2008年11月22日

トミカヒーロー・レスキューフォース

 タイトルそのままのテーマをストレートに描いたエピ。ある程度思った通りの展開ながらも、石黒とレスキューフォースのメンバーの揺るぎない姿勢に胸を打たれる。

 石黒隊長vsエリート・マッドサイエンティストの構図。大きなお友達目線で見てしまうと、何故、彼が兵器を作ろうとしたのかが全く分からないため、多少の唐突感と不自然さは残る。
 しかしそれ以上に、レスキューフォースが「閉じこめられた人を救うために」必死で戦う姿、石黒隊長の人命救助を最優先にした行動原理、激しい敵の攻撃の中、ドリルで穴を掘り続けるレスキューマックスなど、登場人物の行動や態度でひたすらテーマを描写し続けた。その中に第一話のヒカルのセリフを出してきたのにも胸が熱くなる。大人の予測なんて蹴飛ばせる程、「画の説得力」で魅せてくれたなという印象。
 ラストの隊長と白石の握手は、ちょっとうるっと来てしまった。白石が再登場してくれるのを、私も信じているよ!そんな展開、ちょっと想像しただけで燃えだ。

 今回は隊長不在でナンシー長官が爆鎮承認。嬉しいっすね。企業にもちゃんと話を付けておいた、と言う辺りもきめ細かい。
 今回はズッケインありませんってことで、いつもの先っちょがないのが残念(笑)でもCGには手抜きナシだったね。実在の建物に並び立つレスキューマックスとか見るとワクワクする。TV番組としては、マジで質が高いよな。関係ないけど、ギガドリルブレイク決めた後のレスキューマックス、R1&R2が「うらぁー」「おらぁー」と言っているのがなんか好きだ(笑)

 細かいことを言うけど…あの地下で倒れていた人は、何故口から水が出てきたんだろう?タダの心肺停止でよかったんじゃ?あと、隊長の心臓マッサージ、ちょっとテンポが速かった気がするけど気のせいかな。
【追記】すみません、良くセリフを聞くと「貯水槽で職員が…」と言っていたようですね。あの状態は誰かが救い出した直後と言うことだったのでしょうか。失礼しました!




BIGハイパワー電子レンジ【60Hz/関西用】


価格 5,980円 (税込6,279円) 送料別

とりあえずマイクロ波って言えばこれだね。

 

2008年11月15日

トミカヒーロー・レスキューフォース 
「ビークル交換? 息をあわせて爆鎮だ!」

 自分のすべき事、役割を全うする。サポート役の葛藤エピ。かなりストレートな作りで、捻りのないお話ではあったと思う。しかしその分、番組のメッセージは伝わってきたのではないだろうか。

 うおお〜って燃えとか、じーんと来る感動とかは余り大きくなかったな、とは感じられた。その辺は先週と真逆で、じいちゃんのエピはトテチテしてはいたが、途中の回想シーンが生きてラストは妙にホロリとした。今回は全体に安定感があり、そのまま納得の終わり方をする分、印象は薄い。
 しかしサッカー少年の「本当は分かっているんだ…」の辺り、コアストライカーが「いつもうまくサポートしてくれている」と指摘する下りは、とても良かったのではないかと思う。ラストの少年達のハイタッチも爽やか。わざとヒカルのハイタッチを避けるあたりも響助らしい。まとまりのいいエピなのに、何故か強く残らないのは「レスキューフォース」という番組のレベルが底上げされている証拠なのだろう。
 今回はR1マックス、レスキューマックスなど、第3クールのパワーアップキャラが出てこない。その分、R2の活躍が生きたんじゃないかな。個人的にはロボの頭にしてあげたかった(笑)
 しかしあの男の子は美少年でしたな。演技はぎこちない所もあったけど、リフティングとか上手かったし。

 今回の先っちょ。スwポwンwジwww
 てっきりデカいシャボン玉作るときの輪っかみたいなのかと思ったら、すごい発想だよ!(笑)こーゆーの大好き。でもあの泡、吹き飛ばしちゃった方が危険なんじゃないの?まあ、あんまり危険な感じがしなかったからいいか。言う方がヤボ? …ですよねー




プステフィックス社 シャボン玉・ダブルラージリング


価格 1,386円 (税込) 送料別
補充液250ml入り。
受け皿 直径約21cm。
バブルリング 直径約17.5cm

これこれ、こーゆーのが先っちょかと思ってた。

 

2008年11月08日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「どうしてきたの? 武道家じいちゃん」

 ヒーロー番組の中で、一度はあると思われる身内エピ。今回は仕事に無理解な祖父が、孫と仲間の頑張りを目の当たりにして認めるという鉄板展開。

 今回は前半のセリフの繋がりとカット割りが、少々不自然に感じた。じーちゃんの登場も唐突だったけど(笑)ありがちといえばありがちなお話だから、一工夫欲しいところだったんだけど。後半の、被災者治療中のマスク越しの笑顔のシーンはよかった。でも明太子食べさせたシーンで、息子が「最低あのじーさん」と言っていたぞ(笑)不法侵入もそうだし、さすがにR5になって戦うシーンはやりすぎじゃねーの?とは思ったけど、まあいいか。レスキューフォースだし。
 それでもセピアカラーの思い出のシーンとか、ラストの別れのシーンとか、ついついホロリと来てしまう。両親は東京でじぃじが博多じゃないの?「博多に帰れ」は、単に連れて帰りたかっただけかよ!でもって火事場のスーパーパワーにも理由があったって事だね(笑)
 てか、あのじぃじ役は、あの方ですか… 驚いた。(調べて確信持てたから追記:声優の柴田秀勝氏ですね。いやーオールドファンには驚き&嬉しい)

 風力発電のアレを利用した、メガトンクライシスの出方は面白かったね。て、今回の先っちょ扇風機ですかwww
 ドリルドーザーの合体シーンで、くるくるっと逆立ちして回る演出好きだ。あといつも一度ピンチになって、主題歌と共に反撃するけど、そのときの画面はかっこいいねえ。演出の工夫を感じる。

 隊長の机の上のマスコット人形、いつもカメラ目線なのがすごく気になる今日この頃。





辛子明太子切れ子 無着色 1kg


参考小売価格 5,900円 のところ
特別価格 3,150円 (税込) 送料別

1kgってすげー量だな〜

 

2008年11月01日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」

 熱い展開で新合体パターンが堪能できる良エピ。みんなをレスキューする、という番組の基本に立ち返ったキャラ描写もよかった。

 R1の操作ミスで怪我をしたR2。ヒカルと響助の性格を、うまく絡めた展開と思った。最初「少しは反省しろよ」と愚痴っていた響助の気持ちの変化。責任感を感じて空回りしていたヒカルが使命感を取り戻す過程。なかなか良かったと思う。
 ゲストキャラの青年との会話や、ラストのシメも爽やかだった。スケボーを借りるシーンの響助のセリフや笑顔で託す青年の下り、会話自体も感動的だし、その溜めが後のスピーディーなスケボーアクションを引き立てた。

 戦っている内に固まる辺りの描写はコミカルで、この番組らしい(笑)ユルユル菌の逆ってことね。
 R2のスケボーはお見事!ヒーローのスケボーは斬新でかっこよかった。前にもR2はバイクで疾走したけど、やはりテクニックの巧みさが先輩キャラを立たせるね。
 ロボ戦はすごかった。なにこのCGの気合い!ヤラレて転がる辺りとかすげえ。夢が詰まったCGだよこれ!そのあとの決意→合体→ファイナルレスキューの流れの熱さも素晴らしかった。ボルテージの上げ方が絶妙。必殺技のギガドリルブレイク(違)まで見入っちゃったよ。
 合体した姿はかなりゴテゴテしてるんだけど、妙に「男の子心」をくすぐるよね(笑)合体シーンがあんまりかっこいいんでドキドキした。元々ドリルとドーザーは好きなメカだったから尚のこと。

ここのところレスキューフォースは覚醒中の良作連発。一体どうしちゃったんだ(笑)楕円様をターニングポイントにして、番組全体に勢いが出来た感がある。





【コンプリート】
トミカヒーローレスキューフォースカプセルレスキュービークル全6種


Granada王国販売価格 1,200円 (税込) 送料別

この発想はすごいな…最近のガシャポンは凝ってる。

 

2008年10月25日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「チャンプ内藤登場 魂のゴングを鳴らせ」

 ぶっちゃけシチュは斜め上ながら、ストレートな感動エピ。
 いじめ問題とヒーローが絡むお話は、割といじめられる側がヒーローに勇気をもらうエピが多い気がするんだけど、今回はいじめっ子側にスポットが。序盤の少年の行動、気持ちの動き、そしてラストの締め方も非常によい。あの少年の「お願い」がサインというラスト。そこで「そう言えば最初に苛められていた子供、内藤のファンなのをからかわれていたよな」と思い出す。筋が最初と最後でビシっと繋がった。

 チャンプ内藤登場!今までEDコーナーに出てくるたびに、そのPRにドキドキさせられていましたので(笑)どんな無茶苦茶な話かと思ったら、予想外に感動させられて泣きそうになったよ。
 今回のエピは内藤という人物の個性がすごく生かされていた。彼なら「事態は飲み込めました」ってすごい順応力見せてくれても、全然OKだなと思っちゃう。敬礼もよかった。
 一番よかったのは、シーカーに生身で強烈パンチしてイテテ、のシーン。「この人すごい、あんなでかいヤツを…でもかっこつけてない!」こんなセリフが似合うのは、内藤の人柄があってこそでしょう。特別ゲストにピッタリのストーリーを選んだなと思う。
 まーそんでもレスキューフォース独特のユルさがいい味だった。 いきなりテレポーテンションで拉致られたのに、明るくポーズする内藤とか!あしたのジョー等のパロとか!何でセコンドが白い灰になるのか分からないとか!いきなり上着を脱いだらボクサー姿の隊長とか!(内藤もだよな。こちらはチャンピオンベルト付き)

 メカ同志の殴り合い描写は短くも迫力があった。巨大メカのゴングはなんの意味があるの?なんて思いつつ(笑)、次のメガトンクライシスの先っちょは何がくっついているのか、毎週楽しみになってきたぞ。





いじめられっ子のチャンピオンベルト


著者: 内藤大助
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別
在庫あり(1〜3日以内に出荷予定)

正に内藤ありき、のストーリーだったね。

 

2008年10月18日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「私も乗りたい レイの大型レスキュー」

 久々にレイのエピ。彼女の明るいキャラクターが前面に出て、後味のよいお話に仕上がっていた。

 追ってくる破壊光線と危険物を乗せた大型車両。緊迫感のある状況で、さすがにアレはねーだろー(笑)とは思う。が、レイのキャラの明るさと教官の役者さんの熱演で、妙に納得してしまった。応援したくなるというか。いやいや、安全確認は大事だよね!
 そのせいか、ラストの教官とレイのやりとりに、妙にジーンときちゃったよ。あのラストで疑問符が全て吹き飛ぶ爽やかさ。エピの後味って大事だ!(その真逆を行ったのがこの間のゴーオンだな…)それから大型免許を取ろうとやってきたおっちゃんとレイのやりとりは、なんとなくリュウケンドーを思い出して和むね。
 レイが大型免許…ということは、そのうち第三の大型ビークルが登場するのだろうか。

 合体のBGMに新OPのメロディー、ファイナルレスキューには旧OPと、新旧主題歌が盛り上げどころを住み分けているのはいいですね。レスキューマックス、時々溜めの動きが入るだけで重々しさが感じられるようになってきたのは好きな演出。メガトンクライシス、ちょっと小さくなった?
 他のRFメンバーは今回、あまり出番がなかったけど、序盤の会話とかいい感じだなと思った。R1&R2、R3&R4の、男女それぞれのペアが仲良しなのは見ていて気持ちがいい。

 基地が移動するせいで流離う三幹部、味わい深いな(笑)だから尚更ラストの「…マーエンさまぁー…」に哀愁を感じる。コミカルにペーソスをプラスされて、愛され悪役としてナイスだね。





R/C RADICAL-MINI  01 デコトラ船団 傾奇者【税込】
ABK RCミニ01 ナダレキ [ABKRCミニ01ナダレキ]


メーカー希望小売価格 3,129円 (税込)
販売価格 2,503円 (税込) 送料別

安全確認!
 

 

2008年10月11日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「ダーエンの娘 マーエンなのダー」

 しょっぱなから、電池切れでヘロヘロになり、市民に迫害されつつかれている三幹部(笑)そこに待っていたのはワガママお嬢様でした。でもそれがスーパーコンピューターの映像っていう設定はいいね。毎回違うカラーのキャラがボスになるのも工夫を感じる。
 でもってもしかして、毎回なにか超災害しては基地を壊していくのかね。ものすごく用意周到な楕円様は、地上のあちこちに同様の基地を作っているらしいよ!杖に設計図仕込んでいる男はやることが違う(笑)その度にあの三人は市民に迫害されながら腹ぺこでさまようのかな?こういう有り得ないスケールのコミカルな展開は特撮らしくて好き。

 合体ロボの足がいや!って、ここまで堂々と言ってのけるのは珍しい(笑)「マックスキーック!」「やめてぇ〜もっと優しくしてぇええ〜」にはワロタよ。
 今回は全体的にR1&R2のコンビが、シリアスなんだかアホなんだか、どちらかっちゅーとアホに振り切れている争いをしつつの展開で面白かった。そのくせ熱さもあったりして、番組全体が乗っているなと感じる。
 磁力云々の超災害で、あの連中が救助可能なのかってことはキニシナイ。エレベーターの中には二人しかいなかったのね。もう何人かいた方が迫力あったと思うんだがな。でもレスキューされた女の子、美形だったからいいや。
 女の子ベアは「こんにちは♪」「うぉらぁ〜っ」とか「交渉決裂」「ですね」のシーンなど、セリフの掛け合いがかわいかった。そんでも寿里さん、キーボードの上でメロンパンを食べるのは危険だ!(笑)

 今回のCGメカ、とんでもなかったんですけど!すげーデカさが感じられて迫力でした。そのくせ先端にU字磁石くっつけてたりして、こういうのいいねえ(笑)
 あのデカいのにレスキューマックスが、R2のふっきれと同時にスピード勝負のキックで反撃っていう展開がナイス。BGMも旧主題歌で、やはりこれは名曲と思った。なんでこんなにデカいロボの動きがスピード系なんだろうと思ったら、こういうことなのね。個人的にはもうすこし動きに「溜め」があるともっといいかな。
 ラストカットで揉めているヒカルと響助の背景が、ビルを支えているレスキューマックスっていうのも味わい深い。この番組、第2クールで化けたなって印象ですね。




【コンプリート】
レスキューフォース カプセルレスキュービークル2 全9種


Granada王国販売価格 1,800円 (税込) 送料別

これによく似たこと、30年前スーパーカー消しゴムでやったような…


 

2008年10月04日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「究極合体! レスキューマックス出場」

 OPもEDもかわって、心機一転の秋!新展開に新メカだけではなく、前回までの傷を癒す一話。

 もう半年!といういきなりの状態に少々びっくりしつつ、新メカ開発の期間としてなかなか考えたなあと思った。しかしあの杖にあんな秘密が(笑)変なものを形見分けするなあと思っていたら、そういうことだったのね。
 大淵先輩の夢を実現すると同時に、その結実であるロボット形態で、ダーエンと名乗った悪意の残像をたたく。彼の心の光と闇を直接対決させることで、「心ならずも正義側の人間が悪に走った」ヒーロー番組としての落とし前を付けたのは素晴らしい。ナンシー長官のセリフでフォローだけかと思ったら、ちょっとこれには感動させられました。
 在りし日の石黒と大淵のやりとりが微笑ましかった。「夢は俺達が受け継ぎます」という言葉が胸に響く。

 そしてメカ戦CGもすごかったね。一度は闇ストライカーに奪われ合体してしまった中型ビークル、と言うシチュも象徴的だった。それを大淵先輩の夢、レスキューマックスで撃破だ!OPは変わったけど、今回はなじみの旧主題歌のメロディでノリノリ。超大型のクルマ同志のぶつかり合い!計算出来ない突貫パワー!思わず「おおおー」と声が出るね。あのロボは思ったよりずっと動きが速くて、ちょっと驚いた。
 玩具メーカーのタカラとトミーが合体して、新しい会社が出来た。今回のレスキューフォースは、タカラが一年間関わった「リュウケンドー」のヒーロー玩具の技術と、トミカの魅力が合体した感じがあったんだけど、トランスフォーマーで培った技術も加わったの?予想以上にメカメカしい重厚なロボっぽさでよかったな。ちょっとダグラムっぽくね?コアストライカーのヘッドライトが目みたいに見えるのがいいよね。

 そして○△□はご無事で何より。新しい敵のヘッドは来週以降ですが、大淵先輩、子持ちだったんスか?(笑)





【予約品】10月発売予定
レスキュービークルシリーズ DXレスキューマックス


通常 13,650円 (税込)
ほび☆たま特価 8,934円 (税込 9,380 円) 送料別

DXRストライカーとDXRセイバーがセットでRコマンダーにカード9まい付き。
すげーな。合体したらデカいんだろうなあ…

 

2008年09月27日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「オニ監督登場 レスキュー映画撮影」

 お笑いゲストを迎え、爆裂的にアホくさい総集編。いつものレスキューフォースのユルさ加減に、ますだおかだの瞬間冷却も加わってなかなかカオスであった(笑)

 レスキューフォースって、1クール毎に総集編をして、なおかつお笑いがゲストっていうのを定番にするのかな。番外オモシロ篇ってことですかね。てか、前回のよゐこ濱口の時もそうだったけど、それほど「面白く」はなくて、むしろかなりアレなんだけど…
 それでも撮影隊が爆薬で吹っ飛ばされるのは、今回のエピのアホなノリがあってこそだろうな。「これこそリアリティだよ岡田くん!」「いや、単なるリアルな事故でしょこれ」の会話とかもよかった(笑)ラストの閉店ガラガラも、ここまでやると爽やかささえ漂う。むしろ積極的にこの映画、見てみたくなったんですけど。あ、まだ予告編の段階ではCGで指を消せなかったみたいですな。

 総集編としてはとてもいいシーンをピックアップしていて、それぞれのメカを再度説明してくれる親切設計。
 こうしてみると、この2クールも新メカがガンガン投入されていたよな。来週はいきなりトランスフォーム!するみたいだし、このペースで色々なメカを楽しませてくれると共に、魅力溢れるCGを見せて欲しいものです。
 それとやはり、石黒隊長がクローズアップされたエピが多かった。いや、むしろ積極的に石黒隊長がストーリーを回していたと言ってもいいかと。最初はキャラ崩壊かと思ったR5が、回を重ねる毎になんとなく二重人格キャラとして納得させられ、隊長という責任者スタンスの人物設定としては斬新ささえ感じられるようになった。これも演じている岩永氏の熱演あってこそでしょうね。

 ところでナニゲにナンシー総司令、映画に出演してなかったかい?




松竹芸能LIVE Vol.4
ますだおかだ ますおかな奴らで107(DVD) ◆20%OFF!


定価 3,465円 (税込)
販売価格 2,640円 (税込 2,772 円) 送料別

ぱっ でた〜

 

2008年09月20日

トミカヒーロー・レスキューフォース 「マックス着装完了! 新たなるR1」

 熱い展開に思わず涙。ただのパワーアップ話かと思っていたら、実は第二章ダーエン編の完結エピだった。

 総力を挙げてレスキューフォースへの挑戦をするダーエンこと大淵。
 彼が人類とレスキューフォースを目の敵にする理由としては、この間語られていたストーリーは今ひとつ説得力がないなーと思っていたら、案の定誰かに操られていた、ということでした。でも単純に「操られていた」というのではなく、本人の口から「支配されていたけれど、自分の中の悪しき心を強めていただけに過ぎない」と言わせたのは良かった。
 そしてなによりも、このセリフ。

 「私は先輩の心をレスキュー出来たと信じている」
 「俺は、助けたかったです…大淵さんを!」

 正義の味方が闇に堕ち、正気に返るも、全ての罪を背負って人々を救うために己を犠牲にする…というのは、よくあるパターンかも知れない。しかし、「レスキューフォース」だから、このセリフが生まれる。「レスキューフォース」だからこそ、このセリフが生きてくる。このシーンは素晴らしいと思った。

 物語そのものも、大淵が現役だった時代には為し得なかったマックス着装を、技術系の女性スタッフの懸命の努力で実現させるという展開も燃え。根性とかレスキュー魂とかで着装!もいいんだけど、こういう裏方が頑張って隊員が応える、みたいなの好きだからよかった。
 周りのメンバーが、着装が出来るようになるまで必死で戦っていたのも、達成感を上乗せさせるね。しかしあのスーツ、すごすぎ!
 そう言えば、顔出しでR5vs楕円R1はすげーかっこよかったです。隊長、爆発まで頑張ってました。アクションから顔芸まで、石黒隊長にはシビレますわ。

 ちょっと今回、流れに「?」と思った箇所が二つ程。ダーエンR1にボコボコにされた現役R1が、CM明けにはいきなり女性三人を助けていたとか、扉の中に落としたと思ったら外に出ていたとか。あのマックス着装した場所、マジで外に放り出されたのかと思ったよ。だってロケでよく使う場所じゃーん(笑)だから展開に???になった。
 あと下らないことだけど、「友よ、取っておけ」で、アレですか… うーん、私だったら捨てずにずっととっておいたレスキューコマンダー渡すな(笑)
 で、○△□は無事ですか?




トミカヒーロー レスキューフォース オリジナル・サウンドトラック


Joshin web価格 2,999円 (税込) 送料込

熱きレスキュー魂!