2008年07月02日

仮面ライダーアギト・6 邂逅

 三人のライダーは、最初、互いの存在を知らない。当然お互いの正体も知らない。それが物語が進むにつれて、アンノウンとの戦いを通じてそれぞれが出逢う。そもそも第一話のキモは、G3とアギトの出会いが最大のクライマックスだ。

 アンノウンとの戦いでライダー同士として出逢い、「あかつき号事件」「アンノウンの目的」などの謎解きを通して、人として出会う。単純に人を助けようとするアギト。ライダーとして人を助けつつも、警察官としての任務も遂行しなくてはならないG3。運命に翻弄されつつ孤独に戦うギルス。彼らはお互いの立場をよく知らないが故に、なかなか共闘できずにすれ違う。
 同時進行で進む人物描写では、主に脳天気でマイペースな翔一に、クソ真面目一本気の氷川が調子を狂わされ、彼らに個別に絡んでくる涼は、寡黙でぶっきらぼうな謎の男。

 それぞれが人間関係を少しずつ深め理解し合う過程と、ライダーとしてすれ違う過程が同時進行で描かれる。見ているこちらはヤキモキするのだけど、そこを丁寧に描いているところがアギトというドラマの美味しいところでもある。そして彼等にはそれぞれ繋がりを持つ人々がいて、その人間関係も複雑に絡んでくる。
 だからこそ、ようやく翔一の前で変身してみせる涼のシーンに燃えたり、アギトの正体が誰だか分からずに一人ぐるぐるしている氷川が面白いのだ。

 アギト・ギルスという「人でないもの」「しかし誰よりもヒューマニティを持っているもの」が、人間であるG3と、同じ思いで共に戦う姿に感動を覚えるのは私だけではないと思う。
 立場も考え方も違っているが、そこに貫かれているヒーロースピリッツは強く輝きを放つ。
 迷う者、追う者、憧れる者、様々な人々が彼等の輝きに何かを見出す。

 アギトはアギトとして戦い、G3は人として戦い、ギルスは自分として戦った。
 全ての命が「生きる」ために。
 彼等の放つ輝きは祈りだったのか、希望だったのか。
 神の問い掛けに、人は応えることが出来るのだろうか。

 …きっと、できるさ。
 そんな神の使徒の微笑みと明るい人々の笑顔で、この物語は締めくくられるのだ。






仮面ライダーアギト考・了





S.I.C.クラシックス2007
アナザーアギト&シャイニング・バーニングフォーム


メーカ−小売希望価格 4,725円 (税込)
当店販売価格 4,500円 (税込) 送料別

復刻版です。甦れ、その魂!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16569399

この記事へのトラックバック