2011年05月11日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第12話 「極付派手侍」

 シンケンジャー、参る!後編。シンケンジャーの真の力とは?そして敬愛する先輩を失った事を悟るジョーの悲しみと気付き。なかなかの燃え展開。アクションもたっぷりと見せ場だらけ!

 「ゴーカイジャー」って海賊モチーフだけあって、かなり少年マンガっぽいと思う訳ですが(笑)、今回のエピはその最たるものと言うか、いやなかなか非常に良かったのではないでしょうか。自分を救ってくれた先輩と、再会したものの今は敵味方。ショックで茫然自失してしまうジョーは、しかし自分を信じてくれる仲間の事を思い出す。
 シド先輩とジョー、マーベラスとジョーと、出会いと分かれの台詞がいちいちかっこよくて劇的。特に「出会った瞬間に運命は決まった」マーベラスとの出会いのシーンは非常にいい感じです。捕らわれの身だったジョーの首枷をとるシーンとかさ。思い切り手で握って、ぐっと外しちゃうのがいいじゃん。マーベラスの夢は「宇宙最大のお宝を見つける」ことだそうで。ふーむ、そうなのかー
 シンケンジャーの真の力、それは仲間との「絆」でした。絆、ときたかー。ちょっと意外だったけど、そう言えば漢字熟語の「シンケンジャー」のサブタイトルの中で、唯一たった一文字のサブタイトルが第四十七幕「絆」だったな。個人的に結構シンケンジャーは熱中してしまって、こんなに長い考察文かいちゃったりしたから(笑)どういう風にエピを作るのか楽しみだったんだけど、なかなか納得と言うか満足しました。うん。

 先輩の記憶を取り戻す!と、シド先輩の技をバリゾーグに繰り出すジョー。見事の弾き返したバリゾーのキメがかっこよし。「完全な機械の身体を持つ」らしいので、人間体はもうないのか?それとも保管されているのか?全く歯が立たず倒れて「俺の先輩はもういない」と泣くジョーが悲しい。
 ジョーが戻ってくると信じ、戦いに赴く海賊達。薫姫の「地球がどうなろうと関係ないはずだろう」という問いに「ああ、関係ないな。これは俺達の戦いだ」と答えるマーベラス。周りの皆の表情もいい。
 親衛隊長デラツエイガーと、ものすごい数のザコの皆さんとの戦い。レッド、イエロー、グリーン、ピンクが、それぞれの色のレジェンド戦隊戦士に次々にゴーカイチェンジ!ものすごいサービスで思わず喜んでしまうね。一人一人も見どころあるし。しかしデラツエイガーは名前の通り相当強くて、一撃で生身に戻ってしまう。生身で必死に戦う五人も、かなり見どころがあったよ。役者さん達頑張ってるよなー
 「遅くなってすまない!」合流したジョーを迎えて、主題歌メロディをバックにゴーカイチェンジ!ゴーカイレッドとゴーカイブルーの姿で、出会いと同じ背中合わせからの戦いに。あの時のアクションをなぞるように、印象的なWキックをここでも繰り出すのが粋だね!そして揃ってゴーカイチェンジ・シンケンジャー!ブルーが薫姫から預かったディスクは、「不肖丹波が最も得意とするモヂカラ」"双"で、シンケンマルが二刀流に。レッドは烈火大斬刀か。この辺の展開はファンの気持ちをくすぐりますな。
 「侍達に劣らぬ絆、五人揃えば勝負は見えている」という薫姫の言葉通り、テンポよく一気に逆転して、一気にトドメ。巨大戦はいきなりガオライオンつきで「おお」と思ったら、コイツがさらに変形してシンケンゴーカイオーに。キメ画面にちょっと笑う。ガオライオンのヘッドが、あの姿で胸に付くと「獅子頭」って感じになるよな(笑)巨大ザコの大軍相手にばっさばっさで、ぐるりと旋風斬り。必殺技はさらデカい烈火大斬刀でサムライ斬り!ポンポン!←鼓の音

 今回は主にジョーとマーベラスとの出会いにスポットが当たったけど、ちらりと残る三人それぞれが参加した時の回想が出てきて、短いカットの中にもキャラらしさが出ていて味わい深かったね。夕日の中のラストも余韻があって、「ただいま」と笑顔のジョーの顔もいい。
 そして、大けがしたらとにかく喰う!「…メシだ」マーベラスさん、押さえるトコ押さえてます(笑)








海賊合体 DXゴーカイオー
ガオライオン 
ガオゴーカイオー セット!
20%OFF


当店通常価格 11,550円 (税込)
価格 9,240円 (税込) 送料別

これがシンケンゴーカイオーにもなるんだからすごい。

 

2011年05月03日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第11話 「真剣大騒動」

 シンケンジャー、参る!前編。意外な登場人物に驚きつつのまさかの前後編。そしてジョーの過去とバリゾーグとの因縁が明らかに。

 なんとシンケンジャーからのゲストは、まさかの薫姫と丹波!(と、黒子の皆さん)これはひねりを入れてきたなあ(笑)でも確かに元来のシンケンレッドは彼女なのだから正しいんだろうな。何故、丈瑠ではなく姫なのかってところは、ちゃんとした理由とかあるんだろうか。それとも大人の事情なのか(笑)
 なんにしても、彼女の凛とした姫っぷりも、丹波のうざさも健在。ここからどうやって「シンケンジャーの大いなる力」ゲットとなるのか楽しみ。そしてシンケンジャーの力ってなんなのか、どう定義づけてしくるかも非常に興味あるところ。
 そしてジョーの過去。まだザンギャックにいた頃、優しくしてくれた先輩の存在。「剣を教えてくれた人との辛い記憶」の彼でしょうね。そのシド先輩が、なんとザンギャックの中でも唯一、陛下に忠実な僕であるバリゾーグに改造されていたと言う強烈展開。そして一人でけじめをつける為に船を出るジョー。ここからが楽しみだね〜
 
 いきなりクライマックスの巨大戦。スゴーミン3人相手に砲撃ぼんぼん!デカゴーカイオーでゴーカイフルブラストして、最後の一人はマジドラゴンで撃破と、豪華な必殺技3連発。
 そしてナビィの「侍に注意!」に、街に出たところに突如として鳴り響く太鼓!ひらめくのぼり!これだけで十分ワクワクする。そこからの姫とマーベラス、そしてジョーとの真剣勝負はなかなかお見事で、薫姫の中の人、アクション頑張ってるなーと感心してしまった。ちょこちょことスタントさんが演じているとは言え、差が出すぎるとおかしくなっちゃうんだけどかなり自然だったもん。
 そこに現れたザンギャックの大勢様。姫さまvsザコの皆さんは、ばさばさと切り捨てながら進む鮮やかさ。そして登場、ワルズ・ギルと皇帝陛下直属の親衛隊長、そして馬鹿殿に付き添うバリゾーグ。考えて見れば海賊さん達にこの連中が顔見せしたのはこれが初めてなんだね。
 今日はザコさん達と戦いながらのゴーカイチェンジと名乗り。生身のみんな、なかなかいいアクションでびっくり!いやあ、見ごたえあったなあ。ちゃんと変身後を思わせるアクションなんだよね。特に鮮やかにスカートひらひらさせてのアイムのアクションはかわいい。
 変身してからはワイヤー多用して軽やかだった今日のアクション。しかしさすがに強いぞ親衛隊長。名前がデラツエイガーって言うのね。名古屋弁www ゴーカイチェンジでジュウレンジャー、ダイナマン、ギンガマンと豪華なメドレーしたんだけど全て弾き返される。
 とにかく頭を叩け!ということでブルーのみワルズ・ギルに迫るも、今度はバリゾーグが立ちはだかる。ここからの一騎打ちがまたいいね、緊迫感があって。そして見せたバリゾーグの剣の構えに、ジョーは彼がシド先輩であることを知る。あのジョーが茫然自失するところからも、ショックの大きさが伝わるね。そしてジョーを庇ってバリゾーグの剣を背で受けるマーベラスは酷い傷を負ってしまった…
 親父にもぶたれた事ないのに!ちょっと汚したくらいで大騒ぎして撤退する閣下のことを、吐き捨てるように非難するダマラス。敵の人間模様がまた面白いなあ。

 余り私は役者萌えとかはないんだけど、「超星艦隊セイザーX」のアドとケインが、スーパー戦隊と仮面ライダーの主要キャラで出演してくれているのがものすごく嬉しい。シド先輩とアンクが好きになったあなた、是非とも「超星艦隊セイザーX」をご覧下さい!超いいから。








Gakuen 進藤学写真集


2,940円(税込)送料無料

隻眼キャラでしたなー


 

2011年04月27日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第10話 「トランプ勝負」

 ダークヒーロー・ルカの本領発揮!カード勝負そのものは単純だったけど、全体的な流れは見ている者の予測を裏切る頭脳戦の仕上がり。

 今回、なかなか面白かったなあ。どうしても「ゴーカイジャー」はレジェンド戦隊の皆さんが出てくるエピが目玉になってしまうけど、間に挟まるこういうエピが光ると「ほほー」と思う。前はギャグに振り切っていたけど、今回はどんでん返しを重ねて「そう来たか」で楽しませてくれた。
 ジョーはカードが強い。だが「ルカが本気を出せば俺も勝てない」。その本気っちゅーのがイカサマってのは、ヒーローとしてはどうなんだ?という基本的な疑問はあれど(笑)ルカって面白いキャラだなあと思う。基本、偽悪的な海賊さん達の中でこの娘はモノホンだよな。
 撃たれても破壊しても、甚大な被害をもたらすギガロリウム砲。内部潜入し潜入し燃料のギガロリウムを奪い取る作戦に出たジョーとルカ。途中ギャンブルに巻き込まれて、そんなに派手に勝ちまくっていいのか?…と思わせておいて、実は残る三人を手引きする誘導だった。その前の変装があまりに雑なので(笑)コミカルに行くのかなーと思わせた分、こっちもまんまと騙された!
 ジョーが卑怯な行動隊長に、真っ正面からポーカーを挑んで、ロイヤルストレートフラッシュ引き当てるシーンはかっこよかったし見ていて爽快。さらに最後に実はルカがイカサマしてたのよというオチがつくのも、常識外れの勝負強さに納得出来る上に、「やっぱり本気のルカには適わない」と洒落た締めくくりにもなるね。

 いきなり巨大戦は豪快な空中戦CG。マジドラゴンはすごく出来る子!そこで見つけた緑の戦艦はザンギャックの特殊部隊だとジョーは言う。ジョーがザンギャックの内部事情に詳しかったのは、やはり元・工作員だったからだろう。
 イエローとブルーでゴーカイチェンジ・ボウケンジャー。潜入するからって、わざわざこれゴーカイチェンジの意味があるのか?と思ったらカギで引っかける潜入ツールがあったねそーいえば!
 戦艦の中、やっぱ強ザコ・スゴーミンって威張ってるんだな。カードに負けまくる姿をわいわい見てるザコの皆さんかわいかった(笑)行動隊長ヨクバリード、凄いカードの達人なのかと思ったら、逆に卑怯満点なのはストレートでいいキャラづけ。
 カードで勝ったが案の定裏切る敵に、乗り込んでくるマーベラス達。こいつらもあの雑な変装しているのがちょっと面白い。変身から狭い場所で一列に並んで名乗り。片手が塞がってるゴーカイグリーンのポーズちょっと違うね。船を爆破して脱出→ここからの一斉に武器を取り換えてアクションもテンポを止めなくていい。畳み掛けてくる。ブルーとイエローの、それぞれの双剣アクションの違いも楽しい。ブルーは正統派、イエローはムチを使ったり重ねて振り回したりと、トリッキーだね。
 トランプにはトランプで!ジャッカー電撃隊。イエローがビッグワンなんだな、ちょいイメージ違うけど(笑)ビックボンバーで強ザコ撃破。そのままファイナルウェーブで斬るわ撃つわの豪華な連続技でフィニッシュ。
 巨大戦はゴーカイオーで。ギガノリウムを大気圏外に放り投げて敵艦隊にぶち当てるのとか、やることがいちいちスカッとしているのがゴーカイジャーの楽しいところ。ガオゴーカイオーの突進&必殺技でトドメ。

 マーベラスがカード弱いっていうのは、ちょっと可愛い属性が付いた。彼の、ちょっとガキ臭い…いやいや、少年のようなニヤリ顔は、この戦隊の少年マンガっぽさを引き立てている気がするね。
 しかし見事にキャラが立ったなゴーカイジャー。敵も味方も面白いぞ。来週がまた楽しみだ色んな意味で!!








ゴーカイサーベル


通常価格 3,990円 (税込) のところ
ビッグビィ特価 2,713円 (税込) 送料別

これをオープニングでバッテンにして持ってるカットが好きだ。

 

2011年04月20日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第9話「獅子、走る」

 百獣戦隊ガオレンジャー、登場!海賊である事とヒーローである事。これって両立するのか?という基本的な疑問に、再度スポットを当てた。ガオライオンも健在!(笑)

 9話目、このタイミングでガオレンジャー。「ガオレンジャー」は天空島とか巫女とか、その世界観はなかなかファンタジックで神秘的なんだけど、やっぱり「地球を守る聖なる力に選ばれた戦士」であるというのが大きな特徴なわけで。それまでの人生とか職種とか関係なしに、純粋にその人のヒーローとしての精神を、人知を超えた存在から【認められる】ところからヒーローとしての物語が始まる。
 自分の事を「俺達は海賊だ」と言いきるマーベラス達。果たして彼等は、力や宝を欲して戦うのか、そうではないのか。アイムやハカセは「宝探しの足手まといにしかならない王女を受け入れなかったろう」「もしも宝しか見えていない海賊なら仲間にはならなかった」と言うが、その言葉自体には明確な答えは得られてはいない。
 しかし、ガオレッド・獅子が見つめる先で戦う彼等は、軽口をたたきながらも、明確に人々を助け守って戦っている。そこには嘘も偽善的な態度も見られない。この辺の流れは非常に上手いと思った。そしてガオライオンは彼等に自分の力を与える事を決めるのだ。
 なんとなく今までもザンギャックと戦ってきてくれてはいても、はっきりと「人を守る」「地球を守る」といったヒーロー的な口上を一切言わず、その動機もどこか不明瞭なままだったゴーカイジャー。しかしこのタイミングで「ガオライオンに認められた戦士」であることがハッキリとした。その資格があると。これは「戦隊ヒーローとしての『ゴーカイジャー』」の、ひとつの大きなポイントになったのではないかと思う。

 空飛ぶ島を探して地球を四週目!雲の奥にあった天空島にいなきりどかどか大量に降ってくるザンギャックと行動隊長バウザー。ゴーカイチェンジして全員名乗りからのアクション。毎度グリーンのアクションは面白いな。なんで彼だけ武器が手元にないんだ(笑)行動隊長はゴツイ見た目なのに、スピードも力もあるなかなかの強さ。そのスピード対応で、まずはターボレンジャーに。やぐら組んだ時、ブラックの足が震えてるのはちょっと笑ったぞ。コンビネーションアタックでザコを一掃した後、スピード勝負で互角に戦っているところで出ました!ガオライオン!!
 敵も味方も盛大に島から落っことされて、自由落下からのゴーカイチェンジでジェットマンになって飛ぶのはすごく良かった。空中戦になるもかわして着地。この時アイムが怪我をしてしまったんだから、後のアクションでもうちょっと足を庇っても良かったんじゃないか?と思ったけどまあいいや。
 アイムの怪我を治し、人々を助けて戦っているゴーカイジャーをじっと見ている獅子走。「あいつら、口が悪いんだよ」と苦笑いする表情がいいな。敵の数も人の数も多くて、その中をばっさばっさとやっつけつつ、人々を救っていく様子は爽快。楽しさに溢れてる。
 ゴーカイチェンジ、ガオレンジャー!ロゴつきの主題歌テーマつきで、気分は超ノリノリだ!先週に引き続きの派手で特徴的なガオレンジャーアクション。今週は「がお」って言わないのね(笑)必殺技・破邪百獣剣でザコ一掃、ゴーカイブラストで行動隊超も一気にトドメ。
 巨大戦でゴーカイオーに。さすがに強ザコ三体に身体を押さえられ動けないところ、ガオレンの鍵が光る。牙吠!とガオライオン来てくれました。強い!ゴーカイオーの足が取れて、ライオンさんが合体してくれますよ。下半身がライオンってちょっと面白いね。敵も強ザコの下半身がバイクになって、市街をチェイス状態になって双剣でバサバサ。なかなかスピーディーな雰囲気が出ていて良かった。必殺技、ゴーカイアニマルハート!って言ってたのかな。ライオンの口から光線、剣でクロス斬りと。

 実は私、ガオレンは未見の戦隊なのだけど、割と今回のエピは知らない人にも伝わりやすかったなーと思う。子供は柔軟だから、こんなふうに知らない戦隊出てきても、割と付いていけるんだろうな。
 それにしても力をゲットする時のハカセとアイム率、高くね?まあ残り三人が海賊として完成されてるから、つい成長キャラにこういうのが回ってくるんだろうけどな。
 ダマラス達の計画がバレたけど、宇宙最大の宝の価値を認めない殿下(笑)徹底して無能な感じがたまんないねー 敵の内部事情の複雑さが今後にどう影響してくるのか、ここも楽しみなところ。









ゴーカイマシンシリーズ03 DXガオライオン


当店通常価格 4,725円 (税込)
価格 3,150円 (税込) 送料別

ガオーッて言います!


 

2011年04月12日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第8話「スパイ小作戦」

 ノリの良いギャグエピ。こういうエピが楽しく仕上がる辺りに、この戦隊の勢いを感じた。

 あはは、面白かった(笑)脚本も演出も役者も、ノってるなって感じ。なんせあの熱苦しいブラザーズのキャスティングが最高で、「わざと?わざとぉ?」「アニキ、アニキィィーーー」を聞いているだけでお腹いっぱい。特にアニキの踏んだり蹴ったりぶりがいいよね。
 全体的に笑えるお話だったけど、重要なポイントとしては、ゴーカイジャー達が地球にいる目的が知られてしまった事。そしてそれを知っているのはダマラスとインサーンだけというのも面白い。「閣下には知られぬように」って指令がされてしまうんだよな。にしても閣下の小物臭ものすごいこと(笑)だから逆に忠実に従うバリゾーグについ注目してしまうけどね。
 あともうひとつ、それぞれのプロフィールが語られた。キャプテンマーベラスは「赤き海賊団」の生き残り。ジョーは元・帝国の特殊部隊の一員(裏切り者)。アイムはすでに帝国に滅ぼされたファミーユ星の王女。ルカは武器倉庫から最高純度のエナジークリスタルを盗んだ札付きのワル。ハカセはまあいい、みたいな(笑)ハカセって終始弄られキャラだなあ。こういうキャラがワイルドカードになった時が面白いんだよね。

 まめに全員名乗りをするゴーカイジャー。今回も名乗りから戦闘スタート。それぞれのスタイルが面白いんだけど、今日はスマートさを感じさせるブルーの殺陣がよかった。敵の背にもたれかかってたりしてね。ゴーカイチェンジはロゴも激しくガオレンジャー。五人それぞれのアクションの違いをきっちりと。途中の「がお」には、ちょっと笑ったぞ。そしてデンジマンでパンチパンチ!のザコ一掃。
 ブラザーズの攻撃は、基本アニキをぶん投げるだけなんだなあ。もうちょっと何かあってもいい気がしたけど、基本あいつらは潜入捜査専門なのかも。ゴーグルファイブのリボンで敵を拘束してから、素早く元に戻って怒濤の連続攻撃からの必殺技でぶった切り。畳み掛けのテンポが良かった。
 初っぱなからいきなり強ザコさん三人と巨大戦(まとめてマジドラゴンで撃破)をしていたから今日はないかと思ったら、しっかりと巨大化。アニキはでかくなっても人間大くらいだな(笑)投げられたアニキをバットでホームラン!トドメはデカゴーカイオーのフルブラストでフィニッシュと、あっさりした戦いではあった。でも「おつかれさまーーーーっ」「良くも兄貴を星にしたなあぁっ」この阿呆臭さ全開ぶりがたまらんね(笑)

 にやりと笑うマーベラスのアップからの、吊るされてるナビィのシーンは間が良く、かわいい(笑)「空飛ぶ島で運命の出会い」って、また来週が楽しみなんじゃないでしょうか♪









海賊戦隊ゴーカイジャー主題歌(初回限定盤)


価格 1,575円 (税込) 送料別
玩具と連動したオリジナル「レンジャーキー」を封入。さらにシール封入。

明るくて爽やかな曲調で好きだ。

 

2011年04月05日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第7話「ニキニキ!拳法修行」

 ゲキレンジャー登場!ハカセと姫のカンフー修業物語になるかと思いきや、まんべんなくキャラにスポットが当たっていて良かった。

 皆さん、本物のジャンですよ。いやあ、驚くほど変わってない!しかもちゃんと、最終回で身に付けた封印ペンダントもつけている。それだけでなく、マスターと呼ばれるのに違和感がない落ち着きも兼ねていて、ちょっとした驚きもあった。
 敵の攻撃に付いていけなかったアイムとハカセ。拳法修業で疲れて居眠りするのを見て「珍しいな、いつも自分を律しているアイムが」と言われて、そう言えばそうなんだなと思った。一件優雅な姫さまだけど、案外自律キャラなんだな。そしてハカセは、マーベラス達が常に日常的に自己鍛練を続けているのに気付く。「何もしなかったら置いて行かれるだけ。でも今から始めたら変われるかもしれない!」
 「修業なんてどこでも出来る」「高みを目指し学び変わろうとする気持ち」…というのは、やはりゲキレンジャーのハートの部分だったなと思う。ジャンからこの台詞を引き出す良い流れ。ちょっと駆け足だったけど、良いエピだったな。しっかりマスター・シャーフーも出てきた!「大丈夫さ。あいつらもスーパー戦隊なんだから」「あいつらは自分で変われるよ。俺達の魂はちゃーんと受け継がれている」ジャンの海賊達を見る温かい目も非常に良かった。

 今回の行動隊長はカンフーの使い手!…のはずなんだが、もうちょっと強くても良かったんじゃないの?あの磁石拳ってのも悪くないけど、もっと圧倒的に拳法が強いほうが、物語敵には盛り上がった気がするよ。余り強すぎても逆転するときに説得力なくなるからかな。
 虎の子探しの楽しいやり取りを、いきなりぶっ壊すザンギャック。ザコさんとの戦いは流れのいいアクション。磁石で武器をとられ、肩からぴよーんと伸びてくる拳に苦戦するグリーンとピンク。残る三人でガオレンジャーで応戦。まー強いっすね。
 二度目の対戦では、磁石拳でも武器を手放さずそのまま攻撃に。こういう「同じ手は食わない」のはかっこいい。赤青貴でサンバルカン!これだけでも結構敵を追いつめてますな(笑)そこからハカセと姫も参加して、五人揃ってのゲキレンジャーに。流れる拳法系のアクションから、チョッパーとバイオレットで追い込み、そのまま一気にトドメ。ちょっと個人的には敵が弱すぎる印象すらあったかなあ。
 巨大戦、大砲をはじき飛ばして迫ってくる敵。ここが一番拳法の使い手っぽくて強かった(笑)そして光るゲキレンキー。今回はゲキビーストの皆さんが飛び出してきました。全ての戦隊メカが合体するのかと思っていたら、こういうパターンもあるんだな。

 序盤のやりとりを繰り返し、それらをさらりとかわすハカセ。きっちりとオチをつけて成長も見せる。見終わったあと、非常に爽やかな気分になったよ。
 敵の幹部の皆さんはそれぞれ曲者だけど、あの女幹部は色仕掛けするんかね?ちょっとそんな感じだったけど。







ゴーカイジャーDXなりきりセット


希望小売価格 8,190円 (税込) のところ
特別価格 7,800円 (税込) 送料別

息子の友達が持っきてくれて、遊んでみたけど楽しかった(笑)

 

2011年03月31日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話「一番大事なもの」

 ルカのキャラ紹介エピ。その殺伐とした人生観と、それなりに人情味溢れる着地点をコミカルに。てか、コミカルでないとなかなかキツい内容だろこれ(笑)
 ちょっと用事があって録画を見るのが今日になってしまいました。すみません。

 「世の中お金で回ってるのよ!」およそ戦隊ヒーローとは思えない衝撃的な台詞(笑)このルカというキャラのダークヒーローっぷり。海賊ってモチーフでは一番相応しいんだろうな。
 冒頭、ブラックカードの女の金遣いの荒さもアレだけど、ルカが高価な宝石をさらっと買おうとするのにも引いた(^^;;; その後も描写は徹底していて、戦う代わりにお金を要求するし、「お金がなくても幸せってただのきれい事」とバッサリ言いきったりと、かなりすごい。態度が悪いけど愛情を求める女の子の、そんな事情を知った上で、彼女の似顔絵を貼り付けてダーツするとか(笑)で、ルカのお金がなくて辛く苦労していた過去がちょっとだけ描かれ、夢があるからお金にこだわっているという言葉。この辺で、ただのがめつい現実主義者ではないって引っ掛かりを作ってる訳だ。
 夢があってお金が大事なのに宝石買っちゃうのって、矛盾してね?と一瞬思ったけど、貴金属の方がキャッシュよりも小さくまとまっていいのかな。なんにしても「子供番組のヒーローとしてはどうよ?」というPTA的なご意見もあるだろうけど、今後のキャラの成長を見守っていきたいところだね。あ、メイドのコスプレはかわいかったですな。

 敵は変幻自在の変な奴。動きは江頭2:50だった(笑)生身ルカの、成金親父に交渉しつつのちょっとナメたアクションが面白い。いきなりゴーカイチェンジに唖然とする親娘、そりゃそうだ。バルパンサーの華麗なアクション!にしても「にゃー!」って(笑)それからボウケンイエローのバケットで吹っ飛ばす。飛ばされ方がギャグだ。
 そして再度襲われる邸宅。燃え盛る屋敷の中を、ゴーゴーファイブのレスキューモードで消火するイエロー。一方残る四人はジャッカー電撃隊に。あのジャンプ、なんか懐かしいなー 記憶の片隅にあるぞ。ご丁寧にアクションしつつの名乗りまでした!その後上ローも合流して華麗なムチ+剣さばきで乱れ斬りして、一気にトドメ。攻撃の一つ一つにいちいちツッコミ入れる敵さんは、お笑い芸人モチーフだからだろうけど、江頭はツッコミ系芸人じゃないからちょっと違和感あるかな(^^;;;
 そして巨大戦はゴーカイオーの剣技からデカゴーカイオーの必殺技にて撃破。勝ちボーズの時にウィンウィン言ってるサイレンの音がデカだよな〜

 お父さんが大好きだった時の、軍手で作られたぬいぐるみを助け出し、その中に1千万の小切手を忍ばせていたルカ。この辺の甘さから差のさじ加減が彼女らしい。
 ちょっとびっくりしちゃったけど、今後が楽しみなキャラかなと思った。








海賊戦隊ゴーカイジャー キャラバンク ゴーカイガレオン【4月予約】


メーカー希望小売価格 オープン価格
価格 1,200円 (税込) 送料別

ゴーカイジャーとおかねをためよう!


2011年03月21日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第5話「ジャッジメント・パイレーツ」

 デカレンジャー登場編!宇宙警察に海賊行為の容疑をかけられた五人。容疑者と警察が巨悪に立ち向かいつつ、その魂を信じ合う。そしてデカレンジャーの真の力が…

 皆さん、本物のドギー・クルーガーですよ。いやあ、相変わらずかっこいいよ犬署長。今回メインゲストとしてのドギーと、出番が少ないながらもジャスミンとバンが登場。ジャスミンの変わらなさっぷりに「おおー」となったぞ。バンは髪形のせいもあって、落ち着いた感じだったね。
 手錠をはめられたマーベラスとドギーの互いを助け、信じ合う過程は、短い時間に上手く流れを作ったんじゃないかなーと思う。ドギーが果たして容疑者の手錠を外すのか?という点については、どうなのかなーと思う点もあるけれど、気にしない。「海賊を信じるんじゃない、お前の誇りを信じるんだ」ってのは、やっぱり展開としてちょっとうれしいからね。
 「誇りを守る為なら徹底的に戦う。海賊と呼ばれようが全宇宙を敵に回そうが」マーベラスの語る【誇り】とはなんなのか。彼の信条とはなんなのか。むしろそっちが気になる。まだこの「ゴーカイジャー」の物語の中では、明確に描かれてはいない。いわゆる明確な正義ではないようだ。 私はこの「ゴーカイジャー」は、レジェンド戦隊の持っていたそれぞれの真の力を会得していく過程を通して、35番目のヒーロースピリッツを獲得する物語かな〜などと思っている。だから正義を動機にしなくても良い。それはそれでいいんだけど、例えば「誰からの支配も受けない事」とかなんとか、一つそういうのが明確なほうがキャラを理解しやすいかなーとは思う。そう言うの今度描いて欲しい。
 でもってデカレンジャーの大いなる力が使えるようになったみたいです。うーん、一番大切なここがな〜 デカレンジャーの力って、ドギーがちらっと言ってた「チームワーク」なんだろうか… うーーんんんんん… どちらかって言うとドラマでは、マーベラスの個人技というか魅力は描けていたんだけど、チームワークってラストのアクションだけだからなあ。もうちょっと物語と絡めて欲しいかなーっちゅーのは贅沢ですかね?

 「探し物なら警察に行けばいいぞよ!」とのオウム予言に、いきなり地元の警察署でジャスミンに逮捕されてしまうマーベラス。そこから逃げるのは納得なんだけど、日本の普通の警察官と戦っちゃうマーベラスの姿はちょっとショック(^^;;; 警察の方がお気の毒だ。てか、公務執行妨害だよあれじゃー
 一連のマーベラスの手錠をはめたままで激しいアクションは素晴らしかったね。あの長い上着を翻してかますハイキック、美しい!ドギーとの一騎打ちも緊迫感に溢れていて素晴らしい。手錠を斬らせようとしたのを、一瞬で判断して振り下ろした刀を止めるドギーの達人ぶりもいいね。ザンギャックの地底ミサイル発射を知った二人のザコさん相手のアクションもよかった。
 警察官としての職務に忠実に、容疑者マーベラスを守って傷を負ったドギー。マーベラスの助け方が、工場のチェーンを利用していたのはゴーカイジャーっぽい演出。
 一方メンバーはザコの皆さんと対戦。剣と銃の裁き方がいいね。ゴーカイチェンジはゴーオンジャー。ぎゅんぎゅんいうSEがなつかしい。そしてダイレンジャーに。拳法はそれぞれアクションに特徴があるから見ていてすごく面白いよなー
 手錠を外してもらったマーベラス。ミサイル発射まで残り一分!という危機的状況に、全く動じる事なく戦いを挑むのは、非常に魅力的でかっこいい。またその自信を裏付けて余りある早くて華麗で豪快な一連のアクションの流れはすごかった!相手に肩車して、ぐるっと掃射するシーンとかいいね♪一気にミサイル発射を阻止、お見事。
 仲間も合流して、名乗りからの五人揃ってゴーカイチェンジはデカレンジャーに。おお、このイントロ!主題歌のテーマ曲が燃えだ!!基本銃撃なんだけど、流れとワイヤーの使い方がいいな。銃撃戦の炎のエフェクトも派手。
 そして巨大戦へ。デカレンの大いなる力が開放され、デカゴーカイオーに!胸からパトストライカーが出てきたよ!満月をバックにした銃撃戦。二梃拳銃でのロボの銃撃戦とか画期的だな。途中からはかなりCGを大胆に使っての戦い。デカゴーカイオーが高く飛び上がったところを、敵がビルを蹴って吹っ飛ばし投げる!それを銃撃で破壊して、カットの切り替えをわざと見せずにその割れ目から、月を背負って二梃拳銃打ちまくりながら出てくる演出。かっちょえ〜画です。そしてガトリング一斉射撃が必殺技。

 特命調査の結果、海賊行為はザンギャックのねつ造と判明。やはり「海賊」は汚名なんだよってのが、物語として証明されたのはナイス。でもなによりも、最後の最後でバンが出てきてくれたのがね〜 やっぱ嬉しいね。
 それにしても、全員揃ってからのアクションは背景の満月がすごくきれいだった。どうもアクションの段階で昼から夕方の光の描写をハッキリ描いてるなーなんて思っていたら、これがやりたかったのか。うーん、ミッドナイト・デカレンジャー!(笑)








ゴーカイマシンシリーズ02 パトストライカー


メーカー希望価格 3,150円 (税込)
T&T販売価格 2,095円 (税込 2,200 円) 送料別

ほんとに全シリーズ出るのか?戦隊ファンには夢のような企画だ。

 

2011年03月08日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第4話 「何のための仲間」

 サブタイトルそのまま、「仲間とは?」を描いたエピ。キャラとしてはストイックな剣士・ジョーにスポットを当てた。

 強敵を前に一人で厳しい修業に挑むジョー。皆で戦えばいいのに、何故一人なのか?仲間とはなんなのか?が、すんなりと描けていたなと思う。「一緒に何かするだけが仲間じゃねえだろ」「一人で戦うにはワケがある」「仲間だから信じたい」この辺に尽きるな。でも『一人で戦うワケ』にはちゃんと言及せず、そういう行動を取るジョーを信じることで仲間の絆の形を見せた。また、ジョーが剣にこだわる理由は「剣を教えてくれた人との辛い記憶」があるらしい。その内、彼の過去を掘り下げる時にその辺を語るんだろうね。
 もちろん今回のお話はジョーがメインな訳だけど、なんだかんだでピンク姫(まだ名前が覚えられない。今日くらい連呼してくれると覚えられるのだが)が、上手く物語の中で立ち回る事で他のキャラを浮き彫りにさせている。この「ゴーカイジャー」の物語を進行させるのに、彼女は一役買ってるよな。黄姐(彼女もまだ覚えてない)は割とメンバーとの付き合いが長いようでキャラ解説役、ピンク姫は新入りなのかな。
 そしてジョーさん、ケーキ焼くのね(笑)「昔からジョーはそうなのよねえ〜♪」なんて黄姐は言っていたけど、それって一人で何かと本気で戦った時なのか、何か修業して会得した時なのか、仲間にお礼をしたい時なのか、その辺がちょっと分かんなかった。でも彼のようなキャラに可愛げ属性は非常に重要なので、今後も可愛いケーキを焼いて頂きたい。「オーズ」の鴻上と、好感度段違い(笑)

 今回の行動隊長は、剣でウサギリンゴを作る剣豪。リンゴを召し上がる陛下のカット強烈。ブルーとの戦いでは「太刀筋がなってない」とか、色々指導してたけど、なんだかんだで小物だったなー(^^;;; 円形に並んだ剣が、こちらに向かって飛んでくる必殺技が華麗で恐い。
 「買い出しの邪魔してんのはてめえか!」で変身。こういう台詞がちょっと面白い。でもって今のところ、毎回名乗りがあるね。名乗りもポーズもワンアクションだから、スピーディーだ。
 修業の末についに敵の剣を見切るジョー。一人戦いに赴く彼に、黙って剣を指し出すアイム。「いいのか?」「分かりません、でも仲間ですから」この辺のやり取りは良いね。そして敵に対峙しつつ、双剣を宙に投げ変身!そのままキャッチして戦いに。必殺剣を見事に二刀流で裁いていたのを、強ザコ三人に手足を封じられフルボッコ。卑怯だ!
 ここで「結局仲間だから気になる」と、海賊達が駆けつけてくれるのがいいよね。ゴーカイチェンジはゲキレンジャー。妙に陽気なバイオレット(笑)中身別人格だから面白いよなー あとチョッパーが超可愛い。そしてデカレンで一斉射撃で強ザコ一掃。
 ここでブルーが必殺剣を返して終わるかと思いきや、身体から触手のような剣がガシガシ出てきてすごいことに。「足りねえだけだ」と仲また地全員が剣を私、片手に二本片手に五本の五刀流!剣を渡す時の台詞がいちいちキザなのも楽しい。旋回しながら一気に触手を斬ったのもすごかったが、その後のファイナルウェイブが、一人で五本の剣にブルーのキーを差してのぶった斬り。五人のブルーの剣が炸裂!これすごくよかったなあ。
 そして巨大戦はゴーカイオーにマジレン装備でマジゴーカイオー。華麗な空中戦で一気に戦闘機状態の強ザコを撃破して、マジレン魔方陣でトドメ。短いけど見どころがあるね。マジドラゴンかっちょええからな。

 上の文章書くのに、公式サイト行ってピンク姫の名前調べた(笑)女の子二人はルカとアイムっていうのか。覚えなくちゃなー









【送料無料】海賊戦隊ゴーカイジャー 主題歌(限定盤)/松原剛志(Project.R)


Joshin価格 1,575円 (税込) 送料込

爽やかな曲調で個人的にかなりお気に入りです。


 

2011年02月28日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第3話 「勇気を魔法に変えて〜マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ〜」

 お宝とは何か、そして黒衣の青年は何者なのか。そしてレジェンド戦隊の真の力とは… ちょっと面白キャラのハカセのキャラ紹介と共に、今後の物語の大きな流れを示すエピだったのではないだろうか。

 皆さん、本物の小津魁ですよ。「魔法を忘れた魔法使い」ってことは、力を失っていると言う事か?そして彼曰く「スーパー戦隊の力の半分も使えてないから、宝を使いこなせない」と… 確かに一つ一つのスーパー戦隊の姿と技は、戦隊キーでコピー出来る。しかし彼等の精神を知る事で、真の力を得る事が出来る。なるほど〜
 変身を禁じてマーベラスとハカセに試練を与える魁。勇気を試す、ということだったみたいね。ちょっとテスト自体は表面的ではあるけど、「勇気を持てない」ハカセをエピの中心に持ってきた事で感動的に盛り上げた。ハカセとマーベラスの対照的な対応も、それぞれのキャラを立てたね。
 宝物ではなく、仲間の危機に勇気を出したハカセ。それに答えるように反応するマージフォンとレンジャーキー。魔法、それは勇気の証!それこそがマジレンジャーの力だった。そして34のスーパー戦隊の大いなる力を全て引き出すと、大いなる宝が手に入るのだ。うーん、オラなんかわくわくしてきたぞ!

 世界の火山を噴火させる作戦遂行中だったらしいザンギャックは、偶然海賊達に邪魔されて、急遽予定変更。敵の司令官の小物っぷりが相変わらず味わい深いね。片手に剣、片手に銃のゴーカイアクションは相変わらず華麗。ワイヤーの使い方も上手いなあ。あと、一瞬のさりげないカットだけど、レッドのくるっと回った蹴りみたいなの超かっこよかった。今回の行動隊長さんは地殻変動を起こすスゲー力持ってます。グラグラの実の能力者じゃないよ!
 「マジかよ?」「マジだよ」で赤緑が黒いローブの青年を追いかけている間に、青黄桃は戦闘中。レンジャーキーは、アバレ・カクレ・ゴーオン黒のコンボとジャッカー・ガオ・ジェットの白コンボ。なんかこういう色チョイスの組み合わせは戦隊ならではだな。ちゃんと武器や技も使ってますよ。
 マジレッド・小津魁からの試練を乗り越え、地球の宝についてのヒントみたいなの?を聞いたハカセ。四度目の襲撃に全員揃っての名乗り。強いザコさんも一緒で戦う分には互角だったけど、地殻変動爆発はさすがに強力。というわけでマジレンジャーにゴーカイチェンジ!…って、なにげにマジレンの主題歌のメロディかかってるのに感激。でもってマージフォンに魔法が届く!あー、これやってたよ毎週…!新魔法「マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ」で拘束して魔法メドレーで攻撃、元に戻って必殺技と、流れるような速い展開で撃破。
 巨大戦はゴーカイオーvs強ザコ三体と行動隊長。ザコ敵、戦闘機に変形したよ〜 そしたらマジの鍵が光ってロボがきらきらーん!レンジャーキーを舵にセットしたらマジゴーカイオーに。胸からドラゴンが生えた!でもってマジドラゴン出てきた!びっくりだよ。もしかしてこれ、34の戦隊すべてのメカでやるの?もしもそうなら玩具のコレクション大変だな… そしてマジドラゴンが魔方陣で封印してぎゅーっとやって撃破。マジレンっぽくていいね。

 最後まで「僕がマジレッドでした」とは一言も言わず、手伝ってくれた天空聖者フレイジェルに「ありがとう」とお礼を言っていた魁。ちょっと子供たちにはワケわかんなかったかもな。その辺が今後の課題か。いや、見ていた側には超楽しいけど。
 いやあ、実を言うと私、かなり好きだったんだよねマジレンジャー。だから今回のエピすごく嬉しかった。私は初代のゴレンジャー以外では、ここ十年くらいの戦隊しか知らないんだけど、これからもこのくらいのクオリティでエピを紡げれば、戦隊ファンも満足だろうな。「仮面ライダーディケイド」では、かなりその辺の出来不出来が激しかったので、頑張って欲しい是非とも!
 ところで敵の幹部に進藤学氏がVCで参加しているのを、mixiのマイミクさんの日記で気付いたよ。まさか「超星艦隊セイザーX」のアドとケインが戦隊とライダーで共演とは…







ゴーカイマシンシリーズ01 マジドラゴン


当店通常価格 2,625円 (税込)
価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別

これ全シリーズそろえたらどうなるんだろう…