2011年07月19日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第21話「冒険者の心」

 ブレシャス回収の為に手を組んだ宇宙海賊と冒険者。トラップを抜けた先に待っていたのは懐かしの悪役リュウオーンだった。これはちょっとした冒険だな!

 明石チーフ登場!ちょっと髪形が変わったくらいで、見た目も雰囲気もあの頃のまま。「ちょっとした冒険だな」って言い回しも変わらなくて嬉しい。真面目にブレシャス回収の依頼をしながら、鎧の「サイン下さい!」に表情一つ変えずに応じてやるシーン、らしくてワロタよ。
 結果ではない。「冒険をする」喜び。立ちはだかった困難に奮い立つ心。うん、ボウケンジャーという作品を俯瞰している分、端的に「冒険者ってなんぞや?」の部分を表現したエピになっていた。その上で、主役は【海賊】だから、欲しい者はこの手で掴むぞ、と。短い時間にきゅっと詰め込んで、なかなか良エピだったのではないでしょうか。
 危険なプレシャス「黄泉の心臓」で蘇ったリュウオーン様。なつかしいなあ、ジャリュウ一族だよ〜(笑)今見返すとなかなかかっこいいデザインの悪役であった。歴代の戦隊メンバーの顔見せも嬉しいけど、悪役が出てくるとまたワクワクするなあ。
 ボウケンジャーって30作記念戦隊で、アカレッドが出てきたのはボウケンジャーの時のVシネだよね。だから途中マーベラスが明石とのやりとりにアカレッドを重ねたり、ラストシーンで明石がアカレッドの名前を呟いたりするのも納得。むしろチーフとアカレッドには深い繋がりがあるって伏線か…

 ブレシャスをめぐって、海賊とインサーン達が鉢合わせ!ああこのパターン、まんまボウケンジャーだよなあ、なんて懐かしく思った。明石・マーベラス・ルカの三人が先に進んで、残る四人が戦闘開始。忍者!ってことでシュリケンジャーにチェンジした鎧以外はカクレンジャーに(笑)アクションと連動して出てくるロゴはもちろん、その辺のやり取りも面白かった。
 リュウオーン復活!あの洞窟の入り口でヤラレちゃってたザコさんたちは、トラップに引っかかったのかジャリュウの皆さんにヤラレたのか?それはともかくマーベラス達が攻撃を何とかしのいで仲間の元に駆けつけると、海賊もザンギャックも関係なくなぎ払う大暴れ(笑)いやあ、お強い!
 「目の前に困難が立ちはだかった時ほど、心は奮い立つらしいぜ!」明石の言葉を口にするマーベラス。男が男を認めたような感じで良いね。そしてゴーカイジャーに。シルバーが前に出てがーーーっとやって、その間に準備して残り全員の必殺技を放つも倒れない。ここでボウケンジャーにチェンジ!出ました主題歌メロディ。毎度の事だけどイントロにゾクッとするね。それぞれがアイテムつけて戦うんだけど、レッドがリュウオーンと一騎打ちした時、あの特徴的な長モノの特徴を利用したアクションで良かった。最後に先端のアームでリュウオーンの手をガッと掴んで拘束し、胸の「黄泉の心臓」を素手で「掴み取る」。正に海賊だぜって展開で面白い。
 それでも倒れないリュウオーンに、銀の金モードでとどめを刺したらお約束の巨大化。豪獣ドリル→レックスと、デカゴーカイオーで応戦。デカの銃撃、レックスの接近戦、マジドラゴンでトドメと流れる攻撃を仕掛けたのに、ココでも弾き返すリュウオーン様。「ボウケンジャーの大いなる力を使う!」「いけるかな?」「ちょっとした冒険ってやつだ」てなわけで、大いなる力はダイボウケンがそのまんま出てきたよ!実体化するのは轟轟剣だけなんだね。ボウケンジャーのマークの方位磁針?の部分がクルクル回る「ゴーカイアドベンチャードライブ」が必殺技と。

 冒険者と海賊はなかなか相性が良かった感じがする。宝探しっていう意味では似たようなもんだからかな。特にプレシャス回収に参加したのがマーベラスとルカってのが、あのメンバーの中で適任って感じだったね。
 それにしてもナビィはかわいい。ゴーカイジャー見るたびに息子と「かわいい、飼いたい!」と話題になっちゃうわ。








轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!


定価 2,940円 (税込)
販売価格 2,240円 (税込 2,352 円) 送料別

あれから5年なんだなあ。