2011年11月30日

仮面ライダーフォーゼ 第11話「消・失・月・戸」/第12話「使・命・賢・命」

 賢吾が月に取り残された!孤独の中で再確認する仲間との絆。ここで来た賢吾との友情エピ!
 時間がなくてブログ書く時間がなくて申し訳ありませんが二週間まとめてどん!でございます。

 メインキャラがそれぞれの経緯でライダー部に入部し、すっかりにぎやかになったラビットハッチ。しかし、まだ「仮面ライダー部」を認めず、名前を呼ぶなと頑なな姿勢は崩さない賢吾が、改めて仲間になった。
 月に一人取り残された賢吾。なりふり構わず必死で助けようとするユウキの行動が裏目に出て、自体は最悪に。恐怖で自暴自棄になり、苦しむ賢吾の様子が胸に迫る。また、賢吾を助ける為に必死なユウキの言葉だからこそ「賢吾の望んだ事を皆がやろうとしているんだ」という台詞をすんなり聞く事が出来た気がする。そこから自分を取り戻し、仲間を認めて月面に旗を立てるシーンの流れがいいなと思う。
 「俺にも仲間が出来たよ、父さんのを志を継いだ仲間が…」孤独な戦いを己に強いていた賢吾が、だからこそ地球に帰りたい、と強く願うくだりはとてもいい。結果的に友子のお陰でなんとかなったわけだけど、ちょっと捻った技ありの展開で面白かった。月面でフォーゼと再会して友情のシェイクハンド。月でライダー部の旗の下、全員揃って改めて仮面ライダー部が成立するラスト、めでたし!

 廃品回収に出されてしまったことで、月への入り口ロッカーの謎が明かされましたな。去年の賢吾の誕生日に届けられた、送り人不明のプレゼントと「そのスイッチが新たなる扉を開く」のメッセージ。いやあ、まさかここでロッカーと月へのルートが繋がった経緯が語られるとは。タイミング的に非常にナイスだな。ユウキが賢吾と関わるようになったきっかけも納得。しかしあれを送ったのは誰なんだ?という新たな疑問も。
 それと理事長だったんだねーあの男は!我望理事長とユウキとの会話はよかった。てか、著作がなかなか魅力的で、ちょっと読んでみたいと思ったぞ。宇宙飛行士だったと言うプロフも、如何にも賢吾の父の死に関わっている感じで、どこまで何を知っているのか悪役として魅力的。
 ついでに言うと今回、園田先生がなんとなく悪役のオーラ纏っていたのがまた気になる(笑)実は彼女が乙女座だの天秤座だののゾディアーツとかだったら面白いんだけどな〜 


 今回悪役の彼、クズ系喪男でいい感じのキモさ(笑)卑怯なやり口もゾディアーツの特徴を遺憾なく生かしていていいね。アクションもなんかへなちょこだし(笑)接近戦だとへなちょこだけど、なかなかやっかいな能力持ちってのもいいな。
 ロッカー壊されて大混乱の所を、さらに女生徒をバスに乗せて海に落とす計画を立てていることに気がつく弦ちゃん達。みんな遠隔操作で操られちゃうのね。操られて変な歩き方する美羽おもしれー(笑)助けに行こうとするのに、妨害してくる蠍座との戦い。やっぱ強くて足技が華麗。接近戦では完全に不利だけど、ファイヤーになって遠距離戦で追い返しました。
 そして走行中のバスの上に立つフォーゼ。結構な速さなのに、いやあお見事な立ち姿。しかしクリンチバスの中に打ち込むのは、ちょっと危ねーぞ(^^;;; ゾディアーツを拘束しても止まらないバスが、海へと真っ逆さまになるのを危機一髪で助けるパワーダイザー、かっこいい!隼が乗り込む事になってから活躍度が増していて嬉しい♪キラーン☆のポーズもかわええな。
 ユウキの説得に冷静になった賢吾からのナビゲートで、エレキ+ステルスで角を折ってからは、あっさりだったな。あのステルス、かなり使えるじゃないですか?ちょっと卑怯だけども。
 ところで、12話の序盤で宇宙空間に取り残されたバイク。前にも同じ事があったけど、アイツは勝手に帰ってこられるってコトなのかしらん?

 1話でメインである弦太郎、賢吾、ユウキが出会い、2話で共に戦うことになり、その後仲間が増えたけれど、この12話でようやくその全てを賢吾が受け入れたと言う形ですね。今までのどこか嫌そうだった様子も嫌じゃないんだけど、あの明るい賢吾の笑顔はとてもよかった。
 ここからどういう展開を見せてくるのか、ますます楽しみな「仮面ライダーフォーゼ」ですね。








DXパワーダイザー&マシンマッシグラー


定価 6,090円 (税込) が…
オオカワヤ価格 5,800円 (税込 6,090 円) 送料別

このネーミングセンス好きだわー


 
この記事へのコメント
2週分まとめてのブログとは、何たる奇遇!!
いや、こっちも20日放送分(ゴーカイとも)の録画を見れないまま27日放送分を録画したので、2週分まとめての鑑賞となりました。

そうか、賢吾自身はまだ仮面ライダー部を認めてなかったんだっけ。
で、最後の新入部員が意外や意外、賢吾という訳か。
予想外でした。
けど、これで仮面ライダー部が勢揃いした訳ですな。

予想外といえば、白戸(ホワイト)家長男ことダンテ・カーヴァー、今度のMOVIE大戦に悪側で出るんですな。
話が逸れましたが、こうした一捻りが構成的に憎いですね。
しかし、一番部長っぽい賢吾が部長じゃないのがかなり大きな“一捻り”なように思えます。

そしてゴスロリちゃん。
iPadを使うIT担当は前編で描写がありましたが、後編での役割は何と…
廃棄処分になったロッカーが別ものだったのを見抜く!
…うーん、ということは、他のメンバーの得意分野以外を全てカバーするのか!?
ある意味、仮面ライダー以上にスーパーヒーローな存在だなぁ。
まあ、こんなキャラが1人いたら、話の辻褄合わせには便利なんでしょうが。

鶴見辰吾…もとい赤い目の男が天の川学園の理事長だったのは、別に意外ではありませんでした。
確か2度目の登場時に、「私の学園」というセリフがありましたんで。
Posted by おーきゃん at 2011年12月01日 16:12
おーきゃんさん、こんばんは!

いや〜本当にちょっと今後ブログどうしようかなって悩んじゃうくらいには
なかなかここに来られなくなっちゃっているんですよね(汗
ゴーカイジャー二週間以上まだ見ていないし。
(戦隊の感想書くのはすでに諦めました…)

今回は「仮面ライダー部」を、賢吾が認めるエピでしたね。
最後の方まで「ライダー部なんてない!」とか何とか言いながら
皆に引きずられて楽しそうにやっちゃうパターンもありだなと思いましたが
月での再会のシーンが非常に良かったので、よかったなと。
ストーリーの構成としてもいいですよね。
確かに部長がまさかの美羽って(笑)しかも自称でそのまま居座るパターン!
でも彼女って一番あの中でタンカが切れる人だから
(弦ちゃん滑舌悪いからなー)
キャラ敵にはすげー適任だなあと思います。
ダンテ氏、映画に出るんですね。悪役が似合いそうで楽しみです。

赤い目の男、私は校長なのかと思っていたんですよ。
「校長先生の方針で自由な校風」みたいな台詞がちょこちょこと
出てきていましたから。
でも「私の学園」って言い方は、確かに校長と言うより理事長ですね。
Posted by K at 2011年12月02日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51223989

この記事へのトラックバック