2010年06月20日

天装戦隊ゴセイジャー epic19「ゴセイナイトは許さない」

 ゴセイナイトとの関係を考えるエピ。護星天使達の優しさ・善良さと、ゴセイナイトの圧倒的な強さが際立つ。

 ゴセイナイトとどう関わるのか。序盤の言い争いでは、アグリは唯一の反対派。メンバーの中では熱血担当の陸兄妹だけど、兄がここまで熱さをストレートに出すのは珍しいね。今回のエピでは、女の子を助けられなかった事に強く責任を感じたりして、そういう優しさは護星天使っていうキャラ付けにふさわしいと思った。
 娘が行方不明になって、イライラして天使達に当たる父親(自分は彼等に助けてもらってるのに!と、ちょっとやるせない気分にはなったが)に「どうか信じてください」と言うアラタ達。落ち込むアグリが、「護星天使達の事を今は信じて見よう」という父親の言葉に、俺達を信じてくれてる…とやる気を出す展開は、色々感情の流れが唐突な印象なんだけど(^^;;; 病室に一礼して走り出すシーンの好感度があまりに高い(笑)のでよし、かな。
 彼等の強い思いが、囚われた人々も助け出し、例の父親も最後に「やっぱり護星天使の事を信じて良かった」と言う。天使達五人は、ちゃんと善良さを高いレベルで持っているので、そこのラインについては全く心配がいらない物語になっているのはいいなあと思う。

 前回ゴセイナイトを見て「利用できる」とほくそ笑んでいたブレドラン。もしかして「人間こそ地球を汚染する最大の原因」とかなんとか焚きつけるのかと思ったら、単に彼のものすごいパワーを利用して悪いことしようっていう、ストレートな作戦でした。ただ「地球の滅亡にゴセイナイトが力を貸す」って構造は皮肉があっていいね。そのゴセイナイトは、圧倒的に強いが周りの人々の事を一切気にしないっていうのは面白いね。ロケ地は後楽園!僕と握手!!
 でもって今回の敵はカッパ。封印されず生き残っていたらしいよ。相撲系パワーアクションでとにかく強い。虫で人をさらうって気持ち悪くてヤだなあ。
 感覚を研ぎ澄ませて護星パワーを発するゴセイナイトを探す、というのは彼等らしい探し方。駆けつけたアグリが、俺達を信じてくれる人の為に絶対諦めない!と、アックスでカッパを吹っ飛ばして虫を破壊ってすげーな。こういうぶっ飛んだアクション好きです。
 なぜゴセイナイトを救うのか?「それは俺達がお前を信じているからだよ」「星を守りたいと言う気持ちは私達も一緒なんだから」陸兄妹の言葉はいいんだけど、ちょっと唐突かなー だってあの女の子がさらわれた原因はゴセイナイトな訳で、そもそもそういう部分が信用できないから、序盤アグリは仲間にするのを反対していた訳じゃん?まあでも、ここでこういうセリフを言っちゃって尚且つ、とんでもない強さで敵を圧倒するゴセイナイトに「やっぱりすごいぜ、あいつの力!」と、素直に感動しちゃってるアグリはいいヤツだわ。いいヤツ過ぎてもう、ちっちゃい事は気にしない(笑)
 星を守るのは俺達の使命なんだ!と必死で戦う天使達に、何かを感じたゴセイナイト。一気にパワーを開放させて檻を破り、即効逆転。ブレドランの攻撃→手の爪に足をかけてジャンプ→斬る!のアクションかっちょええね。でもってここでゴセイナイトにも新しい力が!…あの力を与えているのは誰なんだ?護星界?というよりむしろ、自然の摂理的なもの?いや、天使達はともかく、ヘッダーの進化系であり、彼等とは別系列であるはずのゴセイナイトにも奇跡が起こったから、気になってさー。まあ細かい事はいいか。
 ナイトブラザーと合体してゴセイグランドになった!巨大戦で持ち上げて放り投げるというワイヤーアクションはなかなか迫力。キメセリフは地球をバックにポーズして、ミサイルと一緒に突っ込む必殺技も派手。ちゃんとパワー系でアクションも巨大戦も統一されているなーという印象でした。

 ゴセイナイト的には、まだ仲間になったわけじゃないらしい。「あなたと俺達の使命は同じだと思うんだ。地球だって俺達を生んでくれた命じゃないか」そんな言葉が届くのはいつの日か。ついつい大人視線で物語を見ている私には「また会おうぜ!ゴセイナイト」なんて言っちゃうアグリの爽やかさが眩しいぜ。純粋でいいなー
 ところで、あの序盤のニンニクステーキはなんだったんだい?







天装合体 DXゴセイグランド(予約:10年7月下旬発売予定)


通常価格 7,140円 (税込) のところ
ビッグビィ特価 4,998円 (税込) 送料別

左足の赤い顔がかわいいw

 

2010年06月13日

天装戦隊ゴセイジャー epic18「地球を浄める宿命の騎士」

 鳴り物入りで参入した新戦士との対立エピ。ヒーロー同士なのに視点の違いから、主義主張がすれ違う。敵か味方かゴセイナイト!

 今日の衝撃は何と言っても、正義側のヒーローだと思っていた戦士が、いきなり工場を爆破してしまうという超展開だな。あれよく分からない描写だったけど、工場を爆破させちゃってたよね?悪側がやるならいつものことなんだけど、なんせ正義側っぽい立ち位置のキャラがやらかしたから、ちょっとびっくりしたぞ。私は基本的にヒーローはあまりカルマを背負って欲しくないので(笑)あの工場は無人でありますように、なんて思っちゃう。説明もなかった気がするしね。
 そしてゴセイナイトは、「地球に力を与えられて超進化したヘッダー」なんだって。この設定は面白いね。「私は地球の浄化作用そのもの」ふむふむ。視点が星そのものだから、人類のことには気を使わないわけだ。むしろこの論法を突き詰めると「人類が地球を汚している!」ということになって、人類殲滅に走ってしまう訳で、そこをどう辻褄合わせるのかな。
 でもって幽魔獣は一万年前の戦いで、その頃の護星天使に封印されたのだそうな。怪人さんを墓場から復活させるってのも、気持ち悪さい演出でいいね。でもってブレドランはもともとこっち側だったんだってね!なんで一人だけ封印されずにウォースターにいたんだろうか。しかも公式サイトを確認したら名前は「武レドラン」なんだって!(笑)今回、怪人の皆さんの名前に使われている漢字が、結構難しい字ばかりなのも驚きだわー

 今回はテレビジャックして、電波を使って包帯を転送すると言うすんごい攻撃。アイドルのお色気餌にして、何はなくても視聴率アップアップ!うん、風刺かもしれない(笑)そんな作戦についつい引っかかってしまう天知博士達を見て「人間とは愚かな奴等」と思ってしまうゴセイナイト。彼等を守る価値に疑問を持たせるのは、王道展開だなと。
 それにしてもゴセイナイト、強い。天使達相手に戦った時も、あんなごつい身体ですげー機敏な動き!しかも「地球の力を全て持っている」らしく、すべての属性の天装術が使えるオールマイティぶりを披露。新規参入戦士は強いというのは定番だけど、ここまで圧倒的に強いのは久々だな〜
 ゴセイジャーと武レドランの再会とアクションのときにかかった挿入歌、すごくかっこよかった。ザコの皆さんとの戦いも、それぞれが見栄えのいいアクションでキメてて、BGMとの相乗効果もいい感じだったね。「ゼイ腐の部屋」での戦いは、逆にコミカルな演出にしていて楽しかった。
 「タイムリミット!ここからは私のターンだ」「…認識した」とか、一つ一つの判断がどこか白か黒、All or Nothing的なのは、やはり基本コイツはメカの進化だからなのかね。あ、でもヘッダーは生き物なんだよね。うーん。まあいいや。ミイラ化されちゃった人々も、ナイトダイナミックで元通りでめでたし。
 巨大戦はゴセイジャーが担当。ブラザーさんを順々に呼び出し、違う合体で戦って、最後にデータスハイパーも呼んでハイパーゴセイグレートに。胸から長いものが突き出した「アナザー○○」の合体は見た目がちょっと変だけど、子供が玩具で遊ぶバリエーションのプロモだな(笑)でも途中から主題歌が流れて、気分が高揚したね!

 「俺達が何の為に戦うのか、分かって欲しいんだ」というレッドの願いも空しく、皆の笑顔を守りたいという思いはゴセイナイトには通じない。それを陰から見ている武レドラン。それぞれのキャラの達位置がはっきりしたところで、ここからどう近づくかがこれからのポイントだろう。
 天知親子というのは、この物語では単に「人間のなかの一人」的な位置づけってだけみたい。もうちょっと活かせそうなのになあ。








レオンレイザー 6月中旬発売御予約品


定価 3,990 円 (税込)
特価 2,583円 (税込 2,712 円) 送料別

これなかなかかっこいいよな〜

 

2010年06月06日

天装戦隊ゴセイジャー epic17「新たな敵!幽魔獣」

 新しい敵、そして新しい味方。恐ろしいほどの急展開に色々戸惑いつつも、新キャラのデータ・インプットエピ。

 邪悪な気配に異常な事態。汚染がパワーの源というキモい敵がやってきた!その名も、地球犠獄集団・幽魔獣。ちょっと聞き取りにくかったので、思わず公式サイト覗いたぞ(笑)難しい漢字だね。大人でもモヂカラいるわ。あと「○○の誰それ」って二つ名が、今回はUMAなのねー
 前の敵・ウォースターは横文字の名前に洗練されたスーツデザインって印象だったけど、今回のはグログロ気持ち悪いデザイン。あのメインで戦ったヘドロのやつ、下顎が二つに分かれているって衝撃的。幹部二人は、パワー筋肉系と妖術系。護星天使とは前に戦った事がある様子だから、なんか過去エピあるかもね。元々この連中、封印されていたのか?
 そしてOPにいきなり謎の戦士がいた(笑)ゴセイナイトなんだって!一瞬、白っぽい仮面ライダーキバかと(^^;;; いや、マジレンジャーのウルザードに近いかな。見ようによっては響鬼にも龍騎にも…まあいいや。ともあれ天使達のマスクデザインは口があって、こちらにはないのは異質感があって面白いね。
 新規参入勢力が星を「汚すもの」と「清めるもの」なんですな。この間まで星を「攻め滅ぼす奴等」vs「護星天使」だったので、今回も対比が明確なのは分かり易くて良い。ゴセイジャーとゴセイナイトの思惑のすれ違いと結託までがどう描かれるのかは、物語の美味しいところでしょう。盛り上げて頂きたいものです。
 今回、新展開にバタバタしていた天使達(笑)それでも負ける〜って諦める事なく、最後まで戦おうと言う意識を持ち続ける姿勢はなかなかよいと思った。敵幹部二人が、そんな彼等をちょっと認める発言をしたのも好ましい。

 国民的なスポーツ選手や人気アイドルがヘドロ化して地球を壊す。怖い〜 「一握りのリーダー的存在が消えただけで希望を失い抵抗力を無くす」という言葉に示されるように、今度の連中は「人」をよく分かっているみたい。「今度の護星天使は弱すぎてつまらん」なんてセリフからも、新しい敵にとってはリベンジ戦である事を感じさせる。汚染がパワーの源だから、あの頃より強くなってるそうですよ。なるほど!
 天装術・カモミラージュで姿を変えておびき出す。そして新たなる脅威との対面。今回の幹部も強いね。個人的にアクションの見どころは、ブルーのさりげない足技の華麗さかな。毒液を浴びても向かって行くのも良かった。
 危機一髪で光の玉が光臨。星を清める宿命の騎士、ゴセイナイト!いきなり挿入歌つきで登場。銃と剣のツーウェイの武器で強い強い。でもってこりゃー圧倒的かと思ったら、意外とヤラレる。しかしタフ。「ここからは私のターン!」これいいねえ。フレーズが気に入った♪ナイトダイナミックカードで、銃口がリボルバーみたいに回る派手な光線かっちょええなー
 やられたはずの敵が突然巨大化・変形で巨大戦へ。そしたらゴセイナイト自身が変形してヘッダーに!こりゃびっくりだ。ファイナルカメンラ〜イド!!ちょっとくすぐったいぞ(笑)しかもグランディオってゴセイマシンにもなっちゃうもん。爆炎の中猛然と進んでくる、クルマの体当たり対決とか好きだわ。ナイティックパワーチャージでトドメ。「星を傷つけ汚す輩は、星と私が許さない!」で波動砲+ミサイルという豪華な必殺技。美味しいところ持ってったね。案の定、アラタの「ありがとう」と差し出す握手を無視して去る。何者なんじゃろね。そして生身の姿は出るのか?

 やっぱ生きてたブレドラン!姿もだいぶ変わったぞ。でもチュパカブラのブレドランって、子供には覚えにくくて言いにくくね?(笑)
 今回一番の笑いどころは、聞き違いでなければ「内閣総理大臣 はとやまたろう」かwww 太郎はともかく、もう鳩山ですらないなんて、撮影どころか編集している時点でさえ想像も付かなかったであろうに。








【25%OFF!】6月中旬発売予定
装戦隊ゴセイジャー ナイトパワー解放器 レオンセルラー


3,465 円 (税込) のところ
e-ショップ価格: 2,598円 (税込) 送料別
予約商品(発売日以降のお届け)

お、またケータイだな。


 

2010年05月30日

天装戦隊ゴセイジャー epic16「ダイナミックアラタ」

 生き残りウォースター幹部のリベンジ戦エピ。因縁の相手に、護星天使としての成長を見せるアラタ。燃えというより、彼の個性を再確認するお話だった気がする。

 ウォースターの脅威は去った!ということでマスターから、天の塔再建まで「護星天使として何をすべきか」という課題を与えられた天使達。それぞれの過ごし方をする中、アラタだけが胸騒ぎを感じて表情が暗い…
 とまあ、ここでまさかのデレプタ再登板があり、圧倒的に強い相手に対し、「なにかを守ろうという強い意志こそ護星天使の力だ!」みたいなところで撃破。これは想定の範囲内と言うか、ここのところのパターンでもあるなと思う。むしろ今回のエピで特筆すべきはアラタのキャラ付けなのかな、と思った。
 アラタってふんわりしたキャラなんだけど、ゴセイレッドに変身して熱い事を言う時は、なんかものすごく正統派ヒーローなんだよね。声ヂカラもあのメンバーの中で一際目立って強い。だから変身前とあとにギャップみたいなものを感じてしまう事も多いんじゃないかと思う。私的には、変身するとテンションが変わるのかな、みたいに温かい目で見てはいるんだけど、人によっては違和感を感じても不思議じゃないんだよね。そこを今回は、風と言うエレメントの二面性に例える事で補完した気がする。風の捕らえ所のなさ、優しさと激しさ。なるほどねと。

 謎の陰に追いつめられる天使達。身の危険を感じて走り出す陸兄妹の走る描写、特に兄の身体能力に高さが際立つ演出いいですね。伊達に鍛えてねーな!(笑)
 うーん、生き残りがデレプタとは。私はてっきりブレドランが生き残っているものと思っていたのだけど(笑)この人選は、アラタとの因縁ということでしょうな。そんでも強かったね。「許せないのは、お前達に倒されたモンス・ドレイクなどに仕えていた俺自身だ!」だっけ?こういう悪役はかっちょいいね。
 ブルーとレッドの流れるようなコンビネーション攻撃に対し、素早い動きで戦うデレプタ。アクションがスピーディーでいいな。流星弾を防御しきれずにハイドが傷つき、そこからのレッドとの一騎打ちもカマVS剣も緊張感があった。飛んだり滑ったりのワイヤーアクションも効果的で天使戦隊っぽい。傷を負った仲間達が応援に駆けつけるのもいいね。
 変身が解けても「俺には地球を守る使命がある。だからお前には負けない!」と言い切り、背中に羽が輝き再びレッドに。あの熱いレッドとふんわりアラタが、しっかり同一人物であることを描写しつつ、最後は一騎打ちに打ち勝ったね。あの羽の演出はきれいだったなあ。

 どかどか撃ちまくっていたデレプタの攻撃で、山からなんかよく分からないものが出てきたみたい。なんだなんだ、新たな敵ですか?
 OPちょっと変わって「ウォースター撃破Ver.」になってたね。芸が細かい!(笑)EDはFirst。このEDの変化って、なんか法則はあるのかな。








キャラデコ 5号
天装戦隊ゴセイジャー


価格 3,900円 (税込 4,095 円) 送料別

冷凍状態で届くんだねこれ。

 

2010年05月23日

天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球の命」

 まさかまさかのいきなり最終回(笑)モンス・ドレイク撃破からの新展開はあるのか?

 前回、新幹部候補がいきなり一話で倒されたと思ったら、急にラスボスの登場。モンス・ドレイク様、初っぱなから本気モードのバージョンアップかましてきました。ここんところ、月が落ちてきてカタルシス!で幹部が一人退場し、ビルが異次元に引き込まれてカタルシス!で新幹部候補が一話にしてやられた。そして今回は酸素が無くなると言うカタルシス!
 …これはなー。ぶっちゃけ、すんごい大技が三連発しちゃって危機感が薄れちゃったかなーと。まあ、私は大人なのでね、そういう目線で見てしまうのは仕方ないんだけどさ。ただ、地球の壊滅を思わせるほどの危機が訪れ、絶望しちゃいそうになるけど、それを「諦めない!星を守るのが天使の使命!!」で逆転するパターンがちょっと続いちゃったなーって印象なんですよ。なんちゅーか、もったいねーぞ感があるなあ。こういうのってヒーローモノの美味しいところじゃん?懐石とフルコースと満願会席を三連チャンって感じ。
 ただ、ウォースターという当初の敵を1クールちょいで撃破した事で、ここからどういう展開になるのかは注目に値しますね。アレでブレドランまでやられちゃったとは思えない感じなんだけど… ホントにやられたのか、実はさらに上がいるのか、今度はブレドランがメインになるのか。どうなんだろな。

 なんかやたらすごくてめちゃ強いドレイク様。惑星弾!とか技も派手。圧倒されて一度は退却し、二度目も最初のうちは押し切れないんだけど、レッドとドレイクの問答からテンションが上がるのはいいね。「俺達の力は滅ぼし破壊する為じゃない、守る為にある!」一人気を吐いて立ち向かい、ドレイクに反撃されて繰り出されたトドメの一振りを、残る四人全員で受けるカットはかっこいいね。これをきっかけに、全員のコンビネーション攻撃で息が合ってくる。なお吹き飛ばされても立ち上がり、ゴセイダイナミック!さらに跳ね返された爆炎の中から向かってくるゴセイジャー達。そして連続攻撃からレッドの一撃!と。
 セリフをレッドに言わせ、あとはアクションで押し切った演出はよかった。演出のリズムが心地よくてこの辺の展開は満足。そして改めてアラタは声ヂカラがあるなあと感じたね。ちょっと普段との落差があるなーとも思うけど、逆にあのままじゃヒーローとして変だから、私はこれでいいんじゃないかと思うなりよ。
 そしてたかが一太刀!で巨大戦に。ミスティックブラザーがデータスハイパーに合体して、頭がぐるぐる回ってUFOに向かって行くのは面白い。しかし攻撃は効かず、ゴセイヘッダーが消え、データスも落ちてくる。地上に迫るUFO、正に絶体絶命!とにかく画面が迫力。しかしアレがぶつかって爆発しても、ドレイクやブレドランは死なないの?ちょっとそこは解せないんだけど… まあいいか。
 絶体絶命の危機に「俺達は護星天使だ。力の限り命を守り地球を守る!」と決意を新たにしたところで、ヘッダーの皆さんがどかどかやって来る。このヘッダーが目覚めてくれた!というのはちょっと意味が分からないかな(^^;;; いや、ニュアンスは分かるんだよ?でもハイパーゴセイグレートは、すでに得ている力なので、ヘッダーが目覚めてどうなったのかはちょっと分かりにくいような。あーでも、最後の必殺技がすごいってことなのか。エフェクトは派手だし、かっこよかったよね。音楽も美しくて、盛り上がってたと思う。

 あと、天知博士と望君の絡ませ方は、もうちょっとなんとかなればいいのになーっていつも思う… 望君、今回いい感じだったし、いいセリフもあったんだけど、なんかキャラの積み重ねが薄いからシチュが活かしきれていないような。あの男の子との友情とかも、今までの展開でもっと具体的に描けていたらなあ。天知博士のコミカルな味も今一つ。好きなキャラなのに… でもメモリウォッシュされて、シュートが「なんか特訓したみたいに上手くなってる」という友達に「あの、天使っていると思う?」と問うシーンは好きだ。
 とまあそんなわけで、ちょっと不満のある今回だったんですよ。贅沢なんかな?なんか色々強引に感じちゃうんだよなー あ、EDは1stでしたな。







春物入荷!20%OFF
【 ゴセイジャー 】 スムスパジャマ


当店通常価格 3,045円 (税込)
価格 2,320円 (税込 2,436 円) 送料別

デザインが面白いね!

 

2010年05月16日

天装戦隊ゴセイジャー epic14「最強タッグ誕生!」

 熱血モネと冷静ハイドのコンビネーションエピ。敵の新しい幹部と思われる強敵相手の戦い。

 無計画に突っ走る子供と、冷静に分析判断して行動するおっさん。ハイドとモネとという、対照的な二人が協力するお話しなワケで、だからこそ最初はトラブルを起こすのが定石。でも、ぶっちゃけちょっと序盤のやりとりには無理矢理感は否めないかなー。二人が異空間に引き込まれてしまう過程も、強敵を前に口論は、子供でも分かり易い展開だけど不自然すぎるような。ちょっと厳しい見方でしょか。
 ただ空間の歪みに巻き込まれるブルーを放っておけなくて、自分も一緒に落ちてしまうイエローの行動はらしいなと思った。その後の展開もすんなりしている。異空間からの脱出の過程は面白かった。じっとしているのが性に合わないから、闇雲に思いつく事を色々やって見るモネ。そんなモネを半ばあきれながら眺めつつ、鋭い観察眼で状況打破の鍵を見つけ出すハイド。一人だけでは不可能で、この二人だから脱出できたという感じがある。そこから一気に逆転していくのもいいね。
 二人が異空間に消えたあと、「護星天使なんだから、地球と皆を守らなきゃ」と、二人が戻ってくるのを信じて食い止めるという選択をした仲間達。この話し合いのシーン、いつものふんわかした彼等とちょっと違って良かった。こういうシーンになると、アラタの目つき変わるな〜(笑)

 さすがに幹部候補として出てきただけあって、衛星のターゲイト強かった。建物を異空間に引きずり込むって言う能力の強烈さもある。距離をとって戦おうとすると瞬間移動するし、なかなか隙のない強敵ぶり。
 一方的にやられて変身すら解除されてしまったアラタの危機一髪で、ぶわーっと上がる水柱の演出は劇的。ブルー&イエローは、なんか急にコンビネーションがばっちりになってるけど(笑)、この辺は素直に「おおー」と楽しむのがいいね。瞬間移動する敵に背中合わせになり、唯一の死角の真上からの攻撃を阿吽の呼吸で反撃。上空から見下ろす視点の、CG合成を活かした決め技の描写は、スローの演出も含めよかったね!そこからゴセイダイナミックと、「とにかくやってみる!」でブラザー召喚でトドメ。BGMの挿入歌もノリノリでいい感じだ!
 巨大戦はゴセイグレートとデータスハイパー。あれだけ苦戦した敵だったけど、割とあっさりだった印象。でもハイパーデータスのアッパーで吹っ飛ばされるターゲイトのカット、かっちょいいね。そこからミスティックゴセイグレートになって、ミスティックストライクとデータスダイナミッククラッシュの合わせ技。エフェクト派手っすね。建物がちゃんと戻ってきてよかったよかった♪

 ウォースター新幹部登場?と思ったら、まさかの一話限りのゲストというね。これはやられたなー(笑)てか、むしろ今回のエピを見る限り、ちょっと不遇のブレドランが気になるエピだったよね!モンス・ドレイク様はかなり滾っていらっしゃるんだけど、それを物陰から見ている様子は、ちょっと「お♪」と思ったぞ。
 ところであのシチュー、全部食べられたのかな。給食みたいだった(笑)









新エンディング・テーマ&オープニングテーマ::ガッチャ☆ゴセイジャー TYPE2REMIX(CD)


販売価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料別
ポイントアップ 5倍 60ポイント

新しいほうのアレンジでもシングルカットなんだな。


2010年05月09日

天装戦隊ゴセイジャー epic13「走れ!ミスティックランナー」

 またまたパワーアップエピで燃え展開。天装術というゴセイジャーの力の源について語られた。

 自分たちと同じ技をさらに強くして返してくるモンスターが、唯一使えない技、コンプレッサンダー。この天装術を苦手とするエリの特訓話で、なかなかの燃え展開じゃないかと思う。アラタの説明はふわふわだし、特訓の仕方も「えええー」って感じなのだが、それが実は幼い頃エリが教えた事だった、というのもいい。付き合い長いんだね彼等。
 「天装術で一番大切な事は大好きなものをいっぱい作る事」多少セリフに頼っている感はあるけれど、「天装術ってなんなのか」っていう説明がユニークだね。「大切なものを護りたい気持ちに天装術は必ず答えてくれる」とか、この辺の説明がなんとも天使理論チックと思った。
 大切な事を思い出したエリが、折角成功させた技を跳ね返され、それでも「まだよ!」と立ち向かうシーン。これは素直に感動した。「一人で駄目なら二人で、それでも駄目ならもっともっと強い思いで!」おお、こういうセリフ大好きなんだよ!そしてさらに強い力が答えてくれる… こういう畳み掛けはヒーロー番組の王道だな。
 あと気に入ったやり取り。訓練している二人をのぞき見しながらの「何あれ、コント?」「少なくともエリは大まじめだ」「俺はアラタの余裕っぷりが気になる」今回残る三人は余り見せ場なかったけど、こういう楽しいシーンは嬉しいね。

 デレプタの弔い合戦!なんかもー、ドレイク様はそこまでブレドランを苛めなくてもいいんじゃね?みたいな暴君ぶり。そんなにデレプタがお気に入りだったのか(笑)一方ブレドランってちょっと何を考えているのか分からない風なのがいいね。インテリ臭さもあるし。
 二度目の戦いはデレプタも参戦。全員参加の肉弾戦は細かい殺陣がすごいね。そこから、ブルーが白刃取り→二人がかりの背後攻撃。ちょっとずるっこいけどまあいいか。そして諦めないレッドとピンクのよりパワーアップしたコンプレッサンダーが炸裂!さてトドメ…というところで、デレプタが加勢して一気に逆転されちゃう展開は緊張感がある。
 「まだよ。何度でも言う、私達は絶対に諦めない!」ピンクは今回光ってるなー そしてミスティックブラザーカード?とにかく天装!でダチョウ光臨(笑)気が抜けると言うか、見た目ユーモラスだけど、さすがにパワーはすごいぜブラザー!ブレドランを一撃で…というか、蹴飛ばした(笑)吹っ飛び具合がロケット団っぽい。やーなかーんじ〜
 巨大戦、でかいダチョウが強くて「俺達やる事ないかも」ってぽかーんとする五人がかわいい。合体の変形は、なんかすんごい面白くね?腕にデカいのが付いてブンブンするし。しかもわけわかんない必殺技。こういうちょっとオモローな感じが、ゴセイジャーには合ってる気がするね。

 トランプで遊んでいる皆のところに加わるエリ。小さい声だったけど、ハヤタとの会話がなかなか味わい深かった。「このゲーム終わってからね」「ほぼ負けてるじゃん」「諦めない!」みたいな。
 ED歌って踊るほうに戻った(笑)やっぱこっちが好きだなー









ミスティックブラザーセット


当店通常価格 2,625円 (税込)
価格 1,750円 (税込 1,837 円) 送料別

背中にタマゴ背負ったダチョウってねー(笑)


 

2010年05月02日

天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」

 パワーアップ合体エピ。そして改めてゴセイジャーの使命を見直し、決意を描いた。そしてなんと主要キャラだと思っていた敵幹部が退場。

 実戦を重ねて敵を倒した事で、自分自身の力を過信してしまった天使達。天使と言う設定を活かしつつ、彼等の心の未熟さをついた所謂「闇堕ち」的な部分を盛り込んで作られたエピだったね。オカルト的には一歩間違えると堕天使になっちゃうんだが、「天装術が使えなくなる」というところが子供にも優しい。
 マスターヘッドの「五つのとがった波動」って表現はいいね。そうなんだよな、鋭角的なのはゴセイジャーには似合わない。特にアラタの表情とか別人みたいだった。それってのもまあ、珍しいヒーローなのだけどさ。そして地球と語り合う事で、忘れてしまっていた事に気付く一同。「個人の未熟さや能力ではなく、俺達の力は地球が与えてくれる力なんだ」そうだねー
 ハイドが自分でも言っていたけど、先日、似たような事を彼がやったばかりだから、ちょっと繰り返しになっちゃったか。大事なことなので2度いいましたってやつだな。まあそれはいいんだ。個人的には、このエピは二話くらい使ってじっくりやって欲しかったなあ。というのは、それぞれの感情と気付きとか、そういう物語の流れが少々強引な印象なんだよね。どうもセリフ先行っちゅーか、テーマを連呼しているから伝わりやすいんだけど、胸にすっと思いが入ってこなかったのだよ。
 せっかく月が落ちてくると言う超カタストロフや最強合体、敵幹部撃破などの恐ろしくデカいいベントなのに、なんかもったいないよね!一話目で一人目のモンスターをやっつけて調子に乗っているところにドレイク&デレプタ襲来!天装術が使えなくなって次のエピ、そして二話目で気付きとリベンジ、くらいゆったり作って良かったエピじゃないかな。

 デレプタ、たたき上げと言うか、下っ端からの引き抜きだったのね。ドラマがある男だったんだなあ。それがこんな形であっさり退場と言うのはちょっともったいない。ドレイクとの関係も面白かったのに。あの引力落としの儀式はすげー!ちょっとエロスを感じるんだけど(笑)
 それにしても流石にドレイクとデレプタ、無茶無茶強いね。レッドが前に編み出した逆上がり大回転(てゆーのかな)を繰り出し、それをあっさり一蹴して「未熟者め!」の流れはとてもよかった。「選ばれた戦士ではなく、帰れなくなって偶然戦っているだけ」って表現も、正にその通りなところが悔しさを招く憎たらしさでよい。
 儀式の方はディフェンストームカード(って言ってたような)で封じて、ことの重大さの割にはあっさりと対処(笑)そして相変わらず圧倒的に強いデレプタに立ち向かい「地球と一つ!」で主題歌のイントロがかかったタイミングは燃えだな。その後の技を繰り出すところは地球と一体になった戦いをどう表現するのかと思ったら、まあ予想通りかなと。うーん、もうちょっと工夫すると言うか…いや…ぶっちゃけ尺が足りないって感じだったよ。ここは見せ場だろーって思うんだけど残念。
 そして巨大戦。ゴセイグレートとデータスハイパーが、破壊されたビル街をバックに戦う。背景のセット、いいね!決戦感が出てた。そして諦めないで地球とともに戦う心に、呼応するブラザーさん達。すべてのヘッダーとデータスハイパーが合体して、出ましたハイパーゴセイグレート!仰々しいw 顔がいっぱい合って、東南アジアの置き物みたいだ(笑)ヘッダーからのビーム一斉照射とか好きよ。そして必殺技は、すべてのヘッダーが突撃するハイパーヘッダーストライク。見た目が派手で楽しい。

 絶望する天知博士に、ノゾムが「大丈夫だよ、僕は諦めたくない」と話す。このセリフはいいね。ノゾムってキャラにもっと厚みが出て、出来ればもっともっと天知博士が活かせると、「ゴセイジャー」はぐぐっと良くなる気がした。まだキャラが薄っぺらくて、天子の隣でツッコミ入れている子供とたまに出てくる暢気なお父さん、くらいだもん。ゴセイ天使の一番近くにいる人間なのに!
 ラストシーンが前のEDを思わせるなーと思っていたら、EDが戻っていたよ!ラストシーンをつなげる試みで今回だけなのか、それともこの間の歌って踊るEDが新製品タイアップのイレギュラーだったのか。私は歌って踊るのが好きなんだけど、どうなんじゃろねー






カプセル合体!ゴセイグレート
全5種セット


価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別

おおー、ガシャポンでしっかり合体だよ。

2010年04月25日

天装戦隊ゴセイジャー epic11「スパーク・ランディックパワー」

 モネの頑張りエピかと思いきや、データスのパワーアップエピだった。ある意味どんでん返しな展開。

 今回のエピは二つの要素があって、それぞれ独立していると言うより、物語の主役がスライドした感じがしたね。病院のみくちゃんのために頑張るモネ。そんなモネの力になろうと必死になってパワーアップしちゃうデータス。
 病院の前でのチアはお見事!キャラの雰囲気にも非常にマッチしているし、とてもよかった。それを見守っている四人の楽しそうな雰囲気もいい。妹のミニスカ姿を始めて見た兄の表情にワロタよ。

 電気を吸っちゃうヨークババンガー。ウォースターのトップ・ドレイクが参戦したことで、ダメージを修復してしまうというのは面白い。空が割れて出てくるところ、超獣っぽいね。あっちはパリーンと空が割れるけど、こっちはもうちょっと無機的。あ、細かいトコなんだけど最初にヨークババンガーが街を襲った時、ドリフトしてくるクルマかっちょえかったw あれ、合成じゃないよね?
 なんだかんだで今回は、五人のアクションがたっぷりあったし、イエローの「みんな、絶対負けないからね!」で名乗りもあったりして見どころ多い。その分、ドラマ部分は最低限に押さえてあったけど、展開を女の子に絞ったから不自然じゃなくて良かったね。
 で、やっはり今回のエピの中心なので、モネは二丁拳銃とか見どころ多かった。大地と共鳴して電気を作る…その理屈はちょっとよく分かんなかったけど(笑)、チアダンスを踊りながら戦うのは面白かった!アクションと振り付けの重ね方とかね。それを援護する他のメンバーのアクションが挿入されるのも、音楽にのっていていい。そしてランディックブラザーを召喚し、トドメは全員でランディックバレットの一斉射撃!一気に畳みかけたね。
 細かい指摘で悪いんだけど、セリフで「作戦は?」「あるよ、力づくで倒すの」このやりとりは、個人的にはないほうが良かったかな… っていうのは、ついこの間の「シンケンジャー」のすげー盛り上がったいいシーンのセリフに似てるから。偶然なんだろうけど、ただでさえ前作と比べられがちだからね。

 手術室への送電でモネを励まし、頑張ったデータスがまさかの巨大化(笑)「巨大ザコ〜」とか言われてるし(笑)なんか私、ゴセイジャーの巨大戦の映像が好きなんだけど、今回もデカくなったデータスがビルの窓に写り込んでいたり、凝っていたね。単純にデカくなってる状態と、ヘッダーつけてハイパーチェンジ!してデータスハイパーにアップグレードする二段構えなのが楽しい。
 アクションはボクシングがベースなのな。かわいらしくて、ゴセイグレートより好きかも。必殺技はデータスダイナミッククラッシュ。カードが竜巻状になるエフェクトもかっこいいじゃん♪
 最後の決めポーズ見て、息子が「ちゃんと100円入れる場所もあるwww」と笑っておったぞ。あー、そうだよねえ。なんかものすごく画期的なロボだよコレ。

 ぶっちゃけ、データスの印象が強すぎて、モネのチアダンスが吹き飛んじゃった。だってデータカードダスがロボになって喋っているだけでも笑えるのに、そいつがヘッダーつけてちょっとかっこよくなって巨大戦しちゃうから、インパクトが強烈なんだよね(笑)なんかちょっともったいないなーと思ったよ。
 最近、ゴセイジャーの天使さんたちを見ると「かわいらしいなあ」と思ってしまう。ニコニコ楽しそうに歌って踊っているED、ついつい見ちゃうね。これで天知博士が毎回出てきてくれれば、もっと嬉しいんだけど。








DXデータスハイパー


参考価格 5,225円 (税込)
eBEST価格 3,666円 (税込 3,849 円) 送料別

究極のタイアップ!カード筺体モードもあるのが笑えるよなー

 

2010年04月18日

天装戦隊ゴセイジャー epic10 ハイドの相棒

 常に冷静なハイドが、相棒の敵を前に己とその使命を見失う。ゴセイジャーの戦う姿勢を改めて見つめた決意エピ。

 「地球と全ての命を守って欲しい」というマスターの言葉に「マジスの為にも必ずクラスニーゴを倒します」と答えてしまうハイド。まずここで、護星天使としての使命を完全に忘れていることが明確にされている。今回のエピは、ここからどう気付き、それを取り戻すかがキモだった。多少強引で説明的な面もあるし、逆転もあっさりという印象ではある。が、ハイドの心の動きと周りの反応・配置はなかなかよかったと思う。
 復讐イクナイ!といきりたつガールズに対して、「ハイドならすぐに気付くはず」「人に言われても意味がない。自分で変わらないと」と言うボーイズ。なんかゴセイジャーって、赤が人をおおらかに信頼しているし、黒が兄属性、青が冷静リーダー格な分、女の子二人が過激で熱血なのね(笑)
 そしてハイドが一人殺伐としているところに、天知博士とさかなクン博士!これが絶妙だった。なんとも不思議な、でも温かい雰囲気。結局ハイドは、さかなクン博士の手伝いをする事で自分のすべき事を取り戻す訳だけど、彼は何者だったんだろうね。天使って分かってたし。
 「あの人は特別だよ。感じない?」て、こんなセリフがなんとなく納得できて、正体をぼやかしたままでも「まあいっかなー」と思えるのは、やはりさかなクンと言うゲストの人柄故ですね。あの「TVチャンピオン・魚通選手権」に出ていた頃から独特のキャラだった彼は。うん。今回はデカレンせんちゃんも出てきて豪華でしたな。緑だったし!

 クラスニーゴ強し。多彩で協力な炎技で、全ての攻撃を瞬時に跳ね返す強さ。四人が危機一髪のところで、危機に駆けつけ「俺のやるべき事は敵討ちじゃない。地球と全ての命をお前のようなヤツから守る事!」と言い切るハイド。「待たせたな」「待ってないよ、来るのが分かってたからな」こういう会話はいいね。
 そこから冷静な判断と戦い、的確な指示で一気に逆転。うむ、分かりやすい!相手の炎技に水属性を十分に活かして対抗。そして一瞬なんだけど、戦う仲間と敵の間を、縫うように届く光線の描写がすごくよかった。ゴセイダイナミックで一気にトドメ。
 そして今日の巨大船は海のセット!すげー!きれい!相手の火の攻撃に「俺達はこの星を守って見せる!」でシークプラザー召喚。シークゴセイグレートはやっぱ一番好きだ、かわいいから。

 「見ていてくれ、俺が四人の相棒と、護星の使命を果たすところを…」失った相棒を思うばかりに、元来の自分の使命を忘れてしまったハイドのエピの締めとして相応しいラスト。
 さかなクン博士、また出てこないかなあ。天知博士とのペアはものすごくなごむ。いやあ、二人のかみ合わない会話はいいなあ!あと「ハイドです」「肺魚?」にもワロタよw








天装戦隊ゴセイジャー ランドシーバスターセット


定価 3,780円 (税込)
オタ街価格 2,349円 (税込) 送料別
納期:即納

シーバスターのデザイン好き。