2011年08月02日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第23話「人の命は地球の未来」

 救急戦隊の大いなる力!そしてオリジナルからから巽家末っ子マツリさん登場。女の子ペアの活躍と共に、ルカの悲しい過去も描かれた。

 前にもこのブログで何度か書いたと思うんだけど、ルカってこの海賊達の中ではダークヒーローなんだよね。結構悪いコトしてる(笑)でもそんな彼女の姉御肌的な面に、実は過去に妹を助けられなかった後悔があった… キャラの幅を広げる過去エピだね。
 うーん、でもちょっと今回のエピには、私は少々不満があるのだ。いや、全体的に悪くないし、今回のお話でルカはさらに掘り下げられたなと思うし、女の子達みんな可愛かったし、もちろん許容範囲なんだけど、ゴーカイジャーって各エピの出来のアベレージが高めだから、ちょっと気になっちゃって。
 まず折角の「ゴーゴーファイブの大いなる力」エピなのに、いまひとつ物語から熱が伝わってこなかった。サブタイトルにもあるように、「人の命は地球の未来」という言葉を、救急救命士のマツリさんに言わせたのはいい。でもなんか、物語の流れが強引なんだよなー
 こんな熱いすばらしい台詞なのに、その前後でグダグダ話しているから、勢いがそがれて感動出来ないような。そりゃバスコ達も欠伸するよ。それにマツリさん自身があまり物語の中で強い印象がないような。彼女の台詞が、物語の中で十分に生きていないから、結局「ゴーゴーファイブの大いなる力って、なんだったの?」になっちゃうんだよね。ちょっと残念だ。
 あとついでに言うと、ルカがアイムを妹扱い…というのも、今回私は初めて知ったぜ!(笑)一話から欠かさず見ているんだがなー ちょっととってつけたように感じてしまって。だからアイムがルカに「いつまでも守ってもらうだけの妹分でいたくない」という強い思いが伝わってこない。これは今も尚、過去の後悔故に責任を負いすぎているルカの為の言葉なんだけど、やっぱあまり強く感じられないんだよなー ただまあ、これに関しては、二人の仲良しツーショットがかわいらしかったからいいっかなー(^^;;;

 ザンギャックのザコさんに襲われるタクシー。ルカとアイムが変身して戦う。ファイブマンとマジレンでしたな。アイムを庇ってルカが怪我をしたようだったから、これが今後の展開に生きるのかと思ったらそうでもなかった(笑)男どもは人助けとオカマちゃんにメイクされちゃって遅刻ってのはちょっと面白い。ジョーさんとハカセの顔www
 出ましたバスコ!目のメイクがすこし柔らかくなったかな。こいつがゴーピンクを狙っていたから襲われました、というのは辻褄が合っていていいね。そしてマジピンクの変身能力をフルに使ってのバスコ騙しもナイス。で、驚いたのがラッパで出てきたのが、ズバーンとリオ様メレ様ってとこだね。こーゆーのも出すのか…みたいな。さすがにお三人ともお強い。
 ヤラレて吹っ飛ぶガールズを、お姫さま抱っこで助けるマーベラス達!ああ、こういうの憧れますねえ… そして6人そろって変身!主題歌メロディと共にゴーカイチェンジでゴーゴーファイブに。リオメレの出した炎を突き破って、突進からの連続攻撃からブラザーシップスマッシュでダメージを与える。シルバーはチェンジなしの代わりにゴールドモードに。それぞれが必殺技を放って使役戦隊を撃破と。
 バスコが出したメランちゃん(笑)相手の巨大戦はゴーカイオーと豪獣神で対抗。結構強力な下記攻撃に、「火ならこっちも負けないぜ!」とマジドラゴンで火を吹いたら、相手が火を吸収して元気になっちゃうってのは面白い。そしてゴーゴーファイブの力、光臨。いきなり消防車の昇華ホースが!ビクトリースプラッシュで放水からの、ゴーカイプロミネンスでと豪獣トリプルドリルでトドメと。

 そしてめでたしめでたし。ラストもガールズエピらしく、かわいく終わったね。








【予約】PROJECT BM! 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイレッド
(メディコム・トイ/PBM/2012年1月予定)


小売価格 19,950円 (税込)
当店価格 13,860円 (税込) 送料別

派手にキメてるなー

 

2011年07月27日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第22話 「星降る約束」

 ビバ夏休み!の少年とヒーローエピ。クールなジョーさんとちょっと生意気で気の強そうな少年とのはーとウォーミングなお話。


 遅くなりました。夏休み中と言うのは色々予定が立て込んで思う通りに行かなくて… ちょっと忙しいので今回は箇条書きで失礼します。遅くなってしまったので、こちらからのトラックバックも遠慮しますね。すみません!


 ・戦隊モノらしい、かわいらしいお話。

 ・ジョーさんは夢を追いかける奴に弱いらしい(笑)

 ・ガイの作った戦隊大百科、もちろんムック本で出るんだよね?

 ・歴代戦隊を好きだからこそ、ゴーカイジャーにももっと地球を理解して愛して欲しいと願うガイの行動は、少々おせっかいながら可愛げもある。

 ・少年よ、とりあえず助けてもらったならお礼を言いなさい。

 ・恐竜戦隊と爆竜戦隊の違いと言われてもそりゃ困る(笑)

 ・自転車少年の約束を守ろうとする思いを、受け止めてやるジョーさん。危ないならば守ってやればいい。かっこいいね。

 ・神蔵山にてザンギャックと戦う海賊達。生身で戦うのだけど、なかなか素晴らしいアクション。特にガイの子は本当にアクションが素晴らしくて、あの長いの振り回してキレのいい殺陣をこなす。すげーな。

 ・本当に下らない事で申し訳ないのだが、生身で戦っている時のジョーさんの長い髪の毛はなかなか素敵。あれってウイッグなんかな?

 ・ザンギャックの追いかけていた謎の石は大きい小惑星を呼ぶ力があったのだ!

 ・「買い出しの邪魔しやがって」「(大きい小惑星と聞いて)大きいのか小さいのか」にはちょっと笑った。細かい台詞の面白さが生きている。それを生かすだけのキャラを持ってるし。

 ・ゴーカイチェンジでオーレンジャー!行動隊長撃破するも一気に巨大化。

 ・その際のザンギャック側のドタバタはツッコミどころですかね。

 ・巨大戦。戦うゴーカイオーの背後から現れる豪獣ドリルと、さりげなく走ってくるガオライオン。あれは少年目線のカットかな。次のシーンではすでにシンケンゴーカイオーになっている。劇的でスピーディーな描写で、今日のエピ一番のお気に入り。

 ・折角やっつけたのに小惑星は落下してきちゃう!俺を投げて下さい!!で豪獣レックスを投げ飛ばし、途中でロボに変形、そのままドリルで必殺技で破壊。おお、まるでラガンインパクト@グレンラガン。

 ・再会する親友同士。ザンギャックがいて危険だったのは親友くんも変わらない訳で、良く無事で来られたものだと突っ込むのは野暮です(笑)

 ・派手に小惑星をぶっ壊したから、素晴らしい流星群が見られましたというオチも洒落ている。

 ・ヒーローは夢も守るんだね。めでたし。









【特価】レンジャーキーシリーズ ゴーカイスピア


通常価格 4,830円 (税込) のところ
ビッグビィ特価 2,898円 (税込) 送料別

何故キーはドラゴンレンジャーなんだろう?

 

2011年07月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第21話「冒険者の心」

 ブレシャス回収の為に手を組んだ宇宙海賊と冒険者。トラップを抜けた先に待っていたのは懐かしの悪役リュウオーンだった。これはちょっとした冒険だな!

 明石チーフ登場!ちょっと髪形が変わったくらいで、見た目も雰囲気もあの頃のまま。「ちょっとした冒険だな」って言い回しも変わらなくて嬉しい。真面目にブレシャス回収の依頼をしながら、鎧の「サイン下さい!」に表情一つ変えずに応じてやるシーン、らしくてワロタよ。
 結果ではない。「冒険をする」喜び。立ちはだかった困難に奮い立つ心。うん、ボウケンジャーという作品を俯瞰している分、端的に「冒険者ってなんぞや?」の部分を表現したエピになっていた。その上で、主役は【海賊】だから、欲しい者はこの手で掴むぞ、と。短い時間にきゅっと詰め込んで、なかなか良エピだったのではないでしょうか。
 危険なプレシャス「黄泉の心臓」で蘇ったリュウオーン様。なつかしいなあ、ジャリュウ一族だよ〜(笑)今見返すとなかなかかっこいいデザインの悪役であった。歴代の戦隊メンバーの顔見せも嬉しいけど、悪役が出てくるとまたワクワクするなあ。
 ボウケンジャーって30作記念戦隊で、アカレッドが出てきたのはボウケンジャーの時のVシネだよね。だから途中マーベラスが明石とのやりとりにアカレッドを重ねたり、ラストシーンで明石がアカレッドの名前を呟いたりするのも納得。むしろチーフとアカレッドには深い繋がりがあるって伏線か…

 ブレシャスをめぐって、海賊とインサーン達が鉢合わせ!ああこのパターン、まんまボウケンジャーだよなあ、なんて懐かしく思った。明石・マーベラス・ルカの三人が先に進んで、残る四人が戦闘開始。忍者!ってことでシュリケンジャーにチェンジした鎧以外はカクレンジャーに(笑)アクションと連動して出てくるロゴはもちろん、その辺のやり取りも面白かった。
 リュウオーン復活!あの洞窟の入り口でヤラレちゃってたザコさんたちは、トラップに引っかかったのかジャリュウの皆さんにヤラレたのか?それはともかくマーベラス達が攻撃を何とかしのいで仲間の元に駆けつけると、海賊もザンギャックも関係なくなぎ払う大暴れ(笑)いやあ、お強い!
 「目の前に困難が立ちはだかった時ほど、心は奮い立つらしいぜ!」明石の言葉を口にするマーベラス。男が男を認めたような感じで良いね。そしてゴーカイジャーに。シルバーが前に出てがーーーっとやって、その間に準備して残り全員の必殺技を放つも倒れない。ここでボウケンジャーにチェンジ!出ました主題歌メロディ。毎度の事だけどイントロにゾクッとするね。それぞれがアイテムつけて戦うんだけど、レッドがリュウオーンと一騎打ちした時、あの特徴的な長モノの特徴を利用したアクションで良かった。最後に先端のアームでリュウオーンの手をガッと掴んで拘束し、胸の「黄泉の心臓」を素手で「掴み取る」。正に海賊だぜって展開で面白い。
 それでも倒れないリュウオーンに、銀の金モードでとどめを刺したらお約束の巨大化。豪獣ドリル→レックスと、デカゴーカイオーで応戦。デカの銃撃、レックスの接近戦、マジドラゴンでトドメと流れる攻撃を仕掛けたのに、ココでも弾き返すリュウオーン様。「ボウケンジャーの大いなる力を使う!」「いけるかな?」「ちょっとした冒険ってやつだ」てなわけで、大いなる力はダイボウケンがそのまんま出てきたよ!実体化するのは轟轟剣だけなんだね。ボウケンジャーのマークの方位磁針?の部分がクルクル回る「ゴーカイアドベンチャードライブ」が必殺技と。

 冒険者と海賊はなかなか相性が良かった感じがする。宝探しっていう意味では似たようなもんだからかな。特にプレシャス回収に参加したのがマーベラスとルカってのが、あのメンバーの中で適任って感じだったね。
 それにしてもナビィはかわいい。ゴーカイジャー見るたびに息子と「かわいい、飼いたい!」と話題になっちゃうわ。








轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!


定価 2,940円 (税込)
販売価格 2,240円 (税込 2,352 円) 送料別

あれから5年なんだなあ。


 

2011年07月13日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第20話「迷いの森」

 ギンガマンの大いなる力!エピ。久々にバスコも登場。なかなかの燃えエピに仕上がっており、見終わった後爽やかな気持ちになった。

 「閉ざされた森の戦士に会うべし」ってなご神託に、ギンガマンの事だとピンとくる鎧。ヲタだからこういう連想は得意なのね(笑)そしてそこで出会ったのは黒騎士・ヒュウガと彼を追うバスコ。冷静に考えればなかなかの急展開なんだけど、スピーディーにぽんぽんエピが進むから、余り不自然に感じないのはいいね。
 憧れのヒーローであるヒュウガに「自分がゴーカイシルバーになる」といわれて迷う鎧。あの状況で彼が迷うのは当然だし、どういう結論を導き出すのかが肝だったけど、非常に良かったなあと思う。『どうしたら賢いなんて考えてたら海賊なんかにならねえよ、夢を掴む事を誰が諦めるか!』という言葉を、マーベラスが言い切るのを聞いて、改めて自分の夢は人には譲れない事に気付かされる鎧。そしてその夢とはヒーローとなって戦う事だった。「その言葉が聞きたかった。自分がやると言わない奴にこの星は任せられないからな」ああ、いいねえ。
 ヒュウガだけかと思ったら、しっかりリョウマも出てきてファンは嬉しいだろうな。自分の身を省みず仲間を助けに行くジョー達に、なにかを感じて笑顔を見せるリョウマ。ドーナツよかったね!水浸しだけど(^^;;;…と思ったら、箱は濡れてなかった気がするから、なんとかしたのか?ハカセならやってのけるかもな。調べて見たらリョウマの役者さんはすでに引退宣言しているみたいで、特別出演だったんだね。サプライズだなー
 ヒュウガが認めた者にギンガマンの力を授ける。かつてヒュウガにそうしたように、今回はガイに…ってことになるんでしょうか。ちゃんとギンガマンを見ていた人達なら、もしかしたらもっと別のポイントを見つけたかもしれませんね。でも未見でも十分にその熱さは伝わってきたなと思うな。

 いきなりでてきたバスコ&サリー。今回の使役レンジャーは、デカマスターと魔法父母!うわあ、毎度毎度強烈だなあ。当然彼等は強いので苦戦するゴーカイジャー達。ドーナツの箱を守って戦うグリーンさん素敵。頭に乗せてたぞ!(笑)あとサルが相変わらず強い…微動だにしないバスコの憎たらしさよ(笑)
 ゴーカイシルバーの変身能力をヒュウガに渡すか否かで悩み、もうちょっとで渡しそうになるところを襲ってくるバスコ。ラッパの変な曲を吹くと、強制的に力をゲット出来るんだって。すげーテクノロジーだ!!そこに助けにきたマーベラス。使役される黒騎士に苦戦したけど、鎧の決意と参戦、同時に駆けつけた仲間達と、揃ったところで共にゴーカイチェンジ!
 今回は当然のようにギンガマンに。メイン戦隊の主題歌のメロディBGMに戦うという、このお約束は嬉しい限りだ。そしてゴーカイシルバーはゴールドモードになって黒騎士を撃破。魔法父母と犬のおまわりさんは五人のファイナルウェーイブ!で。畳みかけるアクションで一気にトドメ。そっちはサルにキーをとられちゃって、結局黒騎士キーだけゲットできましたと。巨大戦はロボに第そろい踏みで、ゴーカイオーはシンケンでトドメしてましたな。

 今回は力は受け取ったけど、それを実際に使うのはこの次ってことになりました。ヒュウガとリョウマが並び立って話をするシーン、すごく良い雰囲気だった!ドーナツ持って手を振っているのもかわいかったなあ。
 バスコは悪人っぷりがますます板についてきたような。目のメイク変えた?





海賊戦隊ゴーカイジャー
レンジャーキーシリーズ5点セット


メーカー希望小売価格 15,855円 (税込)
トイカル価格 12,684円 (税込) 送料別

この銃と剣、なんとも海賊っぽいよね。

 

2011年07月05日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第19話「15戦士の鎧」

 登場して三話目にして、ゴーカイシルバーのパワーアップエピ!そして海賊達のみそっかすハカセことドンさんとのやり取りを通して、仲間としての信頼関係のステップを踏む。

 鎧ってちょっとすげーよな。料理は美味いし、そこそこ強い(ジョーとの生身での手合わせシーンはよかったね)し。そりゃドンさんいじけるよ。彼の反応は当然だし、共感する人は多いだろうなーと。個人的に私はハカセの扱いが普段からワルスギル!あーいや、悪すぎると思っているので、ついつい応援しちゃうんだよね。失敗続きの自分に比べて優秀な新人に自己嫌悪。あーあるある。
 ここでそのモヤモヤをどう解決するのかなあと思っていたら、「自己嫌悪の比較対象の当人が、実は自分の影の努力を一番認めてくれていたんだ」と知る事で、自分に自信を取り戻す…というストーリー展開。うん、まあまあかな〜 きっかけはそれとしても、その後もうちょっとハカセ自身がハードルを越える感じにするともっと良いんだけど。自分に不足していたなにかに気がつくとかね。このままだと、ちょっとハカセがお調子者って印象なんだよな。
 でもって鎧は不思議な力を持ってる様子。レンジャーキーをイメージで合体させる事が出来るんだって。えええ、それってすごすぎねえ?彼が地球生まれであること、戦隊ヲタ(笑)だからレジェンド戦士達を明確にイメージ出来る事などが関わってくるんだろうか。それとも他に秘密があるとか、何か伏線があるとか?そもそも彼があの世の皆さん(笑)から、海賊達と全く同じシステムのキーを受け取れた事も謎だ。この辺は「まあいいじゃん!」て済ますのかと思っていたけど、序盤の会話は伏線扱いにするみたいな雰囲気だったな…

 ハカセと鎧のお買い物中、人を骨抜きにしちゃう変な奴登場!あんな一本釣りで世界中の人々を骨抜きに…って、どんだけ手間かかるんだ(笑)それはともかく、とにかく変身。バサバサと大胆なシルバーと、ずっこけてからのグリーンのコミカルダメダメアクションの対比がいいし面白い。落ちたグリーンを庇って戦う長モノアクション、いいねえ。
 ゴーオンゴールドとシルバーに悩んで、妙なトリップをするゴーカイシルバー。そのイメージの中で出てきたシルバーとゴールドの仕草が彼等っぽくて笑った。そしたら変なキーが出来上がって、ゴーオンウィングスのミックス型誕生。二人で一つのゴーオンウィングス!のポーズもハーフです。ジェットタガーも二刀流で飛びます飛びます(笑)そして隙をつかれてふにゃふにゃになった四人が妙に可愛い。
 シルバーと行動隊長の再戦に参加するハカセ。走りながらの変身からの、倒れたシルバーの上を回転しながら攻撃するカットかっこいいね。イメージの中で皆さんを説得している鎧の側で、一人で戦うグリーン。バイオマンになったり、フラッシュマンになったりと変化しつつ、どこか面白くて笑えるアクションに仕上げてあってすごい。ワイヤーの使い方もいいなあ。
 なんだかんだで出来上がった15人の戦士のカギ!ゴーカイシルバーゴールドモードに。なんじゃこりゃああああ(笑)屋台のお面やさんみたいだ(^^;;; でも長いの振り回す時のゴールドのエフェクト華麗です。必殺技も、15人が出てきて斬りまくってくれる素敵な演出。
 そして巨大戦に。骨が戻った四人と共に巨大戦。ゴーカイオーと豪獣ドリル→レックスで巨大戦。なんとなく息が合ったグリーンとシルバーのコンビネーションプレイで相手の武器を封じ、豪獣神でトドメ。うーん、改めて見ると豪獣神って結構デカいのなー

 こんなに早くパワーアップアイテムが出来るとは思わなかったよゴーカイシルバー。あのすんごいデザインも、そのうち見慣れることでしょう。
 最近ワルズ・ギル様が可愛く感じられて困る(笑)そしてその隣で、(恐らく)苦虫を噛み潰した顔をしている参謀長達のリアクションもいいね。敵の人間模様がかなり面白い。こちらのドラマもまた動くのかな。






変身携帯 ゴーカイセルラー


標準価格 3,360円 (税込)
販売価格 2,520円 (税込) 送料別

ウィングスは二人でボタンひとつなんだね。

 

2011年06月26日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話「凄い銀色の男」 第18話「恐竜ロボットドリルで大アバレ」

 ゴーカイシルバー登場!新しい仲間は、熱苦しい地球人。登場回はコミカルに、仲間回は燃えエピに。新規戦士の登場で、ますます面白くなってきた。
 先々週から今週にかけて、個人的にすごく忙しかったので、二週間ぶりのSHTブログ更新は2話まとめてになっちゃいました。すみません。

 明るくて軽くて熱苦しくて、スーパーヒーロー大好きな地球人・伊狩鎧。宇宙の彼方からやってきた無法者で更生された海賊戦隊の六人目の戦士は、視聴者である私達に近い、ヒーローヲタ青年でありました。この設定はなかなか絶妙だ。
 レジェンド戦隊の力を操りながら、どこかなじみ深い戦隊ヒーローとは違う立ち位置だったゴーカイジャー。戦隊の力を「使う」側だからこそ、正義とかヒーローとしての姿勢とは無縁の海賊だったのだろうけど、そこを穴埋めするような設定の六人目だなと感じた。キャラの雰囲気も立ち振る舞いも、どこかシンケンゴールドの源ちゃん思い出すね。
 ストレートな熱血漢な上に熱苦しい戦隊ファンだから、如何にもありそうな「あるべき明るいゴーカイジャー」を主張するのも面白い。あの妄想ゴーカイジャー、すげー面白かったんですけど(笑)そんな彼を一度は突き放すマーベラス達。ザンギャックに反旗を翻して戦う事の危険性を思うと、簡単に仲間にする訳にいかない…という理由ももっともなところだ。だからこそ、この会話は燃えだろう!

 「どうする?これを使えばザンギャック…宇宙全体を敵にまわすぞ」
 「違いますよ。マーベラスさん。ザンギャックを倒し、宇宙全体を平和にするんです!」

 いいね、鎧くん。そして大事な事は、善意ある反逆者であったゴーカイジャーに、【世界を平和にするために戦う】というヒーロースピリッツを、地球のヒーロー大好き青年が与えたということだ。彼等ってお宝目当てだったしね。反旗を翻してはいても、明確に自分たちがザンギャックを倒すというビジョンを持っていなかった。本当の意味でのザンギャック帝国との戦いが始まったと言えるんじゃないかな。六人目の登場がこんな意味を持つなんて、いいね!

 突然現れた凄い銀色の男!生身のアクションもなかなかイケてて、役者さん頑張ってるな!って嬉しくなる。名乗りはずいぶん長かったけど、今後は省略されるよね?でもって変身しても強いよ!武器もスピアで、長モノふりまわすアクションかっちょいい。
 女の子を助ける為に事故に遭って、病院で眠る鎧に力を授けたのは、アバレキラーとドラゴンレンジャーとタイムファイヤー… これって、あの世のみなさんですよね。生死の境を彷徨ったってことでしょうか。久々の仲代先生、ときめくぜ!でも三戦隊の力が、ぽん!と与えられた形になっちゃった。ちょっと残念に思っているファンも多い事だろうな。
 ザンギャックに襲われる人々を助けようと生身で戦いを挑む鎧。名乗りポーズのキレのよさ素晴らしい。結構頑張って戦うけど、多勢に無勢でボッコされちゃう。「頑張れば何かに繋がるはずだ。だから諦めない。最後の最後の最後まで!」この台詞、いかにも和製ヒーローだなあと思った。
 そこに助けに現れる海賊達。スローで現れる五人の映像と、それを笑顔で見つめる鎧の顔、すごくいいね。無鉄砲な鎧の戦いを見て、彼を認める海賊達。それぞれの台詞が、とても「らしい」。そして六人揃っての変身!大勢のザコさん相手のアクションへ。テンポの速いアクションの中で、シルバーがそれぞれのメンバーとツーショットで戦う演出は、仲間として承認されていくようで燃えだ。キメていくだけでなく、大丈夫だから!とあしらわれちゃうグリーンとか、邪魔しちゃうブルーとか、違うパターンもあって面白い。
 そしてシンケンジャーに。漢字の付いてるやつ!って言われてオーレンジャーのキングレンジャーになっちゃったり、ギャグもしっかり挟んできた(笑)シンケン全員攻撃で戦いのバリエーションを見せたあと、新色歓迎のオールシルバーとかもやったりして、なんかすごくいい。トドメのファイナルウェ〜ィブ!はシルバーが単独で。派手だったなー
 巨大戦は新たに手に入れた三団変形のシルバーのマシンで。タンクにレックスにロボと、それぞれがどどん!とドリルを武器にした魅力的なメカ。男のロマンですよ。それぞれがタイム、ジュウレン、アバレの力らしい。私、この中ではアバレしか見てないんだけど、ぶっちゃけあまりピンとはこなかった(^^;;; アバレこんなんだっけ?みたいな。まあ片腕ドリルのロボだったか。必殺技は何故か三体並び立ってのトリプルドリル!ロマンも通常の三倍です。

 そんなわけでめでたく六人目参加。ぎょろりとした目とデカい口で、表情も生き生きしている彼は妙に新鮮(笑)皆温かく迎えつつ、五人の中ではみそっかす扱いのドンさんだけが、ちょっとムッとしてるのもお約束か。
 ここからどういうドラマが展開するのか楽しみ。とりあえず参入資格は認められたが、本当の仲間として並び立つのはこれから。期待しちゃうね。









【予約品】  
海賊合体 DX豪獣神 【2011年7月〜8月発売予定】


当店通常価格 7,140円 (税込)
販売価格 4,998円 (税込) 送料別

電池じゃなくてゼンマイってところがエコ。

 

2011年06月07日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第16話 「激突!戦隊VS戦隊」

 前半はバスコの抜け目ない悪役っぷりが光り、後半は素晴らしいアクションで魅せる。その切り替えを作ったのは、かつてのアカレッドの言葉だった。逆転の爽快感を満喫出来る燃えエピ!

 バスコ、面白れぇwww あの軽さ、嫌みったらしさとかたまらないね。でもって彼、人の事は信じていないのね。でもサルは信用するんだ(笑)へらへら笑いの表情と、鋭い目でニヤリと笑う悪っぽさが、いい感じで同居していてムカつくキャラに仕上がってます。
 こいつらに囚われた四人が見事に翻弄されているし。サルの真似しようとするアイムを止めるルカとか面白かったわー と、同時に、「マーベラスの夢」を叶えることにこだわるジョーの反応は、彼らしくていいね。彼等はマーベラスは自分たちを助けようとするだろうと確信していて、だからこそ自力で脱出しようと悪戦苦闘する。でもバスコにしてやられる…って展開は楽しいね。
 一方、究極の二択に苦しむマーベラスはアカレッドとの出会いを思い出す。「君が諦めたのでは手に入らない。あとは君の決断だけだ」いやあ、このアカレッドが振り向いた時、光の中に浮かび上がる海賊船の画のドラマチックなこと!気持ちが良いね。「何かを得るのに何かを捨てなくてはならない」と言うバスコに「欲しいものは全部この手で掴み取る」と言うマーベラス。相手の決め台詞を逆手にとって、よりかっこよく大逆転。いやあ、少年マンガだなあ(笑)

 でもなにがなんたって、今回の最大の見どころはアクションだろうなー。もちろんお話自体のドラマ性が高いのは嬉しいんだけど、やはり特撮。アクションがキマるとそれだけで気分が高揚するってもんです。今回のは本当に凄かった。
 いきなりレンジャーキーがぎっちりつまった宝箱を放り投げ、それぞれが行動して一気に逆転へ。ハカセが変身したのがシンケングリーンだったのも、皆の拘束をぶった切るのに相応しくて良かった。そしてそこからの5人揃っての変身と。対するは先週に引き続き、金銀十人衆ですよ。派手!
 いやーこっからのアクションがとにかくよかったんだよ。スピーディーだし殺陣は凝ってるし、かっこいいんだよね。五人対十人だから、どうしても不利だったんだけど、途中からピンクとイエロー、グリーンとブルーが二人一組になって劣勢を跳ね返していく展開も良かった。特にピンクとイエローが共闘した時の、スピンジャンプしての華麗なワイヤーアクションは超素敵!なんかもう魅入っちゃいました。グリーンは相変わらず面白いねえ(笑)トドメのファイナルウェーーィィィブ!も、いつもより凝った演出をしていて超かっこよかった。
 で、バスコはまあとりあえず今回は退散しますよってなわけで、なんか気持ちの悪いデカいの出してきました。こいつはゴムゴムの実の能力者だ!なんか普通の動きもグニャグニャしていて面白い。でもシンケンゴーカイオーでささっとやっつけました。めでたし!

 そんなわけで又新しいレンジャーキーをゲットしたけど、まだまだ他にもありますぜ!てなわけで、喰えない奴・バスコのこれからの活躍と、それを跳ね返すゴーカイジャーの活躍を楽しみにしたいですな。
 それにしても仕事の速いナビィ、かわいいなー ナビィ大好き!声の演技がものすごくかわいらしいからだなこれ。










全10種フルセット (フルコンプ) 【9月ご予約】
デフォルマイスタープチ スーパー戦隊シリーズ レジェンド戦隊 名場面!編


当店価格 4,990円 (税込) 送料別

シンケンジャー!…おもしろすぎる…

 

2011年06月01日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第15話「私掠船現る」

 いきなり現れた私掠船。やってきた裏切り者。そして未知のレンジャーキーの存在… 偉い事になって参りました。

 なんかいきなり難しい言葉が出てきた!子供達はさっぱり分からなかったろうなー 私もちゃんとは説明出来なかったから、思わず調べちゃったぞ。

 私掠船:戦争状態にある一国の政府から、その敵国の船を攻撃しその船や積み荷を奪う許可、私掠免許を得た個人の船をいう。

 強烈なキャラ・バスコが登場しました。赤き海賊団って、コイツの裏切りであんなことになったわけですね。あのレンジャーキーは、アカレッドと宇宙を回って集めてたんだな。改めて彼等の過去が描写されて、なるほどなと。ジョーとの出会いがその後に続く訳だね。
 チャラ男で卑怯で堂々としてて、一話にしてキャラ立ったバスコ。今はサルが相棒のようです。またこのサル強いわ(笑)シンバル持って戦うってのが面白すぎる。二人揃ってダマラスにアカンベしてたけど、ちょっとこーゆーのいいね。このバスコさん、どんなキャラになっていくのだろうか。この裏切り行為が実は理由があってどーのこーので偽悪でしたよ、って仲間フラグが立つのか、このままライバルキャラとして物語に留まり続けるのも面白い。ここまで悪役はアバレキラー以来かな。今後に期待。
 それにしてもまー、今回の展開はショックだったぞ。知られざるレンジャーキーが所謂「途中参加の六人目軍団」ちゅーのはとっても面白いんだけどね。そいつらが使役されて、ゴーカイジャーと戦うってのもいい。だけど変身とけて生身になっているのをフルボッコっちゅーのは、さすがにビジュアルが強烈すぎたぞ。あー悲しい。ただ悲しい。それもやられ方が酷いんだもん。女の子までさあ。なんとかならなかったんですかね…

 
 「マベちゃーん♪」といきなりの再会。そこからの戦いはバスコに攻撃するマベちゃんと、仁王立ちするバスコ、間に入って見事に戦うサルという、見た目も殺陣もすごく面白い。そしていきなり登場の巨大強ザコに、ゴーカイオーで応戦。マジとデカレンがメドレーで短いながら豪華です。実はダマラスの計略なんですよって流れもいい。
 そして改めてマーベラスとバスコの一騎打ち…のはずが、バスコが繰り出した5人の六人目軍団(我ながら変な言い方(^^;;;)が参戦。あのトランペットでぱららららーって出てくるの、すげーな。マーベラスは加勢にきた仲間とゴーカイジャーに変身して応戦。ここのアクションすごかった!いちいち書くのが大変だから割愛するけど、どれも見ごたえあったね。個人的に一番気に入ったのは、ピンクがデカブレイク相手に、ゼロ距離片手二梃拳銃。これは片手で相手の動きを止める瞬間から超かっこよかった!
 一気にファイナルウェーーーーイブ!したはずが、まだまだレンジャーキーはありました。出てきたメンバーが揃いも揃ってきんきらきんで(笑)超迫力あるメンツなんですけど。とくにマジシャインとゴセイナイトの威圧感はんぱねえ(笑)こうして見ると派手ですなあ。さっきも書いたけど、フルボッコがかわいそうで正視に耐えませんでした…

 囚われた仲間、どうするマベちゃん!来週楽しみだなあ。
 でもって関係ないけど、最近トリィが可愛くて仕方ない。








《送料無料》海賊戦隊ゴーカイジャー オリジナルアルバム お宝サウンドボックス 1(CD)


販売価格 3,000円 (税込 3,150 円) 送料込
ポイントアップ 8倍 240ポイント

収録曲目の一覧にある「豪快トーク」つてのが気になる(笑)

 

2011年05月25日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第14話 「いまも交通安全」

 カーレンジャーの大いなる力!期待に違わぬ暴走っぷり!だけどハートは交通安全!!

 君たち!本物のレッドレーサー・陣内恭介だ。カーレンジャーのおおーいなる力は欲しくないかね?てなわけで、全編もう無茶苦茶だ(笑)うん、楽しい!無駄な熱苦しさとか、敵の女幹部が一目ぼれとか、押さえるところはちゃんと押さえてのオモシロエピ。カーレンを全く知らなくても、世界観がバッチリ伝わって、ゲタゲタ笑って見る事が出来るのもポイント高いですな。
 ナヴィの見た変な夢(あんな風に占ってるんだな)「交通安全に気をつけろ!」という、変なご神託で出会った熱苦しい男(笑)陣内恭介、いいっすね。もうなんか、一人で見事に空気を作ってた。海賊もザンギャックもばっちり巻き込んでた。あの台詞回しだけで笑えるよ。しかし彼は今、役者なの?会社はどうした?その辺ぼかして描写していたけど、出来れば会社の休日を使って役者してます…みたいな台詞があると、まだ彼等は頑張ってるんだなーってファンも思えて嬉しかったんじゃなかろうか、なんて思うです。
 敵もまたアホっぽいというか、ジェラシットさんですか(笑)良い味出していましたなあ。最後やっつけられちゃってかわいそう!と思っていたら、ちゃっかり生きていたのが嬉しい。インサーンもキャラが崩れるギリギリのところで…いや、十分キャラ崩壊したのかもしれないけど…これを次回以降「なかったこと」とするもよし、キャラの愛嬌と魅力を膨らませるのに使うのもよし、どっちにしてもオイシイな。

 「すてき…」ってインサーンの一目ぼれから、ザンギャックに追いかけられる羽目になる恭介。おたおたしつつコミカルにしかし華麗に戦うアクションが楽しい。助けに入るゴーカイジャーは、ジュウレンジャーにゴーカイチェンジ。それぞれアイテムをばばっと使って、最後にティラノレンジャーの振り下ろす剣を、ジェラシット見事に真剣白刃取り!と思ったらバッサリ(^^;;; いいねえ、この感じ。
 子供達に芝居を通して交通安全を教えたいんだよ!と言う恭介から逃げる海賊達を追いかける時の「まてえぇぇぇぇぃ!」の言い方、たまんないね。でもってこんな時にポツンと残されるのは、やっぱハカセなんだね(笑)ハカセと恭介の体育座りかわいい。
 インサーンとジェラシットの追いかけっこ、恭介を抱きかかえて振り回すインサーン超面白い。夜の女王のアリアの大安売り。「なにしてんの?ボケっと見学してないで助けなさい、早く!」って強引な命令に、素直に従う海賊もいいね。「ゴーカイチェンジ、ターボレンジャー!」「それじゃないって!」「カーレンジャー!」これが正解!って、なんぞそれ(笑)アクションまでコミカルで面白いし。
 キスを迫るインサーンに(結構際どい体位でございました)「こういうのは男からなんだよ…」からの〜「といやー!」には、思わず爆笑させて頂きました。ベタなんだけど、今までの展開で空気があたたまりまくってるから、恭介が何をやっても笑うわ。
 殿下の「終わらせてやる!」で、おいかけっこからいきなり巨大化。恭介のワケ分かんないご指導から、巨大化したジェラシットとインサーンのアイラブユー攻撃にぽかーんの敵味方。なんだこの無駄な時間(笑)そして嬉しくて暴れるジェラシットをゴーカイオーで攻撃。でも「みんなで愛し合おう!」という敵を撃破しちゃうってどーなん?(^^;;; 最後はシンケンゴーカイオーでした。でもあれで生きてるんだから、ヘタレだけど強いじゃないかジェラシット。再登場キボン。

 もっと熱く!「戦う交通安全!激走戦隊カーーーレンジャー!!」気のない演技にあきれていた子供達も「おおーすごい!かっこいい!」
 でもそんなやりとりをモニタで見ていたのに、ピッて消しちゃうナビィ。「あんまり役に立たない大いなる力もあるってことか」酷い酷すぎる!!(笑)もう最高のオチだね。いや、交通安全は大事だ!!









収納ボックス 収納ケース 宝箱 海賊
宝箱型ケース2点セット エース


定価 16,800円 (税込) のところ
特価 6,980円 (税込) 送料別

ちょっと面白いなコレ。


2011年05月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第13話 「道を教えて」

 「駅までの道を教えて下さい」声をかけてきたのは、不安な人生に自暴自棄になった男。誘拐犯と姫さまのやりとりが、前半コミカルに後半は感動的に綴られる。アイムの魅力炸裂!

 いやあ、もう、びっくりするほど良かったよ。ちょっと涙ぐんじゃったよ。アイムかわいくて気高くて、いいねー!また誘拐犯になっちゃった男が、ちょっと情けないんだけど愛嬌があって、前半はとにかくオタオタしてて面白い。それが後半になって、己の不運を嘆いた辺りからの表情の変化が素晴らしい。「本当に最悪だよ!」「…いいえ、あなたは幸運です」ここから始まる二人の会話が本当に良いよね。
 またアイムの言葉に説得力がある。「王女でありながら何も出来ず、星を失い、たった一人で逃げなくてはならなかった」という辛い過去。それでも生きていれば新しい道を切り開く事が出来ます、と。その後戦っているゴーカイピンクを見つめる誘拐犯の表情がまたいいんだよね。「これが王女だったあの子が切り開いた道」っていうの。
 最終的に安易にお金をゲットしてめでたしではなく、男が「自分の力で踏ん張ってみるよ、あんたみたいに」と言ったのも非常に良い。「俺の幸運は、あんたと会えた事だ!」という言葉に胸熱。最後にアイムが男のことを聞かれて「ちょっと道を教えて差し上げたんです」と言うラストは洒落てるよなー

 電気を通して猛毒を作り出す宇宙鉱石プワゾールを狙うザンギャック。行動隊長のデザインがキモさがいい感じ。でもってアイムは男に誘拐されて、男が持っていたプワゾールをザンギャックが追って、アイムがザンギャックにさらわれたと海賊達が勘違い。この追いかけっこの成立が自然で分かり易い。
 一人男を守って戦おうとするアイム。しかしどうしても不利なので、逃げる事に。ゴーカイチェンジでモモレンジャー。イヤリングの爆弾を投げる時に、「よろしいですか?行きますよ」と、本物よりも丁寧におっしゃる姫さま(笑)そしてゴセイピンクの天装術で逃げると。あー、これ確かに逃げるのに使えるね。
 男はやっぱりプアゾールを持っていた。発信機を辿って再び追いつめられる二人。一生懸命生身で戦うアイムに、駆けつけて加勢する仲間達。ここでのアクションが、しっかり全員生身アクションなんだけど、がっちりやってるよなー ルカは茶目っ気があって、バサバサ斬りながらも、途中でぐるんぐるん剣を回したり頭突きしたり。片手は後ろに回して、スマートに剣を捌くジョーとか。トリッキーでオモシロアクションのハカセとか。動きに緩急があって大胆で豪快なマーベラスとか。全員すごくいいよね。
 ザンギャックが誘拐したと誤解する仲間に「ま、いっか」て姫(笑)主題歌と共に変身と名乗り、そのまま戦いに。ゴーカイチェンジ・ギンガマン。剣のアクションから五人一斉攻撃の必殺技メドレーを繰り出し、ファイナルウェイブはゴーカイブラスト!ちゃんと「ごめんなさい」と謝るピンクはいい娘です。
 巨大戦はゴーカイオーで。テクならこっちだって負けないよ!とデカゴーカイオーにチェンジ。2梃拳銃でロボが飛び跳ねながらがしがし撃つ派手CG。そこから続けざまにガオ→シンケンゴーカイオーに。大きさが敵と段違いで、ちょっとかわいそうになるね(^^;;; そのまま一気にゴーカイサムライ斬り!ロボがあの刀持つと迫力だよねー

 それにしても、「ゴーカイジャー」の五人のキャラ立ちはお見事だな。そりゃ、今どきの少年漫画的なキャラ設定であるとは思うし、そんなに目新しくはないよ。でも設定に血肉が通うか否かは、やはり物語の流れの良さとか、台詞の自然さとか、キャスティングの妙とか、色んな要素が絡み合うもの。
 今回のエピは、本当にアイムのかわいさにうっとりしちゃった。なんてこと書くと、ネカマ疑惑持たれそうだけども。今更か(笑)









変身トレーニングスーツ
【ゴーカイレッド】


ねごろ価格 2,800円 (税込) 送料別

フード部分が可愛いよね。