2014年06月24日

キルラキル考察・9 キルラキルってなんだったんだろうね…

 わけわかんない、それが私達なんだよ!
 曖昧も中途半端も不確定未分化理解不能も全部ひっくるめてそのまま、よしとする。
 「服」という概念からの解脱。「服か服されるか」の戦いは裸で抱き合う開放感と笑顔で幕を閉じた。




 「なんだかよくわからない」ことが是である。

 それは物語のテーマとしては非常に難しいことは前回も書いた。ただ起こっている事を描写しているのは「中継」「報道」となんら変わらない。そこに知性の光を当て、解釈の切り口を作り、意味を見いだしてテーマを訴えるから「物語」と成り得るのだ。
 よくわからないけど面白い、それだけならナンセンスギャグにすればいいし、それも可能な素材だと思う。しかしそうはならなかった。「わからない」という知性の限界を認めた上での存在の肯定。理論上の矛盾を凌駕する力技。どうしたらそんなことが可能になるんだろうと思うが、恐らく色々試行錯誤をするうちに生まれた偶発的な様々な要素がこの不思議な物語を紡がせたのだろう。




 世界も、私達も、なんだかよく分からない存在だ。だからこそ美しく素晴らしい。「キルラキル」の物語をまっすぐ受け止めれば、そこが物語の肝である事は間違いないと思う。
 だがこの考察を書きながら、私はもう一つ、考えさせられた事がある。
 【なんだかわからないもの】を、本当にそのままに、私達は受け入れる事が出来るのだろうか。意識する事が可能なのだろうか。

 人は理解の範疇を超えたものに対しては、意識的に隔離(無視や拒絶なども含む)をするのが普通だ。場合によってはその存在を認識する事すら出来ないかもしれない。

 と、思い返せば劇中最も"わけわからない存在"である満艦飾マコも、ずっと孤独な高校生活を送っていた。しかし物語を通じてマコは多くの人々に受け入れられて行く。モブからヒロインへ。そう成った切っ掛けは、纏流子がそのわけ分からなさを丸ごと受け止めたところから始まっている。
 マコはただ不条理な女子高生ではない。流子曰く「強いんだか弱いんだか分からねえ、気がついたら人の心ん中までずかずか入り込んでくる女」であり、全力で流子を信じ支えてくれる存在だ。単純に目に見える場所で微笑んでいるだけの友達ではない。ただそこにいるだけではだめなのだ。理解できないけど惹かれる要素、「わけのわかんなさに応えなくちゃいけねぇ!」と思わせるなにか、なんらかの+αがなくてはならない。

 自分がそれまで培って来ていつの間にか杓子定規になっていた文脈の読み取り方とか、こういうのがかっこいいんだよねと独りごちる画面のセンスとか、んなものは蹴っ飛ばして笑いながら疾走するのに目が離せない。そんな摩訶不思議なアニメみたいな、なにかが。




 それがなんなのかを言葉で語る事は出来ない。
 強いてあげるなら「熱」かもしれない。存在そのものの「熱」だ。




 物理法則に作用反作用があるように、ある種の熱が生み出したエネルギーがどこかで受け止められたとき、そのエネルギーは新しい熱を生んで押し返される。熱は放たれるとエントロピーを増大させながら拡散し、より複雑さを増して行く。それもこの場合、ただ漫然と世界に広がっていくのではなく、意図して関わって巻き込んで広がる熱だ。
 それは創造物でも一緒だ。熱が伝わり熱を生む。思いが形に成れば感動が生まれる。最近はネットが介在するために、目に見える形でそれらが連鎖し、それまで以上のスピードで周りを巻き込んで広がりを見せる。

 「頑張れトリガー!」なんてそもそも、予告の遊びだったのだろう。しかし一度放たれた言葉が刺激を与え、加熱され続けてていた思いが沸騰した。ファンの間でラスト一週間叫ばれていた「頑張れトリガー!」の叫びは、この「キルラキル」という作品がもたらした突沸だ。
 「制作側が納品ギリギリの進行状況なのをネタにするなんて」という批判もあった。しかしこの場合に限っては、その批判は的外れではないか、と私は思う。制作側の熱、それに応えたファンの熱、そしてさらにそれに煽られる制作側の熱…というひとつの「熱の渦」がもたらした現象だったからだ。これはその直中にいて体験した者でないと、そのリアルは伝わりにくいかもしれない。
 もちろん「キルラキル」がただ「わけわからない」アニメだったらここまでの熱狂はない。一つの作品としての表現力とその完成度、それが「ちゃんと伝わったから」こその熱の渦だ。

 言葉を超えた熱がアニメという形でそこにあった。
 それは「キルラキル」という体験だった。




 わけわかんない、それが私達だ。
 理屈でも主義主張でもない。理由すらなくていい。
 よくわかんない熱で今、存在している。

 熱を放つ限り、誰かが受け止めてくれるかもしれない。
 経験が熱をより複雑な秩序にして、より多くの人に受けいれられるかもしれない。

 空間に熱を解き放つ。そこから生まれる理解を超えた世界は、素晴らしく、美しい。





キルラキル考察・了







 本当は予定になかった「キルラキル考察」でしたが、「キルラキルはダチョウ倶楽部」発言に刺激されて書いてしまいました。いや難しかったな…
 考察というより個人的反省文のようになってしまいました。
 この場を借りて「キルラキル」という作品に関わった全ての方に感謝します。素晴らしい作品をありがとうございました。

 にしても岡田氏がこの発言をしてからキルラキルを見たかどうかは知らないんですけど、彼がその後どう感じたのかはかなり興味あります。
 ちなみに私はダチョウ倶楽部は好きです(笑)





 
posted by K at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キルラキル