2011年08月22日

仮面ライダーオーズ 第47話「赤いヒビと満足と映司の器」

 映司の望みは「力」。人を守る、世界を救う、その為の力がほしい… 真正面からついに激突するアンクと映司。

 「アンク…ありがとう」映司のその言葉が脳裏をよぎり、オーズに技を繰り出せないアンク。戦いながら重ねた日々を思い出し、ついに自分の心の底に隠れていた思いを導き出す。とどめを刺そうとする真木から映司を護ったアンクは、己は傷つき消滅を待つ身なのだが、『満足』を感じていた。決して欲望が満たされないはずのグリードなのに、微笑みながら「満足だ」と言うシーンは胸を打つ。
 また、比奈とちよこさんの会話も良かったね。ちよこさんの懐深さが、凄い安心感が合って。「ちゃんと欲張る」って言葉のチョイスも彼女らしい。だから比奈は、アンクと話をする事が出来た。アンクの身を心配し、素直に気持ちを伝えられたんだろう。二人の表情も柔らかくていいんだよね。
 一方「今出来る事」をしてきたつもりだった映司の本当の望みは、すでにアンクが与えてくれていた。しかし今はより強い力が欲しい。紫のメダル、そして鴻上が集めてきたコアメダル。そこに手を伸ばす事は、果たして本当に映司にとって「正しい」ことなのか?力に溺れて闇落ちしつつあるのではないか?そんな懸念がぬぐい去れない。恐らく伊達や後藤の言うことは正しいのだが、危機的な状況に直面し、自分の願いに気付いてしまった映司には、それしか考えられない。
 アンクは映司の元に「戻る」と言った。この「戻る」という言い方に、自分がいるべき場所、望んでいたものはそこだったんだ…というニュアンスを感じる気がしたんだけど、どうでしょう?

 グリード体になった映司とアンクの戦いは、時々生身の二人がカットインされるのが非常に良い。緊迫感もあるね。グリード体からオーズに一瞬で変わるのもかっこよかったな。「力が欲しいなこんな程度で暴走してんな!」と気合いを入れる一撃で、コアメダルを奪い取っての変身解除。もうここで9割方思いは揺れているみたいだったけど、やっぱり「今日のアイス代」で完全に決まったね。でもってやっぱ真木博士の弱点は左肩じゃん(笑)
 そして再び真木との戦い。もつれるプトティラと真木グリード体に、参戦するWバース。戦いの中にそれぞれの思惑が分かり易く伝わるね。真木は全力って感じじゃなくてそこがまた不気味。伊達と真木の「お陰様で」の会話も、緊張感の中にちょっとしみじみしてよかったなあ。そしてグリード体になってしまった映司に戸惑うバース組。ううう…そうだよねえ…二人の行ってる事が正しいよ…
 物陰でこそこそ見ていたウヴァ、緑のメダルもらって完全復活〜!やたら電撃しまくって強い強い。「虫けらが!」虫に虫けらって言われちゃったよ!(笑)しかしWバース&プトティラで適わないって、何故?電撃が相性悪いのか。ともかく、この現状を打破する為に、例のセルメダルに手を出そうとする映司。どうなる?

 次回は最終回。なんかもう、映司とアンクがどうなるのか気になりつつ、でもきっちりと物語としては完結しそうな予感がして、それがとても嬉しい。終盤になっての映司とアンクの思いの重なり方が、非常に素晴らしいので、きっと期待は裏切らないのではないかと…信じているぞ!「オーズ」!!
 …でもって実は、私、来週はちゃんと通常更新出来ないのです。出かけてしまうので。恐らく更新するのは新番組放映直前か、同時くらいになっちゃうんじゃないかと… こんなブログをのぞきに来て下さる方々には本当に申し訳ないんですけど、よろしくお願いしますorz










全6種フルセット (フルコンプ) 【10月ご予約】
【 食玩 HDM創絶 仮面ライダー 地上最強の凶暴な力編 】


当店価格 3,480円 (税込) 送料別

こうしてみると地獄兄妹とプトティラ、ちょっと似てるな。