2010年01月17日

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」

 丈瑠と彦馬、ふたりの抱えてきた秘密の大きさ。そして改めて十蔵の存在が大きく立ち上がる。この大きな葛藤の行く先に何があるのか。

 「この世を守るための戦い」外道衆から人々を守るために戦い続ける志葉家と侍達。この重すぎるほど重い大義の前に、守り通してきた【殿様】という嘘。この事実を前提にもう一度今までの物語を思い返せば、色々と見えてくる。丈瑠が侍達を召還するのを最後まで嫌がった理由も、十蔵が見抜いた侍としてのいびつさも。
 どんなに侍達と信頼関係を築いても、その前提にあるはずの主従関係はかりそめ。砂上の楼閣に過ぎないと思えてしまう。そもそも影武者とは、存在理由そのものが捨て駒。主と同じだけの責任と力と戦いを要求されつつ、「死んでもいい」という役目だ。そんな重すぎるほど重い役を幼い息子に託さなくてはならなかった父は、何と辛かったことだろう。
 だからこそ彦馬は、あの日の誓いを守り、幼い丈瑠を殿様として立派に育て上げた。「全てはあの日の約束を守るために」と。丈瑠に「殿、お許しを」と語りかけるジィ。その言葉に、父とジィという立場で幼子を影武者として育てなくてはならなかった二人の男の強い思いに、泣ける。
 十蔵に「弱くなった」と指摘されたのは、恐らくその一番痛い部分を突かれたからだろう。仲間との信頼関係の中で、捨て駒としての生き方が変わってきた。そこに気付いたからこそ、改めて心の中でクローズアップされてしまう、嘘。その迷いを振り捨てるきっかけが、ことはのエピだったのも改めて面白いなと思う。自分が侍であることが「姉ちゃんの代わり」であると感じてしまうことはが、改めて戦う決意をするのを見て「中途半端な覚悟ほどみっともないものはないな」と言う丈瑠。そういう侍達との信頼関係も含めての「覚悟」を改めて背負ったわけだ。
 だからこそ、全ての前提が崩れ去った今、丈瑠に存在するのは剣のみ。殴る蹴るありの斬り合い。嘘であり影である存在の丈瑠の、一切嘘のない戦い。でもそれだけなのだろうか。家臣との心が通じていたのは嘘だけではないはず。丈瑠はそこに気付いているのか、いないのか…

 シタリの命を半分貰って超パワーアップした敵の前に、フルボッコにされた源太。彼の目の前で戦い、見事に連係プレーで見事に討ち果たす5人のシンケンジャー。強い。それを見つめる源太の顔が切ないね。侍達は皆、それぞれ葛藤を抱えていても人の世を守るという使命には忠実なのは、行動原理がしっかりしている彼等らしいと思う。
 巨大戦、テンクウシンケンオーの戦いも無駄がなく、家紋の形のカットインも面白い。今回はさらに三の目も出てきてサムライハオーとなる。丈瑠が見上げる視線の先に、サムライハオーが戦っているカットもなあ。丈瑠不在でも戦っている侍達、というのを再確認させられる。ちょっと戦いがあっさりしている気もするけど、姫の強さを強調しているとも言えるかな。
 姫は凛とした雰囲気を崩さず、家臣と距離を取りつつも、しっかりと己のすべきを果たしていて好感が持てる。メヂカラもあるし、声も強くなかなかよい。丹波への態度もきっちり侍&視聴者の気持ちを代弁してくれていて、隙がないな。

 丈瑠と十蔵の戦いはどのカットも迫力満点だが、生身でそれをこなしていたのは絶賛せざるを得ないね。しかも騎馬戦までこなしていたのには驚かされる。馬に乗っての変身もかっこよかった。変身してからの戦いも、表情の見えないスーツでありながら気迫が感じられる。
 ただ、最初の戦いはともかく、彦馬にああ言われてまだ同じ心境であるとも思えない。馬上の戦いには、なにかあるんじゃないかと… いつか丈瑠は十蔵に「お前が自分を止められないならオレが止める」って言っていたからな。十蔵と丈瑠は、その存在の空虚さが似ている。そこに逆に救いがある気もしている。
 丈瑠の元に走る茉子、ことは、千明。屋敷で「殿ーーーっ」と絶叫する流ノ介。さてどうなるシンケンジャー…






《送料無料》串田アキラ/デビュー40周年記念BOX 一筋
(完全限定生産盤/HQCD)


定価 9,975円 (税込)
販売価格 9,500円 (税込 9,975 円) 送料込
ポイントアップ 5倍 475ポイント

曲名見ただけで熱いなー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34802073

この記事へのトラックバック

侍戦隊 シンケンジャー 〜第四十七幕 「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」
Excerpt: 〜第四十七幕 「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-01-17 22:20

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕 激突大勝負
Excerpt: 『激突大勝負』内容志葉家を去った丈瑠(松坂桃李)の前に現れた十臓(唐橋充)決着をつけるべく戦いはじめたふたり。“するべきことは、タダ戦いのみ”嘘偽りのない戦い。。。。心配し探し続ける彦馬(伊吹吾郎)は..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-01-17 22:34

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」
Excerpt: 侍戦隊シンケンジャーの第46話を見ました。第四十六幕 激突大勝負丈瑠が影武者だと知らされた流ノ介達は心の整理がつかないままに薫と共に戦っていた。一方、突然長きに渡った役目を終え全てを失った丈瑠は父親の..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2010-01-17 22:37

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」
Excerpt: テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 丈瑠の影武者としての役目は終わった。 今の丈瑠には何もない? 残ったのは十臓との戦い? 姫・薫のじいはものすごく嫌味な奴。 姫・薫もそうかと思ったが 凄くいい..
Weblog: JAOの趣味日誌
Tracked: 2010-01-17 22:39

今日のシンケンジャー 第四十六幕
Excerpt: 「激突大勝負」今回は、殿は十臓と対決、殿を探す源ちゃんはやりきれない気持ちでいっぱい、侍としての使命を果たさなければならない4人は複雑な気持ちを抱えながらも姫と共に闘うという事でしたね。まずは、殿。何..
Weblog: 地下室で手記
Tracked: 2010-01-17 22:45

シンケンジャー 第46話
Excerpt: 侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」。流ノ介あっぱれだよ流ノ介。 以下読みたい方だけどうぞ。
Weblog: Kyan's BLOG IV
Tracked: 2010-01-17 22:45

侍戦隊シンケンジャー#46.
Excerpt: 「激突大勝負」 「あの姫がもっと嫌な奴だったら扱いやすかったのに」@千明。この台
Weblog: 色・彩(いろ・いろ)
Tracked: 2010-01-18 00:03

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負(げきとつおおしょうぶ)」
Excerpt: 影武者の殿として生きる事が全てであったため、それを失った志葉丈瑠(松坂桃李)は空っぽ。そんな前に現れた腑破十臓(声:唐橋充)は、ただ自分と戦えば良いと語る。ただ強さのみを追い求めて戦う、丈瑠が自分の同..
Weblog: 無限回廊幻想記譚
Tracked: 2010-01-18 00:13

★侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕『激突大勝負』
Excerpt: 驚くほど何にもない…と何か虚無感に支配されてる殿… そんな殿に戦う事だけは真実だ
Weblog: 雪の地平線
Tracked: 2010-01-18 07:15

シンケンジャー第四十六幕感想
Excerpt: 侍戦隊シンケンジャー第四十六幕「激突大勝負」殿と十臓のバトルで幕開け。  よく考えてみれば変身は出来ても獅子ディスクがないので烈火大斬刀や火炎の舞は使えないんですね。戦っている殿を..
Weblog: 絶対無敵?ラリアット日記!(左利き)
Tracked: 2010-01-18 07:41

<プレリリース版>侍戦隊シンケンジャー 第46幕「激突大勝負」
Excerpt: (東映スーパー戦隊シリーズVol.33 #1675) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201001/article_..
Weblog: しるばにあの日誌(新館)
Tracked: 2010-01-18 08:10

『侍戦隊シンケンジャー』第四十六幕「激突大勝負」の感想。
Excerpt: ☆TBさせていただきます☆『侍戦隊シンケンジャー』第四十六幕「激突大勝負(げきとつ おおしょうぶ)」の感想ですっ! 丹波が これほど嫌われ役を一手に担うと、演じてはる松澤さんがカッコ良く思えてき..
Weblog: まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
Tracked: 2010-01-18 12:40

侍戦隊シンケンジャー:第四十六幕「激突大勝負」
Excerpt: 丈瑠と十臓の闘いは迫力がありましたね。単に斬り合うだけでなく、枯れ葉を投げつけて目くらましに利用したり、騎乗して馬で駆けながら刃を交えるなど、実に鬼気迫る闘いでした。しかも、それを生身の役者さんが実践..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2010-01-18 22:43

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」
Excerpt: 何にも無くなった殿に戦いを挑む十臓! すべてが嘘であった中で、唯一戦うことだけは真実と・・・ まさに外道に落ちるかの如く剣を交える殿! 自暴自棄になると人間は怖いですネ!! 「思うところは..
Weblog: むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜
Tracked: 2010-01-18 22:53

侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」
Excerpt: やっぱりあの刀がどこから出てきたのか気になるw「これだ・・・存在するのはただ剣のみ。 するべきことはただ戦いのみ」流ノ介達の元を離れ、十臓と刀を交える丈瑠。変身もなく、竹林の中での2人の戦い、絵的にス..
Weblog: あくびサンの、今日も本を読もう♪
Tracked: 2010-01-19 12:00

侍戦隊シンケンジャー#46.
Excerpt: 「激突大勝負」 「あの姫がもっと嫌な奴だったら扱いやすかったのに」@千明。この台
Weblog: 色・彩(いろ・いろ)
Tracked: 2010-01-21 00:39

◎侍戦隊シンケンジャー第四十六幕「激突大勝負(げきとつおおしょ...
Excerpt: 女レッドがリーダになることで、タケルリストラされる。そして、タケルの前にジュウゾウ現れ対決になる。そして、森で戦う。ゲンタはタケルを探す。ジイは、シンケンジャーたちに謝る。タンバは、カオルさんに黙らさ..
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2010-03-25 16:14