2011年05月11日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第12話 「極付派手侍」

 シンケンジャー、参る!後編。シンケンジャーの真の力とは?そして敬愛する先輩を失った事を悟るジョーの悲しみと気付き。なかなかの燃え展開。アクションもたっぷりと見せ場だらけ!

 「ゴーカイジャー」って海賊モチーフだけあって、かなり少年マンガっぽいと思う訳ですが(笑)、今回のエピはその最たるものと言うか、いやなかなか非常に良かったのではないでしょうか。自分を救ってくれた先輩と、再会したものの今は敵味方。ショックで茫然自失してしまうジョーは、しかし自分を信じてくれる仲間の事を思い出す。
 シド先輩とジョー、マーベラスとジョーと、出会いと分かれの台詞がいちいちかっこよくて劇的。特に「出会った瞬間に運命は決まった」マーベラスとの出会いのシーンは非常にいい感じです。捕らわれの身だったジョーの首枷をとるシーンとかさ。思い切り手で握って、ぐっと外しちゃうのがいいじゃん。マーベラスの夢は「宇宙最大のお宝を見つける」ことだそうで。ふーむ、そうなのかー
 シンケンジャーの真の力、それは仲間との「絆」でした。絆、ときたかー。ちょっと意外だったけど、そう言えば漢字熟語の「シンケンジャー」のサブタイトルの中で、唯一たった一文字のサブタイトルが第四十七幕「絆」だったな。個人的に結構シンケンジャーは熱中してしまって、こんなに長い考察文かいちゃったりしたから(笑)どういう風にエピを作るのか楽しみだったんだけど、なかなか納得と言うか満足しました。うん。

 先輩の記憶を取り戻す!と、シド先輩の技をバリゾーグに繰り出すジョー。見事の弾き返したバリゾーのキメがかっこよし。「完全な機械の身体を持つ」らしいので、人間体はもうないのか?それとも保管されているのか?全く歯が立たず倒れて「俺の先輩はもういない」と泣くジョーが悲しい。
 ジョーが戻ってくると信じ、戦いに赴く海賊達。薫姫の「地球がどうなろうと関係ないはずだろう」という問いに「ああ、関係ないな。これは俺達の戦いだ」と答えるマーベラス。周りの皆の表情もいい。
 親衛隊長デラツエイガーと、ものすごい数のザコの皆さんとの戦い。レッド、イエロー、グリーン、ピンクが、それぞれの色のレジェンド戦隊戦士に次々にゴーカイチェンジ!ものすごいサービスで思わず喜んでしまうね。一人一人も見どころあるし。しかしデラツエイガーは名前の通り相当強くて、一撃で生身に戻ってしまう。生身で必死に戦う五人も、かなり見どころがあったよ。役者さん達頑張ってるよなー
 「遅くなってすまない!」合流したジョーを迎えて、主題歌メロディをバックにゴーカイチェンジ!ゴーカイレッドとゴーカイブルーの姿で、出会いと同じ背中合わせからの戦いに。あの時のアクションをなぞるように、印象的なWキックをここでも繰り出すのが粋だね!そして揃ってゴーカイチェンジ・シンケンジャー!ブルーが薫姫から預かったディスクは、「不肖丹波が最も得意とするモヂカラ」"双"で、シンケンマルが二刀流に。レッドは烈火大斬刀か。この辺の展開はファンの気持ちをくすぐりますな。
 「侍達に劣らぬ絆、五人揃えば勝負は見えている」という薫姫の言葉通り、テンポよく一気に逆転して、一気にトドメ。巨大戦はいきなりガオライオンつきで「おお」と思ったら、コイツがさらに変形してシンケンゴーカイオーに。キメ画面にちょっと笑う。ガオライオンのヘッドが、あの姿で胸に付くと「獅子頭」って感じになるよな(笑)巨大ザコの大軍相手にばっさばっさで、ぐるりと旋風斬り。必殺技はさらデカい烈火大斬刀でサムライ斬り!ポンポン!←鼓の音

 今回は主にジョーとマーベラスとの出会いにスポットが当たったけど、ちらりと残る三人それぞれが参加した時の回想が出てきて、短いカットの中にもキャラらしさが出ていて味わい深かったね。夕日の中のラストも余韻があって、「ただいま」と笑顔のジョーの顔もいい。
 そして、大けがしたらとにかく喰う!「…メシだ」マーベラスさん、押さえるトコ押さえてます(笑)








海賊合体 DXゴーカイオー
ガオライオン 
ガオゴーカイオー セット!
20%OFF


当店通常価格 11,550円 (税込)
価格 9,240円 (税込) 送料別

これがシンケンゴーカイオーにもなるんだからすごい。