2011年02月21日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話 「この星の価値」

 決意エピ…になるのだろうか。宇宙を渡り歩く海賊達に、余り明確ではないが、正義のヒーローとして地球にとどまる動機を提示される。物語が一歩進んだ感じ。また今回はキャプテンの性格と過去も一つ描写された。

 黒い服をきた人がなにか教えてくれる!ってメカオウムの占いには笑った。なんだあのタイムボカンシリーズな感じ(笑)この明るいトーンはいいね。その後街で黒服の多さに唖然とする海賊達もすごく面白い。あんなに集団でSPいねーよ…(笑)(笑)
 その後の学生とのやり取りも楽しかった。面白い少年に興味を持ち、わざと盗ませて反応を見る。マーベラスのこういう言動、なんとも少年ジャンプっちゅーか、今どきのかっこいい主人公だなあと。
 この地球を守りたいと願う少年が、そのままシンケンレッドになって戦うのは夢があるし、マーベラスの懐深さみたいなのも感じられていい。見ている子供たちも、グッズでなりきり遊びがしたくなるだろうな。
 自分の力不足を突きつけられた少年に「守りたければお前は自分の方法で地球を守れ、どうするかは自分で考えろ」と言うマーベラス。口調はきっぱりとしているが優しさも感じられる。そしてそれに呼応する形での「おい、この星に守る価値はあるか?」「ある、絶対」「どこにある」「どこにでもある…海賊なら自分で見つけろ!」このやり取りは、静かなシーンだけど非常に良かったなあ。
 果たして彼等は地球に何を見いだし、なんの為に戦うのか。まだそのハッキリとした動機や、彼等の細かいプロフィールなども定かではない。ただ、あのレンジャーキーは命の恩人からもらったものだと言うのも判明。しかもその恩人って…30周年戦隊・ボウケンジャーのOVAに登場したアカレッドかい!というのは面白い。うーん、でもアカレッドってことはどう理解したらいいのか…気になる。

 ザンギャックの破壊行為はなかなか情け容赦ない。送り込むザコの皆さんも大量。戦いにちょっとしたカタルシスがあるね。
 少年はちょっと小さなシンケンレッドに変身!…いいなあ、なんて思っちゃった。かなり頑張ってザコはなんとかしのいだものの、怪人にボッコにされてしまう。このヤラレ具合がまたハンパない。結局はじき飛ばされ落下。「俺の力じゃ地球を守れないんだ…」の言葉が悲しい。
 そして五人揃って変身!この二話も変身に気分を盛り上げてくれていい感じだ。片手剣・片手銃で戦い、途中で武器を交換しあうのはデフォなんだな。全体的にトリッキーで面白い動き。しかもアクションが流れるような感じで気持ちが良い。それが時折静止して銃をぶっ放すのもリズムが変わって面白いね。ちょっと強そうなザコ三体を同時必殺技で撃破!
 そしてメインの敵との戦いは、先ずデカレンジャーで銃撃戦。そこから一気にハリケンジャーの剣劇に。障子のシルエットの演出たまりませんな。これだけでもかなり楽しかったんだけど、ここからレッドだらけになったのには「おおお!」と思わされた。マジレッドとゴセイレッドの魔法、ガオレンジャーとゲキレンジャーの拳法と来て、最後はシンケンレッドのぶった切り。なにこの嬉しすぎる組み合わせは!元来は男が変身するレッドに、女性が変身するってのもちょっとときめいた。先週のキレンジャーではこういう気持ちになれなくてごめん(笑)
 宇宙の彼方から発車された鋼船で巨大化!ちょっと強そうなザコも巨大化!海賊船から垂れてくるロープで船に戻るのいいね。海賊船そのものが結構強いけど、「ど派手に行くぜ!」でなんか色々中から出てきた(笑)四つのメカが海賊船に合体してロボに、ゴーカイオーに!CGバリバリ使って、ぴょんぴょん跳ねるのね、ごーかいだ。双剣で戦うのな。後ろ羽交い締めにされて、背中の何やら回されたら一斉射撃に(笑)でもって必殺技はEOW@仮面ライダーゾルダですね。胸の大きな砲門が、波動砲かと思ったら、弾が充填されてどこんどこん発射されるのが面白い。アナログな感じ(笑)

 ザンギャック帝国は、地球と月の間に艦隊司令部を置き、本格的な侵略モード。どうするどうするきみならどうする?そして謎のM字マークの黒服青年。あれはマジレンのマークだよ!楽しみすぎる。
 でもって戦隊ラップは毎週変わるのなー 歌詞をついつい聞き入っちゃう。










レンジャーキーシリーズ DXなりきりセット


定価: 8,190円 (税込)
販売価格: 8,190円 (税込) 送料別

赤い人が沢山いる!


 

2011年02月13日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」

 新しい戦隊ヒーロー登場!今年は海賊戦隊だ!!派手な演出とスピーディーな展開で、一気に引き込む御機嫌な第1話。

 いきなりクライマックスですよ。宇宙帝国ザンギャックの侵略から地球を守った、愛と夢と平和と人々の笑顔を守り続けてきた34のスーパー戦隊!レジェンド大戦は大人数で見ごたえあったなあ。それぞれの戦隊の特徴とかちゃんと出てたよね。これ、知っている人が見るとすごく面白かったんだろうな。私はアカレンジャーの声に「うおぉ」になったよ。
 それから何年か経ったって設定らしい。主役の五人は、母星をザンギャック帝国に奪われて、レジスタンス的な立場のお尋ね者。地球には宇宙の全てと同じ価値のあるお宝があると言われている。ヒーローとしてはどうだろう?という『海賊』という設定を『汚名』としたのは義賊っぽくてうまい着地点。明るい曲調と切れの良いカット割りのOPに、戦隊ラップのEDは非常に良いね。特にOP画面はすごく気に入った。
 キャラの見せ方もなかなかよかったんじゃないかな。敵も味方も含め、掴みやすかったんじゃなかろうか。不敵なレッド、クールなブルー、おっとりへたれっぽいグリーン、がっちり娘イエロー、お嬢様ピンク。敵の殿下は小物臭がなかなか素敵で(笑)周りの将軍ぽい連中のしたたかさが光る。
 雰囲気の明るさ、軽妙さ。ポイントを突いての燃え展開。率直に言えば非常に面白かったぞ!こりゃーこの一年、楽しみだなあ。

 宇宙艦隊と海賊船の戦い。ラム戦するか(笑)爆炎から海賊船がいきなりロボになって飛び出てくるところから、CGパリパリの戦いは派手で見入る。五人もいつの間にか変身しているのがいいな。一気に撃墜するスピーディーさ、合体を解いてすっと艦に戻る描写まで、ワクワクする。
 展開そのものはすごく明るい。平和な日常にいきなりやってきて名乗る海賊の皆さんと、ぽかーんとする地球人が笑える。カレーを食べようとしたら、いきなり爆発とかもコミカルなんだよな。何気に売った指輪が1000万とか、ちょっと「お?」と思った。すげーの持ってるな。この五人のプロフィールも面白そう。
 襲われる子供たちと保母さん。「気に入らねえ」のキャプテンの言葉から戦いへ。スローモーションで歩いてくる五人がかっこいいね。そして変身!エフェクトかっこいいなあ。そしてグリーンの名乗りポーズが面白すぎるwww
 アバンのレジェンド大戦もそうなんだけど、とにかく今日は大勢の敵を相手に、ガンガン戦う豪快なアクションで非常に見ごたえが合った。ゴーカイジャーの戦いは銃と剣、飛び道具にロープ。一つ一つ上げていくのもキリがないほどのアクションの連続。ここでもグリーンのアクションが面白さがあるね。あんな高いところから回転しつつ落ちるんだけど面白いってすげーな。空中で武器を交換しあうのも面白い。イエローのムチ+剣、強っ
 そんでもまだまだ湧いてくるザコの皆さんに、ゴーカイチェンジでゴレンジャーに!キレンジャーはイエローなんだね…(^^;;; 保育園の先生が解説してたけど、この地球の人達はみんなヲタかwwwとちょっと笑っちゃった。メビウスのてっぺーさんみたいな人が欲しいところだね。そしてゴレンジャーハリケーン・ゴミ清掃車(笑)あー、ゴレンジャーだなあ(笑)(笑)息子が唖然としてたじょ。
 あとシンケンジャーにもチェンジしたけど、ちょっとだけ。そしてマジレンの魔法でザコ一掃。うーん、シンケンジャーは出す意味あったのか?ああ、映画の宣伝か、意味あるな。
 ゴーカイジャーのオリジナル必殺技は、それぞれの剣にキーをさして五人揃ってのぶった斬り。単純なんだけど、「豪快」って雰囲気があるのでいいなと思う。

 お礼を言う子供と先生に「お宝探しに来ただけだ」「カレーライス食い損ねて腹が立ったから戦った」「だから別にお礼を言われる理由はないよ」とうそぶく五人。こういうスタイルと言うか、美学で戦うのかなコイツラは。『人の世を守る』シンケン、『地球を守る』護星天使ときて、使命を背負わないゴーカイジャー。今回はまた色が違っていて楽しいね。ここからどういう動機で地球で戦い続けるのか、地球のお宝ってなんなのか、レジェンド戦隊たちはどうなるのか、楽しみですな。
 個人的にアカレンジャーの声が本物なのが超嬉しい。にしても、アバンでライダー大戦やってた『仮面ライダーディケイド』なんてのも思い出したぞ。「戦ってる場所も同じだ!」なんて、それは言わない約束だ息子よ。ああ、「ゴーカイジャー」は出オチになりませんように(笑)







変身携帯 モバイレーツ


当店通常価格 4,725円 (税込) 当店通常価格
特別価格 3,948円 (税込 4,145 円) 送料別
<レンジャーキーで全戦隊の「名乗り」が楽しめる!!>

・ゴーカイジャー:「海賊戦隊ゴーカイジャー!」
・シンケンジャー:「天下御免の侍戦隊!シンケンジャー参る!」
・ゴーオンジャー:「正義のロードを突き進む!炎神戦隊ゴーオンジャー」

…ちくしょー、こーゆーのってそそられちゃうんだよなあ!