2011年11月21日

仮面ライダーフォーゼ 第10話「月・下・激・突」

 魔女志願・後編。野座間ちゃんライダー部に入部の巻。
 時間がなくて今更の感想です。箇条書きで失礼します。


 ●OPに登場する部活メンバーが、これで揃ったね。今までは仲間に入れてから月に連れて行ったけど、今回はいきなり拉致って月にってパターンで新鮮だった。

 ●素顔の野座間ちゃんはマジでかわいい。今までやたら目の下の隈を強調したキモメイクだったのはこの為か。

 ●ラビットハッチで、それぞれ自虐ネタを言う一同。正直ちょっとこっ恥ずかしくなった(^^;;; ああ、青春とはかくもピュアなり。

 ●野座間友子というキャラが、表面的には変人として描写されてはいたが、彼女の心の内の苦しみや葛藤には、少々唐突感があった。部屋にある蝉の抜け殻や卵のオブジェで「自分を変えたいんだ!」と気付くのも、ある意味弦ちゃんらしくない。その辺の流れにもう少し説得力があれば、もっと良エピになったと思うんだけどな。

 ●そんでも「そのままの自分でいい」と言ってくれた!ということに、心を動かされると言うのは非常によいね。

 ●祭壇座のゾディアーツとの戦い。腰を曲げた老婆のような姿形ながら、なかなか面白いアクション。夜の舞台に、炎のエフェクトの使い方も鮮やか。

 ●魔力のこもった杖を屋上に投げられた!それをアメフトのクラウチングスタートから、がしょんがしょん走って壁をよじ登ってキャッチするダイザーすげえぞ。コイツが活躍するのはとても嬉しい。

 ●しかし前回のエピですっかり「良い奴」になってしまった大文字さん。今じゃ頼りがいのあるただのイケメンじゃないですかああああ!もうちょっと弦ちゃんと衝突してもいーんじゃねえの?なんかキャラがもったいないくらいだ(笑)

 ●炎の攻撃を吸収するファイヤースティツ。「弦太朗さんの力!」という友子。弦ちゃんのなんでもそのまま受け入れる精神が、スイッチの力に影響を及ぼした訳だ。

 ●アストロスイッチの力に個人の能力や特性が影響を与える事は、今までのエピで少しずつ語られていた訳だけど、なるほどね!と思った。エレキスティツの時に、よく分かんないスイッチの力をスティツチェンジの力として受け止めてしまったのも、そういう理由だったんだね。

 ●ライダー爆熱シュート!で爆鎮完了(笑)

 ●お約束のほのぼのラスト…と思いきや、まさか弦太朗だけでなく野座間ちゃんまで川に落とすとは!ちょっと驚き。


 いやあ、仮面ライダー部はこれからどうなるのかな。一通りのキャラ紹介と序盤の設定紹介が終わった所で、次回からの展開が気になるところ。まさかのフォームチェンジも二つもこなしたし、展開はスピーディーだね。
 そしてスイッチが増えるたびに騒がしくなってくる0Pの画面(笑)好きだなコレ。サビの部分がどんどんゴチャゴチャしてきてさ。フォーゼのデザインがかわいらしいから、ワイワイたくさん出てくるのが楽しくて仕方ない。これからも増やして欲しいなー サイズ小さくしたら何とかなるだろうし!








バンダイ/BOXフィギュア
仮面ライダーフォーゼ
アストロスイッチ(食玩版)
全7種セット


価格 2,600円 (税込 2,730 円) 送料別
1〜2日以内に発送予定(土日祝除く)
残りあと3個です

なんか色々品薄でびっくりする…