2011年10月22日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第34話「夢を叶えて」

 やっと今日先週の分が観られた…

 この後半戦に入ってルカのキャラをさらに掘り下げる過去エピ。それも海賊になった頃のお話がこの段階で観られると言うのは嬉しかった。いつやるのかなーと思っていたからね。ハカセと姫も期待していいのかな。
 劣悪な環境の中で妹を失った頃のルカが、女盗賊になったのは、辛い過去から「星を一つ買う!」という決意をしたため。「海賊さん立ちの中でも唯一のモノホン」で、ダークヒーロー的な彼女ではありますが、その基本的な部分は「子供達の為に」っていう他愛心からなんだよね。その辺の動機の純粋さが、彼女が戦隊ヒーローとして戦う資格のある女の子にしてる。
 ザンギャックの軍資金を狙って危機一髪の所を、マーベラスとジョーに助けられたルカ。あのお金はそのままいただいて、例の宝石に換金したりとかしたのかな。彼等との出会いで彼女の夢は「宇宙最大のお宝をゲットして、宇宙全てを買い取る!」に。果たしてそれが出来るか否かは別として、あくまでお金基準で考えている所が面白い。
 仲間と確かな絆を持っていたからこそ、偽物のルカのことも一気に見破る事が出来た。あのブロッコリー云々は、ちょっと分かり易すぎだ(笑)何も言わずに「おいしい」とブロッコリーを食べさせて、「あーん」があれば、それで十分じゃないかね。まあ子供達には伝わり易いほうがいいから、分かりにくいよりずっとナイスか。

 あとは箇条書きで!


 ●1ザギンは日本円で360円。私が小さい頃は、ドルがそのくらいだったな(笑)

 ●くしゃみだけで凄い破壊力を見せつける殿下は、札束からたった一枚だけ抜き取られているのを関知する事が出来るのだ!無駄に能力が高い。

 ●風来丸って、可愛いし強いしすげーな…

 ●そして挿入歌もノリノリに並んでゴーカイチェンジ!ところでなんでゴーカイジャーって名乗りが毎回バンクなんだろう?

 ●短いカットに矢継ぎ早に全員の戦いをメドレーで。時間は数秒なのに、ちゃんと各自の特徴が出ているアクションで良いね。

 ●敵は変身能力を生かして混乱させてくる。シルバー二人になってごちゃごちゃしてるシーン面白い。ルカの機転「ガイ、これ」でゴーカイチェンジ・メガレンジャー!確かに簡単にわかるね。メガレンジャーでだだっとやって、ガレオンバスターでトドメ。

 ●そして巨大戦はゴーカイオーと豪獣神で。なるほど変身能力で巨大なビルに化けるのね。しむらーうしろうしろ!(笑)サーモグラフでばれるって判別法は納得。そして風来丸再びの天下御免のシュリケン装備。でも今回はシュリケンチェーンでのトドメでした。こんなのもあるんだな。メインがルカだからか。



 ルカのかつての仲間のカインくんが恐ろしく爽やかなイケメンで、その思いも真っ直ぐでちゃんと頑張っている人だったから、最後にルカを諦めてさっていくのが可愛そうでなあ。目が心なしか潤んでるのがまたね。潔い良い男でありました。
 そして別れのあと、すっと振り向かずにさっていくルカも彼女らしいなと思ったよ。










レンジャーキーシリーズ DXゴーカイガレオンバスター


メーカー希望価格 7,140円 (税込)
トイセル価格 5,712円 (税込) 送料別

やっぱ拡散波動砲だよなー

 

2011年10月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第33話「ヒーローだァァッ!!」

 相変わらずの遅れ具合で申し訳ないです。

 ただそれにしてもこのエピ、自分の事前に予想した三倍の感動があった。その感動の全ては、やはりリュウレンジャー 天火星・亮の、素面名乗りのあの迫力でしょう。ヒーローの強さ、かっこよさ、熱、その誰もが憧れる輝きを体現して余りある雄姿だった。
 物語は、ゴーカイセルラーを敵にとられてしまった事で変身出来なくなってしまったガイが、無力感にとらわれてしまうという、ある種の「闇落ち」的な内容。元々海賊でありヒーローではないゴーカイジャーの中で、唯一自らヒーローを志願しての参加であるガイだからこそ、今回のようなお話が生きてくる。
 それを救うのが「すでに変身能力を無くしているが、決してヒーローとしての心を失っていない亮」なんだよね。ガイの行動に頷いて身を翻すその緩急、そのアクションの素晴らしさたるや!そして前述の気迫の名乗り!これだけで「ああ、この人は今もヒーローなんだ!」と思わせる説得力。本当に素晴らしかった。涙腺決壊&号泣。
 ガイが再びヒーローの心を取り戻した時の回想が、彼の登場エピと仲間参入エピのシーンだったのも良かったね。「本来の自分を取り戻した」わけで。また、亮とガイの生身でのアクションがものすごくいいんだよ。和田氏はその道では有名だけど、ガイ君の役者さんは若いのにすごいなー

 その他の事は箇条書きで簡単に。


 ●今回の敵は邪悪なカービィー(笑)

 ●中心のお話がシリアスなので、敵も含め廻りの描写は比較的穏やか&コミカルでバランスがいい。

 ●ゴーカイチェンジはガオとゲキ。ゲキ技でセルラー取り戻したのは拳法つながりってことかな。

 ●そしてレジェンドであるダイレンジャーに!大連ロッドを持って並び立つ五人を後ろで「うわーっ」て観ているキバレンジャーが笑える。必殺技の乱れやまびこは、噂では本編より大分大人し目だったらしい(笑)こういう時こそ変なエフェクトつけまくったほうが、他の必殺技との差別化になるしファンも喜ぶと思うんだけどね。

 ●巨大戦、ゴーカイオー&豪獣神。巨大戦を見守る亮の遠景いいね。そしてダイレンジャーの大いなる力はゴーカイ豪獣気力ボンバー。炎で突進するような技なんだな。こいつで強ザコ二体を片づけ、そのまま最後は必殺奥義乱桜。で一気に。


 ヒーローとして皆を守る!とサイド決意するゴーカイシルバーに対して、ゴーカイジャー五人は決してそういう事は言わない。こういうスタンスの違いは今後も維持するのかな。
 あとすげー個人的な事なんだけど、私の家の割と近くがロケで出てきたから喜んじゃった。








【送料無料選択可!】
海賊戦隊ゴーカイジャーキャラクターブック 派手に行くぜっ!


販売価格 2,200円 (税込) 送料別

対談がたっぷり収録されているみたいですね。

 

2011年10月09日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第32話「力を一つに」

 一週間遅れになっちゃってごめんなさい…orz いつもの箇条書きでひとつ。


 ●二話に一度は「大いなる力」をゲットしているゴーカイジャーだから、これを「パワーアップエピ…というのかどうか。でも近年戦隊には序盤に出てくるのがパターンだった「バズーカ」系の巨大火器が、今になって出てくるのも面白いもんだ。

 ●前回ゲットしたオーレンジャーの大いなる力は、やっぱりオーレバズーカだったんだね。

 ●海賊達は基本、個性的な個人の集まり(それぞれの事情がアリそれぞれの夢を追う)であるが故に、自分なりのやり方でバスコ対策を練るゴーカイジャー達。しかし戦隊という【チーム】に必要な「仲間の力を合わせる大切さ」を再認識させるというお話の流れ。

 ●そこにサッカー少年を絡めるのはありだと思う。欲を言えば、少年とサッカーの仲間達との絆をはっきりと描いたほうが良かった気がする。少年とのふれあいを通じて、ハカセが力を合わせる事の大切さに気がつくのに、どこか足りない感が。

 ●今更ながらのバズーカだから、六人目戦士が余っちゃうのがお気の毒。てなわけでシルバーは怪我でお休みです。

 ●それにしても「仲間の力を合わせるのに、俺達の大いなる力を使ってくれ」という隊長のヒントをちゃんと聞くべき(笑)

 ●最強の盾を持つ行動隊長。それを打ち破る武器の開発。ホコタテ!

 ●前半の戦いで次々と繰り出される歴代戦隊の必殺技が最強の盾に打ち破られる。一気に畳みかけられる攻撃が見どころ満載。

 ●夕日の中で少年と話すハカセの回想?ボロボロになった仲間達を守って一人、銃をぶっ放すハカセのシーンはなかなかいい。これってどういうシチュだったんだろうか?本編より気になるんだけども。

 ●新たな武器を開発する為に、全員から武器を借りる事にするハカセ。そして彼を信頼して当たり前のようにさし出す仲間達。良いシーンだ。

 ●みんながハカセに差し入れとかするけど、ジョーの差し出したケーキは手作りだろうか(笑)

 ●再び襲ってきた敵に挑むゴーカイジャーの四人。素手の戦いだからゲキレンジャーにゴーカイチェンジ!はなるほどなと。チェンジマンやマスクマンも出てきたね。

 ●それにしてもゲキチョッパーの女の子Ver.はかわいいなー

 ●そして出てきたゴーカイガレオンバスター!見た目が派手でギミックもかっこよくていいね。「宇宙戦艦ヤマト」のアンドロメダみたいな二門の波動砲から、ら旋状に出てくる光線が船首の形になるのもナイス。

 ●「お前は思った通り秀才だな」微妙な言葉のチョイスwww

 ●そして巨大化。あ、盾はなくなってるのな。巨大戦は一気にハリケンゴーカイオーで。怪我を押して豪獣神も参戦。そのまま一気にトドメ「良い汗かいたでござるー」(笑)

 ●そしてほのぼのと爽やかなラスト。めでたし!







【送料無料】ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック/特撮(映像)[DVD]


標準価格 6,090円 (税込)
Joshin価格 4,628円 (税込) 送料込

レジェンドっていいよね。

 

2011年10月01日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第31話「衝撃!!秘密作戦」

 オーレンジャーの大いなる力!ここんところ大いなる力をがんがんゲットすると共に、豪華なゲストが連続で嬉しい。…なーんて思っていたらバスコにびっくりだ!

 すみません。マジで忙しくて感想が今日になってしまいました。明日日曜じゃん!てなわけで、簡単に箇条書きで…



 ・オーレンジャーからオリジナルのレッド&ピンクが!いやあ、桃さん来ましたか。

 ・U.A.O.Hが軍事組織であるという設定から、隊長が作戦を立てそれを遂行する流れは自然だね。またその周到さもきっちりしていて、作戦そのものがよく出来ているなと感心する。

 ・取引条件はザンギャックの旗艦の正確な位置。あんなに分かり易く堂々と宇宙に浮かんでいるのに、正確な位置が分からないんだね。ステルス機能かなんかつけてるのかな。

 ・暗躍するバスコを阻止する為の決死の行動。隊長の決意の深さがいい。

 ・桃、かわいかったねー 登場からかっとんでたし(笑)可愛さが衰えてないって素晴らしい!

 ・『時間を気にする』という行動から作戦がバレる…というのは面白いし分かり易い。

 ・そして隊長の決意を汲むからこその作戦の拒否。「俺達は海賊だから、自分の手で」という理由は、何時聞いてもいいな。

 ・バスコと隊長の「…と思わせておいて、そこからの〜」な戦い。うーん、この駆け引き面白いね。

 ・サル強いな。それにしても、やはり変身出来ないとキツい戦いだ。

 ・バスコの召喚した戦隊戦士の中に、姫様シンケンレッドがいたのにびっくり!だってこの間、シンケンジャーの力をくれたの姫さまじゃん?もしかしてあのあと襲われてしまったのかしら。ええい、丹波も侍もなにをしていたのじゃ!

 ・かっこよく助けに来るゴーカイジャー!

 ・相手が多いのでものすごい混戦ぶり。その中でも姫様レッドが大刃を足で蹴っていたり、デカマスターとデカスワンが二人一組だったりと、芸コマしてます。

 ・いきなりデカくなるマジパパとズバーン。巨大戦をしているロボの足下では等身戦のカットは良いね。

 ・今回珍しいパターンだったのは、「最初からオーレンジャーは海賊達を認めて大いなる力を譲渡しようと思っていた」という点。海賊達も序盤と違ってすっかり有名になったろうし、こういうのもありかな。

 ・オーレンジャーの力をもらって、ゴーカイチェンジ!曲がOPじゃなくて挿入歌なんだってね。でもってオーレンの大いなる力は後日巨大戦で使われるのかな?

 ・一気にオーレバズーカーで粉砕した上に、キーもサルにとられる事なくしっかりゲット出来ました。めでたい!

 ・バスコの正体、すげー怖い!邪悪なデザインで良いよな。後ろでビビってるよサル(笑)

 ・そして圧倒的に強い… どうするんだろう



 いよいよパワーアップかな。バスコがなかなかの邪悪キャラだったので、ここから先の展開も超楽しみになってきた!しかしこれだけ強い奴がどういう形で物語に絡んでくるのか。来週ちゃっちゃとやられちゃうのには惜しいじゃん?









ゴーカイジャー なりきり ジャケット(レッド)


当店通常価格 5,775円 (税込)
価格 5,380円 (税込) 送料別

劇中のよりあったかそうだね。

2011年09月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」

 超獣戦隊ライブマンの大いなる力!イエローライオン・大原丈との出会いとジョーの新たなる決意… 二人の熱い会話に思わず涙した。胸を強く揺さぶる感動エビ。

 ガイが生まれる前に戦っていたというライブマン。私は未見の戦隊がゴーカイジャーで取り上げられる時は、極々簡単に予習?をしてから見るようにはしているんだけど、今回のエピは本当に泣けた。
 友に友を殺される悲劇的なスタートのライブマン。そこにかつての恩人であり盟友でもあるシドが、ザンギャックにより改造され敵になってしまったジョーの物語が絡む。大原丈が科学者である、という設定も生かしてた流れも非常に良い。台詞の流れにも無理がなく、必要最低限の言葉で上手く説明も心情も表されていると感じた。そして物語としての「ライブマン」の無念を「あいつらの魂だけでも救ってやりたい」と語る丈…
 台詞も演出も素晴らしいのだけど、二人の会話そのものにも思わず感情を入れてしまうほどの熱を感じたよ。西村和彦氏の熱演も素晴らしかったし、ジョーの役者さんが、驚くほどに演技がうまくなっていて、あの一連のシーンには胸を鷲掴みにされた。思い出しても泣ける。表情とか台詞回しとか…もう言葉もない。
 さりげないけれど、シドを助けられるかもしれない!と単独行動を取っているジョーに、連絡を取ろうとするガイを留めるマーベラス達の暖かい視線もとても良いシーン。ジョーとシドという本筋のサイドストーリー的なエピだからこそ、ゴーカイジャーの仲間同士の絆をちゃんと描いているのは嬉しい。

 ザンギャック帝国が誇る天才科学者ザイエン。見た目も迫力があって、姿だけで威圧感を感じるデザイン。ボクシング選手を襲うザンギャック相手に戦うゴーカイブルー&ピンクと丈。ゴーカイジャーがザコさんたちと戦っている間に、素早くボクシング選手を逃がしてやる丈。もう生身の丈のアクションの見事さったら惚れ惚れするね!かっけえぇぇぇ…って思っちゃった。あとさり気なく敵をぶったぎって、後ろ手で銃をぶっぱなすジョーさんもスマートで良いね。そして最初の戦いは、襲っていたのがボクシングリングだったからか、ゴーカイチェンジはデンジマンでパンチパンチ!…してたけど逃げられちゃった。
 ザイエンの位置を掴んで四人で襲撃!ザイエンの氷づけ攻撃にピンチになっているところでジョー登場。変身した所で「じゃあ派手に行くか!」言いつつ、さりげなくポン!とジョーの肩を叩くレッド、優しさが伝わってきていいね。そこから強ザコさん三人を金シルバーが、ザイエンをゴーカイチェンジしてライブマンで戦う。こういう展開だから、主題歌メロディと共に畳みかける攻撃が燃えだ!今回唯一残念だと思うのは、アクションとキメの最後を金シルバーじゃなくてライブマンでまとめて欲しかった所かな…好みだけどね。
 そしてゴーカイブルーが一人歩み出て、「俺の手で終わらせる」と、火球をスローでぶった切りながらザイエンに迫っていくシーンが、素晴らしく劇的。そしてシドの編み出した必殺技でとどめを刺すブルー。モニタでその様子を見つめるバリゾーグのカットもとても印象深いね。
 そして巨大戦!ライブマンの大いなる力は、スーパーライブロボ。なにがどうなって変形したのかはともかく、当時そのままの雄姿ですよ。そしてハリケンゴーカイオーと豪獣神での戦いは、夕景がとても美しい。そしてそのまま、一気にトドメでしたね。

 「シド先輩、俺、もう少しあがいて見ます。あなたの魂だけでも…救えるように」ジョーが語るバックで、夜空に浮かぶ白く輝く月。バリゾーグ画宇宙船から眺める青い地球。メインエピの感動を裏切らない、余韻の残るラストシーンだった。
 書きたい事はいっぱいあるんだけど…いや、なんかもう、胸がいっぱいになっちゃって、ホントに言葉が出ないや。










リアルチェンジ!ゴーカイジャー[全6種] 【コンプリート販売】


FunFunPark価格 1,380円 (税込) 送料別

ゴーカイバックルの付属キー、ちっちゃくてかわいいなあ。

 

2011年09月14日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話「アバレ七変化で新合体」

 アバレアバレアバレ〜まくーれー♪アバレンジャーの大いなる力にはまだ奥の手があった!オリジナルからは幸人さんとえみぽんが登場。何故か物語は姫さまの七変化を楽しむ萌えエピ(笑)

 アバレンジャーの大いなる力そのものは、前に仲代先生からもらっていたわけですが、実はその全てを使いこなしてはいなかった…ということで、改めて幸人さんが顔見せ。しかし、何故えみぽん?と思ったら、大いなる力を使うのに幻のアバレピンクが必要だったのね(笑)しかも二人が結婚していたとはびっくりだ。
 でもって本編はひたすらアイムがかわいいという(^^;;; しかしマーベラス曰く「まだアイムの事を分かってない」の言葉の本質の部分は、ちょっと分からなかったなー やっぱり純白ドレス姿が一番可愛かったと私は思いますが、皆さんはいかがでしたか?(笑)
 なにはともあれ、見事にアバレた(のかちょっと判断に苦しむけど)アイムを認めて、アバレンジャー後からの秘密を伝える幸人さん。えみぽんの渡した手作り感溢れるあのアバレピンクのキーって、使える所が摩訶不思議なんですが…まあ細かい所はいいか。それにしてもゴーカイチェンジでアバレンジャーになった時、その珍妙なかっこうに「これでは派手にいけません…」とマーベラスに泣きつくシーンが、今回では一番の萌えどころかなー
 今回、アイム以外はほとんどサブに廻った海賊達。その中でも、結婚式シーンでガイが「どーすりゃいいんでしょう?」みたいな電話した時、「抱っこしてキスしてやんな!」と挑発するルカの言い方が、なんともヤンキーでよかったですわ。

 大きくも小さくもなれる行動隊長のダイヤール。ふざけたキャラで楽しい。ゴーカイオーの操縦席に忍び込んだ時に、遠慮なくばんばん撃ちまくるマーベラス達が「らしいなー」と思った(笑)トリもなかなか頑張ったじゃないか。
 そしてダイヤールから幸せのエネルギーを取り戻す為に、コスプレしまくりで混乱に乗じて杖を奪おうとするアイム。うーん、全然必然性が分からないけど、なんかこういうノリ楽しいよな!(笑)お尻に思いっきり注射打った時は「その場所は良いのか?」と思ったけど… あれはあれか。真横だから見えにくいけど、一応お尻のほっぺの部分、だよね?決して真ん中ではないよね?
 そしてゴーカイチェンジからアバレンジャーに。さすがに戦えないアバレピンクはさておき、主題歌メロディと共にアバレアクション。ああ、そういえばイエローは空飛んでたな。レッドの使う長モノの先っちょのティラのの顔の部分、ガウガウしててかわいかった。
 そして巨大戦。アバレンジャーのキーをゴーカイオーに使う事で、豪獣神と合体して豪獣ゴーカイオーに!うーん、今回等身戦も巨大戦も、どうもゴーカイジャー側が圧倒的過ぎて、行動隊長さんがかわいそうになっちゃった。こんだけデカい変形合体なんだから、もうちょっと強い敵で良かったんじゃないの?と思うなり。

 ところで、くしゃみでアレだけの破壊力があるんだから、案外殿下って強いんじゃないの?アホだからちょっと馬鹿にされているけど、実は戦闘力はめちゃくちゃ高いとかだったら面白いなあ。
 オリジナル見てないと、CM前のあれとか「なんだ急にこれは?」って思うだろうな(笑)関係ないけど「アバレンジャー」やってた頃、ウチの息子は保育園に通ってたよ。アバレジャケット、うちにあったなあ。それもブルーが!なんて、ちょっと思い出しちゃった。戦隊にしろライダーにしろ、こういう長く続くシリーズって、見ている自分の歴史とも重なるから面白いね。








【全部揃ってます!!】
海賊戦隊ゴーカイジャー ミニプラ海賊合体ゴーカイオー -必殺ゴーカイホーVer.-
【全5種セット】


価格 2,299円 (税込) 送料別

お、大砲まで。


 

2011年09月08日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第28話「翼は永遠に」

 戦うトレンディドラマ・ジェットマン!オリジナルからブラックコンドル・結城凱がゲストに。強烈な印象を与えつつ、作品の雰囲気を作り上げた。
 なかなか最近時間がなくて感想書くのが遅くなってしまう訳ですが…すみません。

 私はジェットマン未見なんですけど…いやあ、今回のレジェンドエピもファンにはたまらん内容だったんだろうなと。結城凱、かっこよかったね。見てないのになんか、その熱さに泣けたよ。仲間との絆の為に、自らの死すらも超えて戦おうとする意思。かっこいいじゃないかよー でもって、導入とエンド、あのバーでの会話と雰囲気が「ジェットマンはトレンディ♪」とEDで歌わせただけのものがあってさ(笑)あのバーの名前、golden gateっていうのは元々彼の行きつけなんだね。ただポーカー相手の彼女の事を「神様のくせに」と言ったり、お酒のラベルにHevenの文字があったりと、「あの世」をしっかり匂わせてるな。
 凱のエピとか、彼の姿がゴーカイのガイにだけ見えていないのとか、そう言うのは面白かったんだけど、マーベラスと賞金稼ぎの話はちょっと意外と言うかなんというか。なんとなくマーベラスの今までのキャラの印象からすると、不自然な感じはしたよな。身体に恐怖が染みついていた、っていうのなら、もうちょっと意思に反して…みたいなとこを見せて欲しかったかな。そしてその僅かな変化に気付くのはジョーだけでいい。分かり易くびびりすぎ(笑)あれじゃ人格豹変かなーと。
 ただやっぱり、凱がしっかり変身して戦ったくだり、すごくよかったよね。死んでもなお戦っている凱。その姿を見て恐怖を乗り越えるマーベラス。台詞がまた良かったからね。ジェットマンにチェンジして、一気に畳みかけるように攻撃、火の鳥で敵を撃破!と。
 今回、巨大戦は序盤に一気にやっちゃって、そこでは今までゲットした大いなる力をメドレーでどどんと見せた。今回「ジェットマンの大いなる力」は受け取ったようだけど、まだその全貌はよく分かってない。あの火の鳥を巨大ロボでやるのかなあ。

 脚本、オリジナルのメインだった井上氏だったんだね。こうして、当時の作品世界をつくった人がゲスト脚本すると、やっぱり原作へのこだわりとか愛情みたいなのが透けて見えて面白い。
 いやあ、それにしても凱、かっこよかったね。あんだけキザに決められちゃうと惚れるわ。








【送料無料】スーパー戦隊35作記念 TVサイズ!35戦隊オープニングソングコレクション/テレビ主題歌[CD]


Joshin価格 2,100円 (税込) 送料込

ドライブ中に聞くと熱くなっちゃうからヤバいな(笑)

 

2011年09月03日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第27話「いつもより豪快なチェンジ」

 出ました定番・入れ替わり。個性の違う二人の中身入れ換えが楽しい。ちょっと今回は時間がないので簡単に書きます、すみません。

 こういうお話はキャラ立ちと役者の技量が問われると思うんだけど、すごくよかったね!本当に入れ替わっているみたいに、自然にそれぞれのキャラが出てた。台詞はもちろん態度や目つき、リアクションまできっちりと。達者だなーと思ったね。特に二人は性別も入れ替えている訳で、表現が上手かった!
 その中で博士と言うキャラのダメっぷりと優しさを、両方表現していたのも面白かったし、なかなかいい話だなあと感じさせた。それにしてもルカを追いかけていた宝石商は、完全にヤバイ人達でしょ(笑)
 そして当然のように入れ替わった状態での変身も、二人の違いがきっちり出ていて良かったよね。特に「よっこらしょ」と女の子スーツのスカートたくしあげるイエローには「うひゃあ」と思ったぞ(笑)イエローとグリーンのアクションの違いがはっきりしているから、入れ替わった状態で見ていても伝わってくるし、二人の戦いの連携が非常に面白いので、アクションに見蕩れた。
 巨大戦はハリケンゴーカイオーと豪獣神で。うん、私もヤツはトゲトゲしていると思う。でもって何度見ても、合体した時の金屏風の模様がヴィトンのアレに見える(笑)

 ある程度予測出来る展開ではあるんだけど、これだけ面白く出来たのは、役者の技量が大きいなあ。二人ともすごい!スーアクさんもすごい!!








市道真央 写真集「遠い渚」


価格 3,150円 (税込) 送料別

やんちゃでキュートだよね、ルカって。


 

2011年08月23日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話「海賊とニンジャ」/第26話「シュシュッとTHE SPECIAL」

 シュシュッと参上♪ハリケンジャー!の前後編。あの三人組が再び、あの格好で、あの名乗りで!ファンにはたまらない再結成スペシャル。

 とにかく今回のエピは、鷹介、七海、吼太の三人の伝説の後継者がそのまんま出てきてくれたと言うのが嬉しいんじゃないだろうか。しかも三人がそのまま変身して、名乗りまでして共闘してくれてしまうと言うスペシャルっぷり。しかも悪役もサタラクラとサンダールのJrがかき回してくれたし。贅沢だよねー
 赤青黄が異空間に跳ばされて、残った三人にハリケンジャートリオが「レンジャーキーを渡せ」と迫るシーン。ガイの反論も分からないではないんだけど、この場合どうなんだろうな〜と思っていたら、ハカセと姫様が仲間とハリケントリオを信じてレンジャーキーを渡したのはナイスだったな。もしも返さなかったら?と聞かれて「力ずくで奪い取ります」と微笑むのも、姫さまなのに海賊、みたいな感じで良かった。
 さて問題の「ハリケンジャーの大いなる力」については、三人がその目で見極めて「よし」としたから渡された、という感じですかね。うーん、やっぱり「大いなる力」そのものの意味というか、戦隊のテーマ性みたいなのは描かれなかったかあ。大いなる力を渡す時、鷹介がマーベラスに「頼んだぜ、伝説の後継者」と呼びかけるところはすごくよかったけど、それは戦隊テーマとはまた別だしな。
 ただ、戦隊テーマ云々なんてのは抜きにして、やはり本編からのゲストが多い分、雰囲気とか戦闘エフェクトとか、非常に「ハリケンジャー」な空気が出来ていたんじゃないかと思う。敵も見方も戦いも、愛嬌があって可愛いんだよね。ラスト、みんなで記念写真を撮るとか、ほのぼのしてていい感じだった。

 前編後編通して非常にアクションに力を入れていた印象が。まあいつもの倍の尺が使える分、一人一人の殺陣の面白さも光っていたし、エフェクトつかいまくりの忍法アクションは見ていてすごく面白い。個人的にはサンダールJrが一話で退場してしまったのが残念だー
 やはり一番の見どころは、ゴーカイジャー6人とハリケンジャー3人が、全員揃っての変身と名乗りでしょう。いやあ、まさかハリケンジャーの名乗りをフルで聞く事が出来るとは思わなかったので、思わず感動してしまったわ。それにハリケンのOPテーマって、イントロが無茶無茶キャッチーで明るくていいんだよな。来た来たーって気分になる。その後の戦いも、それぞれのスタイルを維持しつつ、しっかり動きを絡めた「共闘」になっていて、本当に良かった。ワイヤーの使い方もいいよね。ザコの皆さんにハリケンのマゲラッパもいたね。
 前後編通じて、巨大戦の助っ人として風雷丸が登場。かわいい(笑)なんか奴が一人でキリキリっと戦ってサンダールJrが倒されちゃったんですけど(^^;;; でもって案の定、コイツが「大いなる力」でございました。全身からトゲトゲと手裏剣が出てくるって、このビジュアルもすごいな。必殺技は風雷丸がうじゃうじゃ出てきてズバズバ手裏剣で攻撃。なんぞこれwww

 しかしサブタイトルの通りのエピでした。このサブタイ、ハリケン映画タイトルのバロだよね。これはあの頃見ていた皆は嬉しいだろうなあ。
 地球の事を「気にいった。宇宙最大のお宝がこの惑星にあって、良かったと思ってる」と答えたマーベラス。その言葉が何だか嬉しい。みんなそれぞれ見どころあったけど、個人的に好きなのはアイムとハカセのほのぼのコンビがハリケン組と話をする時の表情と、クイズの罰ゲームで頭からバケツをかぶっちゃうルカ。上手く落ちたなーあれ(笑)









【8月27日発売予定】
海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイマシンシリーズ04 風雷丸/予約販売 


定価 2,940円 (税込) が…
オオカワヤ価格 1,904円 (税込 1,999 円) 送料別

久々に出たぞゴーカイマシンシリーズ!

 

2011年08月11日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話「愚かな地球人」

 ジェラシット再び!期待通りの無茶苦茶な展開で超楽しい(笑)それにしても皮肉なサブタイトルですな。



 またまた遅くなりました。申し訳ないんですが今回も箇条書きで失礼します。遅くなってしまったので、こちらからのトラックバックも遠慮しますね。すみません!



 ・今回、録画をなかなかチェック出来ない私より先に息子が視聴していたんだけど、「母さん、超展開だったよ!最初からクライマックスだったよ!!」と目をキラキラさせていた(笑)

 ・まー細かい所を言い出すとキリがない(^^;;;

 ・こういうギャグエピと言うのは非常に演出が大事だと思うんだけど、脚本のはちゃめちゃを生かして余りある、見事な小気味良いカット割りでありんした。

 ・そしてゴーカイジャーの登場人物も、少年マンガっぽさに溢れているので、こーゆーエピが素晴らしく上手くハマるんだな。

 ・ちゃんとアクションもよくて、特に変身してから戦いながらの名乗りは、ひとつひとつがキャラらしさを持っていてとてもよかった。

 ・最近アイムのアクションが華麗だ!華麗と言うか、可憐だ!お姫さまらしさがアクションから伝わるようになってきた気がするよ。

 ・今はネットの世界では、テレビ局の過剰な宣伝行為で大騒ぎになっている中、このセンデンってキャラが出てきたのは偶然なのか狙いなのか?

 ・ゴーカイチェンジは、メガレン→ハリケンとタイム。これってなんか意味があるのかしら?

 ・それにしても茶の間に宇宙人はシュールだ。そしてあの家、破壊されたのかと思ったら終盤、ちゃんと無事だったから良かった(笑)

 ・実はジェラシットは強いって分かってた事だよなー なんてゴーカイオーの必殺技を受けて生き残ってるのコイツだけだもん。てか、防御力が高いんか。

 ・センデン巨大化からのロボ戦、等身大の時は弱かったけど、デカくなったらセンデン強いじゃないか。結局ガオライオンとシンケンゴーカイオーと豪獣神でトドメさされちゃったけど。

 ・豪獣神になるときのゴーカイシルバー「ときめけっ」はいいね。

 ・そしてまさかのママンと駆け落ちオチ。ラストカットのシュールさが最高。



 いやあ、笑ったわー こういうの大好きだわー
 折角これだけ面白いキャラを持っているゴーカイジャーだから、こういうギャグエピとかもっと見たいところだけど、その一方でキャラの過去を掘り下げるエピも欲しいしな。特にハカセの過去というか、仲間になった経緯は知りたい。







スーパー戦隊ぴあ (ぴあMOOK)


販売価格 1,200円 (税込) 送料別

スーパー戦隊〜♪