2011年03月27日

仮面ライダーオーズ 第27話「1000と映画と戦闘員」

 仮面ライダー1000回スペシャル記念映画・前編。劇中劇とそのメイキングと本物の戦いが入り乱れての大騒ぎ。セルフパロディのお祭りエピ。

 なんたるカオス。これの感想書くのか。無理だって(笑)とりあえず、演者のコスプレと悪乗りは面白かった。石ノ森絵の紙芝居が見られたのも得した気分だし。アンクのコスいいねー 彼のイメージカラーでもある赤を基調にした悪の首領は新鮮。
 ヤミーの親は本当にショッカーの一員なのか、それともショッカーに思い入れの強い特ヲタなのか。後者っぽいんだけどねー 比奈の失敗から牛乳缶(だったかな?)が落ちてきたのを思わず庇っていたのが面白い。彼の後半の態度が気になるね。
 クソ真面目な後藤ちゃんとドジっ子比奈は失敗ばかり。やたらポジティブで劇的で乗りやすいちよこさんと、彼女が気になって仕方ない真木。残業が嫌いで淡々とすべき事をこなす里中くん。この辺のキャラ描写が面白かった。伊達は監督としてのギャラが1000万らしいよ。高っ

 オウムのヤミーと、変なキメラデザインのヤミー。どう見てもタコだった気がするんだけど、イカジャガーなんだって。デザインがヘンテコすぎて、ヘタレな所含め面白い。なんで千明と森下千里が出てくるんだ(笑)森下千里は龍騎出てたからか?と思って公式調べたら、1000回記念だから「千」つながりゲストなんだって!ふざけとる(笑)
 通りすがりの女の子にはやられちゃうけど、仮面ライダー相手だとがぜんやる気を見せて強いイカジャガー。タトバにそれなりに対抗出来る。そこにやってきたバースは、相手の攻撃をよけながら、ところどころで決める回し蹴りがかっこいい。そこからの鳥ヤミーの乱入、後藤の援護、鳥ヤミーを庇ってしまうオーズ、苦戦する後藤とバース…の一連の緊迫感のある戦闘シーンは非常に良かったんじゃないかな。怒濤の乱戦。いきなりのシャウタと必殺技までの流れがいい。

 どうでもいいんだけど、冒頭の花の中でハッピーバースデーを唄う鴻上が、ルー大柴に見えた(笑)「アンクのコアメダルの持ち主」ってことは、それを鴻上は知っているって事か。
 いや〜、あまりにカオスなので何を書けばいいのか分からず、ちょっとぼう然としてしまった今回のオーズ。来週はここからどうまとめるんだ?







戦闘員ショッカータイツ10人セット


当店通常価格 39,900円 (税込)
価格 31,920円 (税込) 送料別

なんぞこれwwwwwwwwww