2010年10月05日

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第十一話 第十二話 第十三話

 ラスト三話を一気に視聴。巨大なMの記憶、そして1話から登場した謎の卵の物語の完結。ここのところのまったりから、一気にボルテージの上がるストーリー展開に身を乗り出す。個人的に9月の終わりが恐ろしく忙しくて、録画だけして見る機会を損失していたMM9。ここに来てラストまで一気に見たんだけど、いやあ、面白かった。

 十一話は朏の孤独なクリスマスイブと、過去に甚大な被害をもたらしたM、スカイウォーカーの記憶。この何か人の力の及ばない巨大なものに、自分の所属する世界を破壊してもらいたいと思ってしまう衝動は、思春期特有のものじゃなかろうか。世界をぶち壊してくれよ!みたいな。いや、今でも時折そんな気分に駆られる事がある訳で。
 そんな衝動が、元来Mから人々を守る仕事についている朏の胸に去来する。似た思いをどこか共有しあって慰める灰田がかっこいい。この二人付き合っちゃえ!とか思うんだが(笑)雰囲気いいんだけど、彼女いるんだよなコイツ(^^;;; この微妙な距離感むずがゆいねー そして気特対の皆さんのそれぞれのイブの過ごし方がまた、よかった。
 余談だけど、この「ぶち壊してくれよ」をちょっびり掻き立ててうっとりさせてくれるのが、このMM9のED画面のような気がすんだよね。そんなEDはこのエピだけが青い。

 第十二・十三話は、驚くほどの緊迫感で物語が展開した。第一話の卵と第三話・六話の謎の美少女が登場。今日にも孵化しようとする卵と、それに絡んで各所の思惑が交差、さらに共鳴するかのように出現する巨大なMと、畳みかけるようなシチュエーション。
 とにかくこのエピ、部長が超絶かっこよかった。冷静な対処と的確な指示で、場数踏んでるなーってキャリアを感じさせる。オペレーターの三人も、それぞれ対処にキャリアと性格が出てていい感じだったね。あと、かっこいいと言えば、氷室かっこよかった♪いい男じゃないかー
 卵を正規の方法では譲らない四元に、藤澤が彼女らしい無茶苦茶なやり方で取り戻す過程も面白い。この時の部長と四元とのやりとりも味わい深かった。気特対という集団の、Mの情報と深く関わりその存在を理解しようとする、彼等の姿勢そのものが窺えたのが非常に良かった。そしてそれはラストシーンにも繋がって行く訳だが。

 外界に関わる事で姿を我々の目の前に現すM。背骨も内蔵もないその卵の中身を「我々の想像を凌駕する存在」として説明していて成程と思った。確かに巨大なMは生物学的には説明出来ないからね。それを超自然的な存在として位置づけているのが面白い。そして運び出された卵も、どんどんその姿を変える。それは運び出される事によって外界と接触したから、なのだろうか。
 また湖から姿を現すフルネドラの姿が、なんともいいね。巨大さ、異様さ、美しさ、神々しさ。たまらないものがある。なんかドラゴンぽいけど、麒麟とかポケモンのアルセウスとかも彷彿とさせる。夕日の中での対峙は画面も非常に美しかった。だからこそ、あのどんでん返しのインパクトがものすごく強い。生まれたばかりの方の口がばかっと開いて噛み付く瞬間、そこに「親子の情愛」なんてものを投影していた、己の人としての価値観を逆転させられた気がした。これはいいラスト。
 謎の美少女、あのタイムスリップのエピの時のあれは、彼女が作り出したのではなく警告をする側の立場だったんだね。あれを「借り」と表現してたからね。でもって彼女もまた、何か別の存在の前に立つラスト、ちょっと想像力をかき立てるな。

 ドキドキの状態で第十三話に突入したけど、急に回想になってて、びっくりした(笑)急にまったりして感じてしまうから、普通の時系列で展開してあのボルテージと緊張感を維持して欲しかった気もするけど、それやると後日談である「蜂の巣を送り付けられる」というオチが蛇足になりすぎてしまうかもね。
 そしてこのラスト三話、冬の色の画面が素晴らしかった。空気の冷たさが伝わってきたけど、一体何月に撮影したんだコレ(笑)

 人としての基準とか、思惑とか、枠組みとか、そんなものを超えた存在であるMとS。彼等が自分のすぐ隣の空間に共存しているあのMM9の世界。そこに住む人々が普通すぎるほど、そこに突如現れる神秘を恐れつつも魅了される。
 あー、すごく面白かったなあ。キャラも世界観も味わい深いし、たった十三話で終わらせるにはもったいない。また続編作ってくれないだろうか。








MM9 DVD-BOX 2(仮) 【初回生産限定】


通常価格 16,800円 (税込) のところ、
特別価格 11,840円(税込 12,432 円) 送料無料
予約受付中
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

マジでシーズン2をお願いします。


posted by K at 21:32| Comment(0) | TrackBack(5) | MM9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41128805

この記事へのトラックバック

MM9 第12,最終話
Excerpt: MM9 -MONSTER MAGNITUDE- 第12,13話 第1話の「卵」の後日談の,神様の代替わりを描く特撮巨編。 以下読みたい方だけどうぞ。
Weblog: Kyan's BLOG IV
Tracked: 2010-10-05 21:35

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第13話(最終話)
Excerpt: 第13話(最終話)
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-10-05 22:03

MM9−MONSTER MAGNITUD...
Excerpt: 内容本栖湖畔に出現したMを“フルドネラ”と命名した久里浜(松重豊)は、マスコミに対し“MM9”レベルの可能性が高いことを発表する。そしていくつかの地域へは、避難勧告を発...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-10-05 22:15

「MM9-MONSTERMAGNITUDE-」第13話(終)
Excerpt:  第十三話(終)気象庁・プレスルームに登壇してくる久里浜。山梨県本栖湖湖畔にM1号が出現し、記者会見が行われた。M1号は「フルドネラ」と呼称され、周辺各市にM警報とM注...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-10-06 05:36

MM9 -MONSTER MAGNITUDE-
Excerpt: 最終回の感想 
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-10-06 10:24