2011年06月07日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第16話 「激突!戦隊VS戦隊」

 前半はバスコの抜け目ない悪役っぷりが光り、後半は素晴らしいアクションで魅せる。その切り替えを作ったのは、かつてのアカレッドの言葉だった。逆転の爽快感を満喫出来る燃えエピ!

 バスコ、面白れぇwww あの軽さ、嫌みったらしさとかたまらないね。でもって彼、人の事は信じていないのね。でもサルは信用するんだ(笑)へらへら笑いの表情と、鋭い目でニヤリと笑う悪っぽさが、いい感じで同居していてムカつくキャラに仕上がってます。
 こいつらに囚われた四人が見事に翻弄されているし。サルの真似しようとするアイムを止めるルカとか面白かったわー と、同時に、「マーベラスの夢」を叶えることにこだわるジョーの反応は、彼らしくていいね。彼等はマーベラスは自分たちを助けようとするだろうと確信していて、だからこそ自力で脱出しようと悪戦苦闘する。でもバスコにしてやられる…って展開は楽しいね。
 一方、究極の二択に苦しむマーベラスはアカレッドとの出会いを思い出す。「君が諦めたのでは手に入らない。あとは君の決断だけだ」いやあ、このアカレッドが振り向いた時、光の中に浮かび上がる海賊船の画のドラマチックなこと!気持ちが良いね。「何かを得るのに何かを捨てなくてはならない」と言うバスコに「欲しいものは全部この手で掴み取る」と言うマーベラス。相手の決め台詞を逆手にとって、よりかっこよく大逆転。いやあ、少年マンガだなあ(笑)

 でもなにがなんたって、今回の最大の見どころはアクションだろうなー。もちろんお話自体のドラマ性が高いのは嬉しいんだけど、やはり特撮。アクションがキマるとそれだけで気分が高揚するってもんです。今回のは本当に凄かった。
 いきなりレンジャーキーがぎっちりつまった宝箱を放り投げ、それぞれが行動して一気に逆転へ。ハカセが変身したのがシンケングリーンだったのも、皆の拘束をぶった切るのに相応しくて良かった。そしてそこからの5人揃っての変身と。対するは先週に引き続き、金銀十人衆ですよ。派手!
 いやーこっからのアクションがとにかくよかったんだよ。スピーディーだし殺陣は凝ってるし、かっこいいんだよね。五人対十人だから、どうしても不利だったんだけど、途中からピンクとイエロー、グリーンとブルーが二人一組になって劣勢を跳ね返していく展開も良かった。特にピンクとイエローが共闘した時の、スピンジャンプしての華麗なワイヤーアクションは超素敵!なんかもう魅入っちゃいました。グリーンは相変わらず面白いねえ(笑)トドメのファイナルウェーーィィィブ!も、いつもより凝った演出をしていて超かっこよかった。
 で、バスコはまあとりあえず今回は退散しますよってなわけで、なんか気持ちの悪いデカいの出してきました。こいつはゴムゴムの実の能力者だ!なんか普通の動きもグニャグニャしていて面白い。でもシンケンゴーカイオーでささっとやっつけました。めでたし!

 そんなわけで又新しいレンジャーキーをゲットしたけど、まだまだ他にもありますぜ!てなわけで、喰えない奴・バスコのこれからの活躍と、それを跳ね返すゴーカイジャーの活躍を楽しみにしたいですな。
 それにしても仕事の速いナビィ、かわいいなー ナビィ大好き!声の演技がものすごくかわいらしいからだなこれ。










全10種フルセット (フルコンプ) 【9月ご予約】
デフォルマイスタープチ スーパー戦隊シリーズ レジェンド戦隊 名場面!編


当店価格 4,990円 (税込) 送料別

シンケンジャー!…おもしろすぎる…

 

仮面ライダーオーズ 第37話「眠りと1億とバース転職」

 バース転職・前編。最終クール突入で、ますます混迷してきた戦い。己に迫るタイムリミットに、まさかまさかの伊達さんの裏切り!

 伊達さん、やばし。いや、普通は止めるぜあんな状況!事情を知ってライダーさせるほうがおかしいよ。でも医者であるがゆえに色々な覚悟をした上での戦いだったからこそ、多少誰かに止められた位では揺るがない。だから後藤さんの「死なせない」という言葉は、本当に心からのものだったにも関わらず、伊達の戦いを止める事は出来なかった。
 しかしその結果としての伊達さん転職。確かに人は、自分の命より大事にしたい、叶えたい夢があるかもしれない。しかしそれが、人ととしての間違った方法であったとしても良いのか?という問題が大きく立ち上がってくる。伊達さんがどういう経緯で、どんな結論を導き出すのか、見どころですな。そして恐らくそこに映司と後藤さんは大きく関わってくる訳で。
 メズールとガメルは相変わらず仲良しで、でもカザリの事は全く信用していないのは当然か(笑)真木のこともちょっと手なずけかけてるメズール姐さん流石です(笑)ガメルの嫉妬は伏線なのかギャグなのか…

 頑丈さとトゲトゲを合わせ持つウニアルマジロ。眠くて眠れないを極限まで引っ張って、一気に眠らせると言う、人を傷つけないメダル集めは素晴らしい!作戦といいキャラといい、ちょっと戦隊ものっぽいね。タトバではどうしようもなくて真ん中クジャクにして炎攻撃で撃退。
 二度目の戦いは最初からクジャク使うかと思ったら、そんなことなく最初はタトバで。モードはタトバでも、完全に力をコントロールして地中から斧をどーんと取り出せるようになってるよ。すげえな映司。でもそれだけじゃ力が足りないんで、ウナギのメダルに換装。電気でどっかーん!とやったってことかな。派手に散らばるメダルが爽快(笑)
 しかしいきなり出てきてかっさらっていくサソリメカ。グリードが勢ぞろいする中、その中心に立つ仮面ライダーバース。ああ、衝撃の展開ですね。なんかこの画の破壊力はすごいよ。しかし先週の予告がまんまラストシーンって空しいわぁ。

 伊達の夢とヒーローの矜持。さーて、どう決着つけるのか。来週に期待。








【予約】PBM! 仮面ライダー バース (2011年12月予定)


当店価格 25,800円 (税込) 送料別

しかしフィギュアはどんどん精密に高額になっていくなー