2011年09月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」

 超獣戦隊ライブマンの大いなる力!イエローライオン・大原丈との出会いとジョーの新たなる決意… 二人の熱い会話に思わず涙した。胸を強く揺さぶる感動エビ。

 ガイが生まれる前に戦っていたというライブマン。私は未見の戦隊がゴーカイジャーで取り上げられる時は、極々簡単に予習?をしてから見るようにはしているんだけど、今回のエピは本当に泣けた。
 友に友を殺される悲劇的なスタートのライブマン。そこにかつての恩人であり盟友でもあるシドが、ザンギャックにより改造され敵になってしまったジョーの物語が絡む。大原丈が科学者である、という設定も生かしてた流れも非常に良い。台詞の流れにも無理がなく、必要最低限の言葉で上手く説明も心情も表されていると感じた。そして物語としての「ライブマン」の無念を「あいつらの魂だけでも救ってやりたい」と語る丈…
 台詞も演出も素晴らしいのだけど、二人の会話そのものにも思わず感情を入れてしまうほどの熱を感じたよ。西村和彦氏の熱演も素晴らしかったし、ジョーの役者さんが、驚くほどに演技がうまくなっていて、あの一連のシーンには胸を鷲掴みにされた。思い出しても泣ける。表情とか台詞回しとか…もう言葉もない。
 さりげないけれど、シドを助けられるかもしれない!と単独行動を取っているジョーに、連絡を取ろうとするガイを留めるマーベラス達の暖かい視線もとても良いシーン。ジョーとシドという本筋のサイドストーリー的なエピだからこそ、ゴーカイジャーの仲間同士の絆をちゃんと描いているのは嬉しい。

 ザンギャック帝国が誇る天才科学者ザイエン。見た目も迫力があって、姿だけで威圧感を感じるデザイン。ボクシング選手を襲うザンギャック相手に戦うゴーカイブルー&ピンクと丈。ゴーカイジャーがザコさんたちと戦っている間に、素早くボクシング選手を逃がしてやる丈。もう生身の丈のアクションの見事さったら惚れ惚れするね!かっけえぇぇぇ…って思っちゃった。あとさり気なく敵をぶったぎって、後ろ手で銃をぶっぱなすジョーさんもスマートで良いね。そして最初の戦いは、襲っていたのがボクシングリングだったからか、ゴーカイチェンジはデンジマンでパンチパンチ!…してたけど逃げられちゃった。
 ザイエンの位置を掴んで四人で襲撃!ザイエンの氷づけ攻撃にピンチになっているところでジョー登場。変身した所で「じゃあ派手に行くか!」言いつつ、さりげなくポン!とジョーの肩を叩くレッド、優しさが伝わってきていいね。そこから強ザコさん三人を金シルバーが、ザイエンをゴーカイチェンジしてライブマンで戦う。こういう展開だから、主題歌メロディと共に畳みかける攻撃が燃えだ!今回唯一残念だと思うのは、アクションとキメの最後を金シルバーじゃなくてライブマンでまとめて欲しかった所かな…好みだけどね。
 そしてゴーカイブルーが一人歩み出て、「俺の手で終わらせる」と、火球をスローでぶった切りながらザイエンに迫っていくシーンが、素晴らしく劇的。そしてシドの編み出した必殺技でとどめを刺すブルー。モニタでその様子を見つめるバリゾーグのカットもとても印象深いね。
 そして巨大戦!ライブマンの大いなる力は、スーパーライブロボ。なにがどうなって変形したのかはともかく、当時そのままの雄姿ですよ。そしてハリケンゴーカイオーと豪獣神での戦いは、夕景がとても美しい。そしてそのまま、一気にトドメでしたね。

 「シド先輩、俺、もう少しあがいて見ます。あなたの魂だけでも…救えるように」ジョーが語るバックで、夜空に浮かぶ白く輝く月。バリゾーグ画宇宙船から眺める青い地球。メインエピの感動を裏切らない、余韻の残るラストシーンだった。
 書きたい事はいっぱいあるんだけど…いや、なんかもう、胸がいっぱいになっちゃって、ホントに言葉が出ないや。










リアルチェンジ!ゴーカイジャー[全6種] 【コンプリート販売】


FunFunPark価格 1,380円 (税込) 送料別

ゴーカイバックルの付属キー、ちっちゃくてかわいいなあ。

 
この記事へのコメント
今回の脚本は、かねてからヨイショしてる香村純子。
で、期待通りの出来栄え。
しかも、レジェンド枠のチョイスの適合もあって、青vsバリゾーグの決着への期待も高まる高まる!
演出も噛み合って、ゴーカイジャー屈指の名作ケテーイでしょう。
特に大原研究室の場面は、カット割り・それに合わせたセリフの割り振り・カメラアングル・照明等、今観てるのが子供番組であることを忘れさせる仕上がりでした。
その分、“大いなる力”に物足りなさを感じるのは仕方ないところでしょうか。
だってなー、「ライブマンでとどめ」ったって、等身大では大型バズーカ(「バイモーションバスター」という名前です)だから今さらそんなもの造型する時間も予算も無いし、巨大戦では風雷丸推しの大事な時期に「ライブゴーカイオー」なんて出せないし、ドラマに比重を置いたらアクションを削らないと時間が足りません。

あ、あと今回を観て、ウルトラマンメビウスの「エースの願い 夕子の願い」「思い出の先生」を思い出しました。
どちらもオリジナルをリアルタイムで視聴していた人ほど支持が高い(特に後者は日本SF大賞まで受賞しちゃいました)のですが、逆にオリジナルを知らない人との温度差が気になる回であります。
今回も私みたいにオリジナルを観ていた人間やKさんみたいに“予習”した人はいいんですが、オリジナルを全く知らない人にはどうだったか?

さて、西村和彦。
プロフィールでのデビュー作はライブマンになってますが、実はその前の「光戦隊マスクマン」の、とある回に出演してます(セリフは無かったような)。
マスクマンの新兵器・ジェットカノンの開発陣の一人という役で、確か中盤辺りの回でした。
予習の際は要注目!

西村和彦もう一題。
司会者が突然引退表明する前のヘキサゴンにて、「おバカーマン」なる罰ゲームヒーローに扮したのですが、そのパフォーマンスのクオリティの高いこと!
その前回でレギュラーのつるの剛士がおバカーマンに扮しましたが、こちらも元ウルトラマンだけあってこれまたハイクオリティでした。

ついでに。
ザイエンの声の中田譲治は、ギロロ伍長の声やオーズのナレーションなど声優として活躍中ですが、ライブマンの敵・武装頭脳軍ボルトの指導者、大教授ビアスを演じていたのもこの人です。
Posted by おーきゃん at 2011年09月21日 10:12
こちらでもこんばんは!遅くなってすみません。

いやあ、今回のは「参りました」と頭を下げたくなるほどの名作!
私は予習したと言っても、軽くWikiを読む程度ですが、読んでいなくてもそれなりに
熱い思いが伝わってくる良作だったと思います。
そうですね、ちょうどメビウスのその辺の作品に近いものがあります。
オリジナルの無念というか、背負った悲しみみたいなものを
こういう形でアンサーされると、ファンは嬉しいでしょうね…
まあ『大いなる力』そのものはちょっと「これかー」とは思いましたが
あれも玩具の展開とかいろいろあるから、そうそう凝ったことは
出来ないと言う歯がゆさがあるんでしょうね。
今回のとかゲキレンとか、なかなか物語はよかったんですが。

西村氏はライブマン以前に戦隊にご出演だったんですね。
忙しいので映像でチェックするのは不可能だとは思うんですが
機会があったら是非見て見たいものです。
それこそおバカーマン、見たかった〜(笑)そんなのやってたの知りませんでした。
つるのも上手そうですねえ。
ザイエンの中田氏、なるほどライブマンの敵の大ボスだったんですか。
こういうキャスティングにもこだわりがあったんですね。
知っていると感慨深いものがあったでしょうね!
Posted by K at 2011年09月24日 22:21
Kさん、おひさしぶりです。

30話、鳥肌モノの名作でしたね。
お二方の感想、激しく同意です。
私は、オリジナルのライブマンは名前も知らな
かったクチです。予習もナシで今回観ました。
全然問題も違和感もなく受け入れられました。
観終わってから、方々で感想を拝読してから
ライブマン本編にどうリンクしているか知って
「なるほどー、上手いなー」と納得した次第。
あの、蝶を空に放すシーンは特に印象的でした。

31話で大変なことになってますが、次回32話は、
待望久しい「ゴーカイジャー独自のパワーアップ回」。
本編にも、Kさんのコメントにも
今から期待が膨らみます。


Posted by ニャジラ at 2011年09月26日 12:11
ニャジラさん、お久しぶりです!お元気でしたか?

私もライブマンは全然知らなかったんですが、(予習と言ってもwikiじゃねー・笑)
それでも十分引き込むだけの「物語力」はあったなと思います。
そうそう、私は人様の感想は自分のを書き終わってから読むようにしているんですが
見終わってからあとで「こうリンクしてたのかー」
「知っていた人が見るとこう感じるんだな」と納得するのも
ゴーカイジャーの楽しみの一つだなと思います。
蝶を空に放すシーンはそれだけでも美しいシーンでしたが
やっぱり本編にリンクしていたんですね。
31話はまだ感想書いてませんが、エラいことになってますよね(笑)
そして折角のパワーアップ回は、きちんと燃えエピになっている事に
期待したいと思っています!!

いつでも暇な時に遊びにきて下さいね。
Posted by K at 2011年09月27日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48035180

この記事へのトラックバック

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」
Excerpt: 久しぶりのナビィ(声:田村ゆかり)によるレッツお宝ナビゲート。 「スケボーの得意
Weblog: 無限回廊幻想記譚 別宅
Tracked: 2011-09-19 23:41

海賊戦隊ゴーカイジャー#30.
Excerpt: 「友の魂だけでも」 こういう回を本当の「神回」と言うんだろう。と思ってたら。脚本
Weblog: 色・彩(いろ・いろ)
Tracked: 2011-09-20 00:33

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話 「友の魂だけでも」
Excerpt: 青春爆発ファイヤー!!ということで、待望のライブマン回!! 2011/09/18 07:29:12譲治に丈待機 #gokaiger 2011/09/18 07:31:07ピンポイント過ぎるw..
Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
Tracked: 2011-09-20 06:12

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」
Excerpt: 海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話「友の魂だけでも」 今回のナビゲートは「スケボーが得意なライオンが近づいている」。鎧によれば、超獣戦隊ライブマンのイエローライオンが該当するという。が、どこにいるかは..
Weblog: ひびレビ
Tracked: 2011-09-20 07:18

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話
Excerpt: 「友の魂だけでも」 監督:渡辺勝也 脚本:香村純子 「先輩の、魂だけでも・・・」 【今週の本人】 ※イエローライオン=大原丈。 ※風雷丸。 【今週のゴーカイチェンジ】 ※デンジマン(ブルー、ピ..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2011-09-20 07:35

『海賊戦隊ゴーカイジャー』第30話、「友の魂だけでも」の感想。
Excerpt: ★TBさせていただきます★ 『海賊戦隊ゴーカイジャー』第30話、「友の魂だけでも」の感想です! 良かったよ、出番がレッドファルコンじゃなくて(笑)。
Weblog: まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
Tracked: 2011-09-20 10:30

ゴーカイジャー 第30話
Excerpt: 海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話 「友の魂だけでも」。サブタイトル通りの直球話。罪を憎んで人を憎まずというのとはちょっと違うけれど。 以下読みたい方だけどうぞ。
Weblog: Kyan's BLOG IV
Tracked: 2011-09-20 14:12

海賊戦隊ゴーカイジャー 第30話 「友の魂だけでも」
Excerpt: テレビ朝日|海賊戦隊ゴーカイジャー イエローライオン=大原丈登場。 ザンギャックの科学者ザイエンが計画するバリゾーグ量産計画。 かつてジョーの先輩シドをバリゾーグに改造したのもザイエンだ。 ジ..
Weblog: JAOの趣味日誌
Tracked: 2011-09-20 19:48

海賊戦隊ゴーカイジャー第30話(9.18)
Excerpt: 『友の魂だけでも』  脚本:香村純子 監督:渡辺勝也 「シド先輩の無念、残された者の悲しみ、 この悲劇、二度とは繰り返させん!」 バリゾーグの設計図を手に入れ、 シド先輩を元に戻せるのでは?と希望を抱..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2011-09-22 01:20