2009年03月19日

ヤッターマン 【ネタバレ感想】

 あのアニメが実写映画化された!
 TVアニメもリメイクされて放映中ではある。が、間違いなくこの映画「ヤッターマン」は、あの70年代後半の土曜の夕方に放映されていたアニメの実写版だ。
 ぶっちゃけ、ヤッターマン映画化の話を聞いたときは「どーすんだよ一体」と思ったものだ。あの無茶苦茶なギャグアニメをそのまま映画化するというのは、色々と無理があるのは言うまでもない。だが、その【無理】を逆手にとって楽しませてくれたと思う。メカ戦は無駄に迫力があるし、馬鹿馬鹿しいシモネタも楽しい。
 余り期待しないで見たのだが、思いの外面白くて満足度が高かった。EDテーマとテロップが終わるまで席を立たず、その後のオマケも楽しむべし!





【ネタバレ感想】




 余り乗り気でなかった息子を、無理矢理引っ張り出して観に行ってきた(笑)昨日、同じ三池監督の「ケータイ捜査官7」の最終回に泣かされたばかりだったので、なんとなく今日がベストタイミングかなと思って。母親に付き合わされた息子は不満げではあったけど、見始めたらそんな気分はどこ吹く風、最後までノリノリで楽しんでいたぞ。
 周りを見ると、子供率はそこそこで年齢層はバラバラ。嵐の桜井くん目当てっぽい女の子達もいたな。

 しかしアニメの実写化、と言う意味では、かなりいい線だったのではないかと思った。実写にしてしまうことで、ちょっと「えええ」になってしまう部分を、逆に笑い飛ばす感じ。冒頭、ドロンボー一味のせいで惨憺たる有様の渋谷はすげえよ。ここまでやるか、みたいな(笑)なんかあのシーンで、この作品の描こうとしている世界観の全体が見えた気すらしたね。
 ヤッターマンとドロンボーの馬鹿馬鹿しい戦いが、ちゃんと再現されているのはなかなか。ケンダマジック、すごくいい感じだ。再現と言えば、ドロンボー一味が歌を歌って踊りながらメカを作る様子を、あんな風に再現してくれるとは思わなかった。すごくいいね、あれ。また細かいことだが「ハッチ公前広場」とか「ナルウェーの森」とか、変にいじった地名も原作リスペクトで楽しいな。
 メカ戦はかなり凝ったCGで楽しませてくれた。デザインはあのフザケたメカだし動きもコミカルなんだけど、妙に重々しくて(笑)凄まじい。あのヤッターワンが現地に向かうシーンとか、描写しなくてもいいのにここまでやるかと(笑)てか、こーゆーのやりたかったんですか?みたいな(笑)ちゃんとドロンボー達の商売=巨大メカ=ボヤッキー達の武器が、それぞれ統一モチーフになっているのはさすがと思ったよ。

 ストーリーも良くまとめたんじゃないの?元々知名度のある作品故に、見に来る人も「分かっている」人ばかり。そんな条件を最大限に生かして、ある程度ぽんぽんと進むストーリー。ちゃんとドクロストーン関連もまとめてきたし、ゲストの少女の成長物語もハッピーエンドで完結したし。あのドロンボーの別れのシーンは、本当にヤッターマンの最終回そのままだよね!多分ドロンジョのセリフとコスも再現していたと思う。
 それに、なんだかんだで正義の味方としてのヤッターマンの姿勢が良かった。ちゃんと貫くところは貫いているし、その姿が少女に影響を与えるというのもいい。ドロンボーを助けてやるのも、彼等に思い入れてしまう観客にとっては嬉しい描写だ。やはり基本はヒーローものなので、その辺が真っ直ぐなのは気持ちいい。

 全体として、ドロンボーとヤッターマンの描写バランスが程良かったし、その辺の割合も原作準拠というか、それらしいなあと思った。ドロンジョの恋のあたりは、物語の中でいいスパイスになっている。
 しかしドロンボー三人組のキャスティングはよかったなあ。最初深キョンのドロンジョ様の声がちょっと細くて弱いな〜なんて思ってしまったのだけど(まあオリジナルは未だに声ヂカラの衰えない大御所だしね)、観ていくと段々と慣れてきた。なんせキレイだったよドロンジョ様!個人的にはトンヅラが男気溢れていていいね〜と。
 もちろん正義側も良かったよ。今まであまり桜井翔くんに興味はなかったんだけど、ちょっと惚れそうになった(笑)女の子二人も、エロっちいシーン含め笑顔爽やかに熱演。こういうの好感持てますね。
 うちの息子は「ジャンボパチンコ」に大ウケしていました。シモネタ大好き小学生♪ですみません(^^;;;
 唯一残念だなあと思ったのが、変身シーンかな。もうちょっとヤッターマンの変身は、なんちゅーか、エロスが欲しいんですよね。特に二号の方。上手く言えないんだけど(笑)

 まーそれにしても楽しかったよ。懐かしいBGMの数々はもちろん、山本正之の主題歌聞けたし!ヤッターキングも出てきたし!まさかのオリジナルキャスト実写出演もあったし!
 あのアニメを愛していた人なら、「これこれ!」と思う部分も沢山あると思う。楽しいバカ映画ながら、手抜きは感じさせない娯楽作品です。





【予約】劇場版ドロンジョ/コスチュームセット
(コスパ/2009年7月中旬予定)


メーカー希望小売価格 99,750円 (税込) (税込) のところ
価格 84,700円 (税込) 送料別

ちょっと着る勇気はないなあ(笑)でもこのコス、かっこよかったよ。

 
posted by K at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・DVDなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27710872

この記事へのトラックバック

ケータイ捜査官 おもちゃ
Excerpt: ケータイ捜査官7 File 01/窪田正孝[DVD]商品価格:3,391円レビュー平均:5.0 ケータイ捜査官のOPにある「明日未来」って文字は○○戦隊ナントカれんじゃー!! の○○みたい.....
Weblog: 今日の重要ニュース(ダイジェスト版)
Tracked: 2009-03-21 08:44