2008年11月18日

ウルトラマンメビウス考・5 世代

 冥王星軌道上で光の巨人に出会った男、サコミズ。彼の思いがGUYSを作り、メテオールという技術に繋がり、それがドラマの礎となった。
 彼は元々科特隊の隊員であり、ウルトラマンが初めて地球に光臨した頃の時間を、思いを、そのまま現代に引き継いでいる人物でもある。その間、40年。「ウルトラマンメビウス」という物語を思う時、この時間の長さを感じずにはいられない。



 科特隊を初めとする、ウルトラマンと共に戦った仲間達。彼等の思いがGUYSのそれに劣っているとは決して思わない。彼等はそれぞれ熱い心で地球の平和を守り、ウルトラマンとの共闘を果たしていた。その中で、自分たちの超えられない領域で戦う光の巨人達に対する思いも大きかったろう。
 その中で何故、GUYSはウルトラマンメビウスとの特別な絆を持つことが出来たのか。正体がばれた人間体のミライを仲間としてそのまま受け容れ、最終回では共に変身を為し得たのか。
 ひとつはこのメビウス考で最初に書いたように、彼等がウルトラマンメビウス自身によって選ばれたからであると思う。しかし、それだけでは不十分である気がする。
 そこには様々な解釈も可能だろうが、私なりの考察を述べさせて頂ければ、それこそが40年という時間の為し得た「人類全体の意識の底上げ」とでも言うべき部分なのかも知れないと思う。



 「メビウス」では、ウルトラ兄弟の存在した世界を引き継いだ形で物語は進む。ウルトラマン80が地球を去ったのが1981年。それからすでに 25年もの月日が過ぎ去っているわけだ。当然その中では「現実にウルトラマンの戦いを見守っていた大人達」「ウルトラマンを初めて見る子供達」が存在している。作品中でもちゃんと、ウルトラマンを見て懐かしむ大人の眼差しと、親に聞いた伝説を目の前にして目を輝かせる子供達が描かれた。
 そう、伝説。「メビウス」の世界の中で、ウルトラマンは世代を超えて伝えられる【伝説】になっていた。
 もしも子供の頃、ウルトラマンが本当にいたら。自分たちの代わりに怪獣と戦って守ってくれたヒーローがいたなら。あなたはそのことを、どんな言葉で自分の子供に伝えるだろうか。その話をする時のあなたの顔は、どんな表情をしているだろうか。恐らくそこには、当時自分が抱いたであろうそのままのヒーローへの熱い思いや憧れが、言葉に表情に宿るのではないだろうか。
 子供はそこに「生きた伝説」を見る。昔話ではなく、生きた伝説。ウルトラマンという名の光り輝く魂が、そのまま親から子へと伝えられていた世界。「ウルトラマンメビウス」とはそんな世界をベースに持っていたのだ。

 だからこそ、人類全体に「ウルトラマンの思いに応える」という意識の土壌が出来ていたと言えるのではないかと思う。40年の間に生まれた子供達が、親から聞かされた伝説。その根幹に流れている精神。不思議なもので子供は、無意識に親の言葉の裏にある真実を見抜く。命を賭けたウルトラマンの戦いを見た人々が、新しく生まれた子供達に、伝えていくことで広がっていくウルトラマンへの思い。
 「百匹目の猿」という有名な話がある。その信憑性は怪しいものだという説もあるが、私はこれはある程度真実を突いているのではないかと思っている。やはり進化には、一部が突出していても駄目で、全体がある一定以上のレベルに底上げされていなくてはならないだろう。
 25年という年月の間、人類とウルトラマンの関係は、決して途切れたわけではない。その間もウルトラマン達は神戸の片隅で人々と共に生き、太陽系の彼方で地球を守ってくれていた。そして人間は彼等の存在を忘れることなく伝えていた。
 サコミズとゾフィーとの邂逅も、ミライがGUYSに受け容れられたことも、その結果に過ぎない。そんな風に私は考える。



 「メビウス」の面白いところは、視聴者も二代にわたっているという部分だろう。
 様々なエピに細かく散りばめられた、過去の作品群からの遺産。怪獣そのものや、マケット怪獣などのメテオール、余程よくウルトラの世界を知らなければ分からないような設定もあった。

 そんな中でテッペイというキャラクターは秀逸だったと思う。
 古いウルトラ作品を見たことのない子供達でも、彼が劇中で喜色満面で、時には驚愕の表情で「○○だあ!!」と語る時、そこから「ああ、コレはきっとずっと前のウルトラマンに出てきたんだな」と自然と察することが出来るからだ。テッペイは現代を生きる子供達と、過去の作品群との架け橋であり、「伝説」として生きている<<ウルトラマンの戦い>>の語り部でもある。彼がいたからこそ、「元来のメイン視聴者であるはずの子供達の置いてけぼり状態」が最小限で済んだのではないかな、と感じる。





PLAYMOVIEシリーズ ウルトラマンメビウス外伝
超銀河大戦 DXウルトラコクピット専用ソフト1
伝説の怪獣、復活!宇宙の王、アークボガールの誕生


当店通常価格 2,940円 特別価格
価格 2,360円 (税込2,478円) 送料別

これ公式の続編なのかな?

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23038309

この記事へのトラックバック