2010年09月07日

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第九話

 ドキュメント番組『密着!気象庁特異生物対策部24時』。物語の中に、さらに入れ子状態になったTV番組の色が重なる。

 30分の番組でよくまあ、あの手この手のスタイルが出てくるもんだと感心する。初っぱなからいきなり違和感を感じる画面とハイテンションなナレーション。なんの説明もなく虚構の世界のドキュメント番組が始まる。なんとも「ありそう」なテロップや演出。ナレーションも山ちゃん(もちろん南キャンの眼鏡の方ではなく、山寺氏の方)だったりするところがリアルだ。
 そう言ったシチュエーションや細かい描写などを楽しみつつ、このMだのSだのが闊歩する奇妙な世界で戦う公務員達を見守る。出てくる特異生物も「伝説の雪男ヌーさん」だの「廃屋のバタバタさん」だのと、愛嬌のある名前だったりして奇妙さに拍車がかかっていた気がする。
 今回ので特に面白いなと思ったのは、廃屋のバタバタさんの下り。「呪術行為『バタバタさんいらっしゃい』は法律で禁じられています」このテロップがねー(笑)その後本当に出てくるバタバタさんが結構恐い出来で、これもしかしたら一本映画とれるんじなないの?というクオリティな気がするよ。あそこで写真ばしばし取ってる案野はすげーな。ドキュメントを見終わった後、「こりゃ映せないわ」みたいなことを灰田が言っていたけど、どんな写真だったんだろー(^^;;; …あとコロボックルの亜種が4mとか、そんなでかい時点でコロボックルじゃねーな(笑)
 もしかしたら今回のエピみたいなのは、原作ファン的には好みの分かれるところかもしれないね。私は原作はまだ読んでいないので(不勉強で申し訳ない…)、非常に興味深く、面白く見た。こういう世界観で作られているんだな、というのが改めて感じられたし。

 気象庁から「気特対の不確かすぎる活動を市民に印象づける可能性が十分ある」という理由で、放映中止になってしまうドキュメント。しかし、不確かなものに対して人類が講じ得る対策は、これしかない。「世界に不確かな要素がある」ということは、市民にはあまり公表してはならない事なのだろう。
 このジレンマを『仕事だから』という殺し文句で胸に納める。不思議な立場の人々だ、気特対。でもって、大人だな…








MM9 DVD-BOX 1(仮) 【初回生産限定】


通常価格 18,900円 (税込) のところ、
特別価格 13,320円(税込 13,986 円) 送料無料

予約受付中
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

公式サイトでサブタイトル募集してるね。


 
posted by K at 23:14| Comment(0) | TrackBack(4) | MM9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40587494

この記事へのトラックバック

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第9話
Excerpt: 第9話
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-09-07 23:20

MM9 第9話
Excerpt: MM9 -MONSTER MAGNITUDE- 第9話 ドキュメンタリー「密着! 気特対24時」さえ放送されない哀しき気特対。 彼らの明日はどっちだ。 以下読みたい方だけどうぞ。
Weblog: Kyan's BLOG IV
Tracked: 2010-09-07 23:21

MM9−MONSTER MAGNITUD...
Excerpt: 内容全世界のM災害のうち1割が発生する日本その対応する部署、、、、気特対『密着!気特対24時』という番組が。。。。。『ヌーさん』を追え!『バタバタさん』を見た!『巨大植...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-07 23:33

「MM9-MONSTERMAGNITUDE-」第9話
Excerpt:  第九話いつもの気特対の日常が始まったと思いきや、どこか不自然な気特対のメンバー。そう、これはテレビドキュメンタリー番組『密着!気象庁特異生物対策部24時』の映像。カメ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-09-08 05:43