2011年07月03日

仮面ライダーオーズ 第40話「支配と誕生会と消えるアンク」

 町内会長さん暴走・後編。映司、アンク、比奈…三人の間に生まれた絆。微妙な関係の三人の、言葉ではっきりとは言いがたいつながりとはなんだったのか。

 「ただ一緒にいる時間が積み重なっちゃった」これは秀逸な台詞だった。お互いの利害の一致で結びついた三人だったけれど、それだけでは説明出来ない互いへの気持ち。それは理屈じゃなくて、言い訳も出来なくて、自分でもよく分からないけど、それでも確かに生まれてしまった絆。自分にとって異質であるはずの相手の存在を受け入れ、認めてしまうだけ、一緒に共有した場と過ごした時間…
 今日の物語の展開って、彼等の関係性を台詞ではどこか曖昧なままに表現しているんだけど、映像の雰囲気がそれをすごく補っていた気がする。いや、もちろん台詞は重要なんだけど、その台詞の裏にある心情が見えてくる画面がね。
 クスクシエを出てぼんやりと過ごす映司とアンクのシーンには「おっ」と思った。そしてとにかく映司とアンクが二人で話し合う川辺に、笑顔でお弁当を持ってくる比奈からのシーンが本当によかった。彼女の行動を否定しようとするアンクと、それを受け入れようとする比奈と、それを見つめる映司。やってきたちよこさんを含めて、開かれる誕生パーティーでの、それぞれの行動にかぶる台詞。脱げかけた三角帽をかぶり直すアンクのカット、さりげないけど彼の心情が現れていてすごくいいな。
 パーティーで騒いだあと、静かに会話を交わす三人。それぞれの視線は交わされる事なく、しかし真っ直ぐに同じ方向を見ている。特に自分たちの関係に結論を出す訳ではなく、生まれた思いだけを受け入れ合うこのシーン。「オーズ」の物語でも最も微妙なラインを描いていた、利害優先の三人の関係性が、答えを導き出したと言えるだろう。
 一方、後藤ちゃんは里中くんとの新しいパートナーシップを構築中(笑)後藤ちゃんは頼れる男になったなあ。そこに絡んでくる里中くんのリアクションが面白い。あのダルそうな感じがたまらんね。でも彼女って相当有能だよな。そう言えば、ちらっとちよこさんも格闘なさっていたような。それも相当強かったような。比奈は怪力だし、メインキャストの女の子軍団は強いっすね。
 町内会長さんの事件も解決し(暴走しないだけで、結局家の中では今まで通りってオチも楽しい)、戦いを終えて帰ってきたアンクにプレゼントを渡す比奈。何とも言えない表情を浮かべつつも、それを受け取るアンク。見ているこちらも気持ちが優しくなった次の瞬間に、ホラー展開が待っていた!なんだこの怖いの!!(^^;;; 息子と二人で叫んじゃったよ〜

 ヤミーの反応を感じて、町内会長さんの家に入ろうとしたけど、軍鶏ヤミーは人を操ってオーズを入れてくれない。例の赤いリボンもやっかいだけど、技の多いヤミーで感心するわ。文字通りオーズは門前払いを喰らうし、里中くんに来てもらえない後藤ちゃんはお気の毒。見張りの為にガチャガチャ出したカンドロイド達、久々にうじゃうじゃ出てきて嬉しい(笑)
 すべての監視カメラを壊して、出てきた軍鶏と再戦。オーズが戦う横から、すごくいいタイミングで銃撃してくれるバース。コンビネーションが光るね。しかしバースの弾切れから一気に不利になる二人。里中くんが5%程度の協力をしてくれたお陰で形勢逆転!一気に久々のラトラータで撃破と。心理描写がメインで今日はアクションあっさり目だったね。

 アンクはもう一人のアンクに吸収され、大量のメダルまで奪われた。一気にドラマは加速する。ここからどう展開するのか。そして映司、アンク(と刑事さん)、比奈は何を決意し行動するのか。目が離せないねー








オーメダルホルダー


当店通常価格 2,625円 (税込)
価格 2,480円 (税込) 送料別

これも比奈のプレゼントだったよね。コレごと持っていかれたのか?