2009年01月31日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「ありがとうレイ キツネの話は忘れない」

 人工知能に芽生えた気持ちと辛い選択。レスキューとは、自己犠牲とはなんなのかについて、真摯に描いたエピ。

 まさか土曜の朝に泣かされるとは… いや、予告である程度予想はしていたけれども。
 レイと人工知能・カイとのやりとりが非常に良かった。特に一番胸に応えるのは、「犠牲になって欲しいのか?仲間を助けて死んだこのキツネのように」と言うカイへのレイの答え。
 「誰かを助けるために自分が犠牲になろうなんて考えない。ただ人を救うために精一杯を尽くす。その後に何が起きようと、それはただの結果に過ぎない」
 このセリフはすごいなあ。その言葉を言うときの、レイの表情も素晴らしくて、もう泣くしかない。多分今日はテレビの前で、我が子に隠れて涙した親は大勢いることでしょう。
 キツネの話そのものは、番組のオリジナルでしょうか?ちょっとお話そのものはもう一息というか…銀色のキツネを撃つ猟師が、キツネの仲間達を助けてやるとは思えないんですけどね… むしろそんなところに引っかかってしまう自分が悲しい。いいんだ、それはどうだって。

 レイが絵本を読む声が流れ、それをバックにレスキューに走るレスキューフォース達。元来は燃えシーンのはずだが、今回のエピに限っては徹底して作品のトーンが一定のもの悲しさに包まれている。
 「カイは俺達の仲間だろ?」「だが今危機にあるのも我々の仲間だ」
 このヒカルとコアストライカーの会話も味わい深い。そのあと葛藤を振り払っての合体。後期主題歌がマイナー進行なのが、今回はびったりだった。
 そして今回、「レスキューフォース」最大の見せ場とも言える爆鎮がない。静かな音楽とレイの朗読をバックに、カイに向かっていくR1マックスのシーンの美しさ。助け出される人々。効果音を使わず、静かにラストに繋げて余韻があった。

 しかし予告には目が点になりました。色んな意味で(笑)
 やっぱりあの隊長のデスクの人形、レスキューフォースのマスコットキャラなんだな。ポスターに描かれていたのを見てちょっと喜んでしまった♪




スタンリー・キューブリック コレクション [初回限定生産]


当店通常価格 19,900円 (税込)
販売価格 16,875円 (税込) 送料別

人工知能と言えば「2001年宇宙の旅」。久々に見返したいなあ。
 

2009年01月24日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「とうとうヒカルに後輩が これがおれの生き方だ」

 優秀なエリート隊員の登場。考え方の違いに対立しつつも、その中でヒカルが大切にしているものを通じて、番組の精神を改めて問うエピ。

 のっけからスペクタクル展開。巨大戦に危機一髪の被災者と、思わず「きゃー」と言いたくなるような状況に、颯爽登場の新人エリート・結城。で、その後はお決まりのパターンではある。すげー彼が優秀で、ヒカルが見劣りしてしまうとかね。
 確かに結城の判断は正しく、現実的には危険を冒してのカメの救助は非合理的で、「レスキュー隊としてはしてはいけないこと」ではあると思う。結城に「僕は納得できません!」と言わせたのも、必要な表現だと思った。でもこの「レスキューフォース」という番組だからこそその判断はアリだし、ヒカルという主役キャラが、この物語のそのものが、正しく描こうとしている精神なのでしょう。
 「納得させてやるさ!」と、見事にSレスキューマックスで爆鎮するヒカル。カメもちゃんと(恐らく結城の予測した以上のスピードで)救助して子どもに渡していた。「ありがとうレスキューフォース!」と手を振る男の子の笑顔!このシーンは雄弁にレスキューフォースの心を伝えるよね。
 また、一方的にヒカルマンセーにするのではなく、神崎に「口惜しいけどアイツすごいね」と言わせ、ヒカルが頷く、というシーンが挿入されているのもポイント高い。互いに認め合う、という展開がいいなと思う。

 いや〜今回も、序盤の描写のドキドキから、見事な空中戦までCGが素晴らしかった。
 その上クレーン車、かっけえええぇぇぇぇぇぇ!ロボがクレーン部分を右手で掴んで、ガシッて装着する合体の見せ方!クレーン射出でズッケインを撃破するのもステキすぎる。あの爆鎮も超燃え。あんなかっちょいいクレーン初めて観たよ。吊る部分で引っかけるんじゃなくて、伸ばす腕を突き刺してロックオンするんだよなー!!合体と爆鎮、何度も録画再生繰り返しちゃった♪
 救助シーンに、ハイパーレスキュー隊がちょこちょこと出ていたのはとてもいい。もっと前からこういう演出ふんだんに入れてくれていれば、と思うけど、今後に受け継がれていくことに期待。

 ラストのオチもすごく後味が良くて、満足満足でありました。
 今週の石黒隊長、鼻血www 振り向いた時の鼻の穴に詰められたティッシュとか、ほんといいなこの人。




ジェックス カメ飼育6点セット


当社販売価格: 1,853円 (税込 1,945 円) 送料別

一万年は生きないけど長生きだよ!

 

2009年01月17日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「隊長の兄登場 ハイパーレスキュー大特集」

 総集編。尚かつ、現実にあるハイパーレスキューを紹介した一話。
 しかしなんちゅー無駄なテンションの高さ(笑)

 子供ってさ、なんかカッコイイ!ってものを見ると、ものすごく興奮してテンション上がるんだけど、それをそのまんま投影したような今回。もうなにがなんだか分かんないんだけど、その無駄に上がったテンションのままにレスキューから最後の爆鎮になだれ込むから、不思議と気持ちが盛り上がっていた。
 ストーリーとか全くないし、石黒の兄は田舎のヤンキーみたいだし(笑)、隊長はまた無意味に一肌脱いで、子供達はちょっとぎこちなかったけど、何故か見終わった後に嫌な感じがしないのは、そういったテンションの盛り上げ方が上手かった故かも知れない。
 ハイパーレスキューの紹介は、息子が小さい頃に見ていた「はたらくくるま」の紹介ビデオを思い出す。ずらりと並んだハイパーレスキュー隊とクルマ達って、やっぱかっこいいよね。

 石黒隊長とあまり似てないアニ(笑)あの熱苦しさは遺伝子レベルですか?でも子供の頃はすごく賢そうな子供だったんですけど。逆に石黒はハナたらしたアホ面で(笑)彼がどういう経緯でレスキューフォースの隊長になったのか、その後の人生が興味深いです。



トミカ 特別出動! ハイパーレスキュー隊


メーカー希望小売価格 1,575円 (税込)のところ
さいほん楽天特別価格 1,200円 (税込1,260円) 送料別

EDでもハイパーレスキューは活躍中!

 

2009年01月15日

「トミカヒーロー レスキューファイアー」決定!

やりましたね!これで今年も楽しい土曜の朝、確定!!


タカラトミー(PDF注意)
http://www.takaratomy.co.jp/company/release/press/pdf/p090114.pdf


【抜粋】

株式会社タカラトミーは、オリジナルコンテンツである「トミカ」発の特撮レスキューヒーロー
実写ドラマ「トミカヒーロー レスキューフォース」の第2弾作品となる 「トミカーヒーローレスキューファイアー」 を、映画制作の日活株式会社、CG及びアニメーション制作の株式会社白組、テレビ愛知とともに製作委員会を結成し、本年4月から放映してまいります。

「トミカヒーロー レスキューファイアー」は前作の「トミカヒーロー レスキューフォース」と同じ「世界消防庁」に所属する別部隊を主人公に展開します。「世界各地で発生する『超火災』に敢然と立ち向い、スーパーツールとスーパービークルを駆使して人々を守り、救い出す」という、爽快救助活劇です。これまで多くのヒーロードラマは、「敵と戦う」ことを中心に描かれていましたが、「トミカヒーローシリーズ」は、環境問題と相まって多くの災害の脅威にさらされている現代において、「戦う」のではなく、「人々を救う」という不変的テーマによって新しいヒーロー像を描いてまいります。“災害現場から救い出される命の尊さ”や、“人々を救う為に全力をかける献身と思いやり”、そして“地球環境の大切さ”などのメッセージを、作品を通じて子どもたちへ伝えたいというコンセプトで展開してまいります。





camino/The Life(初回限定盤)(DVD付)


CD camino / The Life 初回限定盤 DVD付 「レスキューフォース」TVOP&映画OP 収録
価格 1,714円 (税込 1,800 円) 送料別

いやーめでたいめでたい!

 

2009年01月10日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「寿里がふたり? アイドルだってレスキューしたい」

 いやー、ユルい!(笑)

 アイドルとレスキュー隊員がそっくりだから交換するとか、事件とその経緯、解決まで含めて非常〜にユルい!マネージャー女史が突進してきたときは、やってくれたぜと思った!ある意味王道のユルさ加減。
 1クールの頃はこのテのユルさの加減が今ひとつで、首を傾げながら見ていたもんですが。いやはや、あちらが達者になったのか、こちらが慣れたのか…(^^;;;
 寿里ちゃんはどうもメインエピはアレなのが多い印象なんだけど、今回も本当の彼女の良さを発揮したという感じはなかった気がする。でも彼女のアイドルぶりはとてもかわいくて、「おお、こんなかわいかったのか!」と改めて気付かされたよ。にしても、火事場のスーパーパワーってすげえな(笑)なんせ生身だもんよ今回。でもあれが出来るなら、自力で脱出できたんじゃね?まーいいか(笑)
 アメリカザリガニの広報さん。とてもいい感じだったので、もうちょっと活躍して欲しかったなり。また出て欲しいんですけど。

 そんなユルい展開のせいか、レスキューダイバーの空中戦の素晴らしさには、思わず身を乗り出してしまった。きゃーミサイルミサイル!よけるよけるーっ追撃ーっ応酬ーっ スピード感と縦横無尽なカメラワークがいいよね。その後の合体と「スーパーレスキューマーーーックス!」の声と決めポーズも、すげーかっこいいの。
 空飛ぶズッケインも、その大きさや迫力、発進の時の威圧感も非常によかった。こういうメカ戦は脳内麻薬が出まくっていいわー そうか、このメカ戦を引き立てるためのユル展開だったのだね!

 あまりにあっさりと、再登場してきたマーエン+○△□。全然元気そうですな。4クールはマーエンとは別の敵が出てくるのかと思っていたので、ちょっと意外ではあったけど、三人組が無事だったからいいや(笑)




【送料無料】M&M 新モデル
『レスキューフォース 16インチ/自転車』


19,770円 (税込)
送料無料

かわいかっこいいデザインだなー

 

2008年12月27日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「ようこそレスキューダイバー さよなら石黒隊長」

 ラスト1クールへのインターバル、お笑い系ゲストも加わってのコミカルエピ。新メカも登場。なにより石黒隊長が残留することが決定したというのが嬉しい。

 なんかあまりにも馬鹿馬鹿しい残留理由ながら、アレだけ大騒ぎした隊長交代騒ぎがないことに(笑)いや〜ユルい!(笑)でもこの「レスキューフォース」のユルさが最近、ものすごく魅力的に感じるようになったよ。徹底して子供目線で作られた特撮であることが、大変好ましいじゃーないか!
 色々散々な石黒隊長。納まるところに納まりました、ということですね。また彼のフクザツな男心が、ジャスティライザーのデモンナイト以来と言っても過言ではない程の、見事な顔芸で表現されて素晴らしいね(笑)なにより石黒が残ってくれるというのは心底嬉しい!
 それでもちゃんと、隊長を送り出さなくちゃならないと決めた隊員達の気持ちとか、後を引き継いだヒカルがやはりまだ未熟である点など、ちゃんと描写してくれたのはよかった。

 今回ネオテーラは出ないで、完璧に人災でした。いやー、ツルツルだったね!(笑)海原はるか・かなた師匠の素晴らしい芸が炸裂。なんかお二人、すごくノってる感じしましたが気のせいじゃないよね?「R1!!」には笑ったよ。
 新メカ登場と石黒復帰でどどん!と事件解決って流れもスカっとさせてくれていいね。その後感動の包容かと思わせて、スベってオチるのも楽しかった。ナンシー長官の「スベりすぎよね」ってセリフも、脱力感があって好きだ。早見優様のズッコケが見られて眼福(笑)

 レスキューダイバーがこういう形で出てきたって事は、映画はパラレル設定なのかな。もう本当に面白い映画だったから、ファンなら絶対観に行くべきだよ!
 それからみんに気付いたかな。あの石黒の席に鎮座して常にカメラ目線の、あの変なマスコット。ヒカルが隊長のレスキューフェニックス発進!のシーンで、R1の席にいたんだよーっ もうアイツ気になって仕方ない。




レスキュー合体シリーズ06
レスキュークレーン


定価 3,990円 (税込)
特価 2,850円 (税込 2,992 円) 送料別

今度は水色なんだね。
 

2008年12月20日

トミカヒーロー・レスキューフォース
「決戦!勝負はゴッドストライカー」

 いきなり最初からクライマックスだぜ!の今週。アクションも巨大メカも見せ場たっぷり。人間のドラマも、"レスキューフォース"の熱意がストレートに描かれた。

 物語序盤から、圧倒的な迫力を見せるオメガズッケイン。その見た目の巨大さが力の差になっている、めっちゃ分かりやすい戦力差と撤退。
 「どんなに困難でも、誰の笑顔も自分の命も諦めない」それがレスキューフォースの誇り。ヒカルの言葉に応える仲間達。このシーンは熱くなった。久々登場の技術系のスタッフのもよかった。「わかったわ、やりましょう」と笑顔を見せる長官のセリフが、女性らしい言葉だったのも、彼女の心からの言葉を感じさせてじーんとする。

 ヒカルの作戦が今回も活路を開く。隊長の引き継ぎを思わせる「SAVE The LIFE レスキューフォース、緊急出場!」の号令。この流れはとても良かったのではないでしょうか。
 前回と今回で、響助が上手く描かれたのはナイス。響助は心底イイヤツで、ちゃんと自分の思いを言葉にして隊長に伝え、役割も迷いなくサポートに徹する。こういう男が付いているなら、かなり不安の残るヒカルの隊長もありなんかなあ、なんて思ってしまうね。
 囚われの乙女組。火事場のスーパーパワーとR3の拳の破壊力すげーな(笑)そこからの逆転劇は、アクションたっぷり。そこに乙女組の、レスキューブレイカー拝借等のコミカル演出がバランスよく盛り込まれ面白かった。

 スタッフの総力を結集し、全てのビークルが合体したゴッドストライカー!
 並んで走るビークルのかっこよさ。その大好きな車がすべて一つに合体するという男の子の夢。素晴らしく燃えだった。それでもその大きさの差は変わらないのだが、それが逆に血湧き肉躍らせる。
 そしてファイナルレスキュー。すごかった。ターボが180度回転して空を飛ぶところから目を見張った。…三つのドリルで玉砕したターボ、ライザー、ショベルを見て半泣きになったよ… 残ったストライカー達もボロボロでさ… でも、その前にみんながレスキューフォースのマークに恥じない熱意で頑張ったシーンがあったから、あのビークル達も「よく頑張ったな」と言ってやりたくなった。
 マーエンがダーエンの名を叫び、石黒に大淵の名を呼ばせたのも感動があった。

 ビークル満身創痍だけど、レスキューフォースは明日に向かって走るぜ!
 ナニゲにレスキューされてた○△□、あれでやられちゃったの?



トミカヒーローレスキューフォースDS


通常価格 5,040円 (税込)
い〜でじ!!価格 4,310円 (税込) 送料別
同梱特典:コアストライカーMAXファイアーバージョンのカードを同梱予定。

これできみもレスキューフォースだ!

2008年12月13日

トミカヒーロー・レスキューフォース
 「ヒカルが隊長? そして2台のズッケイン」

 ネオテーラの攻撃が激しさを増す中、隊長が倒れたレスキューフォース。決戦に向けてテンションを更に上げる一話。

 ヒカルと響助は先輩後輩の間柄ではあるけれど、ライバル関係でもある。ポテンシャルのヒカルか、経験の響助か。石黒が決断したのはヒカルだったが、それをライバルである響助に認めさせることで、視聴者をも説得させるやり方は上手いと思った。
 私的には、ヒカルの良さは認めるものの、やはり隊長はキャラ的には響助じゃね?とは思うのだが、響助本人が納得しているならいいかな、と思わされてしまう。ヒカル自身は響助にいいお弁当あげたりして、後輩として慕っているんだけどね。
 それにしても響助ってイイヤツだ。自分の弱さや不足を受け容れてライバルを認める。なかなか出来る事じゃないよ。「がんばれR1!おまえがナンバーワンだ!!」

 前回今回と、災害の規模が大きくなって緊迫感も増した。ちゃんとレスキューフォースが救助してます!っていうのが前面に出ているのもよい。ズッケインが二台で迫ってくるビジュアル。女の子組が敵に捕らわれてしまう展開。マグマから更に巨大な敵が現れるという迫力。盛り上がって参りました!
 ズッケイン×2vsレスキューマックスの図は、敵の巨大さもあって見応えがあった。一瞬で合体解除してビークルに戻って四方に走るシーン、すごくかっこよかったね。合体してドリルでくるりん♪も二回見られてオトクでした(笑)
 来週決着付くのかな。○△□もどうなるのか気になる。ぷしゅーってしてるし(笑)




トミカヒーロー レスキューフォース 2009年版カレンダー


メーカー小売価格 1,365円 (税込)のところ
セレッサ価格 960円 (税込1,008円) 送料別
※5本以上まとめて買うと送料無料♪♪組み合わせ自由!(好評につき12月末日まで延長!)

映画の予告CM見たけど、なかなか面白そうだよね。

 

2008年12月06日

トミカヒーロー・レスキューフォース 
「緊急発進! レスキューマックスを救出せよ」

 3クールを締める決戦へ向けての布石は、大きな転換を思わせる一手。年末のスペクタクルを予感させるエピ。

 やはり今回は石黒隊長の動向が全てでしょう。隊を離れる話も衝撃だったし、久々の着装とハデな名乗りも嬉しいし、ラストはかなりショッキング。まあ死ぬことはないだろうと思いつつも予告の無事な姿を確認するまではドキドキしたよ。私は石黒ファンなので、異動も残念すぎるなあ…ほんとにいなくなっちゃうのかなあ…
 そして次の隊長は誰なのか。確実に任務をこなし、キャリアも実力もある響助が私もいいと思うんだけど、熱いレスキュー魂と意外性のある行動で、ヒカルになりそうです。うーん、その辺は次回に納得させてくれるならいいけど、どうなんだろうなあ。

 今回の戦いはすごかったね!最近ユルめのエピが続いていたのも、多分今回から始まる緊張感を維持するための「シリーズ構成の緩急」だったのでしょう。あんな近くをマグマが流れたら、それだけで火事になりそうだけど、その辺はどうなんだろ?まあいいや。
CGも気合い入りまくりで、レスキューマックスVSズッケインとか、マグマに落下するレスキューマックスの緊迫感、レスキューフェニックス到着とそのまま突っ込む!とか、見所満載でした。特にフェニックスとの連携爆鎮は燃えでしたね。R2の「俺の方が暑い!」にはちょっと笑ったw
 ○△□は、なんか変なことになっちゃいました。あの連中も好きなのでちゃんと元に戻って欲しい!




30%OFF!
レスキュービークルシリーズ「DXレスキューフェニックス」


メーカー希望小売価格 10,500円 (税込)
価格 7,349円 (税込) 送料別

息子はストライカーの発車シーンを見る度に
「あのグルグル回っているの意味ないよね!」と言う。
…それは言わない約束なんだよ!(笑)

2008年11月29日

トミカヒーロー・レスキューフォース
「超災害で野菜が消えた 君ならどうする?」

 コミカルベースながら、構成の上手さの光る良エピ。とても後味のさわやかな作品に仕上がっていたと思う。

 また関係者以外は立ち入り禁止の基地に親戚遊びに来ているわ、レスキューフォースが料理しているわ、トドメに今回の敵メカは黒板だわ、もうユルさ全開の今日のお話。あまり燃えるエピでもない。にもかかわらず、ヒーロー番組として好ましいトーンは伝わってきた。
 今回は物語の構成がよかったと思う。植物に美しい音楽がよいから、逆に騒音を聞かせて駆らせるという敵の作戦。マールの光合成の説明が、レイの「太陽の栄養」という言葉を裏づけする妙。野菜嫌いの従姉妹のウサギを、小動物が苦手なレイが助けるというシチュ。それらが自然に流れていくので、多少唐突感のある少女の野菜克服を受け入れられた。
 苦手だけど頑張る!というレイのキャラはとても好ましい。
 今回のお笑い要因は主に隊長でした(笑)今日は華麗なシェフスタイルを披露。私だったらあれだけ美味そ〜な料理は別腹だけどな。なんか彼のファイナルレスキュー承認は、序盤に比べてどんどん熱苦しくなっている気がします(笑)

 今日の超災害メカは黒板ひっかき。あーやめてえぇぇぇっ メカもユルいし、それが機能不全になったプロセス(ふざけているうちに踏んで壊す)もかなりアレです。ちょっとリュウケンドーの遺伝子を感じたぞ。
 メカが小粒な分、今回もロボなしで爆鎮。毎回ロボが出てくる訳じゃないところが、個人的には評価が高い。あの大型ビークルの魅力も捨てがたいのでね。




気軽に何度もお試し♪
有機野菜ミニセット 秋【送料無料】


価格 1,985円 (税込) 送料込

伝説の超野菜人!