2008年06月13日

仮面ライダークウガ・6 サムズアップ

 クウガの話でどうしてもはずせないのが、親指一本立ててサムズアップ。

 このポーズには好き嫌いがあるだろうし、私はつい昔のアニメ「銀河旋風ブライガー」とか思い出して「イェーイ」とか言いたくなるのだけど(笑) …実はブライガーの時からあのポーズはほんのちょっと寒いモノを感じていたので、正直あまりサムズアップというポーズそのものについては「カコイイ!」とは思わない。思わないのだけど、劇中のサムズアップの使い方はよかった。
 小学生だった五代少年に、このサムズアップを教えた小学校の先生の話が私は好きだ。こういう事を子供に、ちゃんと教えられる大人になりたいもんだと思う。

 自分の行動に、責任と賞賛を持てるということはどれ程大切なことだろう。それは自分自身に誇りを持つと言うことに繋がる。
 当たり前だがどんなに外面を取り繕っても、自分自身に嘘を付くことは出来ない。つまり自分のハートに問うて「それでよし!」と言えないとサムズアップは出来ないということだ。まあいいや、ではダメなのである。

 自分のしたことを己のプライドを持って支持するという行為は、実は非常に人間性の芯の部分を問われることになる。自分にとって、人にとって、「本当に心から【よい】と言えること」とはいったい何なのだろうか。一片の誤魔化しも嘘もなく、自分を褒めることの出来る行為。まるで道徳の教科書のようで、どう考えても綺麗事のようで、そんな言葉でつい誤魔化してしまっている、とても大切な精神がハートの奥に眠っている。
 それに向き合うのはとても勇気が要ることだ。なかなか真似が出来ないかもしれない。しかし私達は五代雄介の言動の中に、真っ直ぐに自分のハートに向かっていきている理想の姿を見ることが出来る。

 あの多くの命が危険にさらされ、自分の生と死を賭けたグロンギとの戦いの中で、五代がサムズアップ出来る生き方がクウガとして戦うことだったのだろう。

 私は人の強さとは、ハートの強さだと思っている。そしてそのハートを支える意志の顕れ。それこそクウガのサムズアップではないかと感じる。
 別に巨悪と戦わなくてもいいのだ。小さな事でいい。全身全霊を持って自分の行いを「よし」と言えること。それを積み重ねていくことが、自分自身の心に栄養を与える。昨今の薄っぺらい、ニューエイジやスピリチュアル系で言われる「もっと自分を好きになりなさい」なんて言葉は、本当にいい加減だ。むしろこういった小さな自分への栄養を与えていく行動こそが、自分を好きになる近道ではないかと私は思う。表面的に自分を好きになった気になったとしても、ハートは誤魔化せないから。(まあこの辺はもうちょっと複雑な要素もあるんだけどね…)

 五代のサムズアップは、みんなに広がっていく。その大切さ、生き方の素晴らしさにみんなが影響される。そして明るさと他愛心に満ちた心が、みんなに笑顔をもたらす。

 クウガの物語が終わったあと、五代は旅立ったが、彼の残した足跡は物語に関わった人、全てに残った。

 そして去っていった五代を、共に戦い苦しみを分かち合える友が待っている。

 後に残されたのは、抜けるような青空だ。







仮面ライダークウガ考・了









仮面ライダークウガ 新春スペシャル


オンラインセール価格¥5,481(税込)
仮面ライダークウガ VOL.12


オンラインセール価格¥5,481(税込)

やはり名作、と言っていいんじゃないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15970453

この記事へのトラックバック