2014年06月06日

岡田斗司夫の発言がまた物議をかもしているらしい

「キルラキル考察」が滞っているというのに、こんな日記をアップして申し訳ない。
ぶっちゃけ考察系はじっくり考えて書くので、
来週末にちょっと大きな予定を控えている現状では
そうそう手が出せないのであります。風邪さえひかなかったらなー…

さて、私に「キルラキル考察」を書かせようと思わせた原動力
「キルラキルはダチョウ倶楽部」発言でおなじみの(違)岡田斗司夫氏が
ちょっとした問題発言をしてネットニュースになっていた!www


「なぜAKB襲った?やるなら政治家襲えよ」 握手会事件への「オタキング」発言が物議
http://news.infoseek.co.jp/article/20140605jcast20142206865



…なにを隠そう、実は私は岡田斗司夫と言う人は「すげーな」と思っている。
問題や課題に対する思考の掘り進め方…とでもいうか、
「なにが原因か」の着眼点、「どうしてそうなる」の分析力、「ならどうする」の論理性。
悔しいけどすげーな、と思わざるを得ないと思う。

そしてそれを「どう伝えるか」という表現手段として、最も岡田氏が説得力を増すのが
「文章」という表現だと思う。的確に旨い言葉を選ぶんだよ。
改めてそれを感じたのは、これを読んだ時だ。

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
http://honto.jp/netstore/pd-book_25343710.html

人生相談本は余り興味なかったんだけど、ちょっと面白そうだなと読んでみたら、
思いのほか内容が良くて、それ以来メルマガなんてとっちゃってるよ私。



でもねー、逆に思うんだよね。
人には向き不向きがあるのだと… 非常に残念なのですが。

人に自分の考えを伝える時の手段って、一番得意なジャンルってあると思うのよ。
特に身近な友達じゃなく、広く一般に向けて表現する場合はなおさらね。
例えば私自身は、喋るより断然、文章で書く方が得意だ。



岡田斗司夫って人はさ!
ぶっちゃけ真面目な話ほど顔出しで話さない方がいい気がするよ!
動画に向かない。岡田斗司夫は動画に向かない人なんだと思う。
これは顔そのものの話じゃなくて、声と表情なんだよね。
この問題発言もいい事言ってるんだけど、そこが伝わってくる前に
なぜかこっちを身構えさせるなにかが発せられてくる気がするの。
(しかもネット記事になる事によって、発言の本意が誤解されているし)

だからさ。
岡田さん、動画って表現媒体はあなたに合わないと思いますよ…



 
posted by K at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99080617

この記事へのトラックバック