2009年12月15日

【緊急告知】田口清隆監督作品「G」上映&トークイベント

 マイミクさんが企画した、またまたマニアックでレアな上映会&トークショーの企画をご紹介します。興味のある方は是非!


田口清隆監督作品「G」上映&トークイベント
http://movie007.hp.infoseek.co.jp/schedule0912.htm#G




『長髪大怪獣 ゲハラ』の田口清隆監督が率いる製作チーム「Gプロジェクト」が、9年の歳月をかけて完成させた自主怪獣映画『G』のDVD発売記念として、ザ・グリソムギャングにて『G』(オリジナル版)の上映が決定!
(同時上映:第1部「ミルナイン」 第2部「クライシス北の國から」)



「G」

■スタッフ
監督・特技監督・撮影・編集・視覚効果:田口清隆
企画・脚本:五幹映像部
プロデューサー:松野拓行
音楽:原成淑・会田薫子
ガラエモンスーツアクター:春藤陽太郎
製作/Gプロジェクト
2007年度作品

■キャスト
手水智之・早川浩嗣・星野義幸・紅湖・高砂亮・江島孝哉・中村信幸・和田省


■ストーリー
海外派遣先で敵国ゲリラの襲撃に遭い、仲間を見殺しにしてしまった二人の自衛官・豪田と我羅衛門。その悔恨から彼らは『戦争で兵士が死なない為の研究』を始め、それぞれが恐ろしい兵器を創り出した。
数年後−。産業スパイの襲撃から研究を守るべく自ら開発中だった肉体強化剤を打ち込んだ我羅衛門は、突然変異を起こし巨大な怪獣「ガラエモン」となってしまう。豪田が下した決断は、かつて自らが創り出した『怪獣』特殊戦略戦闘装甲車「ロボ」を出撃させることだった。
今、最終防衛線・多摩川で、巨大怪獣の大激突が始まる。

■解説
1999年、「怪獣映画を作ろう」と映画学校の学生たちで組織された『Gプロジェクト』が、その後9年に渡り分裂と増殖を繰り返しながら遂に完成させた。学生時代にそのほとんどが撮影された『本編パート』と、その後特撮業界に潜り込み吸収していった技術・人員によって創られた『特撮パート』との無茶なコラボレーションが、観る者を「本気か?冗談か?」という混乱に陥れる。プロアマ問わず、現状の日本特撮業界に揺さぶりをかける超大作怪獣自主映画!



【第1部】同時上映「ミルナイン」
9月26日(土)に新宿ロフトプラスワンにて開催された「超大怪獣サミット」で話題をかっさらった現役女子大生“特撮隊”による自主制作8ミリ特撮ヒロイン巨大化映画「ミルナイン」を同時上映!

【第2部】同時上映「クライシス北の國から」
北海道・室蘭を舞台に湾岸警備を題材にした超絶ガンアクションドラマ。
田口監督が北海道に正月帰省した時に撮った作品(2003年)。


※第1部では田口清隆監督と「ミルナイン」の田中晴子監督をはじめとする特撮隊とのトークショーを、第2部では田口清隆監督と田口監督の師匠である樋口真嗣監督をゲストにお迎えしてトークショーを開催致します。



<タイムスケジュール>
12月23日(祝・水)天皇誕生日
第1部
10:30     開場(バースペースオープン)
11:00〜12:30 上映(「ミルナイン」&「G」)
13:00〜14:30 トークショー田口清隆監督&特撮隊

第2部
14:30     開場(バースペースオープン)
15:00〜16:30 上映(「クライシス北の國から」&「G」)
17:00〜19:00 トークショー 田口清隆監督&樋口真嗣監督

19:30〜22:00 「根ぎし」にてゲストを囲んでの懇親会(別料金) 

<料金>
上映&トークイベント 3,500円
1部2部通し券    5,000円
懇親会(飲み放題付き)5,000円


<予約について>
ザ・グリソムギャングは〔21席のミニシアター〕ですので、予約制での入場管理を行っております。
当日の来場でも、お席に余裕がある場合には問題ありませんが、確実なご観賞のため〔電話予約〕をお願いします。

受付電話番号:044−966−3479
(電話予約受付時間10:00〜21:00 不定休)

☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。




 
posted by K at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他特撮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34217052

この記事へのトラックバック