2011年06月13日

仮面ライダーオーズ 第38話「事情と別れと涙のバース」

 バース転職・後編。伊達らしい、あまりにも伊達らしいお別れエピ。そしてバースは後藤さんへと引き継がれる。

 涙あり、笑いあり、燃えあり…と、色々てんこ盛りだった今回のエピ。伊達さんは最初から最後まで伊達さんだったなー
 伊達と言う男は終始、目的意識は確固たるものがあって、その上で人を見る温かい目線もちゃんと持っている男として描かれていた。いきなりの転職も、グリードになってしまった真木博士に近づく為だった…というオチもとても納得できる。「俺は結構好きだったよ。あんたも、人形も」結局説得出来なかったけれど、なんだかんだで真木博士に、最も近づいた男だった伊達さん。緊迫感のある二人のやり取りは、すごく良かったね。
 後藤ちゃんがバースを引き継ぐ為に、強い意志で決意するとこもいい。伊達と映司の間に割って入る後藤ちゃんのかっこいいこと。伊達さんのバースを引き継ぐ!のところも良かったし、バース自爆スイッチが不発だった時の「俺はマニュアルが大好きなんだ!」なんて、あまりに彼らしくて笑っちゃったよ。
 グリード三人の不意打ちに倒れ、駆け寄る後藤ちゃんに「自分を信じろ…」と伝えてガクッとなる伊達さん。実は生きてました♪退職金よろしく☆のオチは、嬉しいやら彼らしいやらで最高。もうさ、平成ライダーだから死んでもおかしくないと覚悟していただけに、心底喜んでしまいました。しかも当初の目的一億円もしっかりゲット。この徹底ぶり、素晴らしいっっ いい男だねえ。

 いきなり序盤から追いつめられるオーズ達。変身も解けてメダルも取られ危機一髪のところを、カンドロイド自販機に目をつけた後藤さんの機転でなんとか逃げる。爆発したバイクからわらわら出てくるカンドロイドが超かわいい!しかもあんなのにつつかれてグリードがわたわたしている(笑)
 映司・アンクと伊達・真木の睨み合いに割って入る後藤ちゃん。変身したバースが、くるっと振り向いて真木博士に銃口を向けるシーンのかっこよさ!自爆装置を解除していた事を知った時の「後藤ちゃんナアァァァーーイス!」はいいねぇ。これ聞くと嬉しくなるもんね。
 伊達が死んだ(と思い込んだ)ことで、キレる後藤ちゃん。歩きながら変身した時に流れたのはテーマソングですかね。彼の事だから冷静に戦うタイプなのかなと思っていたら、なんせキレてるもんだからメダル入れまくりのめちゃくちゃな戦い。「伊達より酷い」て(笑)特に飛行型での無茶苦茶さはよかったね。CGも派手で。最後はてんこ盛りモードの波動砲でどかーん!と。後藤ちゃん、バースデビューおめでとう。

 伊達さんと後藤ちゃん、この奇妙な師弟関係は、とても良い形でバース引き継ぎがされてしばしお別れに。ああ、この二人のコンビ好きだったから正直、残念だなあ。来週からの後藤ちゃんのバースっぷりと、二人の再会シーンがどう描かれるのか、そこを楽しみにしてようかね。
 でもって余談。歴代平成ライダーの中でも、伊達さんってトップクラスのいい男だったなあと思うのだよ。大人の男としての完成度は、「響鬼」のヒビキさんやザンキさん、「W」のスカル・おやっさんと肩を並べるね。あとどうしてもライダーって無職とかバイトが多いんだけど、お医者さんですからね。ちゃんと本職あってしかも高収入なのは、「龍騎」のベルデ社長やゾルダ・北岡弁護士の次くらいじゃないか?
 てなわけで、歴代仮面ライダー「結婚したい男No.1」は伊達明に決定します。異論は認める。







【特価20%OFF!】 
仮面ライダーOOO(オーズ)変身インナーセット 
(仮面ライダーバース)


当店通常価格 1,659円 (税込) のところ
特別価格 1,264円 (税込 1,327 円) 送料別

おー、かわいい!