2009年11月22日

仮面ライダーW 第11話「復習のV/感染車」

 法事で帰省中のため、今回は短めです。


 ひき逃げ事件に端を発する奇怪な現象・前編。

 今回は素直にシチュと展開の面白さが売りかなと思う。姉をひき逃げされた青年と、風都のストリートギャングと、ドーパント。青年がバイラス・ドーパントでないならば、一体誰が?そしてバイラス・ドーパントが貴重なサンプルであるという、霧彦さんの言葉はどういう意味なのか…など、なかなか後を引く終り方。
 変身する前にフィリップが「何故そんな悪いやつを助けようとするのか?」という、物凄く基本的な疑問を素直に口にしてくれたのは非常によかった。そしてその翔太郎の答えも、ヒーローとしては納得の出来るものだったんじゃないかと思う。今回のエピはこの会話が全てだな。
 亜樹子は風邪っぴきで鬱陶ーしい限りだったけど(笑)あのスリッパでパコーン!と一発悪いやつにお見舞いしたのは気持ちよかった。彼女のこういう部分はいやみが無くてよいな。

 アクションは、やはりナスカ戦は短いながらも「おっ」と思うね。必殺技封じもしたし。ナスカのヒュルヒュル伸縮するマフラー?はどんどん使って欲しい。
 車にヒート・メタルで必殺技してたけど、中に人が乗っているからちょっとドキドキしちゃった。あれは危ないだろー たまたま彼が運動神経がよかったから飛び降りることが出来たけどさ。

 ところで翔太郎はカツ丼大盛りは食べられたんでしょうか?なんにしても来週に続く!






回転換装ベース
DXリボルギャリー


メーカー希望小売価格 8,190円 (税込)
スリードットコム価格 6,390円 (税込) 送料別
送料 630円

ネットで調べると意外と売り切れていてびっくり。
 


posted by K at 20:23| Comment(0) | TrackBack(4) | 仮面ライダーW

2009年11月15日

仮面ライダーW  第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」

 連続パティシエ失踪事件・完結。敵の幹部にライダーの正体バレという、かなり衝撃的な展開もあった。

 かなり推理はテキトーで行き当たりばったりではあったが、それなりに犯人の動機もあった。フィリップという存在故に、推理モノとしてはこんな感じで十分だと個人的に思っているが、今回は亜樹子の無茶苦茶な行動が、それなりに犯人割り出しをやってのけたのはよかったと思う。
 今回はそこに父と娘の物語をどう絡めてくるかというのが、メインだったね。父のことをぼんやりとしか覚えていない亜樹子が、探偵として跡を継いでいる翔太郎に「だから…ムキになってやりすぎちゃった」と言うシーンは、しみじみとよかった。また、翔太郎の口から語られるおやっさんの思い出の話や、「私の依頼人に指一本触れるな!」と叫ぶ亜樹子に姿を重ねるシーンなど、「憧れられる男」としてのおやっさんの姿が垣間見えた。映画を意識させられるねー
 亜樹子におやっさんの話をするのかと思ったら、また先延ばし。結論から言えば、まだ翔太郎自身があの夜の出来事、ビギンズナイトを受け容れていない…ということになるのだろう。先週さらっと言っていた「自分が殺してしまった」という意識がそれなのかもしれない。

 一方戦いの方は急展開。
 せっかくナスカがWを追いつめたのに、何故かスィーツ(笑)乱入で三つ巴戦になった混戦を、テラーの妙な攻撃で一気にカオスに。このちょっとした恐怖体験?映像は、なかなか相手の底知れぬ怖さが感じられた。「僕たちは見たのかも知れない、敵の根源を」なんてセリフもなかなかそそる。
 また、風都博物館が園咲の仕事場というのも判明。館長だったのか。そこに展示されているもののなかに、マグマ、ティラノ、アノマロカリスがあるのも面白い。園咲の展示品を指していった「地球に刻まれた記憶」という言葉は、フィリップの能力にもリンクするね。
  そしてついに若夫婦にWの正体が見つかった!あのメモリとフィリップが奪われた事件に直接関わる冴子は、どこまで状況を身内に隠しているのだろうか。フィリップは園咲家に追われているし、情報が共有されればメモリを使って変身している翔太郎とフィリップの関わりについても気が付くだろう。でも冴子はあの事件のことを霧彦さんにも言わないし、妹とは折り合いが悪いし、その辺の複雑さがどう転ぶのか分からないね。

 いいところで戦いは愛車に邪魔されたけど(笑)敵幹部二人との戦いはなかなかよかつた。バイクvsナスカシーンも短いながらもいいカットだった!特に走るナスカのスピード感。
 姿を隠した敵を探すのに、ルナのメモリを使って何をしたのか良く分かんなかった。折角ガジェットなんて魅力的なアイテムとメモリのコンビネーションなんだから、もうちょっと分かりやすくして欲しいかな〜
 必殺技はセルフ真っ二つキック。相変わらず怖すぎる(^^;;;

 亜樹子を助け出したときの会話、「来たーっでもなぜ…」「こーこ」「おおー」「そーゆーこと」の雰囲気は洒落てていいね。二人の雰囲気はこんな感じがいいな。
 そしてまたまたヌード披露の霧彦さん(笑)おしおきだべー こわいこわーい!彼の物語でのスタンスってどうなっていくんだろうね。






仮面ライダー大集合スイング
仮面ライダーダブル 10周年記念 ガチャ バンダイ(全6種セット)


価格 4,980円 (税込) 送料込
ポイントアップ 2倍 98ポイント
残りあと1個です

かなりシンプルなデザインなんだよね、Wは。
posted by K at 22:06| Comment(0) | TrackBack(20) | 仮面ライダーW

2009年11月08日

仮面ライダーW 第9話「Sな戦慄/メイド探偵は見た!」

 パティシエ連続失踪事件、前編。謎に満ちた園咲家の屋敷を舞台に亜樹子が大暴れ。そして父に寄せる娘の思いが後半にどうからんでくるのか。

 鍵を握るらしいのは園咲家。失踪したパティシエ全員が屋敷を訪れているらしい。ここでさっさと潜入捜査を決行してしまう亜樹子の行動力は、成る程こういうキャラだったよなと思う。「恐ろしい破壊力の新人」とか言われてるし(笑)でも紅茶の入れ方は上手いらしいね。(この特技が伏線だったらかっこいいんだが)
 中のドタバタも彼女らしく、事務所でガタガタやっているよりも、ああして外に出てハチャメチャやっている方がキャラが生きている気がする。依頼主の麻衣が園咲に認められたとき、素直に一緒に喜ぶシーンは可愛らしかった。一気にトップギアに入るキャラ故に、なんとなく痛々しさが目立ってしまうのだけど、こういう素直な可愛らしさがもっと出てくると、また見え方も違ってくるかも知れない。
 そして麻衣とは「敬愛している父親が行方不明」という共通点がある。パティシエ達は存命なのか。だとするとどこにいるのか。そうでないとしても、このお話の着地点をどこに持っていくのか。未だに翔太郎がおやっさんの死について話をしていない事実も含め、来週の見所だろうか。私は翔太郎がおやっさんを殺してしまったワケじゃないと思けどな…
 ところで、この「おやっさんの行方」について、どうしてもっとこの間のライダーをパパと呼ぶ少女エピの時に絡めなかったのか、今にしてみれば不思議。そこでもうちょっと翔太郎に葛藤させても良かった気がするな。

 翔太郎は亜樹子に対しては、やはりおやっさんがらみで責任を感じているんだね。それが弱みでもあるから、いまひとつ強気に出られない様子。まだ翔太郎・フィリップのコンビニ対して、亜樹子は「お客さん」っぽいから、そろそろ今回のエピで一つ、何かを乗り越えて欲しいモノです。あと翔太郎と霧彦さんとのやりとりのシーンは面白かった。亜樹子の顔は園咲家に知れたし、互いの正体を知らずにすれ違うというシチュは今後が楽しみになる。
 癒しの若菜姫が「あの」園咲の家の人間だとは、街の人達は知らないんだね。少なくとも亜樹子は知らなかった。屋敷の内部のメイド達にもかん口令が敷かれているから、外に秘密が漏れないんだな。そして園咲の屋敷の前で翔太郎が見た怪しいビジョン。一瞬ながら邪悪な感じのイメージでいいね。

 今回の敵はメトロン星人みたいなヤーツ。なんじゃろなと思って、面倒くさいけど公式サイトで調べたら「スイーツ・ドーパント」なんだって。えええええ、あれがあぁぁぁぁ?自由すぎる!(笑)
 シンケンで餅でくっつく攻撃を見た直後に、またライダーでもなんかベタベタするモノで固められていました。ちょっとかぶっちゃったね。えーと、あの白いのは何でしょうか?生クリーム?でもってあの固まったのを、どうやって外したのか良く分かんなかった。音波なのかな。割と単純に拘束が溶けたので、「強くネーな」と思っていたら、霧彦さんも戦いに参加。そしてご主人様変身!でつづく♪ですか。余り今回はアクションのかっこいい印象はなかった気が。

 「如何にして僕らがWになったのか、あの日、ビギンズナイトのこと…」その辺は劇場で!







32%OFF!
仮面ライダーW「メタルシャフト」


メーカー希望小売価格 3,675円 (税込)
おもちゃ村価格 2,499円 (税込) 送料別

「メタルウゥーッ」のメモリはこれについてます。

posted by K at 21:35| Comment(0) | TrackBack(20) | 仮面ライダーW

2009年10月25日

仮面ライダーW 第8話「Cを探せ/ダンシングヒーロー」

 闇の仕置き人後編。素早い敵に、ガイアメモリを盗られ危機一髪。色恋沙汰に事件が絡んで、しかもフィリップはダンスにしか興味を示さない…

 しょっぱなからガイアメモリを4本も盗られた!なかなかの追いつめられっぷりです。しかもフィリップが全くそうさに協力的でないので、自力でナントカしなくてはならない翔太郎、というのも面白い。
 翔太郎は同人誌経由で犯人を、フィリップはダンス見たさに依頼人と被害者を、それぞれアプローチする展開も楽しいね。まさか同人誌とか出てきちゃうとは思わなかったけど(^^;;; あれ、背景細かくトレースしすぎだろ〜(笑)男女の仲の方は結局、話し合い不足と言うことだったようで。まーそんなとこだろーよと。あんまり深い理由がない方がいいよね。
 「波」と言う言葉がキーワードになって、本の鍵が開く。そのビジュアルが面白かった。そしてミルモのを見て分からないことを調べることが出来ると、一気に情熱が冷める。このフィリップの性格設定の極端さはナイス。これからのお話に広がりを持たせてくれることを期待。

 悪役にラーメンズ片桐!いやあ、キモさがいい役者ぶりだったわ。でもって足の裏にアレがあるのね。それにしてもドーパントのデザインが良く出来すぎていて正視できないorz
 今回のアクションは、リアリティ無視でダンスを取り入れていて面白かった!いきなり戦いの最中にダンサー青年が飛び入りして、ライダーと一緒に踊るって言うのはびっくりだけど(笑)アクションの振り付けとしては「ほほー」と思った。でもって「ヘブンズトルネード」は絶対人間業では無理だな!(笑)

 ちょっと亜樹子はギャグに走ると変な監事になるな。あまり演出は派手にやりすぎない方がいい気がする。私は彼女、いがわゆり蚊に似ていると主張しているのだけど、未だに誰からも賛同の言葉を頂けません。うーむ。
 冴子と霧彦さんは面白い関係。只の上司と部下ならともかく、夫婦なんでしょ ?夫婦でアレって言うのがすごく面白い。一番楽しみな二人かも。







【予約】
仮面ライダー クライマックスヒーローズW Wii


価格 5,023円 (税込) 送料別

もう出るのか〜

posted by K at 22:34| Comment(0) | TrackBack(24) | 仮面ライダーW

2009年10月18日

仮面ライダーW 第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」

 謎の依頼と風都に現れた闇の仕置き人!そしてフィリップの悪い癖が招くトラブルの前編。

 冒頭から何かを探しているフィリップ。鍵がかかってどうしても読めない本の中身を知りたくて、いても立ってもいられず歩き回る。ここで初めて「組織に狙われているんだぞ、不用意に出歩くな!」という翔太郎の言葉に納得する。あの様子だと、今のところ探偵事務所にいることはばれていないんだね。
 変身でフィリップが問答無用でぶっ倒れるのが、今回ストーリーの中で面白さになっていた。変身したくても出来ない二人の戸惑いがコミカル。でもって飼い猫ミック、変身しましたね〜怖い怖い!(笑) ミックを巻くために逃げ方を検索し、歩道橋の上から秒読みして飛び降りるのとか面白かった。横でぎゃーぎゃー喚いている亜樹子も楽しかったしね。
 で、翔太郎は彼なりのルートで闇の仕置き人ゴキスターを追う。女子高生の情報屋もいるんだな。こういう彼の情報源と多彩なキャラは、Wの世界観が広がって好ましい部分だ。
 フィリップの見たくて仕方のないもの、ヘブンズトルネード。今後の展開に影響を与えたり、Wの技に応用したりするんでしょうか?あのダンサーとスイマーの二人はどうなるのか、探偵事務所に投げ込まれた手紙は誰の仕業か…色々と来週に引っ張りますな。特にダンサーの少年が「アンタが所長…ウソだろ?」と言ったときの表情の意味とか知りたいですね。

 まーそれにしても今日のアレ。私、もう、超苦手で…orz 仮面ライダー剣の時もそーとーキモかったんですけど、今回の羽目を背けてしまいました。ああ、食事時に見なくて良かった。こういうのは避けて欲しいんですけどね。グロすぎるー
 というわけで、今回あまりちゃんとアクション見ることが出来ませんでした。ええ、ヘタレですが何か?








上木彩矢 w TAKUYA/W-B-X〜W Boiled Extreme〜(CD+DVD)


定価 1,890円 (税込)
販売価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

OPムービー、キレがあって好きだ。

posted by K at 21:33| Comment(0) | TrackBack(22) | 仮面ライダーW

2009年10月11日

仮面ライダーW 第6話「少女…A/嘘の代償」

 パパは仮面ライダー後編。悲劇的な結末を思わせるサブタイトルに反して、割とハートフルなエピになっていた。

 パパがいなくて泣いていたあすかに、「パパからの贈り物」として渡された仮面の騎士のマスコット。嘘はいけないと思いつつも、どうしても真実を話せない翔太郎のハーフボイルドっぷりはかわいらしい。結局嘘を突き通した。けど、「もうパパはあすかだけでなく、風都のみんなを守らなくちゃならないの」という母親のセリフとか、「真実を知る日まで、彼女の夢を裏切れない」というまとめとか、都市伝説のヒーローとしての、いい決着の付け方だったのではないかと思う。第二風都タワー計画は無期延期という結末も、甘過ぎなくて良かったんじゃないかな。
 戦いで無茶をする面とか、どこか情に厚い面とか、ドラマの中でもっと書き込まれて練れてくると生き生きしてくるだろう。まだ少しステレオタイプなんだよな…取り敢えず最低限のキャラ立ちはしているので、オリジナルな翔太郎の魅力が出てくることに期待したい。

 偽物はガイアメモリの実験品により変身していた。そこからガイアメモリの下請けであるというセンが浮かび上がる。その場所が風都タワー建設予定地の地下、っていうのも面白かったな。
 アノマロカリス・ドーパントとの戦いは、ルナ・トリガー最強www でもってWには水中専用形態はないらしい。その分バイクに水上モードがあるのね。あれかっこよかったなあ。
 まーでも今回の一番の戦いの目玉は、個人的には霧彦さん相手の0距離発射のトリガー炸裂だったな。ナスカ・ドーパントっていうんだね。ナスカって、地上絵?ちょっと良く分かんないけどデザインはなかなか好きよ。そしてメモリドライブ=ベルトは幹部の証!なるほどね。つまり一話で盗み出したのは、幹部用の秘密兵器だったワケね。
 「一目君を見たときから、ずっと思い続けていたんだ。真っ二つに割ってみたい…とね!」「バカな…いや、バカなのか?バカだからこそ…」こーゆーセリフが効いてます。キャラとしては大成功だな、霧彦さん(笑)

  亜樹子は、「なんでこおなるのおおおお?」状態で叫んでいるのが、トボケていて面白い。キャラのプロフを見ると“冗談か本気かわからないギリギリのところで生きている女”という、かなり魅力的な設定なんだけど、なかなかコレさじ加減が難しいよな。直接探偵としての仕事の邪魔をしないところで、無茶をしてくれたら楽しいなと思うね。フィリップは相変わらずいい感じで、「おまじない」の下りも良かった。
 しかし今回の冴子姉の目のアップはなかなか。あの瞳の黒さがいいよ。






仮面ライダーW トリガーマグナム


価格 2,997円 (税込) 送料別

とりがあぁぁーーーっ

posted by K at 22:56| Comment(0) | TrackBack(19) | 仮面ライダーW

2009年10月04日

仮面ライダーW 第5話「少女…A/パパは仮面ライダー」

 少女と仮面ライダー前編。

 街の景観を損ねる公共事業とは、時事ネタっぽいなー(笑)パフォーマンスに娘を利用する政治家と、仮面ライダーをパパと呼ぶ女の子。かなり無理している親子だなという印象なのだが、実は夫が凶弾に倒れ、第二風都タワー計画はその意志を汲んだモノだとか、「例えウソでもそれがなければ生きていけない子もいます」という母親の言葉になるほどと思う。
 しかしそれがよい事かどうか…というと、やはりウソはウソなわけで、そこを後編でどう解決するか、だよな。ライダーではどこかで子供とのエピを作るものだけど、今回の「W」は早いね。
 関係ないけど、あすかちゃんの差し出したマスコット、どーみても仮面ライダーナイトに見えるんですよ。気のせいしょうけど(笑)

 翔太郎と下っ端刑事との関係が面白いね。あの張り合いは毎回やって欲しいなあ。足を撃たれちゃってちょっとかわいそうだった。死んでないよ!(笑)
 ゴミ箱にはまってるフィリップの天然ぶりは、その異様な画面もあって楽しかった。一方、翔太郎&亜樹子はあまりこれ!っていう見せ場は今回、無かった気がする。亜樹子は特に、コミカル担当ヒロインとしてのかわいらしさをどう作り上げていくかが、大きな今後のキモになると思う。頑張って欲しいなあ。
 あの園咲家っていうのは、大企業であり大地主だったりするのだろうか。かなり風都という街の中で、強い力を持っていることは分かっているんだけどね。それにしても今、霧彦さんが一番面白い。あの微妙な立ち位置加減がね。姉の冷たい感じもいいな。今のところ主役三人よりも、園咲家の面々の方がキャラ立ちしているかも。

 生物の歯の弾丸、水の中と来て、サメかと思ったらまさかのアノマロカリス!うーん、なんで検索でそれが出てくるのか。あ、ガイアメモリの種類の中に、サメはないけどアノマロカリスがあるっていう解釈で、いいのかな?@913
防御に専念でサイクロン・メタルには納得。また水中のスナイパーへの攻撃として、トリガーが初お目見えでした。ところで水の中で戦えるモードってあるのかね?メタルで水に入ると沈むのかね?んなこたどーでもいいか。
 倒したドーパントの正体は、翔太郎が目を付けていた人物ではなかった。偽物だったのか?それともガイアメモリは二本あったのか?

 都市伝説として物語の世界に存在している「仮面ライダー」。前回のラストでその立ち位置を明示し、今回のエピで確定させているのを感じた。エピとしては全く独立しているのだけど、こういう世界観の深め方はいいよね。
 ところで、サブタイには必ずアルファベットが出てくるっぽいね。二話で一つだから、一年掛けてすべてのアルファベットを制覇か。今からKが楽しみ(笑)






【10月未定発売】
メモリガジェットシリーズ03 バットショット


参考価格 3,675円 (税込)
eBEST価格 2,448円 (税込 2,570 円) 送料別

コレ面白いよねー

posted by K at 20:51| Comment(0) | TrackBack(21) | 仮面ライダーW

2009年09月27日

仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」

 カジノで勝負の後半エピ。そして園咲家では結婚式。敵と味方、それぞれで再構築される家族の姿。

 興味深い展開。30分番組のヒーローもので、それなりに面白いカジノの心理戦を描き出したのは見事だと思った。
 全ての知識を得られる男の唯一手の届かない情報が「家族」。そのウィークポイントに敵が気付いており、カジノの勝負で一気に急所を突いてくる。絶対的に優位に立っている相手に対して、互いを信じ合う心が血路を開くどんでん返し。そこに変身アイテムを絡めてくるのもいいね。
 フィリップを助けてやりたいという翔太郎の心情も分かりやすいし、「俺は例え無謀でもお前を守って勝負すると決めた」…というシーンで、一話冒頭の救出シーンが重ね合わされるのも意味深。パコっと一発スリッパで殴って「翔太郎君は君のこと真剣に助けたいんだよ!だから信じてあげなよ!」という亜樹子も含め、フィリップの中で曖昧だった家族に「家族?それなら代わりがある。ちょっと冴えないけどね」と言わせる繋がりが出来た。
 ちょっと亜樹子の存在がまだ弱いので、もうちょっと後デコのエピを持ってきた方が良かったかなあ…とも思うけど、勝負の駆け引きと決着の付け方が面白かったのでよし、かな。(ただ、これってギャンブル的にはズルしているんじゃねーの?突っ込まないけど・笑)

 「ああーこんなときおやっさんならなんて言うんだ?」「おやっさんから託された大事な相棒だからな」翔太郎にとって、おやっさんという男が未だに大きな支えになっているのが、言葉の端々に出てくるね。今後、カブトの「おばあちゃん」みたいな存在になるんだろうか?
 あとちらりと垣間見えたフィリップの記憶の断片には、二人の女の子がいたけど…ちょっと気になりますな。

 怪しすぎる園咲家の結婚式。その直前に婿資格をかけた戦いがあったけど、クレイドールの攻撃をすごい格好で避ける霧彦さんはちょっと面白うございました(笑)あの式も異様な雰囲気だったけど、Wの戦いの途中にちまちま挿入されたのもあって、少々気ぜわしい。もうちょっとたっぷり見たかったかな。尺の問題もあるからアレがギリなんかな。
 ところであのネコも変身するんだね。息子が「魔化魍みたいになった!」とか笑ってた。化け猫じゃねーよ(笑)
 ルナ+メタルで、棒がびよんびよん伸びていた。右半分の属性の力が左半分の武器や技に影響するんだね。3×3の組み合わせだけど、今のところ意外とアクションのバリエーションが面白い。CGの使いどころが楽しいんだな。
 バイクで疾走するWを見ている人々。そしてラジオで「仮面ライダー」という言葉が都市伝説的に語られる。こういう「名付け」のシーンはいいね。そう言えば「仮面ライダー剣」でも、ライダーが都市伝説的に語られている、という設定があったと思うけど、こちらはかなり具体的にその「噂としてのライダー」が見えているのが興味深いところ。

 ところで!サンタちゃんはレギュラーなの?






仮面ライダー 11ライダーゲームバトル


通常価格 5,040円 (税込) のところ
ビッグビィ特価 3,528円 (税込) 送料別

どんなゲームなんだろう?ルール気になるな〜

posted by K at 21:46| Comment(0) | TrackBack(21) | 仮面ライダーW

2009年09月20日

仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」

 新しい事件は人の欲望を刺激するカジノ。そこにからめてフィリップの過去をチラ見せ。少しずつ見えてくるキャラのバックボーンと世界。

 どういう手を使うのか知らないけれど、ものすごく刺激的で楽しい「天国のカジノ」の存在。金のために全てを捨てて、最後には自分の命も捧げてしまうと言う。いささか現実離れした舞台だが、余りにど真ん中ストレートな“マネー”という敵ドーパントの存在とか、性格豹変しすぎの和菓子屋の看板娘とか、風都という街の特殊な雰囲気もあって、なんとなくありかなーと思ってしまう。怪人の出てくる寓話的な雰囲気が立ってるんだね。
 むしろ事件の中で、家族、我が家という言葉にフリーズしてしまうフィリップが、今回のエピのメインなんだろう。彼の過去もプロフも全く不明だけど、そこになにかが隠されているんだろう…という期待を持たせる。一瞬出てきた家族連れの風景、意味深ですな。
 「ちっ」の若菜さん、癒し系DJしてんのな。彼女の舌打ちシーン、妙に気に入ってます。若菜姫への翔太郎&刑事のリアクションが、彼女の風都での表の立ち位置を示してるね。そして若菜に心惹かれているフィリップというのも、伏線なんじゃろね。

 前半で一度変身して戦ったとき、マネードーパントを庇って去った影、霧彦さんですね。たなびくマフラーが印象的だったな。ライダーっぽいデザインみたいな。今回の敵に徹底した悪ライダーがいるとしたら、それはかなり楽しみなんじゃないかと。冴子と霧彦の会話は、彼女自身がWのメモリを奪われた場にいたというのもあって、かなり面白かった。そこにどんな意味があるのかも、今後の楽しみだ。
 後半、お約束の尾行失敗。ちょっとあの展開は亜樹子がウザすぎる(笑)でもラジオの投稿から検索して、路線バスを導き出す展開は非常に面白いと思った。謎を解くまどろっこしさがないのに、スリリングなんだよな。検索万歳。
 探偵のクセにバイクでの尾行が下手すぎるってのはともかく(笑)路線バスとのチェイスは短いながらも見応えがあった。そしてバスの上で移動しながらの変身、非常に滑らかで合成が見事。そのあともそのまま走るバスでアクションしててすげーな。

 個人的に楽しいのは、翔太郎と刑事や情報屋との関係。まだ役名が頭の中に入り込んでいないから、私的にはまだ「なだぎ&なすび」なんだけど(笑)彼等が非常に味わい深くて、今後メインエピがないかなあと期待してしまう。刑事の部下もいい感じなんだよね。
 このエピも面白いモノになりそう。色々と謎はあるわけだけど、謎解き謎追いをメインにしすぎないで、娯楽性の高いライダーになってくれれば言うことないな。
 関係ないけどヒロイン亜樹子、誰かに似ているなーと思っていたんだけど… チェンバル語講座のいがわゆり蚊だ!異論は認める。






【11月未定発売】
仮面ライダーW 回転換装ベース DXリボルギャリー


参考価格 8,190円 (税込)
eBEST価格 5,200円 (税込 5,460 円) 送料別

発売はまだまだ先なんだね。

 
posted by K at 22:20| Comment(0) | TrackBack(23) | 仮面ライダーW

2009年09月13日

仮面ライダーW 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」

 新シリーズの今後を占う序盤エピ・解決編。主要キャラが印象的に登場し、番組の雰囲気と人間関係が無理なく描けていたと思う。

 平成ライダーは、大体2話1組でエピが進む。私の持論に、「メインのキャラ立ては三話までが勝負」というのがあるのだが(笑)、非常にスムーズにそれぞれの立ち位置が示されたのではないかと思う。
 特に主役の翔太郎については、ハードボイルドになりきれない優しさと甘さ、風都という街への思い、ヒーローとして戦うことになったきっかけなど、物語の流れに乗せられていたと思う。役者もハマっている。「俺は又取り戻せなかったのか…」なんて、さりげないセリフだけど、幼なじみへの優しさを感じて私は好きだ。
 フィリップはそのキャラの特殊性故に、強い存在感がある。あの何を考えているのか分からない目つきがいいね(笑)先週も書いたけど、フィリップはこれから回を重ねる毎によくなっていく予感があるな。
 ヒロイン亜樹子は、明るくバタバタしていて面白い立ち位置。ちょっと今日は顔つきが変だったような(笑)コミカルに走りすぎない方がいい気がするけど、これからのこなれ具合に期待。…ちょっと心配な噂があるから、そこをどう乗り切るのかな(笑)
 サブキャラとして刑事になだぎ氏、情報屋としてなすび氏!このキャスティングには驚いたけど、いいね〜 刑事と情報屋が、当然のこととしてガイアメモリとかドーパントについて話をしてしまう世界観も面白い。
 「この街で」「この街が」印象的に使われたセリフ。「街」という舞台を明確にしていく方向性なのか。どのくらいの広さなんだろうな?ま、その辺は曖昧な方がいいだろうね。

 探偵モノではあるけど、謎解きそのものはあっさりだった印象。実際、凝った謎解きとかはいらないんだよね。とにかく、地球本棚の検索ワードの指定がミソなんだな。そこさえ面白く作れれば、あとはなんでもありなんだろう。
 彼女への対処を巡って、二人は二話目にしていきなり対立。煮え切らない半熟卵(ハーフボイルド)って言葉をしっかりフィリップに言わせたのはよかった。そのあと「散々考えたんだけど答えが見つからなかった。何故僕は殴られたんだい?」「…半分力貸せよ、相棒」は、その前の幼なじみに裏切られる切ない展開もあってスカっとさせてくれる。しかしまー変身してフィリップが抜け殻状態になって倒れてしまうのは危険だな〜 ぶん投げられていたけど、あの体どうなったんだろうと心配しちゃったよ。何事もなかったように事務所にいたけど!

 頭だけだったTレックスに、あちこちからモノがくっついて体になるって面白いねー そのあとの長いバイクアクションも見所満点。しかもあのバイクも半分ずっこになるんだね。あのリモコンで動くクルマの存在意義が分かった!(笑)
 今回のフォームチェンジはヒートだのメタルだの。なんでメタルだけ「メタルうぅッ」って、すっごい力の入った声が聞こえてくるんだろう。気になって仕方ないぞ(笑)それはともかく、それぞれの特性がもうちょっと分かりやすくなってくると、もっと面白くなる気がする。今は半分この物珍しさの方が先に立つね。
 それにしても園咲家の人々は、それぞれいやーな感じが滲み出ていて、印象的な悪役ぶりが素晴らしい。でもってまあ、きりひこさん!衝撃的な登場で御座います。一話にしてハダカですからね。冷たい雰囲気が映える美形で、彼は人気出そうだな〜 






仮面ライダーW スタッグフォン


メーカー希望小売価格 3,150円 (税込)
チャルマン価格 2,100円 (税込) 送料別

変形探偵小物のメモリガジェットってネーミングいいね。
 
posted by K at 22:27| Comment(0) | TrackBack(16) | 仮面ライダーW