の攻撃を吸収するファイヤースティツ。「弦太朗さんの力!」という友子。弦ちゃんのなんでもそのまま受け入れる精神が、スイッチの力に影響を及ぼした訳だ。

 ●アストロスイッチの力に個人の能力や特性が影響を与える事は、今までのエピで少しずつ語られていた訳だけど、なるほどね!と思った。エレキスティツの時に、よく分かんないスイッチの力をスティツチェンジの力として受け止めてしまったのも、そういう理由だったんだね。

 ●ライダー爆熱シュート!で爆鎮完了(笑)

 ●お約束のほのぼのラスト…と思いきや、まさか弦太朗だけでなく野座間ちゃんまで川に落とすとは!ちょっと驚き。


 いやあ、仮面ライダー部はこれからどうなるのかな。一通りのキャラ紹介と序盤の設定紹介が終わった所で、次回からの展開が気になるところ。まさかのフォームチェンジも二つもこなしたし、展開はスピーディーだね。
 そしてスイッチが増えるたびに騒がしくなってくる0Pの画面(笑)好きだなコレ。サビの部分がどんどんゴチャゴチャしてきてさ。フォーゼのデザインがかわいらしいから、ワイワイたくさん出てくるのが楽しくて仕方ない。これからも増やして欲しいなー サイズ小さくしたら何とかなるだろうし!








バンダイ/BOXフィギュア
仮面ライダーフォーゼ
アストロスイッチ(食玩版)
全7種セット


価格 2,600円 (税込 2,730 円) 送料別
1〜2日以内に発送予定(土日祝除く)
残りあと3個です

なんか色々品薄でびっくりする…

 

2011年10月31日

仮面ライダーフォーゼ 第9話「魔・女・覚・醒」

 魔女志願・前編。かなり序盤から存在感を見せつけていたオカルト娘・野座間のメインエピ。果たして彼女は弦ちゃんの友達になれるのか?そしてまた新しい火のフォームが!

 「誰にも理解してもらえない」孤独を抱え、月に行きたいと願う野座間。そして彼女を含め、学園の中で誰かに恨みを持った女の子を「魔女」としてスカウトして、アストロスイッチの力で復讐させていたりつこさん。物語のお膳立てが出来て、さて次回は?という感じ。
 ただちょっと今回は、弦ちゃんに感情移入しにくかったなあ。なんで彼が野座間ちゃんのことを気にしているのか、今一つ伝わってこなかったんだよね。序盤の会話の中にもう少し「どうもなんか引っかかる」なにかが私にも伝わってきてくれれば、弦ちゃんのオカルト介入?も納得なんだけど。それともその辺は来週に明かされるのかな。必要以上にデフォルメされた弦ちゃんのオカルトへのおびえ方も一因か。
 月基地の中はすっかりライダー部員達の勝手なアイテムでカオスに(笑)ユウキは相変わらずかわいいなー 情けない顔した時の「むぎゅぅー」みたいなSEがよく似合う(笑)でもって美羽ってタンカ切る係なんだね。仁王立ちがものすごく似合うからびったりだ。そして先週から大文字さんすっかり爽やか青年に(笑)彼はライダー部員ではあるんだろうけど、それは影の活動で、あくまでも表向きはアメフト部の主将なんだろうな。

 プールで暴れる魔女を前に変身!魔女の攻撃に対抗して、シールドするのはともかく、ガトリングはちょっとやりすぎだ!そこでバガミールのカメラを使って撮影してみました。派手でデカイなーあのカメラ。
 そして魔女達はアメフト部で再び大暴れ。いくらなんでも火をつけるのは「いいじゃないあのくらい」で済む問題ではなかろうに。見ていて軽く引いたぞ。「アンタの彼氏も一緒に燃やしてやったわよ!」「彼氏?…ああ、隼?!」美羽ヒドスwww そして今回二度目の変身。「宇宙キター!」を、今度はユウキもJKも一緒にやっててかわいい。
 「炎には炎、ちょうどいいぜ!」で20番使うとか、一瞬「逆だろおおお」と思ったぞ。ファィヤーオン♪で赤いフォーゼに。たまたま消火器になったからよかったけどさあ。まーそれにしても一瞬で大火事が消し止められました。すげー威力だ。消防士さんだ!(笑)前の雷様が相当のインパクトだったので、ファイヤースティツは「見慣れた」というか、
 そして実は影で操っていたのは祭壇座のせいでした。じゃあ美人になるあれはなんだったんだ?それはともかく、空中から炎で攻撃するゾディアーツに対して炎で対抗。そして「魔女は、いない…」とショックを受けている野座間に蠍座がスイッチを… 衝撃の展開でつづく!

 野座間が「この力が私達の邪魔をする」と20番のスイッチを取り出したのには意味があるのだろうか?ただの霊感なのかな。果たして20番のスイッチは彼女達を救う力になるのか?
 今週の賢吾。突然降り出した大雨にわたわたしている弦ちゃんとユウキのとなりでシリアスに決める。全体に馬鹿騒ぎしているフォーゼの中で、彼の放つ違和感が最高に面白!ぶっちゃけファンです、賢吾さん。









土屋アンナ CD+DVD【Switch On!】11/11/23発売


価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別
送料 140円

えーと、土屋アンナだよね?アンクじゃないよね?


 

2011年10月24日

仮面ライダーフォーゼ 第8話「鉄・騎・連・携」

 天高のキング・後編。今まで理解不能のカッコつけだった大文字さんと、初めて心を通わせるライダー部の面々。そしてライダーと強力なタッグを組むメカ。語られるヒーローの矜持。なかなかの燃えエピ。

 おい、知ってるか。涙腺ってやつは、年を取るほどにゆるくなる…らしいぜ。なんかさあ。大文字さんがボロボロなきながら、自分の苦悩を打ち明けるシーンで、観ている私も思わず号泣してしまったよ。
大文字さんの涙の告白は、見ようによっては唐突に感じるのかもしれない。でも私はそれほど不自然には感じなかったよ。部員に手を出してしまうほど追いつめられていた訳だしね。またそこに至るまでに、一話の男の子のエピが出てきたり(エピの絡め方が上手いと思った)、美羽ががんばってパワーダイザー操縦しようとしたり、父に言われて付き合っていた彼女に簡単に振られたり、補習で試合に出られない事に苦しそうな表情を見せたりと、気持ちが揺れる過程も丁寧にポイントついている。
 父を敬愛しているが故に、芽生える自我の狭間で葛藤しているエリートの涙。でもここで一緒に泣くか私?と思っていたら、弦ちゃんが同じ顔してた(^^;;; しかしこういうタイプの男に、気持ちで共感して泣いてやれる弦ちゃんの男気っていうのかな、そこが百の雄弁な言葉よりもスッと胸に入ってくるんだよね。父に対して特別な思いを持っている賢吾が、真剣な表情で弦チャンの言葉に頷くのも納得。そして緊張を緩和させるユウキのボケ(笑)大文字さんが心を開くシーンとして、良い流れだよな。
 チャラ男大活躍!情報屋としての面目役如だね。一軒無関係に描かれていた鬼の補習教師と、人間を捨てる事を厭わない学生が、実は親子だったんだよって言う謎解きは面白かった。なんか親子関係の闇を見るようだねー(^^;;; 今回のエピは、親と子の相克みたいなのを描いていたんだなと、改めて分かる展開。そして「仮面優等生」の表と裏の顔の違い…っていうのが、この後の名せりふの「表の名誉と裏の名誉」に対応する。事件とテーマがこんな風に関わると、より物語の輪郭がくっきりするよな。

 大文字さんを抱えて飛ぶ暴走ロケット状態のフォーゼは、ハウンドのミサイル?みたいなので撃墜されてしまう。木に引っかかって無事な大文字さん丈夫過ぎる(笑)スイッチ11番は巨大なハサミ(笑)なかなか使えると思ったら蠍乱入で逃げられた。強いなあ、蠍。
 二度目のハウンド登場。変身して高い所から飛び降りながら、大の字で「宇宙キターーーッ」がかわいい。素早い動きの攻撃にぶしゅーぶしゅーと飛びながら対抗。しかしどうも前より強くなっていて、装甲も強いみたい。サソリまで乱入して二人の連携に危機一髪。ハウンドの鎖アクションかっちょいいです。そこにやってくるパワーダイザー、ドリフト回転から一気に変形して二人の動きを封じる。そこからフォーゼがロックオンして蜘蛛の子ミサイル発射→蠍防御の流れ、スピーディーでいいね。
 「僕の友達を決めるのは僕自身です、父さん!」隼の言葉をきっかけに画面が切り替わって、「変身!」ロケットオン「宇宙キターーーッ」でロケット突進のリズムはボルテージが上がる。装甲が向上しているハウンドにエレキで対抗。このエレキのデザイン、雷様っほいよね(笑)スイッチオンの日本音階とか雷様とか、どこか和のテイストがあるのがフォーゼの面白くていいところ!
 乱入してきた蠍にまたピンチに。「おれはどうなってもいい」とパワーダイザーに乗る事を決意した賢吾に声をかける隼。パワーダイザーを見つめる彼の顔、すげーかっこよかったぞ。でもって彼の操縦するダイザーが、アメフトのフォームからがしょんがしょん走るのがかわいいよなー ダイザーのロボモードはただでさえかわいいのに(笑)
 「隼、一緒に戦おう、仮面ライダー部で!この部なら、お前の決断で自由に戦えるぞ。表ヅラの名誉がねぇからさ。密かに学園や街を守るっていう、陰の名誉はあるけどな。それは俺達だけの、勲章だ!」この台詞良いねー ほんといいねー 仮面ライダーって言うヒーローの矜持でもあるし、物語の中の言葉としても生きている。そのままパワーダイザーとの共闘になだれ込む展開も超燃えだね。パワーダイザーにぶん投げられてそのままエレキドリルキック!のとどめ。蠍はとりにがしたけど、いやいい戦いだったよ。そのままライダーとダイザーでシェイクハンド。きびすを返して去るダイザーが、例の指でぴっとやるサインをしていたのもかわいいなー 潰された像を見て、パパンは騒ぐだろうな(笑)

 美羽と隼って、本当に付き合ってたのかあれ?ちょっと二人の雰囲気って不思議なんだけど。仮面ライダー部も充実。「そんな部はない!」といちいち真面目にツッコむ賢吾、相変わらず超面白い。










仮面ライダーフォーゼ
変身ベルト DXフォーゼドライバー


小売希望価格 6,825円 (税込)
当店価格 6,825円 (税込) 送料別

いやあ、品薄だね!


 

2011年10月22日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第34話「夢を叶えて」

 やっと今日先週の分が観られた…

 この後半戦に入ってルカのキャラをさらに掘り下げる過去エピ。それも海賊になった頃のお話がこの段階で観られると言うのは嬉しかった。いつやるのかなーと思っていたからね。ハカセと姫も期待していいのかな。
 劣悪な環境の中で妹を失った頃のルカが、女盗賊になったのは、辛い過去から「星を一つ買う!」という決意をしたため。「海賊さん立ちの中でも唯一のモノホン」で、ダークヒーロー的な彼女ではありますが、その基本的な部分は「子供達の為に」っていう他愛心からなんだよね。その辺の動機の純粋さが、彼女が戦隊ヒーローとして戦う資格のある女の子にしてる。
 ザンギャックの軍資金を狙って危機一髪の所を、マーベラスとジョーに助けられたルカ。あのお金はそのままいただいて、例の宝石に換金したりとかしたのかな。彼等との出会いで彼女の夢は「宇宙最大のお宝をゲットして、宇宙全てを買い取る!」に。果たしてそれが出来るか否かは別として、あくまでお金基準で考えている所が面白い。
 仲間と確かな絆を持っていたからこそ、偽物のルカのことも一気に見破る事が出来た。あのブロッコリー云々は、ちょっと分かり易すぎだ(笑)何も言わずに「おいしい」とブロッコリーを食べさせて、「あーん」があれば、それで十分じゃないかね。まあ子供達には伝わり易いほうがいいから、分かりにくいよりずっとナイスか。

 あとは箇条書きで!


 ●1ザギンは日本円で360円。私が小さい頃は、ドルがそのくらいだったな(笑)

 ●くしゃみだけで凄い破壊力を見せつける殿下は、札束からたった一枚だけ抜き取られているのを関知する事が出来るのだ!無駄に能力が高い。

 ●風来丸って、可愛いし強いしすげーな…

 ●そして挿入歌もノリノリに並んでゴーカイチェンジ!ところでなんでゴーカイジャーって名乗りが毎回バンクなんだろう?

 ●短いカットに矢継ぎ早に全員の戦いをメドレーで。時間は数秒なのに、ちゃんと各自の特徴が出ているアクションで良いね。

 ●敵は変身能力を生かして混乱させてくる。シルバー二人になってごちゃごちゃしてるシーン面白い。ルカの機転「ガイ、これ」でゴーカイチェンジ・メガレンジャー!確かに簡単にわかるね。メガレンジャーでだだっとやって、ガレオンバスターでトドメ。

 ●そして巨大戦はゴーカイオーと豪獣神で。なるほど変身能力で巨大なビルに化けるのね。しむらーうしろうしろ!(笑)サーモグラフでばれるって判別法は納得。そして風来丸再びの天下御免のシュリケン装備。でも今回はシュリケンチェーンでのトドメでした。こんなのもあるんだな。メインがルカだからか。



 ルカのかつての仲間のカインくんが恐ろしく爽やかなイケメンで、その思いも真っ直ぐでちゃんと頑張っている人だったから、最後にルカを諦めてさっていくのが可愛そうでなあ。目が心なしか潤んでるのがまたね。潔い良い男でありました。
 そして別れのあと、すっと振り向かずにさっていくルカも彼女らしいなと思ったよ。










レンジャーキーシリーズ DXゴーカイガレオンバスター


メーカー希望価格 7,140円 (税込)
トイセル価格 5,712円 (税込) 送料別

やっぱ拡散波動砲だよなー

 

2011年10月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第33話「ヒーローだァァッ!!」

 相変わらずの遅れ具合で申し訳ないです。

 ただそれにしてもこのエピ、自分の事前に予想した三倍の感動があった。その感動の全ては、やはりリュウレンジャー 天火星・亮の、素面名乗りのあの迫力でしょう。ヒーローの強さ、かっこよさ、熱、その誰もが憧れる輝きを体現して余りある雄姿だった。
 物語は、ゴーカイセルラーを敵にとられてしまった事で変身出来なくなってしまったガイが、無力感にとらわれてしまうという、ある種の「闇落ち」的な内容。元々海賊でありヒーローではないゴーカイジャーの中で、唯一自らヒーローを志願しての参加であるガイだからこそ、今回のようなお話が生きてくる。
 それを救うのが「すでに変身能力を無くしているが、決してヒーローとしての心を失っていない亮」なんだよね。ガイの行動に頷いて身を翻すその緩急、そのアクションの素晴らしさたるや!そして前述の気迫の名乗り!これだけで「ああ、この人は今もヒーローなんだ!」と思わせる説得力。本当に素晴らしかった。涙腺決壊&号泣。
 ガイが再びヒーローの心を取り戻した時の回想が、彼の登場エピと仲間参入エピのシーンだったのも良かったね。「本来の自分を取り戻した」わけで。また、亮とガイの生身でのアクションがものすごくいいんだよ。和田氏はその道では有名だけど、ガイ君の役者さんは若いのにすごいなー

 その他の事は箇条書きで簡単に。


 ●今回の敵は邪悪なカービィー(笑)

 ●中心のお話がシリアスなので、敵も含め廻りの描写は比較的穏やか&コミカルでバランスがいい。

 ●ゴーカイチェンジはガオとゲキ。ゲキ技でセルラー取り戻したのは拳法つながりってことかな。

 ●そしてレジェンドであるダイレンジャーに!大連ロッドを持って並び立つ五人を後ろで「うわーっ」て観ているキバレンジャーが笑える。必殺技の乱れやまびこは、噂では本編より大分大人し目だったらしい(笑)こういう時こそ変なエフェクトつけまくったほうが、他の必殺技との差別化になるしファンも喜ぶと思うんだけどね。

 ●巨大戦、ゴーカイオー&豪獣神。巨大戦を見守る亮の遠景いいね。そしてダイレンジャーの大いなる力はゴーカイ豪獣気力ボンバー。炎で突進するような技なんだな。こいつで強ザコ二体を片づけ、そのまま最後は必殺奥義乱桜。で一気に。


 ヒーローとして皆を守る!とサイド決意するゴーカイシルバーに対して、ゴーカイジャー五人は決してそういう事は言わない。こういうスタンスの違いは今後も維持するのかな。
 あとすげー個人的な事なんだけど、私の家の割と近くがロケで出てきたから喜んじゃった。








【送料無料選択可!】
海賊戦隊ゴーカイジャーキャラクターブック 派手に行くぜっ!


販売価格 2,200円 (税込) 送料別

対談がたっぷり収録されているみたいですね。

 

2011年10月16日

仮面ライダーフォーゼ  第7話「王・様・野・郎」

 天高のキング・前編。皆大好き大文字さん!金持ちでエリートで二枚目の彼が、執拗且つ卑怯に仮面ライダー部に絡んでくる。コイツと友達になれるのか?

 すっかりクズ野郎の地位を確立してしまった大文字さんは、天高アメフト部のエースで学園のキング。クィーン美羽が華やかな自分の輝きを保つ為に努力を重ねていたように、恐らく大文字さんも相当の努力をしているはず。彼のワンマンチームってことは、ポジション的にもQBだろうしさ。ただのワンマンなら金にモノ言わせてそのポジションゲットしたとも考えられたんだけど、アメフト部地区大会優勝した上にNFLの呼び声も高いんだろ?そりゃ相当の実力があるということになる。あ、もちろん相手チームとマスコミまで金で抱き込んでいるなら別だけどさ(笑)
 ここで大文字さんについて気になるのは、先ず父親との関係。どうも大文字さん、パパンに頭が上がらない様子。ちゅーか、完全に精神的に支配されている。あと美羽さんへの気持ちも今一つよく分からない。パパンに言われたから彼女も乗り換えしたように見えて、実はまだ特別な気持ちを持っているのかもしれないしね。そして仮面ライダー部への嫌がらせの理由も気になる所。だって彼、一度はライダーに助けられている訳でさ。そこまで邪魔するぅ?みたいなのあるよね。あとはやはり彼が補習を受ける理由だな。この辺が来週のキーになるか。
 弦ちゃんは大文字さんに対して、全く反発とか感じていない様子。屈託の無さが逆に楽しい。「友情は悩みの青果市場だ!」って言葉の意味が分からないのは、私に日本語力がないからじゃないよね?逆に賢吾は彼の卑怯なやり口にムカつきつつ、そのバックボーンに見えてくる「父」の存在に思う所がある。でもっていつもシリアスな賢吾が、髭を掻かれた大文字さんの顔を見て笑いをこらえるシーンいいね。美羽とJKはすっかりライダー部部員だなー(笑)とくに美羽の部長っぷりが板につき過ぎて笑える。ゾディアーツ相手に仁王立ちで啖呵切るシーン好きだわ。

 いきなりスイッチのテストで大騒ぎしている部員達。毎回毎回新しいスイッチ出てくるけど、私なんて記憶容量が少ないからもうどれがどれやら分からなくなってきたぞ(^^;;; 相変わらずの哀愁漂う日本音階がかわいいので、歌が出てくるたびに一緒に口ずさんでるけどね。私、二号ライダーは沖縄音階じゃないかと踏んでるんだけど、どうかなー
 補習を受けている仲間達の代わりに、仮面ライダー部は美羽とJKが活動。バガミールさんが見つけたゾディアーツは猟犬座ですか。狼かと思った(黒い乾巧・笑)。適うはずの無い相手に危機一髪の美羽を救ったのは、久々登場のトランスフォーマーならぬパワーダイザー!いやあ、私好きなのよこの造形。活躍して欲しいんだけど、どうも賢吾が汗だくで体力不足です。…そんなに疲れるのかそれの操縦…それとも螺旋力使うのか(笑)
 JKが素早く現場をチェックして目をつけた奴が、やはりスイッチの持ち主だった。キング大文字の邪魔タックルをかいくぐり、ようやく宇宙キターッ×校門をバイクでジャンプ!猟犬ってだけあって、素早い動きをするのと、あのチェーンをブンブン振り回すのはDQN本人の属性になるのかな。スモークだのスパイクだのウィンチだのとスイッチをメドレーで使って畳みかける。うーん、スパイクの存在意義はキック強化?チェーンソーとの差別化がよく分かんない。ウィンチは色々使えるね。エレキと組み合わせてもいいし。
 そして先週のパワーアップフォームを今週も披露。出し惜しみせずに新しい力をガンガン試す辺りが彼等らしい。そして一気にとどめを刺そうとしたら、なんとアメフトのボールに阻まれるなんて!こwれwはwww まーツッコミどころというか、これは単純にあの程度の力でもポイントを絞って衝撃を与えれば、アイテムがスイッチであるがゆえに簡単に阻止出来る…という、ひとつのデメリットの描写と観ていいのだろうか?いやマジでどうなんだろうなー それにしても大文字さんコントロールいいなー QBだからあれ、ロングパスがピンポイントで通ったってコトだよなー そりゃNFLクラスだわ(笑)

 相変わらずサイドキックの女のコはパクパク食べててかわいい。あとあの不思議ちゃんは、そのうちライダー部に入る…んだよね?なんかいまのところ付かず離れずで付き纏っている感がすごいんだけど(笑)今日の目のメイクはほどよくてよかった♪
 そして補習の特別講師として、か、香川先生ーーー!…じゃなくて(笑)ええーと、佐竹先生っていうのか。ドSっぷりが先生、素敵です。て、これは先生違いか。(出典・仮面ライダー龍騎)













【送料無料】KAMEN RIDER BEST 2000-2011 SPECIAL EDITION/TVサントラ[CD+DVD]


標準価格 6,825円 (税込)
Joshin価格 5,596円 (税込) 送料込

ちなみに私の最愛曲は「Revolution」です。

 

2011年10月09日

仮面ライダーフォーゼ 第6話「電・撃・一・途」

 チャラ男トラブル・後編。JKとのやりとりを通して、弦ちゃんの「友達」への姿勢をストレートに描いていて好感が持てる。彼なりの矜持を示した所で、新フォームキターーーーッ

 いやあ、もうパワーアップフォームなんだな!いやパワーアップと言うよりも、属性フォームって感じなのかしら。なんにしても金ピカっすよ(笑)ただの新フォームのお広めにするのではなく、弦太朗という男が言う所の「友達」への態度と言うか姿勢と言うか、その真っ直ぐな気持ちを描いた上での新フォームだったのは嬉しい。
 友達とか友情とか、そういうものにうさんくささを感じているJK。打算で人と付き合って、それを当然と思っているから、真逆の弦太朗のような男がウザい。でも数多い彼の友達も損得勘定で動くが故に、誰も彼の危機に助けにきてくれない… この流れはいいよね。しかもJKをつけ狙うのが、弦太朗に近いタイプの男で、自分の身を省みずに友達を守ったのに裏切られていたが故の恨みだった、というのも面白い。JKに同じ事をされた弦ちゃんが、そこを当たり前のように乗り越えて助けに行き、さらに彼の事も許すのがいいんだよね。
 「ねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる」弦ちゃんの器のでかさが気持ち良い。この流れだから、戦いの中をフォーゼに近づき、盗んでいたエレキスイッチを渡すJKの行動に納得。そして前編で未遂だった友達握手をちゃんとやるんだよね。JKみたいな奴は、心の奥では損得無しの友情に純粋に憧れている気持ちと、いやいやそんなのあり得ないって諦めている気持ちが同居しているから、今後の彼の動向がどう転ぶのか、そこに説得力があるのかが楽しみだ。
 今回はJKと弦ちゃんにフォーカスされていたから、残りのライダー部の面々はさらっと描写されただけだったけど、短い出番でもインパクトあるくらいにはキャラ確立していて感心する。不思議ちゃんとかワンシーンなのに強烈。そしてさらっと部長になっちゃってるクィーン(笑)さすがの貫録。ユウキも美羽も、弦ちゃんの事ちゃんと理解してるのが良い。女のコ二人可愛いなあ。女のコが可愛い、って、本当に重要な事だと思うよ!そして賢吾は相変わらず一人でシリアスなのが超楽しい。賢吾がシリアスに喋りはじめて、BGMにジャッジャッジャって彼のテーマ音楽らしきがかかるとワクワクする(笑)しかも先週のやり取り見てから、賢吾とユウキが近づくとニヤニヤするようになってしまった(笑)私、馬に蹴られて死にかけてる。

 序盤の戦い、ランチャーのミサイルを見事にフェンシングで返す一角獣の戦いはいいね。「今日はこのくらいで勘弁してやるからな!」って、吉本新喜劇か(笑)
 二度目の戦い。剣がある分リーチが長く、フォーゼは一角獣に近寄る事も出来ない。エレキスイッチを取り落とすJKにショックを受けて、戦闘意欲なくしてたたきのめさるフォーゼがカワイソス。変身しても上級生相手に敬語を使うユニコーンさんは、基本真面目な人なんだろうね。あと手からビームも出せるのか。
 「あんな奴だからこそ助けに行かなくちゃならない!」この辺の賢吾と弦ちゃんのやりとりはとてもいい。そしてJKをバイクで助けに来る弦ちゃん。「許せない。だからダチになる」いいねえ。そして変身!「宇宙〜(ぶしゅー)キターーーーッ」今回はこの背中のぶしゅーっがとてもよくて、ワイヤーが浮遊感を演出してたね。仲間達が駆けつけるタイミングもいい。派手に爆発する工場、生身の彼らには危なすぎだ!(^^;;; その中で、フォーゼを追って必死で飛び降りるJK、ちょっと有り得ないほど危ない状況と高さだけど、彼の必死な表情が雄弁。
 JKからエレキを受け取り、友達握手をして、皆の見守る中でスイッチオン!友達とスイッチを同列に語る弦ちゃん(笑)なんという金ピカ!美羽はあーゆーの趣味かい… 剣をがちゃがちゃさせると火花が散るエフェクト。コンセント抜き買えて飛び道具になったり拘束したりと、色々技も持ってますな。必殺技はライダー百億ボルトブレイク。ひゃくおくて!ピカチュウを軽く超えたな(笑)そして戦いすんで肩をとんとん、とやり合うの、青春だねえ。

 蠍座さんに意味深な言葉を吐く謎の男。「私の学園」って言っていたから、やっぱコイツが校長なのか。そしてこの学園をどうしようとしているのか?「巨大な力は、その力故に周囲に影響を及ぼす」「星の力に自分自身の属性を加えてさらに進化する」色々意味深なキーワードを言ってたけど、彼がしようとしている事に関しては抽象的過ぎてまだよくわからないね。さてフォーゼは引力か斥力か?
 前々作「仮面ライダーW」では、風都と言う街がひとつの実験場として使われていた。今回はさらにスケールを狭めた「学園」という舞台なので、ここでの戦いのバックボーンになにがあるのかは興味のある所だ。









【Wii】 仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ
2011年12月1日発売予定 予約


通常価格 6,280円 (税込)
いーでじ価格 5,024円 (税込) 送料別
★「○月○日発売予定 予約」の表記時にお買い上げのお客様に
「ダブルライダーキックカード&シリアルナンバー」をプレゼント!

オレンジだなーwww


 

海賊戦隊ゴーカイジャー 第32話「力を一つに」

 一週間遅れになっちゃってごめんなさい…orz いつもの箇条書きでひとつ。


 ●二話に一度は「大いなる力」をゲットしているゴーカイジャーだから、これを「パワーアップエピ…というのかどうか。でも近年戦隊には序盤に出てくるのがパターンだった「バズーカ」系の巨大火器が、今になって出てくるのも面白いもんだ。

 ●前回ゲットしたオーレンジャーの大いなる力は、やっぱりオーレバズーカだったんだね。

 ●海賊達は基本、個性的な個人の集まり(それぞれの事情がアリそれぞれの夢を追う)であるが故に、自分なりのやり方でバスコ対策を練るゴーカイジャー達。しかし戦隊という【チーム】に必要な「仲間の力を合わせる大切さ」を再認識させるというお話の流れ。

 ●そこにサッカー少年を絡めるのはありだと思う。欲を言えば、少年とサッカーの仲間達との絆をはっきりと描いたほうが良かった気がする。少年とのふれあいを通じて、ハカセが力を合わせる事の大切さに気がつくのに、どこか足りない感が。

 ●今更ながらのバズーカだから、六人目戦士が余っちゃうのがお気の毒。てなわけでシルバーは怪我でお休みです。

 ●それにしても「仲間の力を合わせるのに、俺達の大いなる力を使ってくれ」という隊長のヒントをちゃんと聞くべき(笑)

 ●最強の盾を持つ行動隊長。それを打ち破る武器の開発。ホコタテ!

 ●前半の戦いで次々と繰り出される歴代戦隊の必殺技が最強の盾に打ち破られる。一気に畳みかけられる攻撃が見どころ満載。

 ●夕日の中で少年と話すハカセの回想?ボロボロになった仲間達を守って一人、銃をぶっ放すハカセのシーンはなかなかいい。これってどういうシチュだったんだろうか?本編より気になるんだけども。

 ●新たな武器を開発する為に、全員から武器を借りる事にするハカセ。そして彼を信頼して当たり前のようにさし出す仲間達。良いシーンだ。

 ●みんながハカセに差し入れとかするけど、ジョーの差し出したケーキは手作りだろうか(笑)

 ●再び襲ってきた敵に挑むゴーカイジャーの四人。素手の戦いだからゲキレンジャーにゴーカイチェンジ!はなるほどなと。チェンジマンやマスクマンも出てきたね。

 ●それにしてもゲキチョッパーの女の子Ver.はかわいいなー

 ●そして出てきたゴーカイガレオンバスター!見た目が派手でギミックもかっこよくていいね。「宇宙戦艦ヤマト」のアンドロメダみたいな二門の波動砲から、ら旋状に出てくる光線が船首の形になるのもナイス。

 ●「お前は思った通り秀才だな」微妙な言葉のチョイスwww

 ●そして巨大化。あ、盾はなくなってるのな。巨大戦は一気にハリケンゴーカイオーで。怪我を押して豪獣神も参戦。そのまま一気にトドメ「良い汗かいたでござるー」(笑)

 ●そしてほのぼのと爽やかなラスト。めでたし!







【送料無料】ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック/特撮(映像)[DVD]


標準価格 6,090円 (税込)
Joshin価格 4,628円 (税込) 送料込

レジェンドっていいよね。

 

2011年10月03日

仮面ライダーフォーゼ 第5話「友・情・表・裏」

 チャラ男トラブル・前編。前回改めて紹介されたサブキャラ・JKが、本格的に主人公トリオに絡んでくる。そしてクィーンなじみすぎ(笑)

 チャラ男JK、学園カテゴリは遊び人。一声掛ければ、Let's Party Night !! 派手で軽くてあげぽよ〜で学園の事よく知ってて裏表あって、なにをやらかしたのか分からないけど、フェンシング部の同級生に深く恨まれている。身の危険から弦ちゃんに声をかけ、持ち上げるだけ持ち上げといて気持ちの上では見下している。彼の持つ二面性が分かり易く伝わる流れだし、役者の演技も達者だなと思った。弦ちゃんとの友達シェイクハンドを最後の一手で中断しちゃうのが象徴的。
 JKの巻き起こすトラブルを描きながら、実は弦ちゃんのスタンスをサイド問い直すお話になっている気がするよ。正直「全員と友達になる!」という彼の言葉って、軽く感じちゃって逆に信用出来ないよね(笑)あのユウキが「弦ちゃんなら」って言ってくれるから「良い奴なのかな?」と思えるけどさ(…そういう意味ではあのユウキって娘の存在は、この物語でデカいなー)。だから次のエピで、弦ちゃんがどういう行動をするのか、そしてそこに説得力があるのかが、今後の「フォーゼ」にとって大きな一手になる気がする。キャラと物語の深みの部分だよね。それにしても「JKと友達になるのは最後でいい」なんて言うとこを見ると、やっぱ彼にもそれなりに苦手なタイプっているんだね。互いに相手をうさんくさく思ってる訳だ(笑)
 シリアス賢吾、今回は「もしかしてユウキのこと好きなんじゃね?」疑惑が。まーあの男がユウキにだけは最初から心開いていたから今更驚きはしない訳だけども、逆に二人の出会いがどんなだったのかなーって興味あるよね。美羽の「私がいたらお邪魔かしら?」に、一瞬ユウキの方をチラ見する賢吾が妙にリアル!「フォーゼ」って学園モノでもあるわけで、もしや今後、青春恋愛模様とかもあるのかな。ヒーロー番組はあまり恋愛って出てこないからどうなんだろー しかし賢吾くん、すごく声も台詞回しもいいよね。弦ちゃんと声質が対照的なのはとてもいいね。
 美羽はすっかり仮面ライダー部に夢中。超生き生きしてるし。内緒の部屋に入るんだからドアちゃんと閉めろよ!(^^;;; サイドキックス、一人になっちゃってたね。そして大文字さんの振られっぷりが気持ち良い(笑)「それは男の中の男ってことかしら?」と、一話の台詞を逆に突きつけるのがナイスだ。ユウキとのやり取りが妙に可愛くて、見ていて楽しい。彼女達のやり取りがこれからも楽しみになってくるよ。

 新しいフードロイド登場。今のところバーガーにポテトと、高校生ご用足しファストフードって感じだけど、次はシェイクだろうか。スポンサー様大喜び!めん類なんてちょっと武器になりそうだけど、玩具にしにくいね(笑)ましてや牛丼とかねーだろーなー。
 今回は一角獣座ゾディアーツ!変身で何故か一緒にポーズ取るユウキと、無駄に地球外に飛び出すカメラアングル(^^;;; 「タイマンはらせてもらうぜ」は定番になるのかな。新しいスイッチはエレキ。金色の腕と剣だけど、ビリビリ来ちゃう刺激が逆流する。しびれアクションがコミカルで面白い。コミカルライダーだから、エネルギー逆流なんて状況が全く悲惨じゃないんだけど、そのあとに弦ちゃんに「怖い」と言わせる事で危機感を持たせるね。でもそのスイッチに「どうやったら友達になれる?!」とか言うのが彼らしい。
 「スイッチの力を悪用させない。大事なダチとの約束なんだ!」で変身。賢吾との関係は、まだスタートしたばかりなので、まだ二人の絆はそれほどは強くない印象なのだけど、弦ちゃん的には思いが強いんだろうな。
 戦いはスイッチで色々出来る分、ほとんど一方的にフォーゼ有利。チェーンソーでキックしまくり、ビートのスイッチはターンテーブルみたいで面白いね。音波攻撃か。よし!のポーズがユウキとシンクロしててかわいい。もう一つのお目見えはチェーンアレイ。鉄球だよ!なんとまあヲタ趣味的な…(制作者やりたい放題だなーと思った・笑)でもって一角獣の顔が取れて、角がフェンシングの剣になるのって面白い。そこから一気にユニコーン有利に。鉄球をびよんと弾き返すの、マンガっぽくて楽しい。そしてエレキスイッチを盗られてオタオタしちゃって一気に不利に。さてどうなる?

 「すげーのはアイツじゃなくてあのスイッチ」そんなものJKが盗んでもなんの役にも立たないんだけど、単に「ムカつくから」嫌がらせだろうな。自分の利益にならないものを盗るんだから、かえって陰湿なんだよね。
 アンガ先生、蠍座なのかーーーーッ …まあ納得だけど、蠍座生まれの私としては複雑だ。息子曰く「あいつは蟹座かと思ったwww」お前、それは星座を誤解しているぞ。







【代金引換限定】
仮面ライダーFourze(フォーゼ)
フードロイドシリーズ
01バガミール
※お一人様1個まで


価格 2,625円 (税込) 送料別

こいつも品薄なんだよねー かわいいけど!

 

2011年10月01日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第31話「衝撃!!秘密作戦」

 オーレンジャーの大いなる力!ここんところ大いなる力をがんがんゲットすると共に、豪華なゲストが連続で嬉しい。…なーんて思っていたらバスコにびっくりだ!

 すみません。マジで忙しくて感想が今日になってしまいました。明日日曜じゃん!てなわけで、簡単に箇条書きで…



 ・オーレンジャーからオリジナルのレッド&ピンクが!いやあ、桃さん来ましたか。

 ・U.A.O.Hが軍事組織であるという設定から、隊長が作戦を立てそれを遂行する流れは自然だね。またその周到さもきっちりしていて、作戦そのものがよく出来ているなと感心する。

 ・取引条件はザンギャックの旗艦の正確な位置。あんなに分かり易く堂々と宇宙に浮かんでいるのに、正確な位置が分からないんだね。ステルス機能かなんかつけてるのかな。

 ・暗躍するバスコを阻止する為の決死の行動。隊長の決意の深さがいい。

 ・桃、かわいかったねー 登場からかっとんでたし(笑)可愛さが衰えてないって素晴らしい!

 ・『時間を気にする』という行動から作戦がバレる…というのは面白いし分かり易い。

 ・そして隊長の決意を汲むからこその作戦の拒否。「俺達は海賊だから、自分の手で」という理由は、何時聞いてもいいな。

 ・バスコと隊長の「…と思わせておいて、そこからの〜」な戦い。うーん、この駆け引き面白いね。

 ・サル強いな。それにしても、やはり変身出来ないとキツい戦いだ。

 ・バスコの召喚した戦隊戦士の中に、姫様シンケンレッドがいたのにびっくり!だってこの間、シンケンジャーの力をくれたの姫さまじゃん?もしかしてあのあと襲われてしまったのかしら。ええい、丹波も侍もなにをしていたのじゃ!

 ・かっこよく助けに来るゴーカイジャー!

 ・相手が多いのでものすごい混戦ぶり。その中でも姫様レッドが大刃を足で蹴っていたり、デカマスターとデカスワンが二人一組だったりと、芸コマしてます。

 ・いきなりデカくなるマジパパとズバーン。巨大戦をしているロボの足下では等身戦のカットは良いね。

 ・今回珍しいパターンだったのは、「最初からオーレンジャーは海賊達を認めて大いなる力を譲渡しようと思っていた」という点。海賊達も序盤と違ってすっかり有名になったろうし、こういうのもありかな。

 ・オーレンジャーの力をもらって、ゴーカイチェンジ!曲がOPじゃなくて挿入歌なんだってね。でもってオーレンの大いなる力は後日巨大戦で使われるのかな?

 ・一気にオーレバズーカーで粉砕した上に、キーもサルにとられる事なくしっかりゲット出来ました。めでたい!

 ・バスコの正体、すげー怖い!邪悪なデザインで良いよな。後ろでビビってるよサル(笑)

 ・そして圧倒的に強い… どうするんだろう



 いよいよパワーアップかな。バスコがなかなかの邪悪キャラだったので、ここから先の展開も超楽しみになってきた!しかしこれだけ強い奴がどういう形で物語に絡んでくるのか。来週ちゃっちゃとやられちゃうのには惜しいじゃん?









ゴーカイジャー なりきり ジャケット(レッド)


当店通常価格 5,775円 (税込)
価格 5,380円 (税込) 送料別

劇中のよりあったかそうだね。