2011年05月31日

仮面ライダーオーズ 第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」

 刑事さん覚醒?・後編。そして二人のライダーがそれぞれの口から語る夢。グリード二人も復活して、ますます盛り上がって参りました!

 「自分の力で世界を変える、皆を助けて幸せに出来る」…それが出来ると信じていた以前の映司。自分の無力さに打ちひしがれ、絶望して、しかし彼はその夢を捨ててしまった訳ではないらしい。「急がない事が大事だと思う。大きな夢ほど叶えるのに時間がかかる」「突っ走って大失敗して何もなくなった。だからゆっくり育てていきたいと思ってる。焦って夢がただの欲望になっても困るし」夢とというキーワードと欲望と言うテーマがここで繋がる。
 そして彼の夢をビジョン化したユニコーンヤミーが、立ち現れる巨大な地球に恐れを成すシーン、非常にいい。それほど大きな夢を持っていて、だからこそ今は空虚な思いを胸に抱えつつも、その純粋さを保持し育てている映司。ある意味ものすごく現実的な彼だからこそ、簡単に自分の夢を口にしなくなったんだろうね。いやあ、いいヒーロー像じゃないか!
 一方、伊達さんは自分の身体より一億稼ぐことを優先する。どうしても叶えたい夢があるとか… この辺は前にやったボクサーのエピがちょっと思い起こされるね。自分の命より欲望が大事っていうさ。そんな伊達さんを後藤ちゃんは心底心配している。うんうん、私も生きていて欲しいよ伊達さん!無理しないでくれよー
 夢を失った比奈、超恐い(^^;;; あのシーンはカット割りも含めサイコだったな。夢を諦めかけていたお友達とも仲直り?してめでたし。刑事さんは半分意識を取り戻している状態で、身体はずいぶん回復しているらしい。あんな状態になっても尚、比奈の事を思うお兄ちゃん。いいひとだなー 結果的にアンクは刑事さんの身体に戻り、比奈も何を思ったかそれを認めたし、しばらく今の状態は続くんだね。

 刑事さんの元を離れて雨の中うろうろする腕アンク、腕だけのくせにくしゃみしてた(笑)一方ウヴァ、地道にためまくったセルメダルと取り戻したコアメダルで、ついにメズール&ガメル復活!メズール・ガメル・ウヴァvs腕アンク。デコピンで脱出するアンクと、とばっちり喰らったガメルを心配するメズールは面白かった。
 再び現れたユニコーンヤミーにシャチクジャクチーターで対抗。なんか色がすごくて目がちかちかする(笑)でもってあのシャチの目はサーモグラフ対応みたい。便利じゃん!でもあっという間に逃げられた。素早いなー
 さらにユニコーンと再戦。W変身・タトバ&バース。変身のタイミング、構図、効果音の使い方、全てがバッチリ決まっている。二人でそのまま戦い、後藤さんも援護。コンビネーションのいい戦いで見ていて気持ち良い。そこにグリードトリオ参戦!ウヴァさすがに強いな。メズールとガメルの息ぴったりコンビのバースへの攻撃は、アクションがすごく面白かった。
 ユニコーン+ヤミー×3の分の悪い戦いにプトティラの力を借りる決意をする映司。「多分、大丈夫です」なんと本当に大丈夫だった!プトティラになっても意識を保持し、戦いながら、「大丈夫!」としっかり言えるオーズ。どうして対応出来るようになったんだろう。ちょっと理由分からないけど、なにかあるのか?なにはともあれ、圧倒的な力でグリードを倒す。バースもドリルアームで戦うよ!突然「伊達さん!」としっぽ一振り。ギリでよけるバース。危ねー(笑)そのまま波動砲でユニコーン粉砕。強いっすねえ。

 ぼろぼろのトリオの前に現れるカザリとアンク。カザリに一泡吹かせるつもりが、やはり計略ではカザリの方が一枚上手でした。でもコアメダル一枚になってもぎゃーぎゃー言ってるんだから、生命力はあるなウヴァ(笑)
 やっぱ今一番心配なのは伊達さんだなー なーんか死亡フラグたてまくってる気がしてさあ…









【6月入荷分】装着!なりきりアンク(予約:11年6月発売予定)



これすげえ!しかもリストバンドにアンクの声が入ってるって!!