2011年10月03日

仮面ライダーフォーゼ 第5話「友・情・表・裏」

 チャラ男トラブル・前編。前回改めて紹介されたサブキャラ・JKが、本格的に主人公トリオに絡んでくる。そしてクィーンなじみすぎ(笑)

 チャラ男JK、学園カテゴリは遊び人。一声掛ければ、Let's Party Night !! 派手で軽くてあげぽよ〜で学園の事よく知ってて裏表あって、なにをやらかしたのか分からないけど、フェンシング部の同級生に深く恨まれている。身の危険から弦ちゃんに声をかけ、持ち上げるだけ持ち上げといて気持ちの上では見下している。彼の持つ二面性が分かり易く伝わる流れだし、役者の演技も達者だなと思った。弦ちゃんとの友達シェイクハンドを最後の一手で中断しちゃうのが象徴的。
 JKの巻き起こすトラブルを描きながら、実は弦ちゃんのスタンスをサイド問い直すお話になっている気がするよ。正直「全員と友達になる!」という彼の言葉って、軽く感じちゃって逆に信用出来ないよね(笑)あのユウキが「弦ちゃんなら」って言ってくれるから「良い奴なのかな?」と思えるけどさ(…そういう意味ではあのユウキって娘の存在は、この物語でデカいなー)。だから次のエピで、弦ちゃんがどういう行動をするのか、そしてそこに説得力があるのかが、今後の「フォーゼ」にとって大きな一手になる気がする。キャラと物語の深みの部分だよね。それにしても「JKと友達になるのは最後でいい」なんて言うとこを見ると、やっぱ彼にもそれなりに苦手なタイプっているんだね。互いに相手をうさんくさく思ってる訳だ(笑)
 シリアス賢吾、今回は「もしかしてユウキのこと好きなんじゃね?」疑惑が。まーあの男がユウキにだけは最初から心開いていたから今更驚きはしない訳だけども、逆に二人の出会いがどんなだったのかなーって興味あるよね。美羽の「私がいたらお邪魔かしら?」に、一瞬ユウキの方をチラ見する賢吾が妙にリアル!「フォーゼ」って学園モノでもあるわけで、もしや今後、青春恋愛模様とかもあるのかな。ヒーロー番組はあまり恋愛って出てこないからどうなんだろー しかし賢吾くん、すごく声も台詞回しもいいよね。弦ちゃんと声質が対照的なのはとてもいいね。
 美羽はすっかり仮面ライダー部に夢中。超生き生きしてるし。内緒の部屋に入るんだからドアちゃんと閉めろよ!(^^;;; サイドキックス、一人になっちゃってたね。そして大文字さんの振られっぷりが気持ち良い(笑)「それは男の中の男ってことかしら?」と、一話の台詞を逆に突きつけるのがナイスだ。ユウキとのやり取りが妙に可愛くて、見ていて楽しい。彼女達のやり取りがこれからも楽しみになってくるよ。

 新しいフードロイド登場。今のところバーガーにポテトと、高校生ご用足しファストフードって感じだけど、次はシェイクだろうか。スポンサー様大喜び!めん類なんてちょっと武器になりそうだけど、玩具にしにくいね(笑)ましてや牛丼とかねーだろーなー。
 今回は一角獣座ゾディアーツ!変身で何故か一緒にポーズ取るユウキと、無駄に地球外に飛び出すカメラアングル(^^;;; 「タイマンはらせてもらうぜ」は定番になるのかな。新しいスイッチはエレキ。金色の腕と剣だけど、ビリビリ来ちゃう刺激が逆流する。しびれアクションがコミカルで面白い。コミカルライダーだから、エネルギー逆流なんて状況が全く悲惨じゃないんだけど、そのあとに弦ちゃんに「怖い」と言わせる事で危機感を持たせるね。でもそのスイッチに「どうやったら友達になれる?!」とか言うのが彼らしい。
 「スイッチの力を悪用させない。大事なダチとの約束なんだ!」で変身。賢吾との関係は、まだスタートしたばかりなので、まだ二人の絆はそれほどは強くない印象なのだけど、弦ちゃん的には思いが強いんだろうな。
 戦いはスイッチで色々出来る分、ほとんど一方的にフォーゼ有利。チェーンソーでキックしまくり、ビートのスイッチはターンテーブルみたいで面白いね。音波攻撃か。よし!のポーズがユウキとシンクロしててかわいい。もう一つのお目見えはチェーンアレイ。鉄球だよ!なんとまあヲタ趣味的な…(制作者やりたい放題だなーと思った・笑)でもって一角獣の顔が取れて、角がフェンシングの剣になるのって面白い。そこから一気にユニコーン有利に。鉄球をびよんと弾き返すの、マンガっぽくて楽しい。そしてエレキスイッチを盗られてオタオタしちゃって一気に不利に。さてどうなる?

 「すげーのはアイツじゃなくてあのスイッチ」そんなものJKが盗んでもなんの役にも立たないんだけど、単に「ムカつくから」嫌がらせだろうな。自分の利益にならないものを盗るんだから、かえって陰湿なんだよね。
 アンガ先生、蠍座なのかーーーーッ …まあ納得だけど、蠍座生まれの私としては複雑だ。息子曰く「あいつは蟹座かと思ったwww」お前、それは星座を誤解しているぞ。







【代金引換限定】
仮面ライダーFourze(フォーゼ)
フードロイドシリーズ
01バガミール
※お一人様1個まで


価格 2,625円 (税込) 送料別

こいつも品薄なんだよねー かわいいけど!

 

2011年09月25日

仮面ライダーフォーゼ 第4話「変・幻・暗・躍」

 クィーンフェス・後編。女王の座と賭けの行方や如何に?そしてあれほど憎たらしい女だった美羽が、とても魅力的に見えてきた。

 カメレオンの正体はサイドキックスの片割れの彼女!というのを、開始早々に明かし、謎解きよりも弦ちゃんと美羽との友情をメインにしたお話。もちろん事件の裏付けも「賢吾がちゃんと考えて動いてましたよ」と、手短だけど確実にやってあるのはきめ細かい。
 前回の戦いの中で、ホッピングをいつの間にか使いこなしていたのは、実は月面で一生懸命練習していたんだよ!っていうのがいいね。見かけによらぬ努力型(笑)そしてそれを気付きにつなげていく展開は自然だ。前回のエピも「フォーゼがホッピングを使いこなしている。弦ちゃんすげー」で流してしまうのだけど、それが伏線として機能するとはなー
 クィーンフェスは美羽のスピーチがどこまで説得力を持つかが全てだと思っていたけれど、怪我を晒して皆の前に立ち、決して言い訳せずに己の強さを貫かせたのは良かった。潔い!よな。あれで一発逆転!というのは、悪意ある編集がされた隠し撮りの強烈さから考えれば、現実的に考えれば無理があるかもしれない。しかし「学園のクィーンに相応しいどんな困難にも負けない強い存在」としての説得力が勝るので、見ているこちらは非常にすっきりする。あの美しさメヂカラ声ヂカラ、女王の風格あったよ。
 そしてそこに絡む弦ちゃんの、自分の立場を度外視しても美羽の「らしさ」を貫かせてやりたいという言葉が、芯が一本通っていていい。「俺は何時だって本気だ!…ダチだからだ」の台詞が、1、2話の時よりずっとキャラにフィットしてきた。そのままカメレオンに襲われ、フォーゼに変身して戦うシーンに突入するのも、彼の真っ直ぐさを感じさせるのに一役買っている気がした。表情の一つ一つに真っ直ぐさと可愛げを感じられるのも好感度高いね。審査会場に歩いてきた美羽と、最前列であのタッチをするとこは爽快。あれ何時覚えたんだ?とは思うけど気にしない!(笑)彼女がライダー部になだれ込んでくるのも納得だわ。
 美羽への反応が、最初は「ざまぁwww」だった不思議ちゃんとチャラ男が、カメレオンの彼女のスピーチには「はぁ?」って反応だったのは面白い。あと大文字さんのカスッぷりが素晴らしいっすね!カメレオンのたまえさん、不気味な豹変ぶりが怖かったね〜 もう一人のサイドキックスのおやつ大好きで巨乳の彼女は、美羽のスピーチにユウキと一緒に喜んでてかわいらしいな。そしてどんな頓狂なシーンでも、一人シリアスな空気を纏う賢吾、いいっすね。彼だけは可能な限り、弦ちゃんとユウキの能天気と別世界でいて欲しい。その方が面白いから(笑)

 突如現れたカメレオンを前に変身。「仮面ライダーフォーゼ!タイマンはらせてもらうぜ!!」に笑うよ。毎度かわいいフォーゼだけど、今回は飛び越えようとして引っかかったり、二度目の変身の時の「宇宙キター(ゴンッ!」が萌えどころじゃな♪そして逃げるカメレオンをバイクで追う。が、蠍座に邪魔されて取り逃がす。この蠍座がしばらく学園にスイッチばらまいていくのかな。
 そしてクィーンフェスで再びカメレオン。スイッチを入れようとするのを「よせ!人間に戻れなくなるぞ」と賢吾が止めていたけど、今のところ人間に戻ってるよね。戻れないパターンもアルってこと?それともものの例えOR脅しなのか。
 さんざん弦ちゃんを嘘で騙すし、戦いも美羽をうまーく盾にしてフォーゼの攻撃を寸止めさせる卑怯さ。キャラ的にもアクションも面白かった。そこからの美羽が「弦太朗が自分を助けてくれる」と信じての挑発もよかった。NO.5はマジックハンド♪うん、やっぱ日本音階だ。次のスイッチがどんなメロディなのか楽しみです。哀愁漂う旋律と電子音声との相性がこんなにいいとはな。そしてウップス!(はぁと
 高い所からぶしゅーっと飛び降りて、蜘蛛の子ミサイルで敵を空中に飛ばし、そのままドリルでキック!スイッチオフでめでたし。今回も最終段階までスイッチは進化していたと思うんだけど、この間ほどの大爆発ではなかったような。でもとりあえず空中でとどめを刺すって言うのは定番なのか。

 しかしあの展開からよくまあ美羽さん彼女を許したね。普通女同士って甲は行かないんだけど、まあこの女王様は半端な男より男前だから、ありかもな。本当に部長になるんすか?しかしユウキと美羽のツーショット、すげー面白い。
 そしてちょいちょい名前だけ出てくる校長。存在そのものが気になる…








【クーポンで5%OFF】★自転車セール!★11月上旬予約販売!16インチ
【仮面ライダーフォーゼ】キャラクター幼児用自転車


メーカー希望価格 22,800円 (税込)
BOX特別価格 18,000円 (税込 18,900 円) 送料別
ポイントアップ 4倍 720ポイント

これかっけー!

 

2011年09月18日

仮面ライダーフォーゼ 第3話「女・王・選・挙」

 年の一度のクィーンフェスにと、それを妨害する目に見えぬなにか。学園モノのおなじみシチュの中で展開する事件に、フォーゼが絡んで宇宙キターーーッ

 相変わらずいい感じで面白いなと思う「フォーゼ」いやむしろ、個人的には主役三人の達位置が確立され、シチュの中で走り始めた今回からは、面白さがさらにくっきりしていい。
 チアの彼女は学園の女王。「不可能を可能にするのがこの俺だ。このクィーンフェスで女王になれなかったら友達になれ!」なんか売り言葉に買い言葉で、結局また勝負に走っている弦ちゃん。前回学んだ事をもう忘れているのか?と突っ込みつつも、この単純さと凝りない馬鹿っぽさが彼の魅力なんだな。そう思えるのは、彼の明るい表情と、しゃべりが何気ないのに妙に面白いからか。あと台詞が大分聞き取りやすくなってきた気がするよ!でもってあの不良達と喧嘩するのは定番なのか(笑)
 なんだかんだで協力的で、陰ながらフォローしてあげている賢吾。説明台詞も流暢でいいね。弦ちゃんと賢吾のキャラの色合いが全く違うと感じられる、この凸凹感はすごくいい。賢吾って身に纏っている雰囲気がすげーシリアスなんだよね。「調整しても無駄だ」「時間の無駄だ」となにかと効率重視なのは、性格故のようでもあるし、事情があるようでもある。
 やっぱヲタなんだねユウキ!はやぶさのパフォーマンスでブーイング受けて、ショックな顔していたけど、それは自分が否定されたからじゃなくて「皆、はやぶさの良さが分かってない!」からってところが最高に可愛くて良い。いや、あの目の下に隈作った娘と、特撮に燃える心を持つ我々は分かってるぞ!マニアックっちゅーか、良く出来てたし、良く調べてたよなー(笑)
 高慢さはあるものの、己のレベルの高さを維持する為にすごく努力しているのが分かる美羽。自分に厳しい分、ファンに対して「自分が適わない事を託しているだけ」とバッサリ言い切る。弦ちゃん達への態度も、嫌みだけど貫録のあるクィーンっぷりで説得力あるな。盗撮映像公開されてピンチ!のラストシーン。二次審査のスピーチで挽回出来るのか?
 新キャラJK。情報屋のチャラ男です。カテゴリは遊び人だったかな。調子よくて軽くてちゃっかりしてて、ややこしい厄介事を目の前に、目をきらきらさせてニヤニヤ見ている表情はナイスだね。

 今回はJKの前で堂々変身!そりゃポカーンとするよ。ステルスできるカメレオンと戦おうとしたら、そこに謎の偉そうなの乱入。蠍座強えぇ!蹴り技も華麗だし、ワイヤー使ったアクションの空中技の見事さに惚れ惚れ。賢吾曰くの「格が違う」ってことは、やっぱりゾディアーツの中でも黄道十二宮は別格なのかな。ホッピングで空の彼方に吹っ飛ぶフォーゼがマンガそのものでワロタよ。
 クィーンフェスを襲うカメレオンと再戦。走りながら「宇宙キターッ」のバンザイポーズをするフォーゼ、超かわいい。カメレオンは動きが素早く、伸縮自在の舌を使っての攻撃もやっかい。ちょこまかにはちょこまかだ!とホッピングを使いこなすのすげーな。いつの間に練習したんだ!(笑)「こいつにだって使い道がある。世の中に無駄なものなんてねぇ!」という言葉に違わず、賢吾の前で実証させたのはとてもいいね。
 ホッピングの攻撃でダメージを与えた所で、ドリルキックをしようとしたのを、周囲の壁(土手というか)を壊して逃げおおせたカメレオン。空高く飛び上がった所からキックを繰り出し、もうもうと上がる土埃の中に消えていくのかっこよかった。

 フォーゼの動きがほんとかわいいから、見ていてとても楽しい。リーゼントっぽく、得意げに尖った頭を手で撫でるときの、キュウって音も大好きだ。
 あと私は蠍座生まれなので、蠍座が強くて嬉しいぞ。でも早々にやられちゃうの悲しいな(^^;;; さて、こうなってくると各星座はどんな敵なのか、果たして蟹座へタレ伝説は払拭されるのか楽しみだ。









9月19日(月)お得意様限定販売!
★史上最安★
【バンダイ】仮面ライダーフォーゼ
『DXフォーゼドライバー』
フォーゼ変身ベルト


希望小売価格 6,825円 (税込) のところ
特別価格 5,000円 (税込) 送料別
※当店商品3,000円(税抜・送料抜)以上お買い上げの方限定販売!
残りあと1個です

…なんでこんなに品薄なの?(汗

 

2011年09月11日

仮面ライダーフォーゼ 第2話「宇・宙・上・等」

 舞台・人物・敵… 一通り出そろって世界観が見えてくる二話目。変身は偶然から必然になり、主役のトリオの役割分担が確定。そしてわけわからんうちに結成される「仮面ライダー部」(笑)

 顔見世的な意味合いの強い一話で良いスタートを切った「フォーゼ」。第二話は「仮面ライダー」に関わる主役の三人が、改めて協力関係になる過程とか、戦いの背景などが語られた。
 あの月に繋がっている不思議な通路は「コズミックエナジーを使ったアストロスイッチの力でつながってる」「賢吾は偶然見つけて受け継いだ」と、ものすっっごくあっさりと説明(笑)潔いね!亡き父から奪われた研究の成果が、ゾディアーツという化け物を作り出している訳で、賢吾がそうした親のカルマ的なものを背負うというのは理由付けとしてシンプルで良い。色々な不思議アイテムも、父の遺産なわけね。
 今回「おお」と思ったのは、やはり弦ちゃんの描写かな。賢吾とぶつかり合う事で「勝負に勝つ事で認めさせてやる」という思考に陥っていたのを、ユウキの「らしくないよ」という言葉で思い直す弦ちゃん。彼が目指すべきは「友達」であって、「勝負に勝つ」ではないんだよね。一話で見せたキャラを、二話にしてわざとブレさせ、取り戻させる事で印象強くさせる。彼の基本スタンスは、なんちゅーか非常に良いね。肯定的で。「お前も敵だ!」と言った少年に「お前も友達だ」と言ってやれるんだから。
 またヒロインのユウキがいいわ。明るくてくったくなくて、それでいてちゃんと必要なフォローしてあげる。賢い娘じゃーないですか。…そういう意味では、多分馬鹿だったら賢吾は歯牙にもかけないだろうから(笑)当然かもしれないな。賢吾は一話目に比べて、表情が格段に魅力的になった。彼の顔って人を拒否して仏頂面させるよりも、協力体制になってからの方が良さが引き立つ顔なんだろう。ナビゲートしている姿や、はきはきした喋りの印象がとてもいい。
 ボンボン大文字さんの分かり易い天狗っぷりが楽しい。あと今回改めて出てきたあのIPアドレス割り出した彼女(名前が分かんない)、怪しくて良いね。目の下の隈どりメイクは、もうちょっと控えめにしてあげたいが(笑)二人の前であれだけ堂々と変身したから、今後も深く関わるんだろうね。

 あの謎の基地みたいな空間は、やはり月だった。忍び込んだ弦太朗ががちゃがちゃスイッチを弄って(きけんだろー(^^;;;)いきなり窓が開いた時に、宇宙空間にぽっかり浮かんだ地球。それを見て何故か涙を流す弦太朗… うわあ、すごく良いシーンだなコレ!と思ったけど、もう少しでいいから時間を使って体重を乗せたシーンにしてくれたらもっと嬉しかったなあ。いやでも、あのくらいあっさりしたほうがいいのかな…
 二話目にしてはっきりした重要な設定がもう一つ。敵のゾディアーツって連中は、やっぱりスイッチで人間が変身している。変身する…というより、なにやら物質化して精神がそちらに取り込まれているって感じかな。時間と共にエネルギーが高まって進化して、最終形態になってしまうと大爆発を起こすので危険。怪人体をやっつけても、スイッチをオフにしない事には敵を倒した事にならない…と。なるほど。
 そして正式にベルトを受け継いで変身!ポーズがすごくかっこいいなと改めて思った。特に上に手を伸ばすのがいいよな。そして一連の騒動を物陰から顔だけ出してのぞいている三人がかわいいの。賢吾との関係もここで決まった。「指示してくれ!そしたら俺はそれをやる、今度は絶対に!!」全て自分で、ではなく、相手を信じて分担し合う。地上のナビと宇宙飛行士みたいでいいな。「…なるべく早くね」の指くるくる、かわいいっすなー
 今回のアクションの目玉はバイク!一通りバイク使って暴れるんだけど、ジェット噴射がいい感じだ。二話ってコトでお決まりの車クラッシュもあったし(笑)そしてダイザーが台座になってのロケット発射!なんかさあ、このシーンで妙に感動しちゃった。垂直上昇の映像力ってすげーな。ものすごくワクワクしちゃった。そして宇宙空間に出てのロケットドリル宇宙キック炸裂!大気圏の出入りにも耐えられるすげースーツだ。帰りはパラシュートなのね。おーい、バイクはどうなったんだよー

 仮面ライダーが都市伝説として語られる。最初にこの設定を出したのは「仮面ライダー剣」だったけど、今回はそれがネットの噂というか、ニコニコ動画で語られてるの(笑)なるほどなー 風都タワー云々の新聞とかあったのも「おっ」と思ったよ。
 主役の弦ちゃん、滑舌は余り良くないし声ヂカラはまだ足りてない。でも爽やかさはとびっきりで、動きの切れはとても良い。その辺の未熟さが逆に魅力になって、これから一年間の青春成長物語になる予感だ。
 あと、誰も一話を見て話題にしていないんだけど… あのスイッチ入れた時の日本音階は最高にナイスだと思うんだよ。この宇宙がどーのってお話の、時代も不明で、無国籍な雰囲気の学校が舞台のはちゃめちゃなお話なのに、何故かスイッチオンが日本の伝統音楽って言うこのミスマッチ。絶対狙ってるし、見事にハマってる。すげー気に入ってます。あ、もしかしたら二人目のライダーのギミック音は沖縄音階かもよ!











【2011年9月10日発売予定】
FMCS01 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ


小売希望価格 2,940円 (税込)
当店価格 2,205円 (税込) 送料別

今じゃもう、かわいくて仕方ないよフォーゼ。


 

2011年09月05日

仮面ライダーフォーゼ 第1話「青・春・変・身」

 宇宙キターーーーッ また新しい「仮面ライダー」の物語が始まった!今年のライダーは威勢が良くて前向きで、ハイテンションで熱苦しい!今までの平成ライダーとは、がらりとトーンを変えた展開に期待。その手で宇宙を掴め!

 いやあ、始まったね!第一話を見て、単純に「おっ 面白そうじゃないか」という感想を抱いた。毎年毎年攻めの姿勢を崩さない平成ライダーシリーズではあるけど、わざわざタイトル前に「仮面ライダー生誕40周年記念作品」と銘打った作品に、こういうぶっ飛んだヤツを持ってくるのがいいね。当分「仮面ライダー」は安泰だ!これだけの無茶が出来るんだから。
 勢いのあるOPは曲も画面もスピーディー。カットの切り替えが非常に良い。目まぐるしさと鮮やかさが印象的。いや、それだけなら今までのライダーOPでもあったけど、今回のはおもちゃ箱をひっくり返したような感じ。作品世界がよく分かる。
 本編も色彩がものすごく鮮やかだ。平成ライダーって、どこか色合いが暗い印象があったんだけど(笑)ノリも雰囲気も戦隊に近い気がした。逆に戦隊との違いというか、その辺の差別化をどこにポイント置くのかなと。
 舞台となる「学園」と「宇宙」。あまりにスケールの違う二つの舞台をどう結びつけるのかはれからなんだろうけど、「学園」にリアリティがないのが逆に良いね。主人公のあの格好を筆頭に、今が西暦何年なのかが語られていないし、アメフト部とチアが学生達の頂点集団なんてのも、日本じゃねえだろwwwみたいなあり得無さ。
 そして主人公・弦太朗は馬鹿の極み(笑)外見からして個性が分かり易い。「全ての生徒と友達になる」という目標が、彼の変な言動を「まあいいか」と思わせるだけのポジティブさに換える。対立や喧嘩すらも友達へのステップだからね。もう一人バートナーになるであろう賢吾は言動は尖ってて「時間の無駄だ」って言ってて、身体が弱い?のかキーンてなって倒れる。ヒロイン・ユウキはとにかく元気で屈託が無くてかわいい。弦ちゃんとのタッチもノリが良くてナイスだ。OPを見る限り、仲間が増えていくような感じなので、楽しそうだなあ。

 いきなり学園に現れた謎の怪物。鉄パイプ攻撃も通じない!そこに出てきた巨大なメカ。あのゴツイ外観、好きだわあ。中に乗ってるのは賢吾だけど、ものすごく辛そう… しかしあれ、欲見つからないでしまっておけるな(笑)
 学校の秘密の通り道を抜けると、そこはSFちっくな基地!そこに忍び込んで勢いでベルとゲットした弦太朗の初めての変身。「変身よ弦ちゃん!スイッチ入れてこう!いいから早くぅ」みたいな勢いでユウキにベルト蒔かれてのドタバタが楽しい。きらきらーっとしたエフェクトもかっこいい。学園の狭い廊下の片隅で、宇宙のパワーが漲るって、暴れた揚げ句にロケットで校舎の外に飛び出すってシチュは、印象的で象徴的だ。
 アクションは喧嘩ベースだな。弦ちゃんがアメフト部員相手に暴れ回っていたから(役者の喧嘩アクション良かったね)自然に感じる。おもちゃみたいなギミックが楽しいベルトは、スイッチを入れた時のメロディがに日本音階(「さくらさくら」とか「お江戸日本橋」とかのあれ)っぽい。この和旋律はこれからも続けて欲しいなあ。ミサイルとかチェーンソーとかドリルとか、好き放題のやりたい放題だなあ。
 あれほど事前画像で物議を醸したライダーデザイン、動くといいじゃん(笑)あの顔、子供でも描きやすそうだ〜!つり上がった眉毛(ライダー顔の三要素的には触覚なんだろうけど)がかわいいんだよね。愛せるライダーじゃん、と思ったよ。アクションのキメがマンガっぽいのもマッチしてて楽しいしね。でもって、まーライダーキックがドリルだったわ(笑)オリオン座を撃破したあと、ドリルの勢いでくるくるっと回って、ちょこんとキメポーズがドヤ顔な感じでよし!

 敵が何者かよく分かんないけど、星座があるらしいよ。そしたら敵の幹部はゴールドセイントか。それとも惑星か。あるいはギリシャ神話の神々か。まーこの辺については次回以降に徐々に見えてくる事でしょう。
 役者はみんな雰囲気は未熟なんだけど、それぞれハマっていく予感がある。弦ちゃん、ちょっと滑舌にまだちょっと難はあるけど、威勢の良いタンカを切るようになるともっと良くなってくるだろうな。初々しい少年たちの廻りを固める脇の訳者の中でも、やっぱりアンガ田中が際立っていいな。このキャスティングはいいよ、いい。でもって山根もだしてくれよ。
 とにかくいい感じで始まったと思うよフォーゼ!これから一年間、この感じで頼むぜ。









ライダーヒーローシリーズ 01 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ


当店通常価格 840円 (税込)
販売価格 570円 (税込) 送料別

マンガから抜け出てきたような(笑)