2009年11月13日

【感想】マイケル・ジャクソン THIS IS IT【ネタバレ無し】

 なかなか行く機会が無く、昨日やっと鑑賞。
 正直、感動させられた。



 元々、マイケル・ジャクソンのファンだったというわけではない。何故かアルバム「スリラー」だけは持っていて、何度も繰り返し聞いたものだけど、後にも先にもそれっきりだった。しかし逆に言えば、POPSが人生に与えている影響が極めて少ない私でさえ、LPレコードを所有しているという超メジャー…それがマイケル。正に彼はKINGだ。
 だから、特にファンでもなく、理由や思い入れが希薄でも、「彼の遺作となったドキュメンタリーならば見る価値がある」と思えた。なんとなく、観ておかなくてはならない気がした。



 率直な感想を言えば、本当に観に行って良かった。マイケル・ジャクソンという男は、人として人を超えた領域に達していたのだろう、と思った。

 「人生は辛いだろ?だからなにかひとつ、確実に信じられるものが欲しかった…」

 映画の冒頭で、涙を浮かべながら語る、ダンサーの青年の言葉が胸に響く。
 信じられるもの、信じる価値があり全てを賭けられるもの。それにマイケル・ジャクソンとのステージを選んだ、青年の言葉がこの映画の本質を描いていた気がする。



 大多数の人間の支持を受けるカリスマ的な人物というのは、どこかその言動の中に、集合意識をチャネルして表現している気がする。以前、私は「崖の上のポニョ」の感想で、「これは宮崎監督が、男性原理的な競争社会に生きる現代人の、自己回復の過程で見た夢をトレースしたものではないだろうか?」と書いた。(http://zolda.sblo.jp/article/20423956.html)実は私自身、その気付きは的を射ているのではないかと思っている。宮崎駿氏の卓越した技術とイマジネーションが、それを可能にしたのではないかと。
 ポニョと「THIS IS IT」では受ける印象は全く違うが、どこか個人という枠を超えて溢れ出てくる、「根元的な躍動感」が感じられた。



 世界の才能が結集して、一つに集まり、輝けるステージを作ろうとしている。人が表現しうるなにかの、更にその先へ。マイケル・ジャクソンの持つ純粋さ、繊細さ、熱、美、祈り、声、ダンス…全てが彼そのものでありながら、どこか超然としている。
 そこには私達の知る"日常"はない。音楽と愛。個性と普遍性が織りなす光のステージの中で、ただ感動を受け取るだけでいい。ありがとう、マイケル・ジャクソン。









イケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション


本体価格 3,600円 (税込 3,780 円) 送料無料
在庫あり(1〜2日以内に発送予定)

観に行って良かった!

 
posted by K at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・DVDなど
この記事へのコメント
私も感想ほぼ同じです。
この人はついに時代を超越したと感じました。
自分がなしたいと思っていることを、ただ本当にストレートに表現する。この年齢になって、まるで妖精です。
そんなマイケルだからこそ見せられるものがある。そんなメッセージも感じましたね。
Posted by 甘崎 at 2009年11月14日 00:33
甘崎さん、こんにちは!

ほんとすごいですよね。圧倒されました。
普通なら考えられないステージなんだけど、マイケルなら
やってくれる!できてしまう!と思っちゃえるんですよ。
50歳の男が、若さ溢れるダンサーと同じレベルのダンスをするっていう
もうそれだけで十分ミラクル。その上であの歌。
存在そのものが強いメッセージでしたね。
Posted by K at 2009年11月14日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33622306

この記事へのトラックバック